【今週のお薦め】目の愛護デー?メガネジャケのレコードで世界をよく見よう!特集♪

遅めの、また少々長めの夏休みを頂戴しておりまして、皆様にはいろいろとご迷惑をおかけしました。充電もバッチリですので、またエンジンを入れなおして、ハリキッテ参りたいと思います。

さて10月に入りまして、10月1日のメガネの日、続く10月10日は目の愛護デーということで、今回はメガネジェケを集めてみました。今回の解散には、ちょっと国民を馬鹿にしていない?っていう気もありまして、政治家先生方が、ふがいなく見えて仕方ないのですが、そんな中での選挙でもあります。しっかり目を大きく見開いて、ちゃんとした方を選んでいきたいものですが…。

遅くなりましたが、月替わりという事でホームページに新着も追加しておりますので、よろしければご一覧ください。

引き続きお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

① ATLEE YEAGER/Plant Me Now And Dig Me Later a-112

カーボーイハット+ひげ面+グラサン(死語!?)。裏ジャケもナルシスト全開で、特徴あるクールなヴォーカルと疾走感あふれるHRチューンとのギャップがまた最高です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2xxxw9A

 

② BLODWYN PIG/Ahead Rings Out b-128

ヘッドフォンにくわえタバコそして鼻ピアスにまたまたグラサン!しかも豚ちゃん♪強烈なインパクトのジャケですが、サウンドは時代を象徴した実にクールなブラス・ロックです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xwqwdl

 

③ ELTON JOHN/Honky Chateau e-54

通算5枚目のソロ作で、いよいよ全盛期を迎えますが、誰が現在のエルトンを想像出来たでしょうか!?メガネはデビュー時よりかけ続けてこのスクエアのがお気に入りかな。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fR6znm

 

④ ELVIS COSTELLO/My Aim Is True e-58

今や伝説のデビュー・アルバム。この方も殆どメガネをかけているようですが、作品を重ねるごとに高級に!?この時期はバディ・ホリーを意識していたのでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2fRW5E4

⑤ HENRY LOWTHER BAND/Child Song h-34

イアン・ペイスも同じ様なメガネをしていましたが、この時代のトレンドだったのか。フュージョンではない、こちらもクールなジャズ・ロック作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hzoS0o

 

⑥ JON LORD/Windows j-133

この方もサングラスのイメージが強いのですが、パープル時代のアルバムを遡っても80年代の再結成時からか。ソロ作も進取の気性に満ちています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wk1QAI

 

⑦ MICHAEL CHAPMAN/Pleasures Of The Street m-101

メガネ率の高さで言えばこの方も。初のライブ作でデビューから万遍なく選曲された内容です。ドイツのみのリリースというのが勿体無い!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2xFuXS6

⑧ RUSS BALLARD/Same r-149

アージェント時代からサングラスを着用していますね。他アーティストによるカバー曲も多い、稀代のメロディーメーカー。管楽器以外は本人が全て演奏している意欲作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2yHrDEN

 

⑨ SAVOY BROWN/Getting To The Point s-23

中古レコード店の店員か!?というこのジャケも強烈ですが、余程の黒人ブルース好きなのか、内容もそれを踏襲した本格的ブルース・ロック作。名作です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2yGqhtH

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

広告

【今週のお薦め】さぁ秋です!夜に聴きたい1枚特集♪

先日の台風は名古屋でも結構な風と雨で、ちょっと不安な夜でしたが、不安と言えば政治?また選挙だなんだのってガタガタしてきた気配で、政治家先生方はまた大忙しなのかな?ですが、地味に暮らしている一般国民としましては、カタがついていない問題もこのままウヤムヤになるのかなぁと思うと、目下のリーダーに不満は募るばかり。我々一般の生活者と政治家センセイたちの目線がズレすぎていな?なんて思うのですが、この後どう展開するのでしょうか。

さて、不安な気分の台風の夜なんかは、音楽で気を紛らしてみませんか?という事で、夜にお薦め(!?)のレコードを集めてみました♪ 中におは不安な気分をヨリ煽りそうなものもあるかしら?ですが、是非お試しを!!

