【今日の一枚】FORMERLY FAT HARRY/Same

FORMERLY FAT HARRY/Same

マニアの間では古くから伝えられている1枚で、カントリー・ジョー出身+ラルフ・マクテル絡みのメンバーということから伺い取れる英米ミクスチャー作品の真骨頂的バンド・アルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1bpJzAs

※2018年3月から当分の間店頭営業を不定休とさせて頂きます。
営業日は→ http://sorc.co.jp/latestinfo.html

+++ 在庫商品はこちらからどうぞ +++
HP: http://sorc.co.jp/cwr.html
CDandLP: http://bit.ly/11eWWDL
Discogs: http://www.discogs.com/seller/sorc555/profile
eBay : http://stores.ebay.com/60-70s-Used-Records-SORC

+++ お友達登録もお願いします +++
LINE: https://page.line.me/oxa1666e

広告

【今日のレコード】GAY & TERRY WOODS/The Time Is Right

GAY & TERRY WOODS/The Time Is Right

アイルランド出身ながら夫婦デュオの一連の作品はどれもアメリカの清々しい空気を流し込んだブレンド加減がたまらない作品ばかり。一般的に人気の1stと3rdに挟まれた本作こそ内容は本命です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1xmi4mq

※2018年3月から当分の間店頭営業を不定休とさせて頂きます。
営業日は→ http://sorc.co.jp/latestinfo.html

+++ 在庫商品はこちらからどうぞ +++
HP: http://sorc.co.jp/cwr.html
CDandLP: http://bit.ly/11eWWDL
Discogs: http://www.discogs.com/seller/sorc555/profile
eBay : http://stores.ebay.com/60-70s-Used-Records-SORC

+++ お友達登録もお願いします +++
LINE: https://page.line.me/oxa1666e

【今日のレコード】GREASE BAND/Amazing Grease

GREASE BAND/Amazing Grease

UKスワンプ・バンドの三指にあげたいグリース・バンドのセカンド・アルバム。商業性は一切無視で(?)ただ自分たちの信じる道を突き進むという姿勢がアッパレな2枚目にしてラスト・アルバム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BQJk9K

 

※2018年3月から当分の間店頭営業を不定休とさせて頂きます。
営業日は→ http://sorc.co.jp/latestinfo.html

+++ 在庫商品はこちらからどうぞ +++
HP: http://sorc.co.jp/cwr.html
CDandLP: http://bit.ly/11eWWDL
Discogs: http://www.discogs.com/seller/sorc555/profile
eBay : http://stores.ebay.com/60-70s-Used-Records-SORC

+++ お友達登録もお願いします +++
LINE: https://page.line.me/oxa1666e

【今週のお薦め】 ゆく年くる年…年末年始にお薦めは!?

クリスマスが終わると一気にお正月ムードになるのが日本の特徴でもありますが、お忙しいですか?

今年を振り返る、、、みたいな時期にもなって参りました。今年のレコードとの出会いはいかがでしたでしょうか?クリスマスにはサンタクロースっが来た!という方もいらっしゃったりして♪ カレンダーの並びの関係で大型連休とはならないまでも、ゆっくりレコードをお聴きになるお時間はありますでしょうか?冬休みはあまり針を落とさないレコードをターンテブルに乗せ、改めてジックリお聴きになるのになるののにもいい時期かと思います。冬休みにお勧めしたい、メジャーではないなりに、ジワっと嬉しい、そんなレコードをいくつかご紹介です。

2017年も色々ございましたが、来る新しい年も楽しくそしてステキなレコードとの出会いがたくさんありますように。

年末は12月30日まで営業、年始は1月5日から再開いたします。新着の更新も1月5日を予定しております。引き続きよろしくお願いいたします。

元気に楽しい年末年始のお休みをお過ごしくださいますように。Happy Holidays!!!

