【今週のお薦め】出血大サービス!?お値下げレコード特集♪

巷でアナログレコードがブームだと言われ始めて久しいのですが、それが本当にブームなのかどうかまだまだ『怪しい…』と思いつつ今日にいたるのですが、『カーサブルータス』のようなコジャレた雑誌に取り上げられると、本当にイケているのではないか?と錯覚をしております。ご覧になりましたか?レコードを中心にしたライフスタイル、ジワジワ広がっているのでしょうか?

当店定休日に時々開催しておりますジャズレコードを聴くイベントにもいらっしゃるお客様にもアナログは興味もあるけど…の段階の方もお見受けしておりまして、まずは気楽にレコードになじんで頂ければ!と思います。

そこで!

当店でもレコードをヨリお値段もお求めやすいものに!?という事でもないのですが、随時お値下げも実施しておりまして、特に今回は、かなり大幅なお値段の見直しもしてみましたので、価格改定商品からのお薦めをご案内です。

お値下げ品の一覧(コチラ)も別途作成いたしましたので、よろしければご一覧下さい♪

レコードを聴く楽しい時間を、これからの方にも是非!

① FRATERNITY/Livestock

AC/DCボンスコットが在籍していたことで有名です。あのすんごいぶっ飛びの音とはまったく趣の異なるやわらかくも奥の深いサウンド。後のAC/DCというのは順番が逆なような気もしますが、かなりいい感じのケダルサです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1sv8yBD

 

② THE WAY WE LIVE/A Candle For Judith

ザカリアスがエレクトリック・ギターを入手してしまった!?のような戦慄のヘヴィーロックA-1はどうですか!?フォーキーなナンバーとの弛緩も絶妙でこれぞ大人のロックです。かのダンデライオンからのリリースだけあって実に個性的。

・商品詳細→ http://bit.ly/1lUdhkK

 

③ KEITH CHRISTMAS/Stimulus

キースクリスマスの物憂げなヴォーカルがとてつもない郷愁感を生み出す、UKフォークの森の入園者は必ず心が震えることをお約束できる1枚。最高の湿り気とホコリっぽさが唯一無二の世界を創造。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mrglwW

 

④ DALTON/Argitari

持っているだけで人生に自信が出てくる激レアな1stが有名ですが、こちらの方がもっと総合的な感じでいわゆるイタリアの持つ叙情と熱情を保ったままもっとバラエティに富んだ2ndです。ジャケがわかりにくいですが音で勝負の一枚!!

・商品詳細→ http://bit.ly/1XvkY6e

⑤ SALAMANDER/The Ten Commandments s-10

モーゼの十戒!なんと大きく出たジャケでしょうか!!しかもポスタージャケなのでマニアが黙っているわけもなく、そこにこのサウンドです。ハモンドの響きが永遠の雨景色の天高くこだまする様は筆舌に尽くしがたい夢の世界。恐るべきYoungbloodレーベル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tSLml5

 

⑥ FRAME/Frame Of Mind

印象深いジャケットに包まれた70年代の香り充満した独ハードロックの名盤です。ハモンドの炸裂だけではなくメロトロンも登場し、その上をくすんだヴォーカルがゆるやかに歌い上げていくさまは立ち眩みさえ誘っているかのよう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mu2X0j

 

⑦ YOUNG FLOWERS/No.2

A-1に針を落とした瞬間に「なんて素敵なハードロック!」と思わず声に出してしまうような、世界中の人たちがB級ロックに求める興奮と臨場感が見事に生っぽくおさめられたとにもかくにもかっこいいです。メジャーでは出ない音ですね。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ze3hGC

 

⑧ SCORPIONS/Lonesome Crow

マイケルシェンカーファン(っていう言葉すら懐かしいですが)には説明無用ですが、デビュー当時の清原が一番すごかった的な非凡なギタープレイにグイグイと引き込まれていく、ギターフリークのマストアイテム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wlhlYS

 

⑨ MIDNIGHT CIRCUS/Same

ジャケットがアングラサアイケのようですが、きよらかな爪弾きギター、フルート、大人ドラムス、余裕のコーラスとドリーミーな魅力の詰まった忘れがたきアルバム。これはもうドイツではないといってもいいかもしれません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AP9SDF

 

⑩ SITTING BULL/Trip Away

ジャーマンロックのごった煮的な作品ながらもしっかりとした芯を持っているアルバムで、粘っこいギタープレイがとんでもなくいい味を出しています。何気にリズムも腕達者で、ドイツっぽいもっと怖いジャケなら評価も変わったかも!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2zOqGxu

 

⑪ IBIS/Sun Supreme

HR・プログレファンのイタリアへの入門編。ドラムスにはホースのリックパーネルも参加でイタリアでありながら、熱気のど真ん中ではなく国際性もしっかりと備え、ガールフレンドの家族に紹介しても恥ずかしくない(!?)胸をはって勧められる一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VjRtD0

 

⑫ POP MASINA/Kiselina

ユーゴスラヴィアを代表するヘヴィー・プログレッシヴ・ロックの名作。この当時のユーゴスラヴィアのハードロックの懐の深さには驚かされますが、スローテンポ、アコースティック等余裕な音作りの中、B級の持つすべての魅力が詰まった70年代独特の香りが十二分に漂う、最後の秘境。

・商品詳細→ http://bit.ly/1IM2mdf

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

広告

【今週のお薦め】いい色の日記念:サイケデリックなジャケット特集♪

日本ではゴルフ場でしたが、中国では紫禁城とまぁ様々な場所で営業スマイルもバッチリの各国首脳とトランプ大統領のツーショット、更にはアセアン首脳会議でズラリと並ぶ首脳がクロスして手をつなぎっこするポーズには、もうサイケデリック!!という感想を持ってしまいましたが、みなさんは如何でしょうか?

さて、そんなトランプさんも帰国の途についた今日11月16日は『いい色の日』。いい色と言えばサイケデリック!…という事でサイケなジャケは如何でしょう?

サイケデリックの定義さておき、ちょっと世の中に厭世的になった時には、トリップできる音楽もよろしいのではないでしょうか!?

サイケデリックなセンスで秋の夜にはラブ&ピースを語るのもよろしいのでは?

① ART/Supernatural Fairytalese

一般にイメージするサイケデリックはこんな感じでは?ツェッペリン以前、ハードロック前夜なのにヘヴィな音作りで、サイケやビート・ポップやフォークなどが詰め込まれたサウンドもカラフルな幻の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/1FO96Wx

 

② DECEMBER’S CHILDREN/Same

そのバンド名からしてもストーンズの影響か?ですがストーンズよりももっと泥臭くサイケデリックなムードの中、気だるくイイ感じのスワンプやブルース・ロックを披露。バンド名に恥じぬ内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1NcegNx

 

③ DIRTY BLUES BAND/same

一目で「サイケ!」と誰もが思うジャケですね。黒人ブルースを白人が演るという時代をとらえたアプローチで渋々のブルースをサイケでロックに調理しています。A-1の名曲カバーでオォ!と言っちゃいます♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2zMVfEg

 

④ GOTHIC HORIZON/Jason Lodge Poetry Book

西海岸的なハーモニーが心に染みる英フォーク・デュオ。サイケなジャケにも関わらず牧歌的でドリーミン!トータルコンセプト風のジャケが微妙にミスマッチですが、聴き込むほどにジャケに違和感がなくなるのが不思議です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1AT50q8

⑤ JACKSON HEIGHTS/King Progress

決してサイケではないけれど色使いやデザインがそう思わせるのか、じっと眺めてしまうジャケ。深いです!ジャケの淡い色使い同様に元ナイスのリー・ジャクスンが醸し出す淡いフォーク・ロック。ただし一筋縄ではいきません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2zMVHCs

 

⑥ LIVERPOOL SCENE/St. Adrian & Co., Broadway and 3rd

『バードマンあるいは…』ってとても不思議な映画でしたが、あんな感じ!と言えば大雑把過!?現実と空想が交差して壮大なのか猥雑なのか…しかもオシャレ♪ 英語がわからないなりに不思議な世界にトリップできます!

・商品詳細→ http://bit.ly/2mu2X0j

 

⑦ LAZARUS/same

いいですね~!サーカス小屋!?みたいな寺山修司の天井桟風のジャケ!猥雑ささえ感じる印象とは裏腹に、骨太を基本としながらもアメリカならではの哀愁漂うムードが素晴らしいこれぞアメリカン・ロック!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ANbgYa

⑧ POE/Up Through The Spiral

正式名は「The Playboys Of Edinburg」。内ジャケのサイケなイラストで見るメンバーは果たして『エディンバーグ(テキサスの都市名)のプレイボーイ達』なのか!?サイケなごった煮ロックは好きになったら堪らない音です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4o7xr

 

⑨ QUINTESSENCE/Dive Deep

ジョージ・ハリソンを筆頭に、この頃の多くの英国ミュージシャンが傾倒していたラーガ系です。名は体を表す!?ジャケ通りのサウンドは一度やニ度聴いたくらいではわからない懐の深さを感じる大人の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm8Aby

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】ツウなUKプログレで暑い夏を乗り切ろう!特集 ♪

この蒸し暑さ!!猛暑という予報でていますし、暑いのは解っていてもやっぱり暑いです。この暑さですから、もう思い切って涼しくなる音楽よりも、もっと暑い(熱い)レコードは如何でしょうか?

熱めのわかりやすいハードロックでストレートに楽しむのもいいのですが、「蒸し暑い」音楽と言うと「小難しい」とも表現されれたりする、プログレ!「耳の肥えた人向け」などと、表現される事も多いちょっとマニアックなプログレッシヴロックで、暑い夏を更に暑く!ギラギラのこれで今年の夏も乗り越えて参りましょう♪

① FUCHSIA/Same

フォークにカテゴライズされることも多いですが、とてもそんな範疇に収まってはいない、くすみ加減ではピカイチ!見事なまでの裏英国を表現するサウンド、激レアですが原盤で聴いてこそ価値のある一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2szHLVo

② GENESIS/Foxtrot

クールなジェネシス・サウンドにも磨きがかけられ、脂の乗った演奏も一層充実の4作目。彼らのサウンドも、英国オリジナル・プレスで聴くことに再度拘りたいところです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2trqFvD

 

③ JULIAN’S TREATMENT/A Time Before This

英国裏街道を背負って立つ伝説のレア・アイテム。黒人キーボーディスト率いる謎のグループの唯一作にして二枚組。Key.の音に女性Vo.、ドラムスまで全てが幽玄且つ厳かな、このオリジナル盤でしか味わえない世界観です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tAa8E3

 

④ RENAISSANCE/Same

誰がヤードバーズからこの音を想像したでしょうか?キース・レルフが妹のジェーンとともに新たに航海を始めた格調高きクラシカル・フォーク・ロック・バンドの記念すべき処女作。是非ともピンク・アイランドで!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2u21H7L

 

⑤ SALAMANDER/The Ten Commandments

旧約聖書に基づくコンセプト・アルバムで、これだけ荘厳で卓越したサウンドにも関わらずどマイナーで終わってしまって、好事家が放っておかないワケです。あまりに美しいこの音をオリジナル盤で!ポスターカバーも素晴らしい!

・商品詳細→ http://bit.ly/2tSLml5

 

⑥ SOFT MACHINE/Third

「カンタベリー」や「ジャズ・ロック」と表現されることが多いですが、本作も英国の(裏?)プログレを代表するアイテムではないでしょうか?強者によるクールなインプロヴィゼーションを心ゆくまでご堪能あれ!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sQtmbs

 

⑦ STRING DRIVEN THING/Please Mind Your Head

「サイケ・フォーク」だった初期とは随分と音楽性も変わってきて、G.スミスのバイオリンを前面に押し出してロックぽくなった4作目。ヒプノシスの奇妙なジャケも見るほどに深みに嵌ります。(笑)

・商品詳細→ http://bit.ly/2uUTpe8

⑧ T.2./It’ll All Work Out In Boomland

ハードな面とアコースティックでメロディアスな面が交差する、古くからマニア御用達の一枚。英国盤はもちろんレアですが、US盤で聴くというのも一興、しかもシールド新品です!!永久保存用??

・商品詳細→ http://bit.ly/2gZ6LQh

 

⑨ VAN DER GRAAF GENERATOR/The Least We Can Do Is Wave To Each Other

通向け(?)プログレとして何としても持っておきたいアイテムですが、テッカテカのコーティング・カバーが何とも言えず、ポスターまで付いている本ドイツ・オリジナル盤も激レアで魅力的です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2u2hIdO

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】新着の中から選りすぐり!?激レア盤特集 ♪

福岡や佐賀で大雨で大変な事になっていますが、被害が広がらないことを祈るばかりです。自然災害はいつも近くにあると意識していかないといけないナ…とも改めて思います。

さて、遅くなりましたがホームページに新着を追加しております(コチラから!)。よろしければご一覧下さい♪

合せまして『通販リスト』も作成しました。昔ながらの(!?)紙のリストです。以前と変わらず年に3回、細々と発行しております。インターネットが情報も気楽に収集できるようになり、紙のリストはもう不要かな?と思いつつではございますが、ご希望の方にはご郵送も致しますので、どうぞお気軽にお申し付けください。

今回は、この通販リストの新着からのピックアップです。選りすぐりにレア盤をご紹介です!『レア盤』となるのには、それぞれに理由がありますが、ファンやコレクターの間で珍重され愛聴されてきた逸品は、絵画やアンティークに引けをとらない芸術品になるかも!?お手元におひとついかがでしょうか?

① BEATLES/Second Album

ビートルズのアルバムで素晴らしいジャケットは数あれど、時代を感じさせるものという意味ではトップクラスの1枚ではないでしょうか?アメリカはキャピトルレーベルからのものが有名ですが、こちらはレアなイギリス盤イエローパーラフォン・レーベルです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tIUfxJ

② CZAR/Same

グレイシャスをさらにヘヴィーにしたような・・というなかなかいい得て妙な評価がなされていたこともありましたが、UKアングラ・ヘヴィー・プログレの頂点に位置する一枚。すでに見かけることすらも困難になってきた激レア、UKオリジナル盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tIPp3p

 

③ DEEP PURPLE/In Rock

説明不要の名作。UKオリジナル。なかでもさらにレアな初回中の初回プレス、マトリックス1/1。ミックスも通常と違うためプレス数が極小に抑えられた激レア盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sGKDnh

 

④ DEVIANTS/Ptoof

1967年というもう50年も前に出たデビュー作。出たとこ勝負の圧倒のパワーですべてをなぎ倒していく、説明不要の名盤。レアなUKオリジナル、ポスタージャケット。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tQMrud

 

⑤ HERON/Twice As Nice And Half The Price

まさかまさかの来日でしたが、数年前のUKフォークブームとともに見なおされた傑作。牧歌的なジャケットに包まれた、縁側のうたた寝にはこれ以上ない宝物のような作品。UKオリジナル、2枚組、ポストカード付。

・商品詳細→ http://bit.ly/2upS6Et

 

⑥ LED ZEPPELIN/Same

内容については説明不要ですが、なぜ初回だけ文字の色を変えて発売したのでしょうね。UKオリジナル、レアなブルー・レタリング。修正なしマトリックス初回爆音盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sMjOcB

 

⑦ MARIA BARTON/Rainful Days

知る人ぞ知るUKフィメール・フォークの絶品。裏ヴァシティ・バニヤンともいわれるその消えいってしまいそうな最小の音ながら聴く者の胸にしみわたる素晴らしい作品です。入手困難なUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sFYZEJ

⑧ THIN LIZZY/Shades Of Blue Orphanage

シン・リジーといえば中期から後期ばかりに人気が集まりがちですが、後期とは雰囲気の異なるもっともシン・リジーらしさを感じさせる魅力的なセカンド。メロキャンのクローダー・シモンズも参加している素朴さと深さを兼ね備えた名盤。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sMsGyP

 

⑨ THE WHO/Live At Leeds

黒青赤と3種類のクレジットで発売された最高のライヴ。UKオリジナルの中でも初回プレスのブラック・レタリング盤。全12インサート付完品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2upWsLO

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】梅雨明け間近?ガツンと爆音シングル特集 ♪

梅雨も結局あったのかなかったのか、ようやくなんだかジメッとしてきたような、かと思えば夏日来るという予報も出ていたり。でも、梅雨をガツンとぶっとばす!というとやはり60年代ブリティッシュロック♪70年代の奥深く、進化した音楽とはまた違った直線的なビートがこれはこれでとっても魅力的な60年代。この時代の空気をパッキングしたシングル盤には敵わないのではないでしょうか?

CDが盛り上がり始めた頃はシングル盤なんてもう完全にテレックス(知ってますか?)状態でしたが、アナログの見直しと合せて見事に復活。改めて聴いてみるとそのみなぎるパワーに圧倒されます。

プロ野球も再開しまして、我が千葉ロッテは『消化試合』などとも囁かれていますが、マリーンズにもシングルで一喝!!圧倒的なパワフルな音で、うっとおしい梅雨をぶっ飛ばしましょう!!

① BEATLES/Help / I’m Down

「出だし一発で勝負あり」の古典。このイントロの後に続く歌メロの半端じゃない美しさ。これぞシングルで買うべき代表的な1曲ではないでしょうか。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tlpQoP

② BEATLES/I Want To Hold Your Hand / This Boy

「抱きしめたい」という邦題が良かったのか悪かったのか、まあ当時にしか生まれえない邦題ということで今となっては味わい深さを感じます。イギリス盤シングルはCDや再発とは次元の違う爆音がすごいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2smZhuY

 

③ BEATLES/Paperback Writer / Rain

爆音続きでこちらもすごい。 なんでこの当時のシングルってこんなにすごかったんでしょうねぇ。リズムも歪みギリギリで思わずヴォリュームを落としてしまうほどの衝撃。アナログで聴くとある意味メタリカよりヘヴィー!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2t1KKHa

 

④ BYRDS/Mr.Tambourine Man / I Knew I’d Want You

ディランのカバー曲って本当に印象に残りますが、こちらもその一曲!ご存じバーズの名を世に知らしめた代表曲です。セピア色の甘酸っぱさがたまらぬ逸品。UK盤は気合十分です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2uiUc8m

 

⑤ MOODY BLUES/Go Now / It’s Easy Child

夜の森の奥の暗闇から聴こえてくるようなイントロが大変印象的。この後のプログレ路線が悔やまれる(おい)ほどの60年代ロンドンのど真ん中。死ぬまで聴ける名曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2uiQ0FH

 

⑥ ROLLING STONES/(I Can’t Get No)Satisfaction / The Spider And The Fly

絶対当時は本人たちすらもこんなに売れるとは思っていなかったと思います。まさか50年後にキューバで演るとも。改めてシングル盤でこの古典を振り返ってみては?

・商品詳細→ http://bit.ly/2sS0Y7f

 

⑦ TROGGS/Love Is All Around / When Will The Rain

スモールフェイセスにオータムストーンあれば、トロッグスにこの曲あり。昼下がりに昼寝して気が付いたら陽が暮れていた、そんな後悔する休日には見逃せない1曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2shUYGf

⑧ THE WHO/My Generation / Shout And Shimmy

何十周年記念版とかいろいろ出ているようですが、ここは一発原点回帰。アルバム収録はA面ラストということで溝の狭いところに閉じ込められていましたが、こちらシングルはパワー全開。こんなのを50年前に体験していた人が羨ましい!

・商品詳細→ http://bit.ly/2t1Atuq

 

⑨ YARDBIRDS/Happenings Ten Years Time Ago / Psycho Daisies

「幻の10年」という秀逸無比な邦題のついたベックとペイジのツインリードの貴重作。 世界最強の救急車コラージュも導入されたヤードバース最高の1枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tlxpeN

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】梅雨時にしっぽり聴きたい梅雨レコ特集 ♪

梅雨入りしたのに雨は降らない…。しかも名古屋では既に34度という気温まで記録しちゃって、しばらく爽やかで過ごしやすかったのに、どうなんだ!?です。異常気象が異常でない状態になりつつあるような。というさなかにアメリカが脱退してしまいました、パリ協定。それに対するフランスの”Make our planet great again”というウィットに富んだ皮肉もでたりで。

普段なら梅雨入りしてジメジメと鬱陶しいお天気が続くはずのこの季節、梅雨はうっとおしいとはいえ、無いと困るものでもありまして、梅雨がきちんと来ることに感謝の意をこめて、梅雨の時にしっぽりと聴きたいレコードの特集です。

① HAIZEA/Same

そぼ降る雨を窓辺で眺めながら、しっとりしたフォークサウンドを楽しむなんていかがでしょうか?天上の男女ヴォーカルと美しいアコースティック・ギターの音色が雨とともに心を洗い流してくれます。スペインはバスク・フォークの至宝です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sAd3hJ

② LED ZEPPELIN/Led Zeppelin III

梅雨というよりは、いきなりゲリラ豪雨で幕開けといった感じですが、鬱陶しい雨の日は家の中で一級のハードロックを聴いてストレス解消しながら?過ごしてみるのもオツではないでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rq2IRR

 

③ MIGHTY BABY/A Jug Of Love

夢か幻か・・? つらつらと彷徨い漂うような気怠 いフォーク・ロック・サウンドが、いつ止むともわからない長雨に合うような気がするのは、アメリカのそれではなく、やはり英国のグループだからでしょうか? 幻のオリジナル盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rBtdrC

 

④ RITCHIE FRANCIS/Song Bird

元ブロッサム・トゥーズ、そしてかのウィル・マローン絡みとくれば只者でないことは期待できますが、ここまでセンシティブで儚く美しいとは・・。しとしと降る雨の中聴くのが最高のシチュエーションとなる、そんな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tcR3XZ

 

⑤ STORYTELLER/More Pages

トゥリーズやメロキャンもないて謝るようなA-3など、聴きどころの多いマニアックなグループのセカンドにしてラスト作。昨今は非常にレアですが、ブリティッシュ・プログレ・フォーク好きは押さえておきたい作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGgKOw

 

⑥ SWEET SLAG/Tracking With Close-Ups

この状態で雨が降り続けたらどうなるんだろう・・?と心配してしまうようなジャケが魅力の?重く鬱陶しい空模様を想像せずにはおれないサイケ・プログレの逸品にして、英国汚いでしょうジャケ大賞をあげたい埋もれた名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sA0rah

 

⑦ TRANQUILITY/Same

メルヘンチックなジャケも良いですが、アメリカのCSNYなどの影響下にありながらも、陰りがあり繊細で流麗なそのサウンドもヘルプユアセルフ同様に、もっともっと見直されても良いと思う魅力的な1枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGmHLF

⑧ TREES/On The Shore

フェアポートらによって切り開かれたエレクトリック・フォークの世界観をさらにマニアックな形で展開した忘れられないグループの名作。本格的に降りだす前のどんよりと曇った空が最高に似合うサウンドです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sln4Nu

 

⑨ WISHBONE ASH/Pilgrimage

こんな厳かなロック・サウンドが聴けるのなら別に雨でもイイや、と言いたくなるような!?英国情緒とロックのダイナミズムが見事に同居するウィッシュボーンのセカンドで、一家に1枚の名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sJ8phy

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 『お父さんコレ探してたんだ!』父の日に貰いたい(!?)ブリティッシュ・ブルース特集 ♪

さて次なるイベントは父の日となりますが、父の日ギフトはお決まりですか?

という事で今回は、アナログをお聴きのお父様をお持ちの方に向けての特集!!と参りたいところですが、そういった世代の方がこちらのサイトをご覧頂いている可能性は恐ろしく低いと思われますので、逆を参ります!

父の日にプレゼントされて『お父さん、このレコードずっと欲しかったんだよ!』と言いたいレコード特集!!

いわゆる、オジサマ好みで外さないところではありますが、お父さんじゃない方も、カワイイお嬢さんだって針を落とせば、お仕事の手が止まってしまう事間違いなしの、渋めのブリテッシュ・ブルースでまとめてみました。

レコード好きのお父さんをお持ちの方で父の日ギフトをお探しの方、他に名盤ございます!お気軽にご相談くださいね♪

① CHICKEN SHACK/Forty Blue Fingers

ブリティッシュ3大ブルースロックバンドの名作の中でも最高水準の1枚。イギリスでしかありえないホワイトブルースの歌声、ブリティッシュ・ブルース臭ムンムンの素晴らしいギター、素晴らしいメロディ。昼でも夜でもどこで聴いてもブルースが好きになります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sj9XPN

② BLODWYN PIG/Ahead Rings Out

ジャケがイメージを歪めていますが、ミック・エイブラハムがジェスロ・タルをやめて結成したバンドの1stは、正統派のブリティッシュブルースロックで、渋いフォークナンバーなんかもちりばめられていたりジャズ風味のHRもあったりで、ジャケで敬遠していた方もきっとニンマリ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2s1kr3g

 

③ KEEF HARTLEY BAND/The Battle of North West Six

ミック・テイラーやヘンリー・ローサーも参加した充実の2ndアルバム。単にブルージーなだけでなくセンスよくシャレた感じは、ジョン・メイヨールのブルースブレーカーズで鍛えられたキーフ・ハートレイならでこそ。時代の狭間で正当な評価を得ていないところもまた渋い。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgC5mk

 

④ CREAM/Disraeli Gears

説明不要の名盤。渋々の1stよりもさらに進化し、世界中のロックファンの心をつかんだ成功作。ジャケットも本当にカッコよく。これが好きと言って恥ずかしい思いを絶対にすることがない、ある意味権威主義の最終地点。贈ってうれしい貰えばもっと嬉しい一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgAbSM

 

⑤ DAVY GRAHAM/Folk, Blues & Beyond

大御所中の大御所という事で、聴かなくても良いに決まってる!?と、むしろ敬遠されている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、最初の出だしのギターの一音で降参です。鳥肌の立つ音質を胸を打つ旋律はアナログでこそ味わえる逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2r9oQjc

 

⑥ EDGAR BROUGHTON BAND/Wasa Wasa

全く時代を感じさせない、むしろ「新しさ」を見つける事が多いのが1970年前後の作品ですが、この方たちのアルバムはどれも殊更に「新しさ」みたいなものがあります。このクセのあるヴォーカルもまた不気味でクール。どの世代の方でも、世代を超えて楽しめます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sSwb8m

 

⑦ GROUNDHOGS/Who Woll Save The World? The Mighty Groundhogs

こちらもブリティッシュ・ブルースでは外せない一人、トニー・マクフィのバンド72年のアルバムです。バンドの初期の方がブルース色が強いのですが、時代の流れもあってかこちらはもっとロック色が強いので、贈った方も贈られた方お是非一緒にお楽しみください!?アメコミ風の変形ジャケもクールです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rQI8N2

⑧ JOHN MAYALL/Plays John Mayall Live At Klooks Kleek

今やミューシャン養成機関だったのか、というブルースブレーカーズの黒幕!?クラプトンと組んだあのアルバムばかりフィーチャーされてしまいましたが、このデビューライヴなんかどうですか?飛び散る汗のしずくすら感じさせる当時の熱狂がそのまま伝わってきます。これぞオヤジ殺しの一枚?

・商品詳細→ http://bit.ly/2ssh7kc

 

⑨ SAVOY BROWN BLUES BAND/Shake Down

どうですか、このジャケにこのタイトル!手にしただけでクラクラしそうなクールさではありませんか?そして針を落とした瞬間に始まる、正統派のブリティッシュ・ブルースの世界で、お部屋の雰囲気まで一気に変えてしまう勢いです!凄音のUKモノラル盤は家宝にもなりうる!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rQo5OY

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg