【今週のお薦め】梅雨時にしっぽり聴きたい梅雨レコ特集 ♪

梅雨入りしたのに雨は降らない…。しかも名古屋では既に34度という気温まで記録しちゃって、しばらく爽やかで過ごしやすかったのに、どうなんだ!?です。異常気象が異常でない状態になりつつあるような。というさなかにアメリカが脱退してしまいました、パリ協定。それに対するフランスの”Make our planet great again”というウィットに富んだ皮肉もでたりで。

普段なら梅雨入りしてジメジメと鬱陶しいお天気が続くはずのこの季節、梅雨はうっとおしいとはいえ、無いと困るものでもありまして、梅雨がきちんと来ることに感謝の意をこめて、梅雨の時にしっぽりと聴きたいレコードの特集です。

① HAIZEA/Same

そぼ降る雨を窓辺で眺めながら、しっとりしたフォークサウンドを楽しむなんていかがでしょうか?天上の男女ヴォーカルと美しいアコースティック・ギターの音色が雨とともに心を洗い流してくれます。スペインはバスク・フォークの至宝です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sAd3hJ

② LED ZEPPELIN/Led Zeppelin III

梅雨というよりは、いきなりゲリラ豪雨で幕開けといった感じですが、鬱陶しい雨の日は家の中で一級のハードロックを聴いてストレス解消しながら?過ごしてみるのもオツではないでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rq2IRR

 

③ MIGHTY BABY/A Jug Of Love

夢か幻か・・? つらつらと彷徨い漂うような気怠 いフォーク・ロック・サウンドが、いつ止むともわからない長雨に合うような気がするのは、アメリカのそれではなく、やはり英国のグループだからでしょうか? 幻のオリジナル盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rBtdrC

 

④ RITCHIE FRANCIS/Song Bird

元ブロッサム・トゥーズ、そしてかのウィル・マローン絡みとくれば只者でないことは期待できますが、ここまでセンシティブで儚く美しいとは・・。しとしと降る雨の中聴くのが最高のシチュエーションとなる、そんな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tcR3XZ

 

⑤ STORYTELLER/More Pages

トゥリーズやメロキャンもないて謝るようなA-3など、聴きどころの多いマニアックなグループのセカンドにしてラスト作。昨今は非常にレアですが、ブリティッシュ・プログレ・フォーク好きは押さえておきたい作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGgKOw

 

⑥ SWEET SLAG/Tracking With Close-Ups

この状態で雨が降り続けたらどうなるんだろう・・?と心配してしまうようなジャケが魅力の?重く鬱陶しい空模様を想像せずにはおれないサイケ・プログレの逸品にして、英国汚いでしょうジャケ大賞をあげたい埋もれた名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sA0rah

 

⑦ TRANQUILITY/Same

メルヘンチックなジャケも良いですが、アメリカのCSNYなどの影響下にありながらも、陰りがあり繊細で流麗なそのサウンドもヘルプユアセルフ同様に、もっともっと見直されても良いと思う魅力的な1枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGmHLF

⑧ TREES/On The Shore

フェアポートらによって切り開かれたエレクトリック・フォークの世界観をさらにマニアックな形で展開した忘れられないグループの名作。本格的に降りだす前のどんよりと曇った空が最高に似合うサウンドです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sln4Nu

 

⑨ WISHBONE ASH/Pilgrimage

こんな厳かなロック・サウンドが聴けるのなら別に雨でもイイや、と言いたくなるような!?英国情緒とロックのダイナミズムが見事に同居するウィッシュボーンのセカンドで、一家に1枚の名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sJ8phy

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 『お父さんコレ探してたんだ!』父の日に貰いたい(!?)ブリティッシュ・ブルース特集 ♪

さて次なるイベントは父の日となりますが、父の日ギフトはお決まりですか?

という事で今回は、アナログをお聴きのお父様をお持ちの方に向けての特集!!と参りたいところですが、そういった世代の方がこちらのサイトをご覧頂いている可能性は恐ろしく低いと思われますので、逆を参ります!

父の日にプレゼントされて『お父さん、このレコードずっと欲しかったんだよ!』と言いたいレコード特集!!

いわゆる、オジサマ好みで外さないところではありますが、お父さんじゃない方も、カワイイお嬢さんだって針を落とせば、お仕事の手が止まってしまう事間違いなしの、渋めのブリテッシュ・ブルースでまとめてみました。

レコード好きのお父さんをお持ちの方で父の日ギフトをお探しの方、他に名盤ございます!お気軽にご相談くださいね♪

① CHICKEN SHACK/Forty Blue Fingers

ブリティッシュ3大ブルースロックバンドの名作の中でも最高水準の1枚。イギリスでしかありえないホワイトブルースの歌声、ブリティッシュ・ブルース臭ムンムンの素晴らしいギター、素晴らしいメロディ。昼でも夜でもどこで聴いてもブルースが好きになります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sj9XPN

② BLODWYN PIG/Ahead Rings Out

ジャケがイメージを歪めていますが、ミック・エイブラハムがジェスロ・タルをやめて結成したバンドの1stは、正統派のブリティッシュブルースロックで、渋いフォークナンバーなんかもちりばめられていたりジャズ風味のHRもあったりで、ジャケで敬遠していた方もきっとニンマリ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2s1kr3g

 

③ KEEF HARTLEY BAND/The Battle of North West Six

ミック・テイラーやヘンリー・ローサーも参加した充実の2ndアルバム。単にブルージーなだけでなくセンスよくシャレた感じは、ジョン・メイヨールのブルースブレーカーズで鍛えられたキーフ・ハートレイならでこそ。時代の狭間で正当な評価を得ていないところもまた渋い。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgC5mk

 

④ CREAM/Disraeli Gears

説明不要の名盤。渋々の1stよりもさらに進化し、世界中のロックファンの心をつかんだ成功作。ジャケットも本当にカッコよく。これが好きと言って恥ずかしい思いを絶対にすることがない、ある意味権威主義の最終地点。贈ってうれしい貰えばもっと嬉しい一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgAbSM

 

⑤ DAVY GRAHAM/Folk, Blues & Beyond

大御所中の大御所という事で、聴かなくても良いに決まってる!?と、むしろ敬遠されている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、最初の出だしのギターの一音で降参です。鳥肌の立つ音質を胸を打つ旋律はアナログでこそ味わえる逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2r9oQjc

 

⑥ EDGAR BROUGHTON BAND/Wasa Wasa

全く時代を感じさせない、むしろ「新しさ」を見つける事が多いのが1970年前後の作品ですが、この方たちのアルバムはどれも殊更に「新しさ」みたいなものがあります。このクセのあるヴォーカルもまた不気味でクール。どの世代の方でも、世代を超えて楽しめます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sSwb8m

 

⑦ GROUNDHOGS/Who Woll Save The World? The Mighty Groundhogs

こちらもブリティッシュ・ブルースでは外せない一人、トニー・マクフィのバンド72年のアルバムです。バンドの初期の方がブルース色が強いのですが、時代の流れもあってかこちらはもっとロック色が強いので、贈った方も贈られた方お是非一緒にお楽しみください!?アメコミ風の変形ジャケもクールです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rQI8N2

⑧ JOHN MAYALL/Plays John Mayall Live At Klooks Kleek

今やミューシャン養成機関だったのか、というブルースブレーカーズの黒幕!?クラプトンと組んだあのアルバムばかりフィーチャーされてしまいましたが、このデビューライヴなんかどうですか?飛び散る汗のしずくすら感じさせる当時の熱狂がそのまま伝わってきます。これぞオヤジ殺しの一枚?

・商品詳細→ http://bit.ly/2ssh7kc

 

⑨ SAVOY BROWN BLUES BAND/Shake Down

どうですか、このジャケにこのタイトル!手にしただけでクラクラしそうなクールさではありませんか?そして針を落とした瞬間に始まる、正統派のブリティッシュ・ブルースの世界で、お部屋の雰囲気まで一気に変えてしまう勢いです!凄音のUKモノラル盤は家宝にもなりうる!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rQo5OY

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 セ・パ交流戦開始記念!? 交流バンド特集 ♪

某チームのファンとしては流れが変わるのを願うばかりではございますが、とりあえず始まりましたねー!セ・パ交流戦!!

この交流戦が始まったころは、セ・リーグの球場で野球が観れる!パの実力を見せつけろ!!的に興奮し、本当にオールスター戦のようなドキドキ・ワクワク感がありましたが、年々そういった新鮮味が薄れてしまい、イケない事に、それだけでなく、どうもオールスター戦や、ひいては日本シリーズののワクワク感まで落ちたような気がしてならず…。常習すると、よりキツイ刺激が欲しくなるゴトキ。業界の方にはそろそろ方向性を変えて頂きたいところでもあります。

さて、ロック・ミュージシャンの新しいユニットにも交流戦的なドキドキ・ワクワク感はあります♪ こちらは、交流戦というより、異種格闘技か異業種交流会か??交流戦のスタートにちなみ、こんな組み合わせが!?とファンを唸らせたスーパーバンド特集です!

① ASIA/Alpha

/

キングクリムゾン、イエス、EL&Pによる…と聞いただけで卒倒した日が懐かしいです。産業ロック等と呼ばれたりもしましたが、今聴けば十分アリです。1stもいいのですがプログレファンの理屈をも吹っ飛ばしたこの2ndの冒頭曲は世界指折りアドレナリンソング!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sdTrxi

 

② BAKER GURVITZ ARMY/Elysian Encounter

英国HR伝説のバンド、スリーマンアーミーのガーヴィッツ兄弟とジンジャー・ベイカーによる夢の競演。その名もベイカー・ガーヴィッツ・アーミー!なんてかっこいい名前。”天上の戦い”と題されたこの2ndでも存分に競演パワー発揮。世界一せわしないドタバタドラミングと世界最高のリフ兄弟による聴けば聴くほどに味の出る作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ BECK BOGERT & APPICE/Same

ジェフベックグループの後、ベックが真っ先に組みたかった元ヴァニラファッジの奇跡のリズム隊。ベックの怪我で延期となり、その代わりに天はカクタスを世に出した。事故がなければこのBB&Aで複数枚発表されたかと思うとそれもそれで悔いが残る話です。ここまで筋肉質でいながらしなやかな楽曲を奏でるユニットが他にあったでしょうか?ゼップのプレゼンスを超えた唯一の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

④ BLIND FAITH/Same

盲目の信頼とはよくつけたもんです。クリーム解散後にこうくるか!と当時のロックファンを狂喜させたスーパーバンド中のスーパーバンド。クラプトンのギター、ベイカーのドラミングをバックにウィンウッドが歌う、この個性のぶつかりあいが単なる足し算に終わらず、誰もが想像しえなかったまさかのクリーム超えがここに。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ CAPTAIN BEYOND/Same

ディープパープル、アイアンバタフライ、ジョニーウインターアンドの強者による激突。誰もが会話をとめるA-1イントロのドラミング、旋律の鋼鉄ギターリフ、アドレナリン放出の世界最高の転調。HRファンであったことを神に感謝する瞬間が詰め込まれた無人島的一枚。イギリス盤より音が良いアメリカ盤は3Dジャケ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ COLOSSEUM/The Grass Is Greener

ジョンハイズマン夢のバンド。1st、2nd、ライヴとどれも文句なし。このメンバーでよくリハできたなと今更ながらのすげえメンバー。ここで紹介するのはヴァレンタイン組曲の曲目違い、ジャケ微妙違い、タイトル違いのアメリカ盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ EL&P/Same

ナイス、キングクリムゾン、アトミックルースター。よく集まったもんですね、この人たち。スーパー個性のぶつかり合いかと思いきや、頭一つ抜きんでていたエマーソンの暴走に他のふたりが必死でついていく予想外の展開に。アトミックルースター1stジャケの後ろ姿かとまことしやかにいわれたクラシカル風なジャケに包まれた世界最高のオルガンロックスペクタクル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ HUMBLE PIE/Eat It

スモールフェイセスとハードの合体、というかマリオットとフランプトンの合体。後期になるとこれがスモールフェイセスとコロシアムの合体へ。後期スモーキンからはよりハードな路線に進み、やりたいことすべてを詰め込んだのがこの2枚組。ブルージーな曲から絶品のアコースティックナンバー、不思議なコーラス隊、白熱怒涛のライヴまで何歳になっても燃え上がる一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ NICO, FRANK, GIANNI, MAURIGIO/Canti D’innocenza, Canti D’esperienza

これは厳密にはスーパーバンドではなくニュートロルズのメンバーが分裂してできたグループ。メンバー全員の名前を並べただけのスーパーバンドっぽいところがなんともエゴイズムです。ニュートロルズ系統の作品の中ではもっともヘヴィーな部類に属する作品で、BHRファンなんかでも普通にこぶしを握ることができる力作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】怒ってますワタシ!?怒りジャケ特集ー♪

忖度とかもみ消しとか圧力7とか開き直りとか、政治家とか官僚とかもうメッチャクチャのグッタグタに見えて、いい加減、どうにかならないものかと、地味にコツコツやっている地方の小市民としては、腹立たしい事バッカです!!もうっちょっとみんな怒ったほうがいいんじゃないですか??

オマケにですね、あまり語りたくはないのですが、野球も…我が千葉ロッテマリーンズときたら。(以上あまり語りたくないです!)

と、個人的にもキゲンがあまりよくないこともありまして、怒り爆発!!怒ってます!ワタシ!!的ジャケのレコードを集めてみました。ジャケ以上に内容もパンチのあるものばかりでもありまして、いい音楽でスカッと!!そしてキゲンも直して参りましょう♪

① CLASH/Same

/

怒れる若者という言葉はもはや死語?それでもやっぱり怒りといえばパンク!プロデュースの甘さが原因でアメリカでも発売されなかったアルバム。粗削りですが、その分直線的な暴動感をむき出しにしているパンク全盛期の瞬間玉手箱!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sdTrxi

 

② KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

これは怒りではなく驚き?でもありますが、モナリザ同様、名作は人によって感じ方が変わるのです!変幻自在のジャケに包まれたそのサウンドもジャケ以上に変幻自在な不朽の名作。マト2/2です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ MAGMA/Same

ユーロプログレ屈指の問題バンド、マグマの1st。自らを惑星マグマからの使者と名乗り、コバイアストーリーに基づく自らの言語コバイア語を操る謎の集団。内ジャケのデザインたるや売る気があるとは思えません。地球全体に襲いかかる記念すべき一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

④ LOL COXHILL/Ear Of Beholder

怒っている、というよりこういう表情の方なのかも!?ですが、お子様にはこの手の顔が一番怖いハズ。内容もジャケ通り真摯に音楽に向き合った鬼気迫る、魂のアヴァンギャルドなカンタベリージャズロックです。ケビン・エアーズも参加の傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ JUNIPHER GREENE/Communication

ややアニメっぽいジャケですが、屈指の北欧のヘヴィー・プログレです。かのノーベンバーをもなぎ倒すくらい!?複雑なリズムチェンジ、白い息を吐くがごとき寒そうなヴォーカル、かっこいい楽曲、よく伸びるギター。文句なしです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ METALLICA/Kill ‘em All

ジャケが怖いというよりも、ニュース見てるとこのタイトルを思い出す!?70年代ハードロックファンにとってはこのあたりはいつになっても最近のバンド呼ばわりですが、ここまでメタルを徹底したというところに敬意をもって。この後の飛躍を予感させるようなデビュー作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ OSANNA/L’uomo

ナポリ伝説のプログレバンド。その正体はベール(ペイント?)に隠され…でしたが、来日回数も多く今も現役!そしてこのアルバムはいまだに伝説。ベスビオ火山の噴火のごとくの怒れる(?)サウンド。このジャケのポーズをしながら「これ持ってる?」と聞いたりしたのものです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ PAN/same

相当怒っていないとココまで握れないと思いますが、この握りつぶせ!のジャケが印象的なデンマークのプログレ。オルガンあり、アコースティック秋枯れありで曲構成も実によく練られた美しい作品。ノーマークな方いらっしゃるのでは?ジャケ違いの再発とはジャケが違いすぎるオリジナルです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ PATTO/Same

変形ジャケの2ndが有名ですが、爆発力ではこの1st。ジャケも怒ってます!冒頭で何気なく曲が始まるのはまるで平田オリザの演劇のようで、エンディングはストレイドッグの例の曲に比肩するくらいの凄み。パトゥはラップと仰る方がいますが、本当にこの時代の人を本気にさせたヤバイ!と痛感する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】祝!SGT50周年!!コンセプト・アルバム特集♪

いよいよリリースになりますね。デラックス・エディション!そうです、BEATLESのSgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Bandのリリース50周年記念だそうで!!このアルバムの製作当時の1967年に、よもや2017年にデラックスになって世に出しなおされる事になるとは、関係者だって誰一人として思っても見なかったことかと思います。

このトータルコンセプトアルバムという世界、プログレの真骨頂でもありますが、60年代のビートやモッズ等でもその世界はすでに確立されています。独特の世界が一枚のアルバムにギュっと詰め込まれた魅惑の世界、どうぞご堪能下さい♪

① BEATLES/Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

/

ここにきて更に再発が話題になる名盤中の名盤。未だに新鮮なサウンドでリリース当時のリスナーの驚きはいかに?70歳だの50周年だのって数字に慣れきってしまいましたが、50年後が2067年だと思うとやっぱりすごいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2icNj1Q

 

② BEACH BOYS/Pet Sounds

SGTの製作に影響を与えたというのはよく知られているこちらも金字塔的アルバムです。コンセプトかどうかには賛否がありますが、他の作品に比べると地味な印象と全体的に憂いを帯びたトーンはコンセプト!UKモノラル盤はちょっとレアです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ CHAD & JEREMY/Of Cabbages And Kings

ブリティッシュ・フォークでは珍しいコンセプトアルバム。これまであまり話題にならなかったのが不思議なくらいレベルの高い隠れた名作。シタールの響きや森浴のごとき冷ややかな美しさはかのSUBWAYにも匹敵する雰囲気。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qaYKjz

 

④ FAIRPORT CONVENTION/Babbacombe Lee

フェアポートというと時期によってまったく別のグループのようです。こちらは後期になりますが、冤罪の実話をモチーフにした一大傑作アルバム。この当時にしかないようななんとも言えないジャケも最高。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ JOSE CID/10000 Anos Depois Entre Venus E Marte

もうジャケットを見るだけで絶対これコンセプトアルバムだと思ってしまいますが、はい、その通りです。ポルトガルのプログレ一大コンセプトシンフォニック。この時期にこの国からこんな作品が出ていたとは。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ PRETTY THINGS/S.F.Sorrow

本当はトミーよりこっちが先、というのはだいぶ後になって判明した事実ですが、まあそういうだけあって先駆的です。A面の流れだけでももうたまらないものがありますね。音の質がまったく違うUKオリジナル初回モノラル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ ROLLING STONES/Their Satanic Majesties Request

ストーンズだってもちろんやっています!これがストーンズ?SGTよりももっと当時のリスナーを驚かせたのではないでしょうか。今改めて聴いても同じ印象です。3Dジャケはアナログサイズでこそ楽しめるものでもあり、こちらも逸品!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ SMALL FACES/Ogden’s Nut Gone Flake

モッズヒーローとしてエネルギー丸出しのロックグループが一念発起して出した会心作。A面出だしだけでそのただ事では無さに色めきだちます。タバコのブリキ缶をあしらったというのも粋な変形ジャケに包まれた3大ブリティッシュ・コンセプトの一枚。レアなUKオリジナル初回レーベル、モノラル盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ THE WHO/Tommy

英国トータルコンセプトの頂点にたつ作品といえばこれでしょう。作品のコンセプト、オペラ風に流れるストーリー、卓越した音楽性、曲の素晴らしさ、どれをとっても一級品。針を落として1音目で世界が変わる最強作品。UKオリジナルの初回はコーティングです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】初夏に聴きたい名盤特集♪

連休が終わり、クールビズも始まりまして、昨日はいささか肌寒いくらいではありしたが、いよいよ暑くなってくるような予報です!装いも夏向き、初夏の気配です!!さて、こうなりますと聴きたい音楽にも気候変動が起きてくるころではないでしょうか?

お任せください(!?)そんな音楽もご用意しておりましす!!ということで、今回は初夏に聴きたいSSW!
爽やかに参りましょう♬

① ALZO/Looking For You

/

春から初夏にかけての朝に聴きたくなる。。そんな代表のようなアルバムではないでしょうか?朝露や、何もないその場の空気すら煌めきに変えるような渋くもフレッシュな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qo2TPK

 

② AREA CODE 615/Same

ナッシュビルの凄腕スタジオミュージシャン軍団が残した2枚の作品のうちの1stが本作。一聴、中庸なインスト集に聞こえて聴きこむとどんどん深みに嵌る、、生暖かくも超ク~~ルな名盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rnjKQX

 

③ BATDORF & RODNEY/Life Is You

SSW、スワンプというには青臭く、AORというにはちょっと渋いか? そんな立ち位置がとてもデリケートで魅力的な作品で、5月の朝にぴったり合う「渋爽やか」なサウンドです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rmFfk1

 

④ BRIAN JOSEPH FRIEL/Same

英国人でありながらルーラル&ハートウォームな味わいで、しかしアメリカ人のようには濃くなりすぎず、しかも枯れた味わいはきちんと持っている…といったさじ加減が絶妙なSSWの逸品です。

商品詳細→ http://bit.ly/2qseyvh

 

⑤DAVID ELLIOTT/Same

これも爽やかな朝にぴったりのSSW作品で、ちょっと渋くちょっとオシャレな、英国人らしい少し青臭さの残る歌声も印象的な彼の名作1st。英国盤より音の良い米盤でいかがでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rn3W0Q

 

⑥ IT’S A BEAUTIFUL DAY/Same

もうジャケットだけでもこの季節しかないでしょ!という印象ですが、蜃気楼を見るかのようなうつろさを含みながらも骨身はしっかりとしている、他の追従を許さぬサウンドを持った歴史的名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rmSfqZ

 

⑦ KINGFISH/Same

Bob Weirがグレートフルデッドの課外授業的に組んだ!?バンドの1stで、デッドよりもリズムがスマートでポップで聴きやすく、爽やかな季節に聴くとしっくりくる作りになっていて、そこが魅力的なのです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pSZ8hP

 

⑧ SEEMON & MARIJKE/Son Of America

ビートルズのアップル・ブティックで知られるThe Foolのメンバー2人による、頭に花が咲そうな!?少しラリったアシッド感が楽しい、かのグラハム・ナッシュによるプロデュースの名盤にして彼らの唯一作。

・商品詳細→ http://bit.ly/1RXLRuU

 

⑨ WEST/Bridges

隠れファンの多いRon Corneliusを擁するソフトロックの逸品。5月~6月の白昼に聞くと、もう何もやりたくなくなること請け合いのポップかつまどろんだサウンドが好きもののハートを鷲掴みです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qsaQ4A

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】たまにはこうゆうポイントから!母の日特集♪

ゴールデン・ウィークは楽しくお過ごしでしたでしょうか?

今年は割と天気にも恵まれて、1年間でも本当に過ごしやすい気候でお出かけ日和でした。但し!連休明けの一週間フル稼働というのもなかなかペースが戻らず、今日あたりはちょっとツライところでしょうか?

さて、次なるイベントは『母の日』!ココはちょっと母の日にちなんだレコードを聴いてみるのもいいんじゃないかということで、母を歌っているレコードをピックアップしてみました。大物ミュージシャンも母を歌っているものです!皆さんはどこまでご存知でしょうか?母の曲で楽しい母の日を♪

① ANIMALS/The House Of The Rising Sun / Talkin’ ‘Bout You
/

アニマルズ渾身の一曲。もともとは1937年の米国民謡ですが、アニマルズによって世界中に知られた曲。これだけの迫力で歌い上げたのは64年当時かなりの衝撃だったでしょう。”Oh Mother tell you children”っていうくだりがかっこよすぎて好きです。ド迫力のUKオリジナルシングルでどうですか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2qTjQSZ

 

② BEATLES/Let It Be

今更ながらですが、ビートルズでのマザーソングといえばこれ(?)でしょう。悩んでいたときにマザーメリーがやってきてくれて、という歌詞。歌詞以上に曲の持っている雰囲気が母に包まれるようで、このあたりの郷愁感は天上ですね。

・商品詳細→ http://bit.ly/2q5SupX

 

③ LED ZEPPELIN/Led Zeppelin II

レッド・ツェッペリンのママといえばこれでしょう!? そうBlack Dog。Hey Hey Mama,で始まるロックファンなら誰でも知っている不思議曲。こんなリズム、こんなブレイクはこの時代でしか絶対作れない衝撃の1曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrowzK

 

④ LED ZEPPELIN/Physical Graffiti

ツェッペリンのママソング、おっともう1曲忘れてました。実は彼らの曲には意外とママソング多いのですが、このアルバムに収録のBlack Country Woman。ハードな指向を求めていた若い頃とちがってこんな曲にしびれてしまうのはやはりオッサンということでしょうか。よくこんな曲作ったよな~、こんな作品作成中に。

商品詳細→ http://bit.ly/2r09xZE

 

⑤ MOTHERS OF INVENTION/Absolutely Free

いくらマザーズとはいえ、母の日特集でザッパかよ~と全然場違いな感じですが、ここは一発気分を変えて、このかっこいいジャケと唯一無二な作品にしびれてみるてはどうでしょう!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2qroZ4X

 

⑥ PINK FLOYD/The Wall

ATOM HEART MOTHERだと思ったでしょう!? このアルバムでここに到達するまでに寝てしまうという声もありますが、個人的にはとてつもなく好きです。途中キーが高くなるあたりとか、カラオケで歌ってみたい!?!?そしてリフレインと風が通りすぎるような転調、最後にWYWHばりのギターソロ。もう絶品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm3s8O

 

⑦ QUEEN/A Night At The Opera

ママァ、ウウぅ~といえばこれは外せません。ご存知、Bohemian Rhapsody。一般の人でもこれを知らない人は少ないのでは?まあ永遠の名曲でしょう。私の友人でこれを途中の難解なコーラス含めカラオケで完唱できる日本人がいます、はい。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrm1gO

 

⑧ ROLLING STONES/Aftermath

Mother’s Little Helperです。母の日というよりも実はこの曲ドラッグソングで当時は物議をかもしたようですが、2002年の企画で100グレイトドラッグソングスにも選ばれました。確かにそれ系のにおいが充満していますが、アフターマスの素晴らしい雰囲気の冒頭を飾るにぴったりの曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrpMmu

 

⑨ SMALL FACES/From The Beginning

スモールフェイセズの全盛期のエナジーを真空パックした一枚。そして彼ら最高のヒットとなったAll or Nothingも収録。スティーヴ・マリオットはやたらと歌の後半等のアドリブリフレインで何かと絶唱する癖があるのですが、この曲でも後半マママを連発(My My Myではないかとの声もありますが)宝物のようなレコードです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Ar52XW

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg