【今週のお薦め】海の日記念!?海ジャケ特集 ♪

先日の3連休は『海の日』のお休みでしたが、このお休みや『ハッピィ・マンデー』もすっかり定着しきた感じでしょうか?

夏休みの前後とあって、お休みではない学生さんもいるそうですが、我々社会人にとってはこの時期のここでの祭日は、ちょっぴり嬉しいものかな??山の日もできましたし、あとは祝祭日が一日もない6月をなんとかしてほしい!?いっそ『雨の日』もいいのでは?、、、などとくだらないことも思いつつ、海の日に感謝して今回は海が映っているジャケット特集です。

暑い日もステキな音楽で元気に参りましょう♪
 

① GRAVY TRAIN/Staircase To The Day

ヴァーティゴの1stや卵のジャケの方がわかりやすくまとまった内容であったこともあって、ドーンレーベル移籍後の4作目は、やや複雑でまともに取り上げられてこなかったような気がします。じっくり聴くと単調そうでありながらそすぐに理解できない…そんな不思議な魅力満載です。あの独特のヴォーカル、歌メロの美しさ、例のフルートも散りばめられていて堪りません。一筋縄ではいかない隠れた傑作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mKYzp0

 

② JOHN G. PERRY/Sunset Wading

夕方のビーチをそぞろ歩いてているジャケットが、とても涼し気で実にいい感じですが、ジャケのイメージをいい意味で裏切る、もっとアグレッシヴなジャズ・プログレアルバムです。強者ミュージシャンの演奏が素晴らしい!アルバム全体の構成もよく、暑く且つクールな魅惑の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2v630iX

 

③ LOCADA DELLE FATE/Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu

海の日でこのレコードを思い浮かべる人は少ないと思いますが、この季節に目にするには涼し気でいいですね。『妖精』という邦題通りの神秘的なサウンドは、熱く歌い上げる他のイタリア勢とは一線を画す、美がしたたり落ちるような名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eH29ya

 

④ MARY HOPKIN/Earth Song Ocean Song

90年代の英国フォークブーム以降に女性ヴォーカルに嵌まった方も多いかと思いますが、そんな喧騒とは関係なく毅然と凛々しい女性ヴォーカルの名盤の一つです。『可憐』という言葉は彼女の為にあるのではなかろうかという、絶品の歌声に名曲の数々。暑い一日の終わりにクールダウン。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Tc2o5h

 

⑤ MIKE OLDFIELD/Tubular Bells

これ海に浮かんでいたんですね。まさかこれを出したときは延々と続編が続くとは思っていなかったでしょう。ホラー映画のサントラということに逆らうかのような爽やかなジャケ。それでいて内容は複雑極まりない。暑い日々にたまにはこんなのもどうでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4fNzj

 

⑥ MOODY BLUES/The Magnificent Moodies

海ジャケと言えば外せない!?70年代からはプログレバンドになってしまった彼ら。いや~、やっぱりこっちがいいですね。甘酸っぱさとスウィンギング・ロンドンが見事に調和した永遠の名曲Go Nowも含む、ジャケも渋い渋い。

・商品詳細→ http://bit.ly/1UdJFW3

 

⑦ PETE BROWN & PIBLOKTO/Thousand On A Raft

昔々、無人島アルバムにこれをあげていた人がいて驚いた覚えがあります。一見意味不明のジャケットは是非手に取って眺めしょう♪ のっけの印象的なリフで一発KO。最高水準の演奏で、なぜこれが売れなかったのかわかんないなーなんて思いつつ、そんなことはどうでもよくなるくらいかっこいい♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1n79Bgd

⑧ WARHORSE/Red Sea

セカンドアルバム。プログレの本にはほとんど1stばかりですが、ハードロックファンにはこっちでしょう。ドイツのGIFTのような(逆?)タテノリの展開、くすんだヴォーカル、手数ドラミング、かっちょいいギター。いやあ最高ですね。年とっても聴ける類のHRです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2vqbZLe

 

⑨ THE WAY WE LIVE/A Candle For Judith

ジャケットの色づかいや雰囲気からは想像もつかないような素晴らしい内容です。テクニカルなヘヴィプログレも入っていたかとおもいきやアコースティックの風変わりなハードナンバーや心にしみわたる名曲もありで。Dandelionということで見逃していたロックファンもきっと多いと思いますがかなりの出来。裏ザカリアス!(そっちも裏やろ・・)

・商品詳細→ http://bit.ly/1lUdhkK

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】アナログの魅力再発見!「初めてのロック!」その2

先週に続いてアナログで聴いて頂きたい70年代ロックの第2弾です!

アナログ、特にオリジナル盤は高い!と思っていらっしゃる方も沢山いらっしゃると思うのですが、今回は手頃に買える、それでいてアナログの良さを十分に楽しめる、そんなラインナップです。アナログのベテランの皆さんには実はコレクションに入っていないのでは?

CDが出たころは、キズがつかない、ノイズがないそして小さいメディアとして画期的でしたが、CDの音に慣れてしまったお耳にアナログの音は取りあえず新鮮でもあり、独特の立体感、奥行き感はアナログならではだと思います。オリジナルでなくても優れた音質の国内盤や再発盤もございます!是非店頭で色々お試しになって、『好みの音』を見つけてみては如何でしょうか?

手軽にデジタルで楽しまれた後、これは!と思うアルバムをレコードはアナログで是非♪
 

① ABBA/Voulez-Vous

アバ、アナログ、20年前には古代の遺産として葬り去られたものが、こんなデジタルの時代に見直されるとは。
タイトル・ナンバーの異常なパンチ力に加え、名曲チキチータの繊細で天空な響きが涙腺を直撃する、滅多に出ないUKオリジナル、初回マトリックス、凄音盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hUxPAA

 

② BECK BOGERT & APPICE/Same

ジェフ・ベック生涯最高のユニットの唯一作。ヴァニラ・ファッジの超人ふたりと組んだドリーム・チームによる超絶な演奏はツェッペリンのプレゼンスにも比肩。驚愕のアンサンブルが臓物を揺るがす、二度と出ない作品。UKオリジナル爆音。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4hE74

 

③ CREAM/Live Cream Volume 2

解散後に発表されたため、割を食っている感がありますが、クリーム史上最高の名演がここに凝縮。クラプトンのギターもさることながら、ジャック・ブルースの凄みを改めて再認識させられる最強の作品。サンシャイン・ラブのベースは鳥肌約束。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hPw0rH

④ FOCUS/Moving Waves

オランダを代表するプログレバンドの最高作。悪魔が憑依したといわれるタイス・バン・リアのヨーロレ・ヴォイスが一生モノの「悪魔の呪文」収録。意外と知られていない音質の良いUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gWzPXs

 

⑤ FREE/Free Live

恐るべし10代。日本ではシブガキ隊(ふるぅ~)、イギリスはフリー。この違いでしょう。腕に自信過剰のメンバーのエゴが火花を散らしてぶつかり合う最後の輝き。UKオリジナル初回のジャケットは変形の封筒型であるだけでなく、なんと切手も貼付!

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4aTm2

 

⑥ MIKE OLDFIELD/Tubular Bells

エクソシストのサントラとして有名な、ひとめ見たら忘れられないジャケに包まれた作品。天才マイク・オールドフィールドが一人で26種類の楽器を操り、多重に多重を重ねた録音による緻密な作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4fNzj

 

⑦ QUEEN/A Night At The Opera

天下の名曲「ボヘミアン・ラプソディ)収録。よくこんな作品が出たもんだと改めてビックリ。オペラ座の夜という素敵な邦題も当時ならでは。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hONTEF

 

⑧ PAUL SIMON/There Goes Rhymin’

ポール・サイモンの3作目ソロ。アメリカを代表するスタジオ、マッスル・ショールズで録音されただけあってとてつもない音質で録音されています。名曲コダクロームのイントロのギターの音色だけで思わずおしゃべりをやめてステレオの方を向いてしまう、さすがUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hONnqh

 

⑨ URIAH HEEP/Look At Yourself

ミラージャケ! これもアナログの大きさならではのもの。「対自核」という普通の変換では絶対に出てこない邦題も二度と忘れられません。とにかく音がいいUK盤で是非。最初のイントロで初回KO。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4gKb4

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)