【今日のレコード】KINKS/Live At The Kelvin Hall

KINKS/Live At The Kelvin Hall

キンクス初期の名曲がズラリと並んだライブアルバムです。女の子たちのキャー!!という悲鳴が雰囲気をやけに盛り上げてくれて、すっごい楽しい気分になりれますよ!!なんてったってGW!できるだけヴォリームを上げて、ライブ感を満喫致しましょう!!
 

・商品詳細→ http://bit.ly/2FFvV1B

※2018年3月から当分の間店頭営業を不定休とさせて頂きます。
営業日は→ http://sorc.co.jp/latestinfo.html

+++ 在庫商品はこちらからもどうぞ +++
HP: http://sorc.co.jp/cwr.html
CDandLP: http://bit.ly/11eWWDL
Discogs: http://www.discogs.com/seller/sorc555/profile
eBay : http://stores.ebay.com/60-70s-Used-Records-SORC

+++ お友達登録もお願いします +++
LINE: https://page.line.me/oxa1666e

【今日のレコード】KINKS/Same

KINKS/Same

5月のこのゴールデンウィークになると、気候も良くて晴れた青空ななのに、ちょっとブルーなメンタリティな感じがそうさせるのか、この時期はワタシは決まってキンクスなのです!オシャレでちょっとヒネてて、クール♪ 最高です!

 

・商品詳細→ http://bit.ly/2JRnRxk

※2018年3月から当分の間店頭営業を不定休とさせて頂きます。
営業日は→ http://sorc.co.jp/latestinfo.html

+++ 在庫商品はこちらからもどうぞ +++
HP: http://sorc.co.jp/cwr.html
CDandLP: http://bit.ly/11eWWDL
Discogs: http://www.discogs.com/seller/sorc555/profile
eBay : http://stores.ebay.com/60-70s-Used-Records-SORC

+++ お友達登録もお願いします +++
LINE: https://page.line.me/oxa1666e

【今週のお薦め】ゴールデン・ウィークにはキンクス!?キンクス特集♪

春と秋が段々短くなってきた感はありますが、なかなか春らしい気候にならないナと思っておりましたら、スグに暑くなりそうな気配です!そうです、気付くとゴールデンウィークも間近となりまして、この位の季節になるとなぜかワタシはキンクスが聞きたくなるのでありまして!!

未だ現役で、新譜のリリースにツアーも開始しているレイ・デイビスさんは、ナイトの称号を受け、先月は授与式の画像も公開されていましたね。ボブ・ディランのあの受賞は別格・別物として、60年代のスウィンギング・ロンドンの怒れる若者たちが次々と、このような名誉職(?)につくのにも、なかなか感慨深いものがあります。70年代であれば、受賞辞退のオンパレードだったかな?時代と言うか世代というか、お年頃というのがピッタリか?

・・ということで、春はキンクス♪ ゴールデン・ウィークのお出掛けにも似合いそうなキンクス、今からご用意を!!

① KINKS/Same
/

1964年!一回前(笑)の東京オリンピックの頃です。この時代の雰囲気がそのまま密封された永遠の金字塔。53年前ですもんね。すごいすごい。いつまでも聴ける記念品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pbJGkS

 

② KINKS/The Kink Kontroversy

キンキー・サウンドを確立させたといわれる初期の名作サ-ド・アルバム。20歳前後とは思えない余裕と絶妙のコンビネーションが生み出す、大人も黙る一枚。ミルク・カウ・ブルース最高!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nXabdv

 

③ KINKS/Face To Face

ジャケのデザインもとてもいい雰囲気です。のっけからノリノリ、イケイケのサウンド。ビート時代から一歩前へ進んだ作品といえます。名曲、サニー・アフターヌーン収録。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pt4aFz

 

④ KINKS/Preservation Act 2

レイ・デイヴィスがメンバーそっちのけで、自分の世界にどっぷりとつかった問題作。ヴィレッジ・グリーンの続編といわれる、プリザヴェーション1のさらに続編。まるでソロアルバムのような彼のファンにはたまらない作品。USオリジナル、2枚組。

商品詳細→ http://bit.ly/2oj0K49

 

⑤ KINKS/Live At The Kelvin Hall

殆どが当時の演奏で収録された貴重なライブ盤です。この頃の常套手段であった(?)後から歓声をかぶせる手法ですが、ズラリと並ぶ60年代のキンクスの往年の名曲に、聴いているうちに一緒にこんな歓声をあげているハズ!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ptkd6d

 

⑥ KINKS/Something Else By Kinks

Face To Face に続く5作目。完全にキンキーサウンドも完成。絶対に力が入りすぎていないのにず胸に甘酸っぱく響いてくる名作。ジャケも内容もベリー・キンクス。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nXhrGu

 

⑦ KINKS/Arthur or the Decline and Fall of the British Empire

アーサーもしくは大英帝国の衰退並びに滅亡、というなんとも直訳の長い邦題がついた中期のトータル・コンセプトな傑作。個人的には実はこれが一番好きです。軽快でいながら軽薄にはならない、まさに彼らの真骨頂。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oGX3YO

 

⑧ KINKS/Lola vs Powerman

ローラ収録。くぅ~~、これもいい! この曲はベスト盤等にも収録されていたり、シングルも出てたりしますが、このアルバムの中でゲットバックインラインからの流れで聴くとワインのマリアージュのような良さが魅力3倍になる至福の時間。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oQBMwl

 

⑨ KINKS/Muswell Hillbillies

このパブの雰囲気。どうしようもなくイギリス。ぬるくなっても美味しく飲めるビール片手に何時間でもぺちゃくちゃダベっていた本当にいい時代。いい時代のいい音楽ここにあり。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oQybyd

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 ストーンズやベビー・メタルもいいけどね!ノリノリのライヴ盤特集

最近のホットな話題と言えば、ストーンズがキューバ公演!すごいですね~、本当に。更にベビー・メタルは、ウェンブリーで単独公演!!国内でもエリック・クラプトンに、ボブ・ディランと、大物ミュージシャンの来日も続きますし、更には、夏のロック・フェスにの参加するミュージシャンも続々と発表になっていたりして、こうなると、聴きたくなるのはライブ盤!

ロックフェスを先取りというには早すぎるかな?ですが、株価も為替も不安定だしココは元気に、数多あるライブ盤の中でもノリノリのところで、テンション上げて参りましょう♪

① HUMBLE PIE/Rockin’ The Fillmore


まずはどうですか!このジャケのカッコ良さ!70年代英国ロックのライヴ・アルバムを代表する一枚。重戦車リズムが爆裂前進する中、フィルモア・イーストを揺るがす奇跡のシャウトがこだまする一世一代の名演をお聴きのがしなく!

・商品詳細→ http://bit.ly/1VRsCsv

 

② JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Band Of Gypsies


実はこの頃が一番凄い演奏していた!?とも言われています。契約消化のために出されたという話もあり、ジャケにはブライアン・ジョーンズも登場。これが問題で回収されるというハクも付いています。別ジャケのUK盤や仏盤もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1S7QKVe

 

③ KINKS/Live At The Kelvin Hall


60年代英国ロックのライヴといえばロンドンのパブやクラブでの小さな所のイメージもありますが、こちらは一味違う感じの会場感。とにかくもう黄色い歓声がスゴイ!この会場に潜り込みたい!?更にこの頃の名曲がズラリと並び、正に後世に残したいそんな一枚。モノラル盤で是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/25XwEV0

 

④ LED ZEPPELIN/The Song Remains The Same


「狂熱のライヴ」という邦題でずいぶん割を食ってしまった感はありますが、ゼップ初の公式ライヴ盤となります。映画で見てから買うと思い入れもヒトシオのアルバムでもありますね。天国への階段のこのソロに何人の若者が卒倒したことでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1T1L9js

 

⑤ MAGMA/Live

『プログレ』と聞くと、どうしても暗くて怖いイメージないですか?でもそこはフランス♪実力派ミュージシャンによるパフォーマンスはフュージョン感もあって大人っぽくむしろオシャレ。ユーロ・プログレのライブ盤では屈指の一枚です。オープニングの名曲から怒涛のエンディングまで一気に楽しめる傑作2枚組。

・商品詳細→ http://bit.ly/1oUtxeJ

 

⑥ MC5/Kick Out The Jams

とにかく破壊力抜群。デトロイトの衝撃。ハード・ロック・ファンにとってのキング牧師の演説!?モーター・シティ・ファイヴことMC5伝説のデビュー盤です。漲るパワーが聴衆をグングン引き込んでいくワクワク感もタップリで、聴くほどに、こちらも若返る!?スタミナドリンク的アルバム。ガッツが必要な日のお出かけ前に是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/1NmPf18

 

⑦ FREAK OUT/Life

知る人ぞ知るオーストリアのジャズ・ロック・バンドの熱気あふれる一枚。出だしで、お!なかなかやるな、くらいの余裕の気持ちで聴いていたのがいつのまにかめちゃ激しいジャズ・ロックの展開に。サックスが途中からハード・ロックな感じでどんどん引き込まれていきます。 ジャケもオシャレな大人のライブ盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/1qNRhmC

 

⑧ ROLLING STONES/Still Life (American Concert 1981)

この時期のストーンズは別物、という扱いもされがちですが、60年代の名曲をこのアレンジで聴かせてくれるところが凄いんです。当時のヒット曲が時代とアレンジを超えて見事に復活。ライヴ・パフォーマンスとしても白眉で、これを一番に持ってくるのは躊躇があってもやはり名作ライヴ。

・商品詳細→ http://bit.ly/1qNPNc1

 

⑨ V.A./Woodstock

先日のストーンズはキューバで50万人を集めそうですが、こちらは40万人を集めたとも言われています。ヒッピーカルチャーのピーク、ロック・フェスティバルの起源、これがなければ我々の人生そのものが変わっていたかもしれないという、ロック・ミュージックの関ヶ原です。解説不要の伝説。必携です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SwPCHS

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

KINKS/The Kink Kontroversy

個人的にはキンクスはは5月のバンドで、初夏に似合うと思うのですが、もう5月も後半!!そのキンクス3作目はキンキーサウンドの満載の一枚です。キンキーと言えば今や『近大マグロ』ですっかり有名になった近畿大学が、英語名称をKINDAI UNIVERSITY に変更するとか。キンキーだと具合が悪いようで。私は地名ですから近畿のままでいて欲しいかな。実際友人にはキンキーな卒業生もいますし!?近大関係各位に!そして初夏の週末はキンクスで♪

KINKS/The Kink Kontroversy (65 UK-PYE NPL18131) 商品詳細→ http://bit.ly/1r2WLYH

Kinks_KontroverseyKSL1418

 

KINKS – Face To Face

FBIとNSAが市民のメール動画等々の情報収集していた…って、さもありなんで、今更驚く程でもなかったのですが、それよりもIT各社の「知らなかった」というコメントの方が白々しいかな。便利さと個人情報は両立しない事も明確になってきました。やっぱり本当に重要な事はITを信用せず、Face to Faceです!雨はないけど「6月の雨」も入った黄金時代を迎えつつある時代のキンクスの名盤と共に楽しい週末を♪

KINKS/Face To Face (66 UK-PYE NSPL18149) 商品詳細 → http://bit.ly/10XGp58

KINKS – The Kinks Are the Village Green Preservation Society

安城市の小学生になりたいと思いませんでしたか?鳥山明さんが環境保護の漫画を安城市の小学生に無償提供!だそうで。「田園社会プロジェクト」なるNPO活動の一環とか。まさに『ヴィレッジ・グリーン・プリザベーション・ソサイアティ』!?キンクスみたいではないですか!5月の香りがすると聴きたくなる一枚でもあり、タイミングも完璧です。

KINKS/The Kinks Are the Village Green Preservation Society (68 UK-PYE NPL 18233) 商品詳細 → http://bit.ly/Z86wGx

鳥山明さんの件は:http://bit.ly/XVJYJt