① CAMEL/Same

後のアルバムよりはハード・ロック色が強いものの柔軟でクールなキャメル独特のサウンドが冬にぴったりのイメージを醸します。今やこの英1stプレスは超希少品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kM4ECT

 

② COMUS/To Keep From Crying

ファーストの狂った感じは抑えられた分、クールで幽幻なフォーク作品として、良い意味で聴きやすくなっているセカンド。他の名盤群にも全く引けを取らない逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D2Ynd0

 

③ DORRIS HENDERSON/Watch The Stars

ジョン・レンボーンの典雅のギターを背景に厳かな深みのあるドリスのヴォーカルが、暮れゆく年と来たる新しい夜明けをイメージさせる極上フォークアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1HLH6Wk

④ FAIRPORT CONVENTION/Full House

寒風吹きすさぶが如く超強力メンバーのバトルがクールにそして熱く繰り広げられるエレクトリック・フォークの頂点的作品。これを聴かずして年は越せません!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2DDMwmz

 

⑤ FAMILY/Fearless

彼らの音楽はこの時期にそぐわずと思いきや、このごった煮サウンドは、おせち料理とおしるこをお屠蘇で一度に食すが如きで正月気分を盛り上げてくれそうです!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2mKYEZT

 

⑥ GALLAGHER & LYLE/Seeds

おせちでお腹が膨れたら厚着をして枯葉舞う冬の公園へ散歩に出かけましょう。そんなシチュエーションにぴったりな音といえばこの人たちを置いて他にないでしょう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2zishaG

 

⑦ GENESIS/Foxtrot

ジェネシスもメジャー・プログレ・バンドの中では一番クリスチャン臭を強く匂わせるグループではないでしょうか? オリジナル盤のサウンドで厳かに年末年始を!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2trqFvD

 

⑧ GILES FARNABY’S DREAM BAND/Same

クリスマスからニューイヤーと、メディーバルでリリジャスな雰囲気を本格的に味わうにはこのような音楽を生活に取り入れることが必要では? 本国での評価は不動の名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D0mNDI

 

⑨ M/New York London Paris Munich

厳かなアイテム群の後は理屈抜きで踊り狂って新年を迎えちゃいましょう! 元激レア・アシッド・フォーキーとは思えぬ突き抜けっぷりにシャンパンで乾杯ですっ!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2C2EMfZ

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】ロックがキラキラしています♬ EL&P特集!

早くも12月に入りました!!ご案内が前後しておりますが、HPには新着も追加しておりますので(コチラ)、またご一覧いただければと思いますが、今回入荷の中でのイチ押しは、EL&Pのソノシートです。イギリスの音楽雑誌NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)が、Brain Salad Surgeryのリリースを記念して73年11月10日号でグレッグ・レイクを特集、その付録として付属していたのがこちらのソノシート。珍しいのはその本紙の方?という、この本紙とソノシートが揃っています。(オマケンにUS盤のオリジナルもお付けしております!)

奇しくも、今日12月7日は、グレッグ・レイクの命日ですね。早くも一年。追悼やそうゆうのは得意ではありませんが、今回はこの機会にグレッグ・レイクの関連アルバムを集めてみました。もう説明不要の名盤ばかりではございますが、今一度是非。

しかし、このNME、グレッグ・レイクの特集も楽しいのですが、この本紙の記事もまた楽しいのです!!ライブ告知のページなんて本当に豪華絢爛!!改めて73年ってスゴイ!!と思う次第です。

12月になって街のイルミネーションもキラびやか、ロックがキラキラしていた時代の音楽で華やいでまいりましょう!

 

① EMERSON, LAKE & PALMER/‎Brain Salad Surgery

最高の演奏が最高の緊張感とともに真空パックされた驚くべき作品。オルガン・ロックの讃美歌A-1にて幕をあけると後はもう最後まで一気。疲れているときは厳しさすら感じます。迫力のジャケとともに怒涛の一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kjQ20g

 

② EL&P/Same

オルガン・ロックとして、いやブリティッシュ・プログレとしても名実ともに最高峰に位置する一枚。やっぱり「猪木のスリーパーは凄い!」ということを思い知らされる(!?)凡百のフォロワーが束になっても構わない世界最高のオルガン・ロック。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BGSLVB

 

③ EL&P/Tarkus

謎の怪獣タルカスの冒険を描く一大絵巻。現在ではここまでドラマティックな寓話をモチーフにしてしまうと鼻白んでしまって名前負けしそうですが、70年代という時代性も手伝ってか寓話の神秘性とサウンドの劇的感が異常な立体感を構築。これぞ二度と出ない誰にもまねのできない世界。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AJer5Y

 

④ EL&P/Pictures At An Exhibision

展覧会の絵、このイントロを聴いてプログレファンはドラムスのブレイクを想像してしまう!?そんな社会現象を引き起こしました。ジャケットはやや抑えめですが、残されたビデオも秀逸です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iLD8aT

 

⑤ THE NICE/The Thoughts Of Emerlist Davjack

このナイスこそEL&Pの前身と言えるのでは?ジャケットのかっこよさ、楽曲内容の良さから、ナイスはやはりこの作品が最高か。EL&Pの登場を予見させている感じすらします。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BxDUw9

 

⑥ REFUGEE/Same

厳密にいうとEL&Pとはもはや関係がないですが、ナイスの残党が参加しているという事で。ナイス系というよりもパトリックモラッツの劇的性が塊となって圧倒的に迫る名作。ジャケがマイナス?ですがマストアイテムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nv6EDF

 

⑦ KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

グレッグ・レイクということでこちらも紹介。フィリップ先生であることは間違いないですが、この作品の叙情性とウェット感は、グレッグ・レイクの歌声あってこそでしょう。そんな視点でたまに聴きなおしてみては?

・商品詳細→ http://bit.ly/2hlZYAi

 

⑧ KING CRIMSON/In The Wake Of Poseidon

グレッグ・レイク続きでこの2ndも。メロトロンの洪水の語源となった(!?)とでもいうような、メロトロン患者にとっての宝物でもあります♪ちなみにここではグレッグ・レイクはギター・プレイも披露しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/1J8RZSY

 

⑨ ATOMIC ROOSTER/Same

オルガン・ロックの裏最高峰です。キース・エマーソンとオルガンバトルをやったヴィンセント・クレインの湿り気たっぷりの暗闇のキーボードをカール・パーマーのドラムスがテクニカルに支える、何回聴いても飽きない作品。フルート・ミックスと呼ばれるギターレスバージョンで是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWw77T

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】木枯らしに舞うメールシンガー特集♪

先日、ウサクマレコードさんからお誘いを頂きまして、チェコのプログレバンド、ウジュ・ズマイ・ドマ(UZ JSME DOMA)のライブにお邪魔してきました! いわゆる『正統派プログレバンド』!曲も演奏も実にナイスで、プログレ好きのお友達と一緒に行ったのですが、私たち、思わず顔が笑っていました。美味しいものを食べた時って思わず顔が笑っている、っていうご経験もお持ちかと思いますが、あんな感じ♪

スピーカーから思いがけずいい音がしてきたり、好きな音楽がいい音で聴けたときも、思わず顔が笑っていたりするものですが、これが幸せ?ハハ。楽しい経験でした。事前のプロモーション不足だったそうでお客様の出足が悪かったのは残念でした。まだ国内ツアーが続く様ですので、お近くの方は是非♪ 詳細は→ http://www.uzjsmedoma.cz/en/concerts

寒いときはこういったちょっと熱めのプログレもお薦めですが、秋深し…ということで、冬になる前に、秋らしいステキなSSWを集めております。思わず笑顔にしてくれるいい音楽、アナログ、スピーカーでお聴きになるともっと顔が笑うかも!!

深まる秋も笑ってお過ごしくださいませー!

① BUZZ LINHART/Buzz

ブリティッシュ・マニアも唸らせるUS産SSW、何とかのアイズ・オブ・ブルーが大挙バックアップ!寒風吹きすさぶような演奏に乗せてバジーが熱く熱く歌います!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2iUASLc

 

② DOMENIC TROIANO/Dom

孤高のギタリスト、トロイアーノがジェイムズ・ギャング参加直前にリリースした1stソロ作。ギターは勿論、シンガー&ソングライターとして目を見張るような才能が伺えます!

・商品詳細→ http://bit.ly/2zI5PwY

 

③ DONOVAN/What’s Bin Did And What’s Bin Hid

英国が誇る吟遊SSWドノヴァンの処女作。このシンプルなフォークの世界から、ロックの世界にも大きな影響を与えていったところがディランと比較される所以でしょうか!

・商品詳細→ http://bit.ly/2Bi0ngp

 

④ EARL JORDAN/Jordan

誰ぞやこの黒人??と思いきや、かの英国マニア悶絶のGreen Bullfrog, Jodoのヴォーカルだった人ですといえば、思わず乗りださずにはいられないのではないでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/20TfdQ4

⑤ FRANKIE MILLER/Once In A Blue Moon

英国ブルーアイド・ソウル・シンガーの最高峰、F.ミラーのソロ・デビューは愛すべきバンド、ブリンズレー・シュワルツと一緒に作り上げた熱さとゆるさのブレンド加減が堪らない1枚です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1KoGoL2

