【今週のお薦め】怒ってますワタシ!?怒りジャケ特集ー♪

忖度とかもみ消しとか圧力7とか開き直りとか、政治家とか官僚とかもうメッチャクチャのグッタグタに見えて、いい加減、どうにかならないものかと、地味にコツコツやっている地方の小市民としては、腹立たしい事バッカです!!もうっちょっとみんな怒ったほうがいいんじゃないですか??

オマケにですね、あまり語りたくはないのですが、野球も…我が千葉ロッテマリーンズときたら。(以上あまり語りたくないです!)

と、個人的にもキゲンがあまりよくないこともありまして、怒り爆発!!怒ってます!ワタシ!!的ジャケのレコードを集めてみました。ジャケ以上に内容もパンチのあるものばかりでもありまして、いい音楽でスカッと!!そしてキゲンも直して参りましょう♪

① CLASH/Same

/

怒れる若者という言葉はもはや死語?それでもやっぱり怒りといえばパンク!プロデュースの甘さが原因でアメリカでも発売されなかったアルバム。粗削りですが、その分直線的な暴動感をむき出しにしているパンク全盛期の瞬間玉手箱!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sdTrxi

 

② KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

これは怒りではなく驚き?でもありますが、モナリザ同様、名作は人によって感じ方が変わるのです!変幻自在のジャケに包まれたそのサウンドもジャケ以上に変幻自在な不朽の名作。マト2/2です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ MAGMA/Same

ユーロプログレ屈指の問題バンド、マグマの1st。自らを惑星マグマからの使者と名乗り、コバイアストーリーに基づく自らの言語コバイア語を操る謎の集団。内ジャケのデザインたるや売る気があるとは思えません。地球全体に襲いかかる記念すべき一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

④ LOL COXHILL/Ear Of Beholder

怒っている、というよりこういう表情の方なのかも!?ですが、お子様にはこの手の顔が一番怖いハズ。内容もジャケ通り真摯に音楽に向き合った鬼気迫る、魂のアヴァンギャルドなカンタベリージャズロックです。ケビン・エアーズも参加の傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ JUNIPHER GREENE/Communication

ややアニメっぽいジャケですが、屈指の北欧のヘヴィー・プログレです。かのノーベンバーをもなぎ倒すくらい!?複雑なリズムチェンジ、白い息を吐くがごとき寒そうなヴォーカル、かっこいい楽曲、よく伸びるギター。文句なしです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ METALLICA/Kill ‘em All

ジャケが怖いというよりも、ニュース見てるとこのタイトルを思い出す!?70年代ハードロックファンにとってはこのあたりはいつになっても最近のバンド呼ばわりですが、ここまでメタルを徹底したというところに敬意をもって。この後の飛躍を予感させるようなデビュー作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ OSANNA/L’uomo

ナポリ伝説のプログレバンド。その正体はベール(ペイント?)に隠され…でしたが、来日回数も多く今も現役!そしてこのアルバムはいまだに伝説。ベスビオ火山の噴火のごとくの怒れる(?)サウンド。このジャケのポーズをしながら「これ持ってる?」と聞いたりしたのものです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ PAN/same

相当怒っていないとココまで握れないと思いますが、この握りつぶせ!のジャケが印象的なデンマークのプログレ。オルガンあり、アコースティック秋枯れありで曲構成も実によく練られた美しい作品。ノーマークな方いらっしゃるのでは?ジャケ違いの再発とはジャケが違いすぎるオリジナルです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ PATTO/Same

変形ジャケの2ndが有名ですが、爆発力ではこの1st。ジャケも怒ってます!冒頭で何気なく曲が始まるのはまるで平田オリザの演劇のようで、エンディングはストレイドッグの例の曲に比肩するくらいの凄み。パトゥはラップと仰る方がいますが、本当にこの時代の人を本気にさせたヤバイ!と痛感する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】ドラムスにしびれる!? ドラムス・プレイが凄いヤツ特集

ブリティッシュ・ロックの聖なる国、ウインブルドン真っ只中のイギリスですが、エライ大騒ぎになっていますね。この度のEU離脱問題で株価も為替も乱高下中。国内でもニュースはこれバッカで、参議院選挙どころではない!?くらいの雰囲気にになっていますが、世界は何か変わるのでしょうか????

とはいえ極東の一市民の日々の生活には今のところ特に大きな変化もなく、当面は、この不安な世の中をボチボチ行くしかないのかも。。。こんな不安をぶっ飛ばすのはやっぱり音楽!景気よく元気がでるところで、今週は『ドラムが凄いヤツ』を集めてみました。なんとなく不安な気持ちも梅雨空もぶっ飛ばし、ガッツをもって前進あるのみです!!

① ATOMIC ROOSTER / Death Walks Behind You


カール・パーマーがELP結成のために脱退した後の、アトミック・ルースターの2ndアルバム。オルガン・ロックの名曲として有名なA-4 Seven Lonely Street で後任ドラムスのポール・ハモンドがとんでもないドラムス・プレイを披露。

・商品詳細→ http://bit.ly/290MEAO

 

② CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN / Same

アトミック・ルースターの前進ともされる、イギリス一の鬼才、アーサー・ブラウン先生による衝撃のユニット。B-1 I Put A Spell On You でかのカール・パーマーが鼻血級のドラミングを炸裂させます。内容凄すぎでA面で力尽きますが、B面冒頭でもぶっ飛びさせてくれます。

・商品詳細→ http://bit.ly/1S26xoj

③ FAIRPORT CONVENTION / Unhalfbricking

ブリティッシュ・フォークの湿り気たっぷりの名作として誉も高いフェアポート・コンヴェンションの3rd。サンディー・デニーの名曲なんかも収録されていますが、実はA-1 Genesis Hall をじっくり聴くと意外や意外、このドラミング凄い。おいおいこんな曲なのにちょいとばかり前に出すぎでは?と突っ込みいれたくなる1曲です。

・商品詳細→ http://bit.ly/290bAVb

④ LED ZEPPELIN / Coda

レッド・ツェッペリンのドラミングの曲といえば、モビー・ディックが有名ですが、このアルバムに収録されているA-3 君から離れられないのスタジオ・ライヴ。これすっごいです。ジミー・ペイジのギターもキレキレですが、エンディングに近づくにつれてキレキレ度が増していくドラムスがすさまじいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2920Zun

⑤ MAGMA / Live

惑星マグマの使者と称する、超絶音楽集団、マグマ全盛期のライヴ。ここで見せるドラミングはロック・ライヴ史上に残る名演と言っても過言ではないのではないでしょうか? 神が降りたかのような本当に息を飲んでしまうような魂を揺さぶるプレイはユーロ・ロック屈指の内容。

・商品詳細→ http://bit.ly/1oUtxeJ

 

⑥ MAY BLITZ / Same

ジェフ・ベック・グループでその名を轟かせた名ドラマー、Tony Newmanの奇跡のプレイが堪能できる名作。A-1で気を失った人も多いことと思いますが、ドラムス・プレイといえば、B-3の Fire Queen。体中の血流が逆流するようなプレイです。

・商品詳細→ http://bit.ly/291GNcV

⑦ RAINBOW / Down To Earth

三頭政治時代の2ndばかりが持てはやされますが、後期のメロディアス路線に差し掛かる過渡期としてこの作品を忘れてはなりません。コージー・パウエルがたたきまくりのA面冒頭2曲でノックアウト。

・商品詳細→ http://bit.ly/298kCTf

⑧ TRIP / Atlantide


オルガン・ロックとして世に出たトリップですが、この作品よりイタリアを代表するドラマー、フリオ・キリコが参加。サウンドが一変します。手数の凄さという点ではおそらく世界トップクラスといってもいいドラムス・プレイを堪能できる名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/1OdMyVr

 

⑨ YELLOW MAGIC ORCHESTRA/Same

日本が誇るYMOの1st。音楽のスタイル、またヴィジュアルの斬新さにばかり注目が集まりがちですが、ドラミングに集中して聴いてみてください。この正確なリズムを刻めるのは高橋幸宏さんを置いて他にはいません!?UKのマト1/1はレアです♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2924elj

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、US盤

SURYA – Same Title

面白いですねー!メキシコの「太陽を囲む光の輪」。普通の自然現象だとういう科学者の言葉に耳をかさずUFO襲来とか不吉な予感だと大騒ぎだそうで。で、太陽のイメージのジャケ!仏ジャズ・ロックバンド、スーリヤ79年のアルバムです。激しく走るメロディアスな、ザオやマグマにも在籍していたデディエ・ロックウッドさんのヴァイオリン・プレイがもう!という一枚は宇宙人もきっと聴き惚れるハズ。大人のインストは金曜日の夜にお誂え向きです♪

SURYA/Same (79 FRANCE-CORNELIA COR 4310) 商品詳細→ 

MAGMA – Kohntarkosz

フレンチ・プログレです。そう、コバイヤ人でしたか。原子力規制委員会が40万年前の地層も調査するという報道に「40万年前」って全くピンとこないながらも、その地層まで行くと出てくるのはマグマのサウンドな感じ♪脈々と地底で爆音を演奏している!みたいなイメージなのです。マグマって。フランス盤オリジナルで是非!

MAGMA/Kohntarkosz (74 FRANCE-VERTIGO 6325 750) 商品詳細→ http://bit.ly/WWXNlW

Magma_KohntarkoszSSL3280