【今週のお薦め】お 耳はありますか?人の話をよく聴こう! ジャーマン・ロック特集!

もっと大事な事も沢山あろうかと思うのですが、どうも政治家先生たちのヤル気がお見受けできないというか…。国際情勢もまた緊張してきて、市井の一般人でもなんだか大丈夫かしら?という気がします。こみいってきたら、コミュニュケーションの基本、「人の話聞く」という所から始めるべきかと思うのですが…お耳はありますか?

さてドイツにはOHRなるレーベルがございます!

ドイツ語でOHRは耳。耳を傾けなさいという思いもこもっていると聞いた事がありますが、レーベルもまんま耳の形をあしらったデザインで、コレは若干気持ち悪いもなくはないですが、この気持ち悪さも色合いもいかにもドイツらしいと思います。

何度も繰り返し聴けば深みにはまるのがジャーマン・ロックです。人の話にもジャーマンロックにも耳を傾けてみませんか?

① BIRTH CONTROL/Operation
/

ドイツ・オルガン・ハードのアルバムとしては5本の指に入るといってもいいでしょう。特にA-2での川下りのようなドラマティックなオルガンソロの疾走感はクオーターマスすら土下座するほどの出来。ハードな中にもシンフォニックな要素も含まれたジャケで損をしている秀逸な一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2onWAc7

 

② MYTHOS/Same

ふざけている?そんなジャケではありますが、バンド名は神話!内容もまたはジャケの印象を裏切る哀しげなフルートや荘厳なコーラス、襟を正すようヴォーカル、まさにこの時代にしか生まれなかった「神話」的プログレ♪理解不能と言わず是非じっくりと!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nCXrsr

 

③ PINGUIN/Der Grosse Rote Vogel

このジャケもインパクトがありますが、やはり独プログレの名門レーベルの一つ、ゼブラからの一枚です。オルガンとサックスの絡みとけだるいヴォーカルが独特の雰囲気を作っています。ほどよい暗さと重さとクラウト感が最高♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2o526PW

 

④ XHOL/Motherfuckers Gmbh & Co Kg

バスキアばりのジャケが前衛的なサウンドファンを期待いっぱいにさせますが、お任せください!コラージュや効果音の不連続さとジャズの良質な瞬間が結合した緻密に計算された構築美で迫ってきます。聴いた回数はウソをつきません。破壊の奥でみつけるのは美!?

商品詳細→ http://bit.ly/2oWbHfZ

 

⑤ ABACUS/Everything You Need

3rdアルバム!この時期のドイツでこの手で数枚も作品を出せたのが珍しい?前2作に比べて洗練されてはいますが、洗練といってもそこはドイツ。守るものはしっかり守っています。ジャケは前衛的官能美?美が滴り落ちるシーンがちりばめられた傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1PZjoIM

 

⑥ AGITATION FREE/Malesch

こういう特集では外せない、アングラ・トリップ・ヘヴィープログレというジャンルがあったら、アモンデュールの1stと双璧となりそうな記念碑的作品。3回や4回聴いたくらいでは聴いたうちにも入らない、好きか嫌いか考えているうちにその術中にはまります!

・商品詳細→ http://bit.ly/2oxHPWd

 

⑦ BROSELMACHINE/Same

ちょっとキツいのばっかりだったから休憩!?ジャケットと幻想と内容の幻想が見事に結実したこの時期のアナログでしか生まれえなかった時代の産物。海外旅行がいくら好きでもやっぱり日本人はだし汁の味が好き、と素直に言ってしまう、そんな心にせせらぎが流れていくような名盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/1FAbPPy

 

⑧ EPSILON/Same

数多あるジャーマン・ハードロック特集から見落とされきた不遇(?)に見舞わ、内容が凄いのに知名度が低い一枚。英国ハードのA級クラスと戦っても一歩もひかない自信も漲っています。時折突然アポなしでクラシカルになったり、ユーロの醍醐味もたっぷり。ファジーダックとか好きな人にはぜひどうぞ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oo3fDm

 

⑨ HANUMAN/Same

ジャケが地味なせいか、こちらもEPSILON以上に見落とされたアルバムかもしれません。オルガンをフィーチャーしながらもジャズな風味も漂わせる、切れ味、演奏内容、曲の出来ともにハイレベルに位置するもので、ブリティッシュ・ロック・ファンすらも腰にくるようななニクい一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/1dp7hyy

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 祝!入学&入社!少年よロックを聴け!!デビューアルバム特集♪

年度末ですか?お忙しいですか??

そして、4月です! 新年度のスタートです。ピカピカの新入生、新入社員が初々しさが眩しい季節です。ワタシにもあんなカワイイ頃があったのかどうか、今となっては遠い昔ではありますが、ロックミュージシャンとて例外ではありません。どんな大御所でも、デビュー作は初々しくフレッシュなパワーに満ちています。

若く青くてはちきれんばかりおエネルギー満載のロックの名盤デビューアルバムを、人生の新しいスタートを切る新入生諸君にむけてのはなむけに。ベテラン社会人みなさんにはお馴染みすぎるアルバムですが、ぜひ一緒にあの頃の新鮮な気分を思い出し新年度も元気に参りましょう!!

少年よロックを聴け♪ ロックの名盤デビューアルバム特集です。

① AEROSMITH/Same

ドリームオンのラジオ局での放送をきっかけに売れたこのデビュー・アルバム。3rdアルバム発表後にドリームオンがもう一度売れて、このデビュー・アルバムもジャケ違いで再発。その時のジャケの方が有名かもしれませんが、オリジナルは裏ジャケミスクレジットのこちらです。ママキンなんかもう初々しくて青くて最高。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nZ96S8

 

② ATOMIC ROOSTER/Same

クレイジーワールドオブアーサーブラウンに在籍していたヴィンセント・クレインとカールパーマーらによるオルガンハードロックの先駆けといっていいのではないでしょうか。この1stアルバムの湿り気は他に類を見ないもので、雨の夜中に聴くと最高の瞬間を迎えることができます。実はこの1stテイクがふたつあり、初回はギターレス、そして2ndマトリックスからはギター入りです。マトリックスが解明されていない昔は開けてびっくりスナックのおまけ状態でした。絶対に必携の初回ギターレスをぜひ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWw77T

 

③ DEEP PURPLE/Shades Of Deep Purple

この若いリッチーはいつ見ても驚きです。ここからのヒット曲ハッシュばかりが有名ですが、実はビートルズのヘルプの隠れ名カバーが収録されているんです。初回プレスのこのイエローレーベルももはや幻。

・商品詳細→ http://bit.ly/2o87baF

 

④ CREAM/Fresh Cream

必ずしもメンバーにとってはこのバンドが初披露ではありませんが、伝説のトリオのデビュー・アルバムとしてはなんとも安直なタイトル・ナンバーではありませんか?これで内容もやわなら忘却の彼方でしたが、A-1に針を落とした瞬間にすべての人を黙らせる渋さとかっこよさ。若者トリオのデビューとはどうしても思えない驚愕が詰め込まれています。モノラル最高ですが、ステレオもまた違った魅力。

商品詳細→ http://bit.ly/1V3p3Qw

 

⑤ GIFT/Same

よく見るとだまし絵になってるジャケット。ディープ・パープルばりの2ndが人気ですが、年を重ねるとこちらですね。ドイツのぐしゃぐしゃ感の寸前で踏みとどまり、なんとも言えない立体的な暗さが構築されている、大人好みの傑作。激レア独オリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/1oSFNah

 

⑥ ROLLING STONES/Same

キューバで英雄のように迎えられたライヴが記憶に新しいですが、このデビューアルバムはなんともう53年前の作品。初々しい彼らの姿もさることながら、こんな昔のものがなぜここまで音がいいのか、いまだに解明されていない謎のひとつ。A-1のルート66からぶっ飛びのすごさ。UKオリジナルでぜひどうぞ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWqczL

 

⑦ THE JAM/In The City

ネオ・モッズ。いまやモッズの60年代よりもずっと貴重な時期だったのかも?スタカン時代にファンをがっかりさせるほどのはじけるフレッシュさが時代空気と一緒に瞬間冷凍されたデビュー作は。UKオリジナル、クリームカスタムレーベルの初回一番搾りでぜひ聴いてもらいたいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nmeLRN

 

⑧ JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Are You Experienced

これでデビュー? すでに天才の風格が最初から漂っている、ロックギターアルバムの金字塔。ジャケットだってデビューだなんて誰も思わない。音楽というものは地上にある限り永遠に語り継がれる作品。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2n8QqLt

 

⑨ THE WHO/My Generation

ストーンズの1stと双璧をなす、60年代ブリティッシュ・ロックの金字塔。半世紀以上も前の混乱のロンドンで若者4名がいきおいで作ったほとばしる情熱とあふれんばかりの才能が詰め込まれた奇跡の一枚。すべてのロックミュージックの始祖鳥。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VXqCAD

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】再発ですが何か?…激レア盤の再発特集!(その4)

イヨイヨ開花しましたねー。桜!

「桜の開花」と聞くだけで春めいた気分になりますが、あの一斉に咲く圧倒的な美しさゆえなのか、桜が目的の海外からの観光客がかなり増えているそうで、桜の下でドンチャン騒ぎはさておき、この美しい光景は世界に自慢できるかな?であり、また、後世に残して頂きたいものの一つでも!

そして、後世に残して頂きたいのは音楽も然り。音源はともかく、絶滅危惧種と言われていた「アナログ・レコード」も、昨今のちょっとしたブームのお陰でその危機を脱しつつあるのかでしょうか。「初アナログ化」にアナログ再発も活発になってきた気配もございます。という事で再び再発盤特集です!

インターネットのお陰でレア音源も気楽に楽しめる時代ではありますが、「レコードで聴く」という時間はちょっと格別。再発盤でリッチな時間を過ごせること、間違いナシです♪

 

① OPEN MIND/Same

昔から由緒正しいレア盤として有名なアイテム。ジャケットが高そうでないのに値段が凄すぎるのも面白いですが、この手の音は本当に欧米のコレクター諸氏には人気です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2niV4JP

 

② PAN/Same

デンマークのプログレグループの唯一作。オリジナルとはジャケ違いの凝ったエンボスで再発をリリースしたのはドイツ屈指のLITTLE WING!ですが、このレーベルももはや廃業らしく、残念です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nwIsPZ

 

③ PANTA REI/Same

ポコラ本でこのジャケをはじめてみたときの衝撃は忘れられません。内容はジャケから想像するにぶっ飛びアングラかと思いきや、正統派のかっこいい北欧プログレ。人には見せにくい!?大切なのは中身です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nwAeqQ

 

④ PARAMETER/Galactic Ramble

オリジナルは激レアのUKサイケフォークの再発。果たしてオリジナル盤は本当にあるのか?なんの変哲もないジャケットですが、音はバリバリのアングラレア系の音しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2niIevm

 

⑤ PAX/May God And Your..

しかし長いタイトルで。オリジナルに忠実な不思議なジャケもインパクトありますが内容は折り紙付きのペルー発のヘヴィー・プログレです。ハードロックファンは必携の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2o0pCgy

 

⑥ PERERIN/Tirion Dir

落とし物を拾っている(?)ジャケが有名nなペレリンの3rdアルバム。こちらも、どれもフォークファンには必携の内容です。丁寧な仕事で定評のスペインはGuerssenからの再発です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mp2I69

 

⑦ PETER HOWELL & JOHN FERDINANDO/Alice Through The Looking Glass

ITHACA、AGINCOURTの前身(ってそんなぁ・・って感じですが)。そう聴けば内容はもちろん我らがドリーミーフォーク!白昼夢好きなあなたへ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nwRRHd

 

⑧ THE SHAGGS/Shaggs’ Own Thing

知る人ぞ知る、脅威のナチュラル・フィメール・バンド、現代の狼少女。ありのままの無類の個性が塊となってぶつかってきます。さあ、あなたは受けとめられますか?

・商品詳細→ http://bit.ly/1UaQCox

⑨ SHIRLEY COLLINS/Sweet England

昨秋は38年ぶりに81歳での新譜のリリース!この方は本当に素晴らしいと思います。英国フォークの原点ともいえる、そのシャーリー・コリンズが60年近く前のリリースとなる、59年のデビューアルバム。歴史的一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nwS7pv

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】再発ですが何か?…激レア盤の再発特集!(その3)

先のアメリカ大統領選以降、特にトランプ大統領の就任後、『フェイク・ニュース』とか『もう一つの真実』とかそんな言葉が聞かれるようになりましたが、たとえ真実でなくても正しくなくても『信じたいことを信じる』的な風潮があるとかないとか…。さすがに、それはマズイのでは?と思いますが、溢れる情報に左右されることなく正しく自分で判断するのが大人でも難しくなってきたという事なのでしょうか。

音楽の場合は『信じたいもの』ではなく、信じるべきは『自分の耳』のみ!?音楽の好き嫌いはもとより、好みの音はまずは聴いて確かめて♪ 『幻』と言われるレア盤はまず再発から、というのも昔からの定石…かな?高額なレア盤より気楽に楽しめるのが再発でもあり、また再発ですらレア!という現象も起きつつあります。侮るなかれ!の再発盤、前回も好評(?)だったレアアイテムの再発特集、第三弾です♬

 

① FLEA/Topi O Uomini

イタリア史上もっとも熱いFLEA ON THE HONEYの後継、そしてかのゴブリンの前身として有名(もとい無名)なメガレアアイテム。オリジナルは本当に存在するのでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2lDOtsZ

 

② GRAIL/Same

ロッドスチュワートがプロデュースしたことで無名(もとい有名)なこの作品。イギリスのバンドながらもイギリス盤は出ておらず、フランス、ドイツのみのリリースという不遇な作品。なんともレア盤然としてジャケも秀逸。

・商品詳細→ http://bit.ly/2m4FmyY

 

③ HAIKARA/Same

ユーロロックというものが日本に入ってきた80年代からすでにマニア垂涎の由緒正しきレア盤。不思議なリズムラインと女性ヴォーカル、卓越した演奏、どれをとっても一級品の内容。1st、2ndともに激レア&大傑作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lerfIQ

 

④ HOST/Pa Sterke Vinger

北欧というと実は隠れた名ハード・ロック・バンドの宝庫ですが、その中でもこのHOSTというグループ、2枚の力作を世に残してくれました。内容では2ndですが、ジャケがかっこいい1stを今日は紹介。ギターの音色が素晴らしいグループです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lDAx26

 

⑤ KALEVALA/People No Names

北欧のレアハード・ロックとして5本の指に入るといっても過言ではないでしょう。このヘヴィメタのようなジャケでずいぶん損をしたのではないかと思いますが、演奏、テンションともに北欧の最高峰。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lnp0BP

 

⑥ LOS DUG DUG’S/Dug Dug’s

どこまでが真面目にやっているのかわからないジャケットはコメントが難しいですが、今話題のメキシコからの1枚。一言では言い表せないエネルギーに満ち溢れています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2m120vq

 

⑦ MURPHY BLEND/First Loss

ジャーマン・ヘヴィーロックの中でも人気のレア盤。ドイツならではのハモンドが美しく鳴り響き、ときに抒情的な一面をも併せ持つまさに幻の名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lDL8ud

 

⑧ OUT OF FOCUS/Same

ジャーマンらしいハードロック的な中にジャズの風味が大きく加味されてきた2ndアルバム。メンバーは後にEMBRYOにも参加。独特の雰囲気がマニアにはたまらない魅力の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mfhZSB

 

⑨ MORLEY GREY/The Only Truth

70年代のいわゆるB級ハードロックファンは垂涎の1枚。ハードな内容もさることながらとにかく雰囲気が素晴らしく、こんな音はこの時期にしか出せないものでしょう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lnsaFC

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】再発ですが何か?…激レア盤の再発特集!(その2)

寒中お見舞い申し上げます!寒いです!!雪は如何でしょうか?日常生活に影響のない程度にしてもらいたいものですが…。

かのピンクフロイドも昨年から『アナログ復刻プロジェクト』などやっておりますし、2月にはジョージ・ハリスンのLPボックスもリリースだそうですが、再発市場も活発な模様!『初アナログ化』という言葉を初めて聞いたのは去年の夏でしたか。CDのみのリリースのアナログ化が進んでいるそうで、『初CD化』で喜んでいるのも昔話となるのかどうか。

これまでは『CD化がされているか』が一つのチェックポイントでしたが、最近ではレア盤のアナログ再発や発掘盤のアナログリリースも進んでいおりまして、これもまた楽しい限り♪ 私どもの在庫にもそういった『激レア盤』の再発もございます♪  以前にも一度取上げておりますが、お薦めしたいのが沢山ありまして実質は2回目の特集です!(第1回目はコチラ→ http://wp.me/p2OYgh-1k9 )

 

① ART BOYS COLLECTION/Stoned Wall

知る人も知らない、本当に知っている人のみぞ知る、オーストラリアのビート・サイケの傑作。ブリティッシュビートとサイケをも彷彿とさせるなかなかの内容です。歌メロもよくて60年代のスゥインギングな香りもたっぷり。

・商品詳細→ http://bit.ly/1vkLaqJ

 

② DA GAMBA/Feather

69年代アメリカのガレージ・ロック・バンドの唯一作。くすんだ感じがアメリカの当時の映画の殺しの後の砂漠のドライヴのバックでかかっていそうな感じで、雰囲気はもう抜群です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jXgGdq

 

③ DE DE LIND/Io Non So Da Dove Vengo E Non So Dove Mai Andro, Uomo E’ Il Nome Che Mi Han Dato

伊ヘヴィー・プログレのレア・アイテム。売る気があるのか?という長いタイトルですが、フルートやらなんやら必要なものはすべて入っていて、イタリア・ファンは必携です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jMrBEm

 

④ DELIRIUM/III

イタリアのプログレの中でも最も濃い部分に位置する最もレアな3rd。1stがお好きな方には3枚ともにお薦めです。時期が進むにつれ完成度も上がります。どちらかと言えば地味なジャケですが、お値段は派手!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2kmI45p

(1st) DELIRIUM/Dolce Acqua → http://bit.ly/1omJvPg
(2nd)DELIRIUM/Lo Scemo E Il Villaggio → http://bit.ly/1izOoQt

 
 

⑤ DR.Z/Three Parts To My Soul

レアすぎてかえって有名になってしまったという珍しいケースですが、オリジナルは本当にレアです。内容はというと・・これがみんなが欲しがるだけあるなぁ~という感じなんですよね。メジャー系には絶対に出せないアングラならではの魅力満載。

・商品詳細→ http://bit.ly/2j9akU7

 

⑥ ELLISON/Same

カナディアン・ハードのトップクラスとの評価もあるソリッドなハードロックアルバムです。68年頃から73年までの活動期間中にアルバムは一枚を残しただけですが、このオリジナルがまたレア!ブラック・サバスを彷彿とさせるダークな感じがたまらない魅力です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iZOdnB

 

⑦ THE ELECTRIC TOILET/In The Hands Of Karma

既にハンス・ポコラのRCD1001で登場を果たし、お皿4枚を獲得している、USロックきってのレア盤の一つですね。けだるいヒッピー・ブルース感でハマるといつまでも聴いていたくなる中毒性も!?再発の音質がまた雰囲気を作っています!

・商品詳細→ http://bit.ly/2kmBL1B

 

⑧ ELIAS HULK/Unchained

ヤング・ブラッドレーベルのオリジナルは激レアですが、とにかくジャケが怖いんですよね…。(ご参考までにコチラ)。再発盤はUKロックっぽいシャレたジャケになった再発盤。オリジナルとは曲順違いというのもまた再発の醍醐味です。ダークでヘヴィでUKプログレファンには外せない一枚!

・商品詳細→ http://bit.ly/1mnaw1G

 

⑨ ELOY/Same

ドイツのハードロックの名グループの多くは、せいぜい2枚ほどアルバムを発表して力尽きるというパターンが多いのですが、エロイは息が長かったですね。中でもこの(ちょっと趣味の悪い)変形ジャケの1stは特にレア。内容はお墨付き。再発も変形ジャケでお値段も上昇中です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2js1Bgy

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 開催中のあいちトリエンナーレにちなみ、モダン・アートなジャケ特集♪

食欲の秋、スポーツの秋ですが、秋と言えばやっぱり『芸術の秋』でございます。ここ名古屋でも3回目にあたります芸術イベント『あいちトリエンナーレ』も開催中で、モダン・アートに触れることができるのですが、レコード屋さんだってモダン・アートに触れることができる場所の一つです!?

『アートなジャケ』という事では数数えきれなくございますが、今回は敢て『モダン・アート』的アルバムに照準を当ててみました。リリースから30年以上を経てもなお最近の『モダン・アート』に引けを取らない魅力があります。ジャケットが美しいレコードに駄盤はございません。やや高額盤になりますが一生モノの価値あるレコードです。LPサイズだからこそ表現できるモダン・アートの世界を芸術の秋に是非♬

 

① AFFINITY/same

これぞジャケットアートの代表格です。キーフのデザインの最高傑作といって良いでしょう。謎めいた美しいジャケットの包まれた唯一無にの傑作。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhxIc

 

② BEGGAR’S OPERA/Act One

運動会にかけるブリティッシュ・ロックはこれを置いて他はないでしょう。ジャケもまさしくそんな雰囲気ですが、A面冒頭に針を落とした瞬間から最後まで一気にいきます。以降のアルバムでは路線が変わるのですが、実は最高作に推す人も多い傑作。

・商品詳細→ http://bit.ly/19zTR6P

 

③ CRESSIDA/Asylum

下手な美術絵画も真っ青なグレートなジャケット・アートに包まれた朝霧の夜明けの鎮魂歌。ヴァーティゴ以外では二度と出せない稀有なサウンドです。死ぬまで聴ける(!?)と言もえる一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dJdOf0

④ DENNIS/Hyperthalamus

ジャーマン・ロックの有名どころのメンバーが多数参加したセッション風のジャズロック名盤。見れば見るほどに深みのあるジャケットアート。聴けば聴くほどにそのサウンドに酔いしれることができます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhMmz

 

⑤ FAIR WEATHER/Beginning From An End

ネオン・レーベルの1番で、カントリー・ロックにブラスが加わりユニークなサウンドは、聴くほどにハマる?UK盤の美しいジャケも魅力たまらない魅力を称えた一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2db8pOT

 

⑥ PETE BROWN & PIBLOKTO/Thousand On A Raft

70年のリリースながら見れば見るほど不思議なジャケは、現代をもってしてもまだまだモダン・アートの域にあります。ブルージーでジャッジーで、ブリティッシュ・プログレを代表する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1n79Bgd

 

⑦ ROCKIN’ HORSE/Yes It Is

馬です、馬!!一度見たら忘れられないジャケも迫力がありますが、YES IT ISというタイトルもシンプルで潔く、ポップでありながら実にパワフルなサウンドも一度聴くと耳にずっしり残って病みつきに。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dZZNcE

 

⑧ TREES/On The Shore

ご存じ、水撒きお嬢さんのこのジャケもモダン・アートギャラリーに展示されても遜色ありませんよね。説明するまでもありませんが、トラッドを大胆にアレンジしたサウンドもジャケの雰囲気にもマッチしています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dUOHVk

 

⑨ WEB/I Spider

今更ご説明申し上げるまでもない、こちらもブリティッシュ・プログレの名盤です。アートワークも素晴らしく、洗練されたサウンドは耳の肥えた大人のファンをも唸らせるアルバムだと思います。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dCqhl3

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】 キャー怖い!!納涼第2弾 背筋も凍る怖いジャケット特集!

雨もろくに降ってないのにすっかり、各地でも梅雨明けのようで、そして7月も後半!

日によってはヤケに涼しい日もあまして、まだ本気の夏の到来ではないかと、余裕を見せたりもしていますが、怖いものは苦手で、余裕は絶対出せないと思うのが『お化け屋敷』。世間では随分進化もしているそうで、大阪・梅田のお化け屋敷なんて、聞くだけで怖そう~。

怖いものを見て怖い思いをして冷や汗かいて暑さを忘れる、日本ならではの『納涼』です。そんな日本の伝統にのっとり、私たちも、怖いジャケを見て納涼というのは如何です? これ以外にも一杯あります怖いジャケ!店頭に納涼にいらっしゃいませんか?うふふ。

 

① ACHE/Greenman

ポンペイの爆発で亡くなった人の遺骨が、骨と装飾品で化学反応を起こして緑色に…というお話しがあり、グリーンマン、グリーンレディと呼ぶらしいですが、このデンマークのプログレもまさにそんなジャケ。内容はもうそれこそ暑さぶっとびのカッコこよさです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2a1SQqb

② AMON DUUL II/Tanz der Lemminge

独プログレの最も深いところに位置し、ジャケは芸術的でいながらも、ほどよく怖く、一見熱情がありそうでいて、奥底に流れる冷たい感覚。これ真の意味での納涼ではないでしょうか?ジャーマン・プログレの避けて通れない傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ap9Uts

 

③ ANDWELLA/World’s End

世界の終わりと題されたこの作品。題名通り、ジャケも怖いですね~。しかし内容はというとデビッド・ルイスさんがいるだけあって、地味ながらも素晴らしいものです。ちょっと珍しいUS盤、ホワイト・レーベル、プロモ盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2a775bX

 

④ BANCO DEL MUTUO SOCCORSO/As In A Last Supper

最後の晩餐と題された後期の輝きをみせる作品。ジャケは見てるだけで怖い…というか痛いです。初期3枚だけでなく、こちらも捨てがたい魅力の名作。英語バージョンでも是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/2a9VHQ6

 

⑤ BLACK CAT BONES/Barbed Wire Sandwich

一見カワイイ印象もあろうかと思いますが、カワイイどころか怖い!ジャケはさることながら、内容は極太、骨太、濃厚、そんな言葉しか見つからない、熱きヘヴィ・ブルースの王者。

・商品詳細→ http://bit.ly/29X3z4h

 

⑥ JANE/Together

美しさと異様さが入り混じる境界線に浮かびあがる怖さでしょうか。これぞジャーマン・ロック!複数枚のアルバムをコンスタントに残している数少ない存在です。前作同様、人前にさらされることをかたくなに拒むかのようなひんやりした感触の影の名盤です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2a9gW42

 

⑦ BRAM STOKER/Heavy Rock Spectacular

顔の下に懐中電灯をかざして怖がらせるのが正統派、肝試しですが、ジャケからは思いもよらぬ正統派HR。ジャケが怖いせいか評価は低いのですが、トミック・ルースターと双璧をなすクラシカル・プログレッシヴ・ロックの名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2a9h2sm

 

⑧ COMUS/To Keep From Crying

1stアルバムはジャケも怖いわ、内容も怖いわでしたが、そこから怖さが抜けたような気もする2ndは実はその奥深いところに怖さが潜んでいるのです。恐怖を美で包み込んだ隠れた名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2a2Td7N

 

⑨ SPOOKY TOOTH/Ceremony

見るだけで「痛っ!!」となってしまう感じは、あの映画「ソウ」に通じる怖さを秘めている感じですが、とにかくジャケは痛いです。現代音楽のピエール・アンリとの共作で時代の最先端をいく実験的ロックは、早すぎたとの評価も。

・商品詳細→ http://bit.ly/2a5DPVD

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)