 
⑥ GARY FARR/Strange Fruit

これほどこの時期にピッタリなアルバムはないのでは?秋から冬へ向かう時期に一押ししたいシンガーの名作。R.トンプソンとマイティ・ベイビーの名演が追い打ちをかけます!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ztCOkj

 

⑦ THE HANS STAYMER BAND/Dig A Hole

外は寒いが火傷しそうなほど熱いシンガーがカナダにもいます。こんな凄い本家より濃いザ・バンドのカバーは聴いたことがない!と唸ってしまいます。真冬の薪ストーブ的名盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/1rOCnfL

 

⑧ HENRY McCULLOUGH/Mind Your Own Business

Grease Bnad~Spooky Tooth, Wingsなどを渡り歩いた英国スワンプの代表的ギタリストのデビュー・ソロ名作。こういうのを聴いて身体の芯から温まりましょ~!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hXtD4F

 

⑨ JOHN JONES/Collage

プログレ・バンドJonesy出身ながら、秋枯れの英国SSW然とした風合いを醸す埋もれた名作。ヘロンやコリン・ヘアなどが好きな人にオススメできる1枚です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2k6BAZC

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】 気持もポジティブに!?秋晴れレコード特集♪

大騒ぎの米国大統領の来日でしたが、どうも我が国のリーダーはハシャギ過ぎでは…。イバンカさんに57億円、兵器も更にお買上げのお約束もしていいらしゃった模様ですが、地道にコツコツとやっている小国民としては、ちょっとヤリ過ぎなのではないかと思っちゃたりです。「外交努力」っていう言葉もあるとは思うのですが、カッコをつけるのも程々にして頂きたい!?!?とそんな感想を持ったりですが。

それに株価が上がってもワタクシのような小市民には特に影響もなく、どれも明るい話題とは思いにくいのですが、暗い気分になっていても始まらない!!という事で今回は、気分が明るくなりそうなレコードを集めてみました!

昨日はお天気も悪かったのですが、この所続いていた秋晴れの青空にちなみ『青空サウンド』特集です。

気持ちのいい秋晴れの日に備えてこんなレコードは如何でしょう!?

① ABBA/Voulez-Vous a-5

アグネタとフリーダのはち切れんばかりのヴォーカルは抜けるような青空にピタリとハマります。彼女たちの声を聞いて気分を上げて参りましょう!

・商品詳細→ http://bit.ly/2z7oXTo

 

② CAMPO DI MARTE/Same c-4

ハードロックと牧歌的フォークが入り混じるイタリアンロックの名盤。美しいフォーク的なシーンでは緑の田園地帯と澄んだ青い空が瞼に広がります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2zl5uiW

 

③ DAVID ELLIOTT/Same d-36

「イギリスのアメリカ」を代表するSSWの1st。英国人特有の湿っぽさはなく、歌もサウンドもカラッと爽やかで元気が出ます。さ~外に出かけよう!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRZW4r

 

④ GRATEFUL DEAD/In The Dark g-114

タイトルとは裏腹に、どうでしょうこのあっけらかんとしたポップなサウンド!!デッドだから好き!!という全音楽ファンの愛が注がれた全米No.1作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ijh8jw

⑤ HERON/Twice As Nice And Half The Price h-38

ファンには言わずと知れた英国田園フォークを代表するグループ。優しい木漏れ日がこれほど似合うグループは他に二つとないでしょう。一家に1枚!

・商品詳細→ http://bit.ly/2iO6QvD

 

⑥ JACK MACK AND THE HEART ATTACK/Cardiac Party J-8

元イーグルスの故グレン・フライのプロデュースによる元気印◎!のホワイトR&Bバンド。晴空の下このサウンドを聴きながらドライブに出かけましょう!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hqxJSQ

 

⑦ LITTLE FEAT/Same L-61

これはもう、音よりはジャケの印象でしょうか!?まだザラついたアシッド臭をプンプン放っていたデビュー作です。再評価で人気上昇アイテムです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2yiQFgU

⑧ ORLEANS/Waking And Dreaming o-9

ジャケはさておき、内容は湿度10%以下のカラッからな爽やかサウンドで、東海岸出身ながら西に移住、ウェスト・コーストの夢を体現しています!

・商品詳細→ http://bit.ly/2z1fRYE

 

⑨ PAN/Same p-9

何といってもこのアルバムはA-1につきます!(他も全部良いですよ!)この曲を青空の下で聴くと1日元気&ハッピーで入られるのです。是非ご賞味を!

・商品詳細→ http://bit.ly/2lzA4zm

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg