【今週のお薦め】目を見開いてしっかり選ぼう!?CBS目玉レーベル特集

いよいよ選挙ウィークも後半に入りました。もうどの候補者も胡散臭く見えて仕方なかったりしますが(コラコラ!)、選挙は国民の義務!!ここはしっかり目を見開いて見極めて参りましょう!!と、前回も同じような事を申し上げたような…ですが、そんなワケで、今回は大きな目!と言えば、CBSの目玉レーベルです。中でもとりわけ、センターホールに目玉を配したオレンジのイギリス盤は如何でしょう!?

ディランやポール・サイモンに始まりフォークからプログレに至るまで、英国CBSからは本当にいいアルバムが沢山リリースされているという印象ありますが、一般的には少しマイナーかな?というタイトルから。マイナーとは言え、ジャケもとっても個性的でいずれも内容も抜群。泡沫と言われるマイナーな候補者にもご注目を!?!?

① SKIN ALLEY/To Pagham And Beyond

ジャズプログレサイケの屈折ロックファン垂涎の幻の1stに続く2nd。更に進化しつつもよりやりたいことをやりたいようにやっているような発散度合いが凄い。この流れでよくぞコロシアムのカバーをやるもんだと、ジャケからは想像もつかない渋く深い世界が広がる孤高の作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ysIEEV

 

② ELTON DEAN/Same

エルトン・ジョンの『エルトン』はこの方のお名前を継承したというのはよく知られていますが、魅惑のジャケにつつまれた、唯一のソロ作は、とにかく精密で攻め攻めのジャズ・プログレ。徹頭徹尾クール!この緊張感、このカッコよさ!です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kRXhMJ

 

③ FIELDS/Same

とても検索しにくいのに、数多く存在するバンド名にあって、中でも一番の正統派のプログレだと思います。ちょっと怖くてドラマティックなデザインのジャケットもどうですか!?その内容もまたドラマティックです。プログレ・ファン必携。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xKgPJa

 

④ GOLIATH/Same

女性ヴォーカルものでここまで緊張感漂うロックアルバムとしてキャロル・グライムスの例の作品とフュージョン・オーケストラにも全くひけをとらない内容です。裏ジャケもいいんです♪ こういうレコードが出てくるからイギリスは怖い!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2hL96PU

⑤ HEAVEN/Brass Rock 1

ブリティッシュ・ブラス・ロックはなぜこんなにかっこいいんでしょう!?そしてこのジャケ!この凝ったジャケットにどんな思いを込めたのか。そんな仕様にもバンドやレーベルの思いも感じるアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ymOzfa

 

⑥ MATCHING MOLE/Same

『そっくりモグラ』というダサダサの邦題の名作。カンタベリーというのは本当に奥が深く、口では説明できないけどなんとなくいい….。思うにアルファ波がたっぷり!?そんなカンタベリーを代表するA1、これを聴いてアルファ波を出しまっせんか。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xJLS7C

 

⑦ 3 CITY 4/Smoke & Dust

マーティン・カーシーとレオン・ロッセルソンを擁したフォーク・アルバムで、ディランらの流れをくんだかのポリティカルな要素も含み、力強さも持ち合わています。若者が政治を熱く語った時代。こうゆうアルバムを今こそ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ysdxJd

⑧ SKID ROW/34 Hours

ゲイリームーア。いまや悲劇のギタリストになってしまいましたが、デビューはこのバンドです。1stはアイリッシュ風味で若干とっ散らかっていましたが、この2ndでキメました。えらくかっこいいハードロック名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gIX1eu

 

⑨ TREES/On The Shore

説明は不要でしょうか!?野外バーベキューで酔っぱらってこのジャケをやった人たちを知っていますが、よく見ると表情の怖さがまたシュールで深いのです。セリアハンフリーズの天上の歌声に永遠を誓うことのできる宝物。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xIT5A6

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

広告

【今週のお薦め】梅雨時にしっぽり聴きたい梅雨レコ特集 ♪

梅雨入りしたのに雨は降らない…。しかも名古屋では既に34度という気温まで記録しちゃって、しばらく爽やかで過ごしやすかったのに、どうなんだ!?です。異常気象が異常でない状態になりつつあるような。というさなかにアメリカが脱退してしまいました、パリ協定。それに対するフランスの”Make our planet great again”というウィットに富んだ皮肉もでたりで。

普段なら梅雨入りしてジメジメと鬱陶しいお天気が続くはずのこの季節、梅雨はうっとおしいとはいえ、無いと困るものでもありまして、梅雨がきちんと来ることに感謝の意をこめて、梅雨の時にしっぽりと聴きたいレコードの特集です。

① HAIZEA/Same

そぼ降る雨を窓辺で眺めながら、しっとりしたフォークサウンドを楽しむなんていかがでしょうか?天上の男女ヴォーカルと美しいアコースティック・ギターの音色が雨とともに心を洗い流してくれます。スペインはバスク・フォークの至宝です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sAd3hJ

② LED ZEPPELIN/Led Zeppelin III

梅雨というよりは、いきなりゲリラ豪雨で幕開けといった感じですが、鬱陶しい雨の日は家の中で一級のハードロックを聴いてストレス解消しながら?過ごしてみるのもオツではないでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rq2IRR

 

③ MIGHTY BABY/A Jug Of Love

夢か幻か・・? つらつらと彷徨い漂うような気怠 いフォーク・ロック・サウンドが、いつ止むともわからない長雨に合うような気がするのは、アメリカのそれではなく、やはり英国のグループだからでしょうか? 幻のオリジナル盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rBtdrC

 

④ RITCHIE FRANCIS/Song Bird

元ブロッサム・トゥーズ、そしてかのウィル・マローン絡みとくれば只者でないことは期待できますが、ここまでセンシティブで儚く美しいとは・・。しとしと降る雨の中聴くのが最高のシチュエーションとなる、そんな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tcR3XZ

 

⑤ STORYTELLER/More Pages

トゥリーズやメロキャンもないて謝るようなA-3など、聴きどころの多いマニアックなグループのセカンドにしてラスト作。昨今は非常にレアですが、ブリティッシュ・プログレ・フォーク好きは押さえておきたい作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGgKOw

 

⑥ SWEET SLAG/Tracking With Close-Ups

この状態で雨が降り続けたらどうなるんだろう・・?と心配してしまうようなジャケが魅力の?重く鬱陶しい空模様を想像せずにはおれないサイケ・プログレの逸品にして、英国汚いでしょうジャケ大賞をあげたい埋もれた名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sA0rah

 

⑦ TRANQUILITY/Same

メルヘンチックなジャケも良いですが、アメリカのCSNYなどの影響下にありながらも、陰りがあり繊細で流麗なそのサウンドもヘルプユアセルフ同様に、もっともっと見直されても良いと思う魅力的な1枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rGmHLF

⑧ TREES/On The Shore

フェアポートらによって切り開かれたエレクトリック・フォークの世界観をさらにマニアックな形で展開した忘れられないグループの名作。本格的に降りだす前のどんよりと曇った空が最高に似合うサウンドです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sln4Nu

 

⑨ WISHBONE ASH/Pilgrimage

こんな厳かなロック・サウンドが聴けるのなら別に雨でもイイや、と言いたくなるような!?英国情緒とロックのダイナミズムが見事に同居するウィッシュボーンのセカンドで、一家に1枚の名作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2sJ8phy

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 開催中のあいちトリエンナーレにちなみ、モダン・アートなジャケ特集♪

食欲の秋、スポーツの秋ですが、秋と言えばやっぱり『芸術の秋』でございます。ここ名古屋でも3回目にあたります芸術イベント『あいちトリエンナーレ』も開催中で、モダン・アートに触れることができるのですが、レコード屋さんだってモダン・アートに触れることができる場所の一つです!?

『アートなジャケ』という事では数数えきれなくございますが、今回は敢て『モダン・アート』的アルバムに照準を当ててみました。リリースから30年以上を経てもなお最近の『モダン・アート』に引けを取らない魅力があります。ジャケットが美しいレコードに駄盤はございません。やや高額盤になりますが一生モノの価値あるレコードです。LPサイズだからこそ表現できるモダン・アートの世界を芸術の秋に是非♬

 

① AFFINITY/same

これぞジャケットアートの代表格です。キーフのデザインの最高傑作といって良いでしょう。謎めいた美しいジャケットの包まれた唯一無にの傑作。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhxIc

 

② BEGGAR’S OPERA/Act One

運動会にかけるブリティッシュ・ロックはこれを置いて他はないでしょう。ジャケもまさしくそんな雰囲気ですが、A面冒頭に針を落とした瞬間から最後まで一気にいきます。以降のアルバムでは路線が変わるのですが、実は最高作に推す人も多い傑作。

・商品詳細→ http://bit.ly/19zTR6P

 

③ CRESSIDA/Asylum

下手な美術絵画も真っ青なグレートなジャケット・アートに包まれた朝霧の夜明けの鎮魂歌。ヴァーティゴ以外では二度と出せない稀有なサウンドです。死ぬまで聴ける(!?)と言もえる一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dJdOf0

④ DENNIS/Hyperthalamus

ジャーマン・ロックの有名どころのメンバーが多数参加したセッション風のジャズロック名盤。見れば見るほどに深みのあるジャケットアート。聴けば聴くほどにそのサウンドに酔いしれることができます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhMmz

 

⑤ FAIR WEATHER/Beginning From An End

ネオン・レーベルの1番で、カントリー・ロックにブラスが加わりユニークなサウンドは、聴くほどにハマる?UK盤の美しいジャケも魅力たまらない魅力を称えた一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2db8pOT

 

⑥ PETE BROWN & PIBLOKTO/Thousand On A Raft

70年のリリースながら見れば見るほど不思議なジャケは、現代をもってしてもまだまだモダン・アートの域にあります。ブルージーでジャッジーで、ブリティッシュ・プログレを代表する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1n79Bgd

 

⑦ ROCKIN’ HORSE/Yes It Is

馬です、馬!!一度見たら忘れられないジャケも迫力がありますが、YES IT ISというタイトルもシンプルで潔く、ポップでありながら実にパワフルなサウンドも一度聴くと耳にずっしり残って病みつきに。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dZZNcE

 

⑧ TREES/On The Shore

ご存じ、水撒きお嬢さんのこのジャケもモダン・アートギャラリーに展示されても遜色ありませんよね。説明するまでもありませんが、トラッドを大胆にアレンジしたサウンドもジャケの雰囲気にもマッチしています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dUOHVk

 

⑨ WEB/I Spider

今更ご説明申し上げるまでもない、こちらもブリティッシュ・プログレの名盤です。アートワークも素晴らしく、洗練されたサウンドは耳の肥えた大人のファンをも唸らせるアルバムだと思います。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dCqhl3

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)