【今週のお薦め】 すみれ色のレコードで運気もアップ!?

2018年のカラーは『ウルトラバイオレット』だってご存知でしたか?

『色の権威』のパントン社が毎年発表しているトレンドカラーがあるそうですが、今年の色がそのウルトラヴァイオレット、すみれ色だそうです。独創的で想像力に溢れるスミレ色!なんだかロマンティックではありませんか?近未来や不思議な力、芸術的で個性的、この色のグッズがトレンドになるとも言われているそうです。

ならば!

聴くベシは、ウルトラバイオレットなレコードです。ハハ!プリンスのアルバムなら持っているだけで運気が上がりそうな気分さえしますね。当店にも、お勧めしたウルトラバイオレットなレコードがございますよ!どれも持っているだけで自信がつきそうなレコードです。きっと運気も上がって身体も元気になってしまうかも!?!?

さぁスミレ色のレコードを聴いて更にアゲアゲで参りましょう!!

① BRIAN AUGER, JULIE DRISCOLL & THE TRINITY/Open

オルガンロック、この時期にしか世に出なかった貴重な時代の産物です。ハモンドのこの響きはどうですか?ドアーズの味つけのオルガンとはまた一味違う、渋々の名演。本当にカッコいいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2EFZ3Wy

 

② DEEP PURPLE/Burn

ヒネリなしそのままど真ん中の深紫!!メンバーチェンジをした第2期メンバーの一発目でここまでの水準。これも時代の後押しか。ここで原点、真紫のジャケット!そしてパープルレーベル!!今や入手困難なUKオリジナル、Gramoリムで。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AVHvDt

 

③ HORSE/Same

馬のいななきと馬具のこすれる音。そんな荘厳かつ神格的なイントロで幕を明けるブリティッシュ・ハードロックのマイナー系の中では孤高の名盤ですね。コーマスのメンバーによるというジャケも近寄りがたい風格です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ECPTtE

④ IAN MATTHEWS/If You Saw Thro’ My Eye’s

紫の翳りのジャケがエレガント。ブリティッシュ・フォークのいいところを凝縮した逸品です。いつ聴いてもウットリするヴォーカルにバックの布陣も申し分なく、しかもヴァーティゴレーベルという気分上がらないわけがありません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D9hBBg

 

⑤ JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Smash Hits

ジミヘンの紫はパープルヘイズ♪ベスト盤は後になって発売されたものはどうしてもチープな感じがしてしまうのですが、この時代当時に出たものはベスト盤や編集盤まで質が違うから不思議。時代の香りってこんなに音に反映するのです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2mz6urT

 

⑥ QUEEN/Same

クイーン。安易なバンド名とグラム崩れの衣装のせいか、キワモノ扱いを受けていたとも言われますが、改めて聴けば後の大躍進を予見させる魅力満載の作品。デビューアルバムでよくここまで自分らのスタイルを確立しているなと改めて感服です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AWoOj2

 

⑦ YARDBIRDS/For Your Love

なんですか、この素晴らしいジャケットは。メンバーが映っているだけなのにカッコよすぎ。なぜジェフベックがオルガンを?という突っ込みは禁止ですよ!いろんなスタイルの名作を残していますが一番ヤードバズらしい作品かもしれません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2leAxlg

 

⑧ ZAKARRIAS/Same

幻の名盤、という名にふさわしい近寄りがたい雰囲気を醸し出しているジャケ。最初のベースのうねりで私を気絶に追い込んだデラム渾身の一撃。他には2枚とないオリジナリティあふれる内容は70年代ブリティッシュロックファンには長く語り継いでいかないといけない、深淵な森の最も奥にある一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D1luF7

 

⑨ NEW TROLLS/Concerto Grosso Per.1

オーケストラとロックが融合した作品の中ではこれを超える作品はないでしょう。ジャケが普通すぎてだいぶ損をしていますが、もうとにかくA面。クラシック、ロックどちらの愛好家であっても息を飲む、世界最強の荘厳なリリシズムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2B0USlM

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】梅雨明け間近?ガツンと爆音シングル特集 ♪

梅雨も結局あったのかなかったのか、ようやくなんだかジメッとしてきたような、かと思えば夏日来るという予報も出ていたり。でも、梅雨をガツンとぶっとばす!というとやはり60年代ブリティッシュロック♪70年代の奥深く、進化した音楽とはまた違った直線的なビートがこれはこれでとっても魅力的な60年代。この時代の空気をパッキングしたシングル盤には敵わないのではないでしょうか?

CDが盛り上がり始めた頃はシングル盤なんてもう完全にテレックス(知ってますか?)状態でしたが、アナログの見直しと合せて見事に復活。改めて聴いてみるとそのみなぎるパワーに圧倒されます。

プロ野球も再開しまして、我が千葉ロッテは『消化試合』などとも囁かれていますが、マリーンズにもシングルで一喝!!圧倒的なパワフルな音で、うっとおしい梅雨をぶっ飛ばしましょう!!

① BEATLES/Help / I’m Down

「出だし一発で勝負あり」の古典。このイントロの後に続く歌メロの半端じゃない美しさ。これぞシングルで買うべき代表的な1曲ではないでしょうか。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tlpQoP

② BEATLES/I Want To Hold Your Hand / This Boy

「抱きしめたい」という邦題が良かったのか悪かったのか、まあ当時にしか生まれえない邦題ということで今となっては味わい深さを感じます。イギリス盤シングルはCDや再発とは次元の違う爆音がすごいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2smZhuY

 

③ BEATLES/Paperback Writer / Rain

爆音続きでこちらもすごい。 なんでこの当時のシングルってこんなにすごかったんでしょうねぇ。リズムも歪みギリギリで思わずヴォリュームを落としてしまうほどの衝撃。アナログで聴くとある意味メタリカよりヘヴィー!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2t1KKHa

 

④ BYRDS/Mr.Tambourine Man / I Knew I’d Want You

ディランのカバー曲って本当に印象に残りますが、こちらもその一曲!ご存じバーズの名を世に知らしめた代表曲です。セピア色の甘酸っぱさがたまらぬ逸品。UK盤は気合十分です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2uiUc8m

 

⑤ MOODY BLUES/Go Now / It’s Easy Child

夜の森の奥の暗闇から聴こえてくるようなイントロが大変印象的。この後のプログレ路線が悔やまれる(おい)ほどの60年代ロンドンのど真ん中。死ぬまで聴ける名曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2uiQ0FH

 

⑥ ROLLING STONES/(I Can’t Get No)Satisfaction / The Spider And The Fly

絶対当時は本人たちすらもこんなに売れるとは思っていなかったと思います。まさか50年後にキューバで演るとも。改めてシングル盤でこの古典を振り返ってみては?

・商品詳細→ http://bit.ly/2sS0Y7f

 

⑦ TROGGS/Love Is All Around / When Will The Rain

スモールフェイセスにオータムストーンあれば、トロッグスにこの曲あり。昼下がりに昼寝して気が付いたら陽が暮れていた、そんな後悔する休日には見逃せない1曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2shUYGf

⑧ THE WHO/My Generation / Shout And Shimmy

何十周年記念版とかいろいろ出ているようですが、ここは一発原点回帰。アルバム収録はA面ラストということで溝の狭いところに閉じ込められていましたが、こちらシングルはパワー全開。こんなのを50年前に体験していた人が羨ましい!

・商品詳細→ http://bit.ly/2t1Atuq

 

⑨ YARDBIRDS/Happenings Ten Years Time Ago / Psycho Daisies

「幻の10年」という秀逸無比な邦題のついたベックとペイジのツインリードの貴重作。 世界最強の救急車コラージュも導入されたヤードバース最高の1枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tlxpeN

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】来日してくれてありがとう!!ジェフ・ベック特集♪

もう何度目の来日になるのでしょうか?! ワタシも行ってまいりました。名古屋公演!!

凄いとか、カッコイイとかそんな言葉は陳腐かな、と思うほどに感動です。ふふふ。

ブリティッシュ・ロックの3大ギタリストという呼び名は既に死語なのかもしれませんが、そんな3人の中でもヤードバーズ時代から一番ストイックにひたむきにギターに向き合ってきている、そんな印象で、やはり孤高のギタリスト。もう50年近くギターを弾き続け、まだまだ現役というだけでなく、これからもまだまだ楽しみなミュージシャンでもあります。ライブの興奮さめやらぬところで、改めまして、感動をありがとう!ジェフ・ベック特集です。

 

① BECK BOGERT & APPICE/Same

クリームと比肩しうるロック界の最強トリオの一つ。ツェッペリンのプレゼンスをも凌ぐかという贅肉のないサウンドは、即興風でありながら、一分の隙すら感じさせないテンションで最後まで聴かせてくれます。心から2作目を聴きたかったアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4hE74

 

② JEFF BECK GRUP/Truth

ロッド・スチュワートがこんなバンドにいたとは!ヤードバーズが土下座した(!?)といわれるカバーA-1に始まり、全てのギターファンをなぎ倒して進行していく自信に満ち溢れた作品。B-1のアコースティックも絶品の味付けです。UKオリジナルです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kJisif

 

③ JEFF BECK GROUP/Beck Ola

マグリット展で、おぉベック・オラ!!と思ったのはワタシだけではない…はず!?第一期ジェフベックグループの2nd。普通に演奏しているだけでその辺のB級バンドはすべて吹っ飛ばしていきます。UKオリジナル、モノラル盤! ステレオもあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cP0fx8

 

④ JEFF BECK/Wired

カッコイイですよね~。とにかく。これが一番やりたかった作品ではないでしょうか?全編インストでファンの度肝を抜いたギター殺人者に続く2ndソロ。ギターが世界でもっとも輝きを見せた瞬間がここにあります。音質の良さでも知られるイエロー・エピックのUKオリジナルで是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kxUepc

 

⑤ JEFF BECK WITH JAN HAMMER GROUP/Live

名キーボード奏者ヤンハマーと組んだワイアードのライヴヴァージョンですね。何年も聴き続けても飽きないライブ盤というのは少ないのですがそんな一枚か。蒼き風の途中に飛び出す例のフレーズを改めて!

・商品詳細→ http://bit.ly/2kxYchJ

 

⑥ YARDBIRDS/For Your Love

ジェフベックがまるでキーボード奏者のように映ってはいますが、このいるジャケもまたクール。クラプトンからジェフベックに移行した時期に発表された傑作で。アメリカでのリリースのみとなる、要注意なアルバムでもあります。米盤モノラル盤です。

商品詳細→ http://bit.ly/2leAxlg

 

⑦ YARDBIRDS/Over Under Sideways Down

アメリカにおけるブリティッシュ・インベンジョンといったこのジャケ!どうも内容にそぐわない気がするのですが、これまたアメリカオンリーの作品。ジェフ・ベック時代の代表曲のオンパレードです。USオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2leRo8G

 

⑧ YARDBIRDS/Featuring Performances By Jeff Beck Eric Clapton Jimmy Page

太古の昔からマニア垂涎のレア盤。なんとも探しがいのある素晴らしいジャケットに包まれた当時の編集盤ベスト。飾るだけでも価値のある作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kEpjtL

 

⑨ YARDBIRDS/Happenings Ten Years Time Ago / Psycho Daisies

ロック界の一つのターニング・ポイントとなった、と言っても過言ではないでしょう!その邦題もイキな『幻の10年』を収録。ジミー・ページとのツイン・ギターをシングル盤ならでは音圧で是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/2jTnyEH

 

 

⑩ JEFF BECK GROUP/Got The Feeling

ロック界で最もかっこいいドラマー、コージー・パウエルをオーディションでゲットした第二にジェフベックグループはまた違ったテイストを見せてくれます。ラフ&レディーというオリジナル盤の変名タイトルの後期プレス。ファンすらも見分けが難しいコージーパウエルとジェフベックの写真がそっくりなジャケでどうぞ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2k0Nyy2

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 魅惑の7インチカンパニースリーブの世界♪

早くも11月に突入です!

今週からネクタイ着用という方も多いのではないでしょうか?ネクタイの締め方覚えていますか?

沢山いらっしゃると没個性に見えるスーツ姿もネクタイでちょっびり個性が出るかな?それはまるでシングル盤のカンパニースリーブのよう???ちょっと強引ですが、クールビズ終了、衣替え記念で今回はスリーブをフィーチャです。味気のないシングル盤もカンパニースリーブが付属するとグっとカラフルになります♪

とはいえネクタイやスーツもいいけど、要は中身!スリーブとともにLPとはまた違った音のクオリティもたっぷりお楽しみくださいませ!!
① YARDBIRDS/Shapes Of Things / You’re Better Man Than I

【COLUMBIA】
ジェフ・ベック在籍時のヒット曲をA1に配したシングル盤。このデザインのカンパニー・スリーブは赤とグリーンがありまして、裏面のデザインもカワイイのと同様に、ギターソロの長いB面がカッコイイんです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eQRPoZ

 

②ROLLING STONES/Paint It Black / Long Long While

【DECCA】
ブルーの渦巻きスリーブも好きですが、横ではなく縦向きにレイアウトされた「DECCA」の文字が時代感を出していて、イイ感じです。50年進化し続けたライブに慣れた耳でオリジナルを聞くと妙に新鮮!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ddrD5B

 

③DEEP FEELING/Sweat Dust And Red Wine / Turn Around

【DJM】
PYEの関連レーベル。シックな赤と黒のチェックが印象的なカンパニー・スリーブですねー。このバンドもCSと同様にシックな印象があるのですが、両面共にNon-LPトラックとなっており貴重なシングル盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fdRXM1

 

④ SMALL FACES/Lazy Sunday / Rollin’ Over

【IMMEDIATE】
60年代のストーンズのマネージャーで有名なアンドリュー・ルーグ・オールダムが設立したレーベル。ビート・モッズ系のバンドが多数在籍。「IMMEDIATE」のフォントと矢印がとにかく格好いい!

・商品詳細→ http://bit.ly/2dZ1mLk

 

⑤ HEAVY JELLY/I Keep Singing That Same Old Song

【ISLAND】
レーベルのデザインの変更に合わせてスリーブの色も変えてくるのがアイランドですが、やっぱりお好きなのは初期のピンク??可愛いピンクのレーベルとスリーブですが、針を落とすと鬼気迫るタテノリのオルガンに戦慄です!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eQNMc2

 

⑥ THE FAMILY/Scene Through The Eye Of A Lens

【LIBERTY】
レーベル・カラーと合わせてのスカイブルーがひと際輝き爽やかな印象のリバティですが、ロジャー・チャップマン率いるこのバンドが奏でるサウンドは爽やかというより路地裏の錆びた湿り気がたまりません!

・商品詳細→ http://bit.ly/2frsOSW

 

⑦ NITE PEOPLE/P.M. / Season Of The Rain
【PAGE ONE】
KINKSのマネージャー、ラリー・ペイジにより設立されたレーベルで、LPは青ですがシングルは赤。そしてその赤に白地に黒の文字のカンパニースリーブがクールです。プロコルハルムのセカンドにヒープが乱入したかのような一瞬たりとも気を抜けない一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eXRjmz

 

⑧ DRAGONFLY/Driving Around The World/Since I Left My Home

【RETREAT】
EMIの関連レーベル。アメリカっぽい都会的な香りただようカンパニー・スリーブとなっていますが、 リリースされたのは本作も含め、間逆の如何にもイギリスっぽい垢抜けない作品多数。でもそれが良いんです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dUOHVk

 

⑨ THE WHO/I Can’t Explain / Bald Headed Woman

【BRUNSWICK】
シカゴベースのR&Bの名門レーベル、ブランズウィックに所属していたのがザ・フーです!!このロゴを最初に見たのはボーリング場でした!そうスポーツ用品メーカーから派生したちょっと異色なところもウリ。音質もバッチのこのデビューシングルは必携です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2frshAI

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

YARDBIRDS – Live Yardbirds

ASKAさんの逮捕でCDまで回収されるというのはどう考えても過剰反応!これには断固反対ですが、中古屋さん的には、何年か経ったら値段が上がるかも!?とヨコシマな事も考えてしまわなくもなく…。この件とはタイプは異なっていますが、最近来日もされていたジミー・ペイジさんが参加していたこのアルバムもそんな一枚!ツェッペリンのリマスター盤リリースが話題沸騰中ですが、こちらはその幻の回収盤オリジナル盤で新着です♪

YARDBIRDS/Live Yardbirds (71 US-EPIC AL30615) 商品詳細→ http://bit.ly/1lFvByF

 

Yardbirds_LiveYardbirdsSSL3887