++++++++++++++++++++++++++++++++

(お知らせ)下記日程で臨時休業を頂戴致します。

●臨時休業:  9月29日(金)~10月11日(水)

SNSやメール等でのお問い合わせには出来るだけ対応させて頂きますが、この期間にお支払を頂きましたご注文品の発送は全て10月12日以降となりますのでご注意下さい。定休日も挟み少し長めのお休みとなってしまい、ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承下さいますようお願い致します。

+++++++++++++++++++++++++++++++++

 

① THE BAND/Music From Big Pink

濃いめのコーヒーと一緒にコクのある音楽を・・といった時に、まず最初に引っ張り出したくなるような一枚ではないでしょうか?甘味と渋味のハーモニーが絶品な名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2f2Yk6T

 

② BERT JANSCH/Same b-80

静寂の中に響く極上のアコースティックギター。そして真のオリジナル・ファースト・プレスだけが齎す贅沢な空気感。。夜の至福のひと時をこの一枚で味わってください。

・商品詳細→ http://bit.ly/2h8tn5E

 

③ COMUS/To Keep From Crying c-105

夜が似合うというよりは、このグループほど「陽の光」が似合わない人たちはいないのでは??と思ってしまうような、陽気さとは対極に存在する音世界を展開する得意な存在です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2w19yj7

 

④ CZAR/Same c-141

ご近所から苦情が出ようが?大音響で轟かせたい唯一無二の重厚なサウンド、これぞ闇夜のヘヴィネス!といった過激さと随所に顔をだす美しいメロディの交差、このアルバムでしか味わえません!

・商品詳細→ http://bit.ly/2w1sbn7

⑤ DR.JOHN/The Sun, Moon & Herbs d-113

ザ・バンドのLast Waltz等で見せる陽気な姿とは裏腹の、アングラ然とした作品が多かったドクターのそれまでの総決算的なアルバム。灯りを消しお香でも焚きながら聴きましょう!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2y6LOeb

 

⑥ FUCHSIA/same f-89

メロキャンをさらに地下深くに潜らせたようなくすんだサウンドと旋律がマニアの心をつかんで離さない、これも白日の下にさらされるのを拒むような音世界を持った稀有の名品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2szHLVo

 

⑦ JONESY/Keeping Up… J-136

クリムゾン影響下とは云われながらも、独自のメロディ展開はある意味聴きやすくもあり、一方でマニアを喜ばせるアングラ加減も過不足なく持ち合わせたプログレ好き必携の逸品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2x9rzxa

⑧ PETER HOWEL/Through A Glass Darkly p-64

マニアに知られるかのIthacaの中心人物が、BBCに入社してTV番組のSEとしてまとめたのが本作。夜空を通り越えた宇宙空間をテーマにした異色の作品。イサカ・コレクターに!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nwRRHd

 

⑨ WILLIAM R. STRICKLAND/Is Only The Name w-50

他のアーチストや作品に比べあまりにも不遇な扱いを受ける1枚。一般的評価を受ける他のアシッド・フォーク・アルバムより遙かに優れているのにと歯がゆさの止まらない闇夜に忍ぶ隠れた名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xI6aOL

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】キレイな音楽でココロもキレイに!?SSW特集♪

まだまだお昼間は真夏の暑さが続いていますが、9月に入ってからというもの、朝夕はすっかり涼しくて、このまま秋になってしまうのかと思うと少し寂しい気分さえするのではありますが、夜が段々長くなってくるのも音楽ファンにとっては嬉しいところでもありますね。

巷では、アメリカのハリケーン、メキシコでは地震、隣の国ではまだまだ不穏な雰囲気で、な~んとなく暗い話題が多いような、そんなムードでもありまして、秋も近いということで、キレイな音楽で、ココロを平和にする時間もよろしいのではないでしょうか?

そんなココロの癒しとなるアルバムを今月の新着分からご案内です。キナ臭い世の中だからこそ、キレイな音楽を気分を落ち着かせるお時間も作ってみたいと思います♪

① ALI GROGAN/Lliw Heulwen

これぞウェールズといった歴史と風格を感じさせてくれる秀逸なジャケに包まれた傑作です。派手さはありませんが、何も足さない何もひかない…ウィスキーの宣伝のよう!?ウェールズの笛がたおやかに盛り上がるA-1に続くA-2は、きれいな空気にきれいな音楽を体現する屈指の名曲です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eZkDOf

 

② ANNO DOMINI/Wind Master

UK鬼レアプログレのアンノ・ドマーニとは全く別バンド、音楽も正反対!?ともいえる、男女ヴォーカリストによるリリジャス系のSSW作です。サウンドも正反対のポップ寄りSSWで、82年のリリースですが、この清々しさ!明るく元気になれる一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eQ4PK2

 

③ CARPENTERS/Now & Then

みんな大好きカーペンターズ!ヒット曲Yesterday Once Moreを含む5作目。カレンの没後の再評価時代に耳にいしていたせいか、カーペンターズはもっと時代が後の印象でしたが、活動期間は69年からと意外と古く、このアルバムも73年のリリース。この時代の音は全く古くならないから不思議です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wk5ZUE

 

④ DOUG EVANS & JERRY SHAW/That Light

リリジャス系の自主製作アルバムです。この方たちの詳細は不明ですが、いわゆる教会に所属しているメンバーによりレコーディグされたのでしょうか、本当にココロがキレイな人ではないかと思う歌声に、おのずとこちらのココロも浄化されるようです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jiyW1R

⑤ JOHN & BEVERLEY MARTYN/The Road To Ruin

Stormbringerに続くカップル名義の2作目です。ジョー・ボイドのプロデュースで、アイランド・レーベルの朋友(?)達の演奏も聴きどころです。フォークロックの域にとどまらないアイデアも満載で、この後ソロとして開花するジョン・マーティンのターニングポイントにもなったのでしょうか?ブルーレーベルの後期盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eQhZH9

 

⑥ JOHNSTONS/Bitter Green

トラッドベースのファミリー・フォークグループ、69年のアルバムです。このアルバムでは3人の編成となっているのですが、変わらぬ美しく力強いヴォーカルハーモニーは、トランスアトランティックのオリジナルで聴くと本当にグっと来ます!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eZtUGn

 

⑦ PERERIN/Haul Ar Yr Eira

ウェールズのフォーク音楽の中でも頂点と言える名盤です。このジャケ、稀少度、そして今まで全く耳にしたことのないような不思議な旋律と未知の言葉の響き。歴戦のコレクターすら、「こんなのがまだ眠っていたのか!?」と思わず声に出してしまう幻の逸品。山水の如き流れは進むほどに清らかさを増し、A面後半の女性コーラスは一生ものの珠玉のキレイさです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wVdQtz

⑧ SWEET SPIRIT/II

リリジャス系アルバムをリリースしているDOVEレーベルからの一枚。ジャケは地味ですが、フォークというより明るいゴスペルといった方が解りやすいか、という趣です。サウンドもバリエーションに富んだ元気で楽しいアルバムです。ポジティブな気分になる事間違いなし!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2eQRnWx

 

⑨ WOODY SIMMONS/Oregon Mountains

USのSSW作。能天気な明るさではなく、ジュディ・ジルっぽい音ながらもあれほど内省的ではなく、もっと前向きな音でバランスも抜群。ジャケが地味なのがチト惜しい!?当時は注目されなかったというのもわからなくはないですが、今となっては貴重な作品。キレイです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gYyG3C

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】ヒートアップした頭を冷やす!?ブラックサバス特集 ♪

お隣の国の将軍様は鼻息も荒い感じがしておりまして、国際的な緊張感もましているような気配もあり、平和主義者のワタクシとしましては、国際社会は冷静に、圧力より対話をとやっぱり思うのですが、さて。

そんな各国のリーダーたちのヒートアップした頭も、冷ややかなロックでクールダウンして頂きましょう!…ということで(!?)、お待たせしました、ブラック・サバス特集です♪ 元祖『怖い音楽』と言っても過言ではないと思います。が、怖いだけでなく実にクール!喰わず嫌いで来た方もこの機会に是非。

暑かったのか涼しかったのかのスッキリしな8月が終わりましたが、気持ち的にはまだまだ油断できないゾという思いと、このまま秋になるにはチト寂しい!?そんな今日この頃ですが、今年の最後の納涼特集でもございます。怖い音楽を聴きつつ、安息(サバス)な日が続きますように!?

① BLACK SABBATH/Same

これほど悪魔的な要素を見事に表現したジャケットがあったでしょうか?収録されている内容はこれまたそのジャケに負けない内容であるというのも70年代という時代の凄さでしょう。イントロの雷雨は、オリジナルで聴くと本当に怖いです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2vztgFd

 

② BLACK SABBATH/Master Of Reality

人によってはこれを最高作に推す人もいます。音的にはもっともヘヴィー。重厚と湿り気が充満したA面の流れは最強でしょう。世界中の老若男女もっとも多くの人たちをヘッドバンキングの世界に誘いこんだA4はヘヴィメタルの永遠の主題歌です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2v6ytDP

 

③ BLACK SABBATH/Sabbath Bloody Sabbath

4作目までで一区切り、この辺になると第二期とでもいうような感もありまして、すこし軽視されているような感もありますが、改めて真面目に(!?)聴いていただきたい一枚。昨今のサウンドもいいのですが、騙されたと思ってコレ聴いてみ!?と若者に言いたくなる名盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vC5RUH

 

④BLACK SABBATH/Technical Ecstasy

7作目になってくると、なんとなくジャケもサバスらしくはないのですが、実はヒプノシス!そう思って見れば見るほど魅力的に見えてくる!?!?から不思議です。ジャケのせいかスルーされがちなイメージがありますが、実験色も強く実は裏名盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gJ8TjF

⑤ BLACK SABBATH/Never Say Die

デビューから8年目での8枚目!重厚で魔術的な感じが薄れ80年代の気配もありつつ、変わらないクールさです。8年でこれだけ方向性変わるというのは、この頃の進化のスピードがいかに早かったか。2000年も2015年も音楽の区別はつきにくい事を思えば、意味で70年代前半というのは本当に宝物のような時代。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gLgH4v

 

⑥ BLACK SABBATH/We Sold Our Soul For Rock ‘N’ Roll

いかにもオジー!といった雰囲気のジャケットがなんとも魅力的ではないですか!?「完全コピー譜付」という帯のコピーはどうですか!?何でも手に入る時代よりも入手の執念と思い入れが強かった頃が実は幸せだったのでは?とそんな感想ももつステキなベスト盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2v6QP7Q

 

⑦ BLACK SABBATH/Heaven And Hell

ななななんと、オジーの代わりにロニージェイムスディオが加入。そんな新生ブラックサバスの名盤。レインボウで聴かせてくれたウェット感を保ったまま高域まで伸びあがる素晴らしいヴォーカルも健在で、特にスローテンポなナンバーでは抜群の才能を発揮。80年代を代表するヘヴィーメタルの名盤であることは間違いないですが、これはもうサバスではない!?究極のぶっ飛びサウンド、マトリックス1!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eGCppA

⑧ BLACK SABBATH/The Best Of Black Sabbath

ベスト盤といえども、当時に出ていたベスト盤はジャケまでカッコよくて、後期のオリジナル盤よりもオリジナルっぽいから不思議。初期の名曲は余すところなく収録されたこれまたマニアライクなヴァーティゴ渦巻きレーベルからの1枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hxbbCg

