【今週のお薦め】自信満々!?マッチョなUSハードで年末に向けてファイト一発!

今度はイスラエル?相変わらず世界を騒がせる発言を放ちっぱなしのアメリカ大統領ですが、強いアメリカ!?アメリカ第一主義はどこまでいくんでしょ?と、極東の一市民としても気になるところではありますが、アメリカのハードロックを聴くときにそんな「強い国アメリカ」的な印象を感じ足りすること、ありませんか?特にジャケ!!一言で申し上げますと、ユーロや英国もの比べると芸術性が違うとでも申しますか…。「オレオレ」的、マッチョで父権主義というかそんな印象です。もちろん優れた芸術作品的ものもありますので、そういうのを「偏見」とも言いますが。ハハ

12月に入りまして、皆さまには更にお忙しくなって来たころかとも思います。まだ年末まであと半月ばかり、ギアもアップしていきたい、そんな気分の時こそ、マッチョでパワフルなUSハード!!大いに師走気分を上げて参りましょう!!

USハードと言えども国のスケールからしてまだまだ知られざる名盤も!?ちょっとマイナーかな、からのピックアップです。是非一度お試しを♪

① BLUES IMAGE/Open b-135

ギターのマイク・ピネラが在籍したことでも知られているフロリダ州タンパ出身の5人組。最高傑作とも言われてる2ndです。出身地からの影響であるラテンのりとハード、プログレなどごった煮サウンドをアルバムに纏めています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iGv87m

 

② CHRISTOPHER/same c-64

テキサス州ヒューストンのヘヴィ・サイケトリオ、激レア盤!アングラ臭漂うサイケデリックな感覚の曲もあるものの、ファズ・ギターやワウワウを使いヘヴィに決めている曲も多く(特にB面)サイケ・ファン、ハード・ファン共に楽しめます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jc1Mlw

 

③ DRYEWATER/Southpaw d-107

ノースキャロライナの4人組による自主制盤です。いかにも自主制作!というジャケットとは裏腹に、完成度の高いメロディアス且つパワフルなHRです。500枚のみのリリースですが、自主制作とは思えない内容のギャップがまた良いんです!

・商品詳細→ http://bit.ly/1VtVo24
 

④ EDEN’S CHILDREN/Sure Looks Real e-14

ボストン出身のトリオ編成、2ndにしてラスト作。69年リリースで未だサイケ風味ですが既にファズ・ギターを使用したプレ・ハード・ロック的な曲も収録。ジャッジーな曲展開もありなかなか一筋縄ではいかない面白みのある逸品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2Bmk9vo

 

⑤ PULSE/Same p-134

コネチカット州の6人組。あの『HARD ROCK ANTHLOGY 1968-1980』にもカラーページで紹介され高評価で、ご存知の方もも多いのでは?ジャケットの印象そのままにダークでヘヴィなブルース・ロックです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iLD8aT

 

⑥ TREE FOX/Rough Road t-59

ニューヨークをベースに活動していた5人組がリリースした唯一のアルバムは、活動地とは裏腹にオールマンなどから影響を受けたサザンロックをベースとしたハードな音楽です。アップ・テンポな曲ではかなり熱いものを感じさせてくれます!

・商品詳細→ http://bit.ly/2B0PJyj

 

⑦ WILKINSON TRI-CYCLE/Same w-44

ボストン出身の知られざるハード・ロックトリオ。クリームからの影響を受けハードだけでなくアシッド感覚も取り入れたサイケでプログレッシヴな部分も。非常に手数が多いドラムにも注目!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nv6EDF

 

⑧ YANCY DERRINGER/Openers y-2

ウィスコンシン州出身の4人組。A面もハードだがこのバンドの真骨頂はB面!3曲とも7分前後の曲で非常に展開が凝っています。特にラストはツェッペリンばりの曲展開でスライドギターも取り入れての壮大な曲に!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ymQVXh

 

⑨ TOUCH/Same t-47

アメリカのオルガン・ハードといえばこれ!ジャケとは若干違う印象のですが、うなりをあげる洪水ハモンドを中心にサイケデリックな要素とプログレッシヴな要素が見事に調和した劇的な作品です。観音開きの変形ジャケ。レアなポスター付きオリジナル初回盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2y9yvsQ

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

広告

【今週のお薦め】NASAの探査機木星に到達記念!?USハードの隠れた逸品

あくなき探求心!NASAの衛星が5年をかけて木星の軌道に到達したそうで!何がどうやってそこまで行くのかも私には完全にSFの世界ではありますが、知らない事を解明したいというのは一つの『欲求』でもあるのか、その情熱たるや!です。好奇心は人生を豊かにもしてくれるかな。

好奇心といえば、まだ聴いたことのないレコードに対する、興味もつきません。知らないレコードのジャケット写真を眺めるのもまた楽しい時間で、ハンス・ポコラさんの本はさしずめNASAの捜索機といったところかも!?

ということで、今回は『知られざる』逸品をピックアップ。USハードにはまだまだ隠れた名盤が埋もれていたりします。誰もが知っている逸品もステキですが、『知る人ぞ知る』これもまたソソル言葉ではありませんか?

①  OHO/Okinawa

どうですか!?この無愛想なピンクのジャケ。この装丁からこの音をだれが想定できようか!?(ハハ…) ややザッパの洗礼も受けたかかのような多彩で爆発力も満点。 ”隠れた”という形容詞がピッタリのハード・プログレの逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/29gc0WJ

 

② PETER KAUKONEN/Black Kangaroo

ジェファーソン・エアプレインのヨーマ・コウエンの弟のソロ。タイトルの如く(カンガルー)パンチの効いたファンキー且つハードなサウンドが堪能出来ます。

・商品詳細→ http://bit.ly/1jl5aUG

 

③ POOBAH/Steamroller

3枚目にして最終作で最もハードな作り。70’sレイト・ヘウ゛ィのお手本のような,トリオ編成の可能性を最大に活かした凄まじい内容にノック・アウト間違いなし!

・商品詳細→ http://bit.ly/1u8Yo7s

 

④ RUSH/Everything Your Listeners Ever Wanted To Hear By Rush But You Were Afraid To Play

USプロモ・オンリーのアルバム。彼らがハード・ロックしていた初期作品からのベスト・アルバム的選曲で、通常のアルバムとは違った曲順で楽しめるのもコンピレーション盤の醍醐味です。

・商品詳細→ http://bit.ly/29eucRQ

 

⑤ TRES HOMBRES/Gunslinger

自主制作で殆ど知られていないサザン・ハード。トリオ編成ゆえ、お手本はZZ TOPですが彼らの初期をよりヘウ゛ィにした内容は、好き物には堪らない内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/29IbZww

 

⑥ WHALEFEATHERS/Same

イギリスではブルー・ホライズンからのリリースとなった、プログレッシウ゛・ブルース・ハード。2枚目でラスト作。ある意味バンドそのものを表しているジャケットは、US盤とはジャケ違いのこのイギリス盤に軍配を!再発もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1h6MncV

 

⑦ WILKINSON TRI-CYCLE/Same

これまた殆ど知られていないボストン産のパワー・トリオ。ブルースをベースに時代を反映した
サイケでプログレッシウ゛なサウンドを織り込んだハードな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/29dBrst

 

⑧ YANCY DERRINGER/Openers


ウィスコンシン州マディソン産のマイナー・ハード・ロック。プレス数は1000枚。A面もハードだが、B面はロング・トラックが続き、その出来も秀逸!百聞は一見にしかず!!聴くべし~再発もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/29rcm2x

 

⑨ ZIPPER/Same

かの『HARD ROCK ANTHOLOGY』でも評価が高かった1枚。時代を逆行したかのような
ガレージ・サイケなハード・ロックが聴きどころ。オリジナル・プレス数は500枚!

・商品詳細→ http://bit.ly/29ePtKP

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)