【今週のお薦め】 真冬のプログレ特集!

最大寒波ですって!

名古屋でも昨日の夕方に降り始めた雪があっと言う間に数センチも積もってしまい、ワタシも夜にクルマで外出する予定だったのですが、さすがにそれもヤメにした次第です。皆さんの生活にも大きな影響がなければいいのですが…。

この30年ぶり?みたいな低温だそうですが、暑いのは南半球!真夏のオーストラリアの映像だけでもちょっと嬉しくなりますが、ご覧になっていますか?テニスのオーストラリアオープンです。韓国の鄭現選手の快進撃に、ダブルスのマクラクラン勉選手の日本初の快挙!!男女共にノーシードの選手が勝ち上がりとても面白い展開です。ポスト四天王をめぐる展開は70年代の音楽シーンさながら??

音楽もノーシードのバンドが名盤を残していたりも致しますネ。

暑いオーストラリアに刺激を受けて、無名であろうが四天王であろうが、聴く側を熱くさせてくれるワクワクのプログレの名盤で、寒波もぶっ飛ばしちゃいましょうーーー!!

① JULIAN’S TREATMENT/A Time Before This

アンダーグラウンドという言葉通り、暗黒の地下世界を思わせるオルガンの音と幽玄な女性ヴォーカルを中心に繰り広げられる一大ファンタジック作品の伝説的レア盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2tAa8E3

 

② KING CRIMSON/In The Wake Of Poseidon

「宮殿」より通ならこちら!?という、あらゆる部分で「含みや深み」が増した名品で、実は本作はチャート第4位という前作以上の成績を残していました。

・商品詳細→ http://bit.ly/2DAttgx

 

③ MARSUPILAMI/Arena

メジャー・バンドのような緻密に構築・整理された楽曲と確かな演奏力というのとは反対に、思い付きで出たとこ勝負!的な詰め込まれ方がマニアの心を揺さぶる快作。

・商品詳細→ http://bit.ly/1rk7yHG

④ MCDONALD AND GILES/Same

クリムゾンよりもこちらが好き!というファンも多いのではないでしょうか? 英国的なメロディと叙情性に特徴的な管。溜息が出るような枯れた深い味わいの名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2Dx2u4Q

 

⑤ PINK FLOYD/The Final Cut

今だからこそ再確認してみたい、ロジャー・ウォーターズ最後のフロイド作品。重い作品のテーマや他メンバーとの亀裂など、そのサウンドへの表れに思いを寄せながら。。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mUdqz1

 

⑥ RARE BIRD/As Your Mind Flies By

荘厳かつ劇的に展開する組曲”Flight”をはじめGraham Field(後のFIELDS)らのダブル・キーボードが活躍する、彼らの作品中最もシンフォニックな仕上りの逸品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2Bht4JW

 

⑦ SOFT MACHINE/Third

プログレ流派の中でも一味違う『カンタベリー』な世界を存分に味わえる名盤。流行りものであった「ロック」に高い音楽的素養や知性を持ち込んだその功績は偉大です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sQtmbs

 

⑧ VAN DER GRAAF GENERATOR/The Least We Can Do Is Wave To Each Other

音楽的には実質上のデビュー作品となる彼らの2nd。ピーター・ハミルの神的な表現力と才能が開花した、渋く通好みなプログレの代表的作品としてお勧めしたい傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2u2hIdO

 

⑨ YES/Yessongs

緻密な構築性とステージならではのダイナミズム、「こわれもの」「危機」など名作のリリース直後、一番脂の乗った時期の彼らの演奏がたっぷり楽しめる3枚組ライブ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2Dy5jlY

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】ロックがキラキラしています♬ EL&P特集!

早くも12月に入りました!!ご案内が前後しておりますが、HPには新着も追加しておりますので(コチラ)、またご一覧いただければと思いますが、今回入荷の中でのイチ押しは、EL&Pのソノシートです。イギリスの音楽雑誌NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)が、Brain Salad Surgeryのリリースを記念して73年11月10日号でグレッグ・レイクを特集、その付録として付属していたのがこちらのソノシート。珍しいのはその本紙の方?という、この本紙とソノシートが揃っています。(オマケンにUS盤のオリジナルもお付けしております!)

奇しくも、今日12月7日は、グレッグ・レイクの命日ですね。早くも一年。追悼やそうゆうのは得意ではありませんが、今回はこの機会にグレッグ・レイクの関連アルバムを集めてみました。もう説明不要の名盤ばかりではございますが、今一度是非。

しかし、このNME、グレッグ・レイクの特集も楽しいのですが、この本紙の記事もまた楽しいのです!!ライブ告知のページなんて本当に豪華絢爛!!改めて73年ってスゴイ!!と思う次第です。

12月になって街のイルミネーションもキラびやか、ロックがキラキラしていた時代の音楽で華やいでまいりましょう!

 

① EMERSON, LAKE & PALMER/‎Brain Salad Surgery

最高の演奏が最高の緊張感とともに真空パックされた驚くべき作品。オルガン・ロックの讃美歌A-1にて幕をあけると後はもう最後まで一気。疲れているときは厳しさすら感じます。迫力のジャケとともに怒涛の一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kjQ20g

 

② EL&P/Same

オルガン・ロックとして、いやブリティッシュ・プログレとしても名実ともに最高峰に位置する一枚。やっぱり「猪木のスリーパーは凄い!」ということを思い知らされる(!?)凡百のフォロワーが束になっても構わない世界最高のオルガン・ロック。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BGSLVB

 

③ EL&P/Tarkus

謎の怪獣タルカスの冒険を描く一大絵巻。現在ではここまでドラマティックな寓話をモチーフにしてしまうと鼻白んでしまって名前負けしそうですが、70年代という時代性も手伝ってか寓話の神秘性とサウンドの劇的感が異常な立体感を構築。これぞ二度と出ない誰にもまねのできない世界。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AJer5Y

 

④ EL&P/Pictures At An Exhibision

展覧会の絵、このイントロを聴いてプログレファンはドラムスのブレイクを想像してしまう!?そんな社会現象を引き起こしました。ジャケットはやや抑えめですが、残されたビデオも秀逸です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iLD8aT

 

⑤ THE NICE/The Thoughts Of Emerlist Davjack

このナイスこそEL&Pの前身と言えるのでは?ジャケットのかっこよさ、楽曲内容の良さから、ナイスはやはりこの作品が最高か。EL&Pの登場を予見させている感じすらします。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BxDUw9

 

⑥ REFUGEE/Same

厳密にいうとEL&Pとはもはや関係がないですが、ナイスの残党が参加しているという事で。ナイス系というよりもパトリックモラッツの劇的性が塊となって圧倒的に迫る名作。ジャケがマイナス?ですがマストアイテムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nv6EDF

 

⑦ KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

グレッグ・レイクということでこちらも紹介。フィリップ先生であることは間違いないですが、この作品の叙情性とウェット感は、グレッグ・レイクの歌声あってこそでしょう。そんな視点でたまに聴きなおしてみては?

・商品詳細→ http://bit.ly/2hlZYAi

 

⑧ KING CRIMSON/In The Wake Of Poseidon

グレッグ・レイク続きでこの2ndも。メロトロンの洪水の語源となった(!?)とでもいうような、メロトロン患者にとっての宝物でもあります♪ちなみにここではグレッグ・レイクはギター・プレイも披露しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/1J8RZSY

 

⑨ ATOMIC ROOSTER/Same

オルガン・ロックの裏最高峰です。キース・エマーソンとオルガンバトルをやったヴィンセント・クレインの湿り気たっぷりの暗闇のキーボードをカール・パーマーのドラムスがテクニカルに支える、何回聴いても飽きない作品。フルート・ミックスと呼ばれるギターレスバージョンで是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWw77T

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】怒ってますワタシ!?怒りジャケ特集ー♪

忖度とかもみ消しとか圧力7とか開き直りとか、政治家とか官僚とかもうメッチャクチャのグッタグタに見えて、いい加減、どうにかならないものかと、地味にコツコツやっている地方の小市民としては、腹立たしい事バッカです!!もうっちょっとみんな怒ったほうがいいんじゃないですか??

オマケにですね、あまり語りたくはないのですが、野球も…我が千葉ロッテマリーンズときたら。(以上あまり語りたくないです!)

と、個人的にもキゲンがあまりよくないこともありまして、怒り爆発!!怒ってます!ワタシ!!的ジャケのレコードを集めてみました。ジャケ以上に内容もパンチのあるものばかりでもありまして、いい音楽でスカッと!!そしてキゲンも直して参りましょう♪

① CLASH/Same

/

怒れる若者という言葉はもはや死語?それでもやっぱり怒りといえばパンク!プロデュースの甘さが原因でアメリカでも発売されなかったアルバム。粗削りですが、その分直線的な暴動感をむき出しにしているパンク全盛期の瞬間玉手箱!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2sdTrxi

 

② KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

これは怒りではなく驚き?でもありますが、モナリザ同様、名作は人によって感じ方が変わるのです!変幻自在のジャケに包まれたそのサウンドもジャケ以上に変幻自在な不朽の名作。マト2/2です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ MAGMA/Same

ユーロプログレ屈指の問題バンド、マグマの1st。自らを惑星マグマからの使者と名乗り、コバイアストーリーに基づく自らの言語コバイア語を操る謎の集団。内ジャケのデザインたるや売る気があるとは思えません。地球全体に襲いかかる記念すべき一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

④ LOL COXHILL/Ear Of Beholder

怒っている、というよりこういう表情の方なのかも!?ですが、お子様にはこの手の顔が一番怖いハズ。内容もジャケ通り真摯に音楽に向き合った鬼気迫る、魂のアヴァンギャルドなカンタベリージャズロックです。ケビン・エアーズも参加の傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ JUNIPHER GREENE/Communication

ややアニメっぽいジャケですが、屈指の北欧のヘヴィー・プログレです。かのノーベンバーをもなぎ倒すくらい!?複雑なリズムチェンジ、白い息を吐くがごとき寒そうなヴォーカル、かっこいい楽曲、よく伸びるギター。文句なしです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ METALLICA/Kill ‘em All

ジャケが怖いというよりも、ニュース見てるとこのタイトルを思い出す!?70年代ハードロックファンにとってはこのあたりはいつになっても最近のバンド呼ばわりですが、ここまでメタルを徹底したというところに敬意をもって。この後の飛躍を予感させるようなデビュー作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ OSANNA/L’uomo

ナポリ伝説のプログレバンド。その正体はベール(ペイント?)に隠され…でしたが、来日回数も多く今も現役!そしてこのアルバムはいまだに伝説。ベスビオ火山の噴火のごとくの怒れる(?)サウンド。このジャケのポーズをしながら「これ持ってる?」と聞いたりしたのものです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ PAN/same

相当怒っていないとココまで握れないと思いますが、この握りつぶせ!のジャケが印象的なデンマークのプログレ。オルガンあり、アコースティック秋枯れありで曲構成も実によく練られた美しい作品。ノーマークな方いらっしゃるのでは?ジャケ違いの再発とはジャケが違いすぎるオリジナルです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ PATTO/Same

変形ジャケの2ndが有名ですが、爆発力ではこの1st。ジャケも怒ってます!冒頭で何気なく曲が始まるのはまるで平田オリザの演劇のようで、エンディングはストレイドッグの例の曲に比肩するくらいの凄み。パトゥはラップと仰る方がいますが、本当にこの時代の人を本気にさせたヤバイ!と痛感する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】何度聴いても良い物は良い!「初めてのロック!」イギリス編

英国ではアナログの売上がデジタルを上回り、今年のクリスマスプレゼントにもアナログが選ばれているとか!すごい♪

ココ日本でも、アナログ初めてブックシリーズに続く、ステレオサウンドさんの別冊『My Record Style』が発売になりますね。アナログのある暮らしの提案?アナログを聴かれる方が増えているような…。当店も広告を掲載して頂いてた事もございまして、今回はズバリ70年代ロックの定番!!

最近アナログを聴き始めた方はもとより、CDから久しぶりにアナログに復帰組の方には改めてレコードで聴き直していただきたい、更に身近過ぎて実はお持ちでないという、ベテラン・コレクターの方も多いのがこの辺りかも!?百花繚乱の60年後半から70年代のロックは一度はアナログでお試し頂きたいものばかりでもあります。

アナログを聴かれている方へのクリスマス・プレゼントにするにも絶対外さない逸品ばかりです。ディープなアナログの世界、一緒に堪能いたしましょう!

 

① ELTON JOHN/Same

まごうことなき名曲”Your Song”を収録したエルトンの出世作で、彼の中で何をといわれればコレ。ジャンルや世代をを超えた一家に1枚の名作といえるでしょう。イギリス盤のジャケットの質感も合わせて楽しんでください!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gt0hrn

 

② EL&P/Pictures At An Exhibition

これが本当にライブ録音なのか!!という完璧かつ脂の乗った演奏を聴かせるバンド最高潮の時期の名盤。英国盤の激烈な音で楽しんでいただきたい1枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRNW0Z

 

③ JETHRO TULL/Living In The Past

初心者には渋すぎる? いえいえ、聴けば聴くほど味の出るスルメのようなバンド。そんな彼らの初期を総括する作品がこれ。これをきっかけにどんどん英国の深みにはまっていきましょう!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRIeMv

④ DAVID BOWIE/Ziggy Stardust

未だに生存説も囁かれておりますが、世代を超えて世界一セクシーな男性ミュージシャンと断言してもいいでしょう!出世作でもあり、『グラムロック』というジャンルの確立の一つにもなった名盤です。UKオリジナルで是非♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2hFqF2u

 

⑤ KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

これを名作と言わずして何を名作という!?という極めつけの1枚。プロ・アマを問わず、文字通り全てのプレーヤー、リスナーの墓碑銘となる名作中の名作。アナログで聴かずして何とする!!??マト違いの2/33/3、レアなコーディングジャケのドイツ盤もございます♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2hlZYAi

 

⑥ PINK FLOYD/The Wall

プログレ四天王の一角ピンクフロイドも何を最高作とするかは意見の分かれるところですが、リリース時に注目を浴びたといえば、これも頂点の1枚と言えるのではないでしょうか?遅かれ早かれ聴かなければならない名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm3s8O

 

⑦ PROCOL HARUM/Same

音楽好きならば絶対外せない名曲「青い影」が収録されているデビュー作のアメリカ盤。英国盤には収録されていないので要注意です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1WzaaX2

 

⑧ THE WHO/Tommy

コンセプト・アルバム、はたまたロック・オペラという肩書きがついているので、初めての方は思わず引いてしまうかも知れませんが、難しいことはさておいて「普通のロック」として聴いても「何てカッコいいの!」と思える1枚だと思いますよ!
・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

⑨ YES/Close To The Edge

デビューから作品を重ねるごとにグレートになっていったイエスの頂点が本作。「ロック界究極のバンド・アンサンブル」が楽しめるロック超大作です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gsRbel

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】 夏はアイランドリゾートでバカンス? 島レーベル特集♪

お盆のお休みは楽しくお過ごしでしょうか?

夏休みと言えばリゾートでバカンス!リゾートへの旅行と言えば、リゾート・アイランド!アジアですか?南太平洋もいいですけど、沖縄や国内の離島も。そして、イギリスにもございますよ~!という
ということで今回はリゾート・アイランドを思い起こす(?)、英国アイランド、島レーベルを集めてみました。

アイランド・レーベルは元々ジャマイカの音楽を紹介する目的で設立されたそうで、レゲエのリリースも沢山ありますが、ここは当店ならではのセレクトで。南の島にお出掛けの予定がない方も、波打ち際でリラックスしている気分でグッド・ミュージックを是非♪

 

 

① FAIRPORT CONVENTION/Tour Sampler

ツアーを前にラジオ局向けと、抽選によって選ばれたファンにのみ配布されたという、限定リリースのレアな一枚。彼らの代表作が収録されたベスト的な選曲と曲順!ファンは必携の一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bfR6sz

 

② FREE/Free Live

いつ聴いてもこの10代の若者たちには驚かされてばかりです。まさに火花散るとてつもないインタープレイがリラックスな島レーベルとは対象的な緊張感。切手貼付け変形封筒型ジャケの初回盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2boHfRX

 

③ JETHRO TULL/This Was

『日曜日の印象』と邦題もイカシた伝説のデビュー作。ブルースをベースとは言われますが美しい旋律はジャンルも年月も超越する名作です。初回ピンク”ⅰ”レーベル盤とレアなモノラル盤も在庫にあります。島レーベルも雰囲気が違っていてオツ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2aZanAY

 

④ KING CRIMSON/Lizard

中期の傑作。というか彼らの場合はこのあたりはどれも傑作で目が離せません。背表紙の文字が逆向きのジャケが初回盤です。レーベルの記載に誤りがあるちょっとレアな盤も在庫あります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2aSyiDE

 

⑤ ROXY MUSIC/Stranded

『暑い…』というつぶやきが聞こえそうなジャケで、夕べのワタシもこんな感じ!?(ウソです)そのBob Bowkettの連作でもある美女ジャケのインパクトにも負けない、セクシーでアートな3rdアルバム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bbX93i

 

⑥ KEVIN AYERS/June 1, 1974

ジョン・ケール、ニコ、イーノ、ハルソール…参加ミュージシャンを見ると確かに!ですが邦題は『悪魔の申し子たち~その歴史的集会より 』!ケヴィン・エアーズはご存知だったんでしょうか?ニコのパフォーマンスも際立つ名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2boJGUr

 

⑦ INCREDIBLE STRING BAND/Liquid Acrobat As Regards the Air

ここからアイランド・レーベルからのリリースになります。少し中世の雰囲気も漂うドリーミー・フォークの名作にも数えられる9作目です。このジャケはCDよりアルバムサイズでなくっちゃ!という一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bvN2FL

 

⑧ JOHN MARTYN/Inside Out

この方の作品は録音が良さゆえか単に音質が良いというのとは違う独特の音世界あって単にフォークに括るのは間違いですね、という、クールで洗練された都会的なサウンドの73年のアルバム。ジャケもユニーク!

・商品詳細→ http://bit.ly/2bDJ41G

 

⑨ SANDY DENNY/Who Knows Where The Time Goes?

単なるベスト盤ではありません。付属の写真集も豪華で、急逝した彼女の素晴らしさを記録に留めようとしかのようなジョー・ボイドとトレバー・ルーカスの思いがこもった渾身の4枚組。初回盤はアイランド・島レーベルから。

・商品詳細→ http://bit.ly/2aSxrmk

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】 再発ですが何か…?幻のアナログ・リイシュー特集!

先日ようやく名古屋エリアでも上映になりました映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」を見てきたのですが、もうね、痛快!ワタクシはこの謎の覆面アーティストの事も知らなかったのですが、アートとは誰のためのものなのか、、、なかなかパンチのある映画でございました。
・バンクシー→ http://www.banksy.co.uk/
・映画サイト→ http://www.uplink.co.jp/banksydoesny/

そんなバンクシーにあやかって(!?)、原盤原理主義に傾きつつある昨今に一石を!?という事で、オリジナルが幻と化しているレコードを再発で楽しんでみましょう♪

アナログ・レコードもオリジナルの希少性とか、帯やマトリクスに…と、諸々の付帯事項でお値段が大きく動いたりするのを日々実感している次第ですが、そもそもは『聴くものである!』という事も忘れずに♪ アナログ市場は活性化している模様ですが、ご紹介しているレコード以外にも、音質・仕様ともに凝ったアナログ再発が最近でもどんどんリリースもされております。未聴の音楽はこういった音源で楽しまれるのもお薦めです!

① ARZACHEL/Same


カンタベリーいちのレアー・アイテムで、今やオリジナルは現地辺りでも富裕層の間で取り合い(笑)のアンタッチャブルな1枚。S.ヒレッジ、D.スチュアートらの若き演奏が聴けるシーン発祥前の混沌的名作。
・商品詳細→ http://bit.ly/27R4lbB

 

② COMPLEX/The Way We Feel

90年代に巻き起こった「超レアUKプライベート盤ブーム」での筆頭的作品で、現在に及んでマニア間の人気が衰えないサイケ.ポップ・バンドの幻のセカンド・アルバム。
・商品詳細→ http://bit.ly/1qGoK1k

 

③ JEFF MOORE & FRIENDS/The Youngest Sun

加ドリーミー・サイケ・フォークのモンスター・アイテム。男女ヴォーカルと美しいメロディと演奏、全てが虚ろで体中を虚脱感が包みます。英米問わずプライベート・フォークのマニアなら必携の作品です。
絶対にCDで聴く音楽ではありません。

・商品詳細→ http://bit.ly/1syBrwt

 

④ FOREVER AMBER/Love Cycle

英国マイナー・サイケ・ポップ究極のアイテム。オリジナルは7桁ものというもはや宝石のようなアイテムです。聴けるだけでもありがたや!?
 

⑤ METAMOFOSI/Inferno

もう見る人が見たらイチコロなジャケットだけでも決まりですが(笑)、ELPをイタリアに持って行ってグチャグチャにしたような!?アングラ感溢れるイタリアン・シンフォの埋もれた逸品です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1s6wpr0

 

⑥ NICK GARRIE/The Nightmare Of J.B.Stanislas

英国の青年がフランスのみでリリースしていた幻作。美しく気品に満ちたサイケ・ポップで、まったりしたストリングスも絡むさりげなくも濃厚な味わいは、やはりフレンチのテイストが入ってますね。
・商品詳細→ http://bit.ly/1WLNjHU

 

⑦ THE SHAGGS/Shaggs’ Own Thing


神をも恐れぬアンチ・テクニカルなガールズ・ガレージ・バンド。ガレージという言葉自体が彼女らには全く意味をなさない、突き抜けて我が道を行く孤高のバンド。神作1stに続く2枚目がこちらです。アルコールなしで酔えます!?
・商品詳細→ http://bit.ly/1UaQCox

 

⑧ The Book Of AM

フレンチ・サイケ・フォークの超レアー・アイテムを思いっきりゴージャスな形で復刻した、類を見ないリイシュー。オリジナル以前の録音+分厚くカラーの本が一体化した完全版。既に完全廃盤で入手不可能です。

 

⑨  PEGGY’S LEG/Grinilla

アイルランドのプライベート・アイテムとしては内容ピカいちなプログレッシブ・ロックで、あちこちに叙情的なフォークのエッセンスも鏤められた名品。すでにこちらも入手困難です。お早めにどうぞ!ほとんどに盤曇りがあるのも再発ならでは!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1TIXQ4G

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】 アメリカ盤で聴くブリティッシュ・ロック特集!

先日UK盤で聴く80年代音楽が予想以上に大反響(!?)を呼びましたので、今回はその逆をいく(?)、ブリティッシュ・ロックをアメリカ盤で聴く特集です。

インターネットも発達している現在ではもう全く考えられないことですが、同じアーチストの作品が発売される国によって内容、曲目、ジャケットが違うというのは本当に面白い世界です。もちろん音質も違このアナログの世界!!どちらのプレスがお好みでしょうか?

アナログならではのこの楽しい世界、是非一度お試しください♪

 

① COLOSSEUM/The Grass Is Greener


名作ヴァレンタイン組曲の題名&曲目違いのアメリカ盤オリジナル。”The Glass is Greener”とはジャケの雰囲気をよく表しています。英米2枚必要というファン泣かせの作品。UK盤もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1lJMQSQ

 

② CREAM/Fresh Cream

ジャケにデカデカとタイトルが入っているのがアメリカ盤らしい!?ジャケが違うな~、では済まされないのが、UKには未収録の「I Feel Free」がこちらには収録されていてファン泣かせの一枚。UK盤もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Yt0ICC

 

③ DAVID BOWIE/Same

ここから50年活躍するとは…。本当にスーパースター!ジャケットのお姿も神々しい、伝説の1stアルバム。イギリス盤も激レアですが、こちらも負けないくらいレアなUSオリジナル盤です。しかもモノラル盤です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1XshC63

 

④ JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Are You Experienced


ジャケ違い、曲目違いのアメリカ盤。しかしどうですか、このサイケデリック臭ぷんぷんのジャケの素晴らしさは。レアな3色レーベル、モノラルUSオリジナル。 (UK盤もあります)

・商品詳細→ http://bit.ly/1gC6hy5

 

⑤ MARY HOPKIN/Earth Song Ocean Song

名曲がズラリと並んだ、名作2ndアルバム。音質も清楚なUK盤と暖かいUS盤といった感じですが、なんとなく暖かい手触りのテクスチャードのジャケも魅力です。(UK盤もあります)

・商品詳細→ http://bit.ly/1qlpMzz

 

⑥ MOTT THE HOOPLE/Same

分厚いだけなら普通のアメリカ盤ですがこちらはテクスチャージャケでイギリス盤とは違った質感がたまりません。さらにUK盤より図太い音でバンドの印象が変わってきます!しかもプロモ盤!(UK盤もあります)

・商品詳細→ http://bit.ly/1R2wJeU

 

⑦ PROCOL HARUM/Same

なんと!アメリカ盤にはちゃんと入ってます!!UK盤には収録されていなかった名作「青い影」。しかもこちらはステレオ盤です。US盤初回プレス現地のレアなポスター付きです。(UK盤もあります)

・商品詳細→ http://bit.ly/1WzaaX2

 

⑧ UNCLE DOG/Old Hat


あのデリバリーで圧倒的な存在感を見せたキャロル・グライムス姐さんがスワンピーなヴォーカルをたっぷ楽しませてくれます。スワンプを楽しむならUS盤!という方も。風味が少し変わります♪(UK盤もあります)

・商品詳細→ http://bit.ly/1XbPrb3

 

⑨  THE WHO/The Who Sings My Generation

ビッグ・ベンの前に行くと自然にこのポーズをとってしまう!?と言うジャケも素晴らしいUS盤。曲目も微妙に違っていてファンはどちら必携。モノラル盤です。(UK盤もあります。)

・商品詳細→ http://bit.ly/251Wlpm

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、