 

⑨ V.A./Do It Rock on Vertigo

サバスといえば、ヴァーティゴ、というよりヴァーティゴといえばサバス!豪華絢爛のヴァーティゴレーベルのアーティストによる名曲が集約された2枚組編集盤の冒頭を飾っているのがブラック・サバス!しかし、このレーベル・デザインはどうでしょう!ロゴだでジャケがこんなに映えるカッコ良さです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vKGEYo

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】残暑に聴くベし!?熱い熱いハードロック特集!

愛知県の豊田市美術館で開催中の奈良美智さんの展覧会に行ってきました。作品についはワタクシなどが語るものではないのですが、凄かったのは作家が影響をうけたものとして、展示してあるレコードジャケット!うわぁ~っ!!!と声を出してしまう程のマニアックなコレクションは見ていて本当に楽しかったです。機会があれば皆さんも是非。

そして、その展覧会に行ったのは先週のことでしたが、展覧会に暑くなり、外の暑さでクラクラするくらいの、この夏一番?と思うくらいの暑い日でした。お盆も開けたというのに、ここにきて本気の暑さがきたような…!?

この残暑を乗り越えるには、更に熱めのハードロック!関東地方は荒れ模様のお天気のようでもありますが、8月も終わりとはいえ、まだまだ残暑は続きそうです。熱いハードロックで、気合を入れなおし、残暑もぶっ飛ばして参りましょう!

 

① ALAMO/Same

暴れまくるギター、切れ味鋭いリズムをバックに野性味あふれる男気ヴォーカルが歌い上げる、メロディアスなUSハード隠れた傑作。なんてことのない見逃しがちな普通のジャケに包まれた煌きの一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ghJblO

② ATLANTIDE/Francesco Ti Ricordi

ドイツからリリースされたイタリアン・ヘヴィの唯一の作品。ど迫力のヘヴィ・ロックサウンドは、この残暑にぴったり!汗だく必死の内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLvHGa

③ BLUE CHEER/Vincebus Eruptum

どんな季節に聴いても「サマータイム・ブルース」だけど、やはりこの残暑の時期が一番ぴったりなのでは??聴いているうちに熱中症になった時はA3「ドクター・プリーズ」ですからね?

・商品詳細→ http://bit.ly/2iCdULt

④ CHICKEN SHACK/Imagination Lady

今までのブルース・ロックとは全く異なるハードでヘヴィなサウンドに大変身! トリオ編成、特にリズム隊が強化されメリハリだらけの攻撃的な内容へ??これは熱くなりますわ?

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqLW8S

⑤ FAMILY/Music In A Doll’s House

ロジャー・チャップマンの声は聴いているだけで汗がにじみ出て、もうエアコン無しでは続けて聴くことができない、電気代が高くつくなんぎな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLXSF3

⑥ GRANMAX/Kiss Heaven Goodbye

そろそろ学園祭の練習に熱が入る時期でもありますが、この彼らのジャケットの様な暑過ぎるステージングを学ぶのも、一つの方法かと。メンバー一緒に汗だくで練習しましょう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wCgbfe

⑦ IRON MAIDEN/Same

明らかに70年代とは何かが違うこのヘヴィな音は、新しい時代が来たことを予感させてくれるパイオニア的な1枚!スティーヴ・ハリスの時代の読みはいつも斬新で素晴らしい??

・商品詳細→ http://bit.ly/2xFy9KO

⑧ LED ZEPPELIN/Presence

彼らのアルバムの中でも、とりわけ徹頭徹尾ハードなサウンドでまとめた作品。「アキレス・ラスト・スタンド」の “えっ??まだ続くの”感は、毎回聴いても手に汗握る緊張感があります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqu0ee

⑨ STATUS QUO/Piledriver

本国イギリスでは今でも絶大な人気を持つ彼らの最も脂の乗った時期の1枚。彼らの奏でるブギーの熱さたるや、まだまだ猛暑を感じさせてくれます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLw4k3

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)

【今週のお薦め】秋を先取り!? 歌を楽しむ作品特集 ♪

日本では見る事ができなかったのですが、キレイでしたねー!アメリカを横断した皆既日食!!天体の不思議ともうしますか、仕組みは解っていても、少しロマンティックな気分になりますねー。次に見る事ができるのはまだしばらく先になりそうですが、そういう思いで空を見上げると、夕方の雲の形も秋めいてきているではないですか!!

夏らしい日差しが少なくて、それでも暑い日もありますし、ココ名古屋では停電を起こす様な局地的な大雨もあったりと、お天気が落ち着かないので、季節感を見失いそうですが、それでも時間は進んで8月ももう中旬すぎ。確かに、夕方の空の色や雲の形が秋めいてきているハズなんですよね。

そうなると、そろそろ秋に備えたレコードの準備も始めないといけません!?『秋らしい』といのも様々ですが、ちょっと切り口を変えて、秋っぽい『ヴォーカル』!!題して『歌を楽しむ作品特集』ですー♪

残暑もクールな音楽で元気に乗り越えて参りましょう!!

 

① BARBRA STRREISAND/My Name is Barbra

フルオーケストラをバックに、とても二十歳そこそこの娘とは思えない堂に入った歌を披露する若きバーブラの65年の素晴らしい記録。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fWy3ea

② B.J. THOMAS/Songs

ポップス歌手的な捕まえられ方をすることが多い人ですが、ここではSSW的風合いが強くその手のマニアも唸らせる出来です。キャロルキングやバリー マンの曲も見事に自分のものにしています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xfPtWw

③ DANA GILLESPIE/Ain’t Gonna Play No Second Fiddle

日本のマニアにもっともっと評価してほしい英国の女性歌手。初期作も激レアで魅力的ですが、グラムな空気をただよわせる中期のこの辺りも広く支持されるべきだと思います。

・商品詳細→ http://bit.ly/2igT6cb

④ DAVID ELLIOTT/Same

イギリス盤はヒプノシスのカバーで魅力的なのですが、このアメリカ盤は音が突出していて、彼の青臭い歌声が強烈に前に出てきます。英国SSWファン必携の名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rn3W0Q

⑤ EDDIE MOTTAU/No Moulding

たゆたうような美しいメロディに乗せてエディの優しい歌声が私たちを包んでくれる。。心がじんわりと温かになる、UK USのファンを問わず引き込む魅力を持った稀有のSSW名品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fVZiFG

⑥ GWYDION/Songs Of The Old Religion

カルト教団の主査(グル?)、怪しいジャケが胡散臭いですが、あにはからんや誠実で柔らかい歌声に引き込まれてしまうUSサイケ・フォークのマニアックな名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/1TxbM0R

⑦ HOWDY MOON/Same

惜しくも先日亡くなってしまったバレリー・カーターの若き日の歌声が聴けるマニア御用達の逸品。ローウェル・ジョージのプロデュースの妙が味わえます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vdVKk9

⑧ SANDY DENNY/Who Knows Where The Time Goes?

イギリスのロック界で歌声の重要さを体現できる人といえば、この人を置いて他にはいないのでは? 宝箱のような彼女の記録を纏めた一品BOXで、今やレアな英国製のセットです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fXgxX2

⑨ SHIRLEY COLLINS/Sweet England

そしてこと英国フォークを代表するバラッドの女帝がこの人。本作は超貴重かつ激レアの59年の彼女のデビュー・アルバムです。その辺の歌手と一緒にしないでくださいという存在感です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vPibzy

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】平和の祈り 女性ヴォーカル特集 ♪

夏休みは如何お過ごしでしたでしょうか?

関東地方は16日間連続の雨だそうで、場所によっては10月の気候だったところも!?
暑くないのはいいのかもしれないのですが、これはこれでどうかな…です。

8月のこの時期は広島と長崎の原爆の日に始まり終戦記念日と続くわけで、国民としては非戦の意識が高まる時期でもありますよね。お隣の将軍様も血気盛ん?大国アメリカに至っては混乱が続いているようですが、平和憲法を持つ国民としては、冷静なふるまいを世界に望みたいところです。キナ臭い世の中、こうゆう時期は静かな英国フォークでピースフルな気落ちを取り戻してみましょう!

こころの癒しにもなる、女性ヴォーカルをフィーチャーしたアルバムで夏の後半に向けて、ココロのお洗濯です♪

① BARBARA DICKSON/From The Beggars Mantle B-24

英国の郷愁がセピア色にせまる英国フィメールシンガー、バーバラディクソン最高の一枚。見ているだけで心温まるジャケットを手に針を落とせば遠い昔に忘れてしまった何かに包まれていくような気持になります。レアで音質も素晴らしいいテスト盤が入荷!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qT8gmM

② CELEBRATED RATLIFFE STOUT BAND/Songs And Tales From Greenwood Edge C-33

タイトル、バンド名のロゴが独特で絵も地味な白黒なので、そちらに目を奪われがちですが、よくみると鳥たちが行き交う、素敵なジャケットです。控えめでやさしげな珠玉の女性ヴォーカルが切々と歌い上げるUKフォーク最後の秘境。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vSfACQ

 

③ CINDY/I Am Your Servant C-66

ポップのようなロックのようなやや厚みのある演奏をバックに、60年代女性グループシンガーさながらの声質の歌声で美しく歌い上げてくれる名作。歌メロも良いので一聴した聴きやすさ以上に深みは増していくアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wkRf8p

 

④ LOUDEST WHISPER/Same

アイルランド出身というだけで、何か憂いというか悲哀みたいなものをサウンドに期待してしまいますが、このアルバムも一聴しただけではピンとこない良さがあります。1stよりも少しプログレ色も入った2nd。こちらもレア盤です。l

・商品詳細→ http://bit.ly/2wkRf8p

 

⑤ MARRIE LITTLE/Same

『可憐』という言葉はこのアルバムの為にあるのではないでしょうか?英国フォークの中でも人気の一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2w8xHE1

⑥ MARY-ANNE/Me m-57

こういうのに巡り合うとフィメール・フォークを探してきてよかったと心から思える作品です。若干呪術的な雰囲気(そんなことないですか!?)とはまったく違う、荘厳で儚くそして美しい天上の歌声が聴ける珠玉の名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2w8gWJ1

 

⑦ ROSEMARY HARDMAN/Firebird R-114

英国田園地帯の奥深くでやわらかな陽光をいっぱいに浴びながら、藁の上に寝そべり、IphoneもLINEもないそんな時間の流れすら忘れてしまえるような世界。そんな世界を再び恋しく思う、そんな素朴でやさしい一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tRIpCk

 

⑧ SPIRAL SKY/Same s-107

音だけ聴くと70年代の激レア盤の発掘再発かと思いきや、なんとこれ94年の作品。どうやったこんなレアな音、もと古い音が出せるのか、変な新鮮さがあります。ヴォーカルはかのアンナ・ミーク似のミステリアスさで、そう聴くとプログレファンが黙っていないでしょう!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2hbhsng

⑧ TICKAWINDA/Rosemary Lane s-107

このレコードは真っ暗な中で蝋燭だけを灯して聴きたい、といったのは私の友人の一人ですが、自主製作に近いリリースとしては奇跡の録音だと思います。みずみずしく且つ鬼気迫る緊張感を漲らせているのに、癒される!?そんなサウンドです。一生ものとして、手元に置くだけの価値は大いにある一枚です

・商品詳細→ http://bit.ly/2hbhsng

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg