【今週のお薦め】 すみれ色のレコードで運気もアップ!?

2018年のカラーは『ウルトラバイオレット』だってご存知でしたか?

『色の権威』のパントン社が毎年発表しているトレンドカラーがあるそうですが、今年の色がそのウルトラヴァイオレット、すみれ色だそうです。独創的で想像力に溢れるスミレ色!なんだかロマンティックではありませんか?近未来や不思議な力、芸術的で個性的、この色のグッズがトレンドになるとも言われているそうです。

ならば!

聴くベシは、ウルトラバイオレットなレコードです。ハハ!プリンスのアルバムなら持っているだけで運気が上がりそうな気分さえしますね。当店にも、お勧めしたウルトラバイオレットなレコードがございますよ!どれも持っているだけで自信がつきそうなレコードです。きっと運気も上がって身体も元気になってしまうかも!?!?

さぁスミレ色のレコードを聴いて更にアゲアゲで参りましょう!!

① BRIAN AUGER, JULIE DRISCOLL & THE TRINITY/Open

オルガンロック、この時期にしか世に出なかった貴重な時代の産物です。ハモンドのこの響きはどうですか?ドアーズの味つけのオルガンとはまた一味違う、渋々の名演。本当にカッコいいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2EFZ3Wy

 

② DEEP PURPLE/Burn

ヒネリなしそのままど真ん中の深紫!!メンバーチェンジをした第2期メンバーの一発目でここまでの水準。これも時代の後押しか。ここで原点、真紫のジャケット!そしてパープルレーベル!!今や入手困難なUKオリジナル、Gramoリムで。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AVHvDt

 

③ HORSE/Same

馬のいななきと馬具のこすれる音。そんな荘厳かつ神格的なイントロで幕を明けるブリティッシュ・ハードロックのマイナー系の中では孤高の名盤ですね。コーマスのメンバーによるというジャケも近寄りがたい風格です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ECPTtE

④ IAN MATTHEWS/If You Saw Thro’ My Eye’s

紫の翳りのジャケがエレガント。ブリティッシュ・フォークのいいところを凝縮した逸品です。いつ聴いてもウットリするヴォーカルにバックの布陣も申し分なく、しかもヴァーティゴレーベルという気分上がらないわけがありません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D9hBBg

 

⑤ JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Smash Hits

ジミヘンの紫はパープルヘイズ♪ベスト盤は後になって発売されたものはどうしてもチープな感じがしてしまうのですが、この時代当時に出たものはベスト盤や編集盤まで質が違うから不思議。時代の香りってこんなに音に反映するのです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2mz6urT

 

⑥ QUEEN/Same

クイーン。安易なバンド名とグラム崩れの衣装のせいか、キワモノ扱いを受けていたとも言われますが、改めて聴けば後の大躍進を予見させる魅力満載の作品。デビューアルバムでよくここまで自分らのスタイルを確立しているなと改めて感服です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AWoOj2

 

⑦ YARDBIRDS/For Your Love

なんですか、この素晴らしいジャケットは。メンバーが映っているだけなのにカッコよすぎ。なぜジェフベックがオルガンを?という突っ込みは禁止ですよ!いろんなスタイルの名作を残していますが一番ヤードバズらしい作品かもしれません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2leAxlg

 

⑧ ZAKARRIAS/Same

幻の名盤、という名にふさわしい近寄りがたい雰囲気を醸し出しているジャケ。最初のベースのうねりで私を気絶に追い込んだデラム渾身の一撃。他には2枚とないオリジナリティあふれる内容は70年代ブリティッシュロックファンには長く語り継いでいかないといけない、深淵な森の最も奥にある一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2D1luF7

 

⑨ NEW TROLLS/Concerto Grosso Per.1

オーケストラとロックが融合した作品の中ではこれを超える作品はないでしょう。ジャケが普通すぎてだいぶ損をしていますが、もうとにかくA面。クラシック、ロックどちらの愛好家であっても息を飲む、世界最強の荘厳なリリシズムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2B0USlM

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

広告

【今週のお薦め】新着からの選りすぐり!レア盤特集♪

気が付けば10月がバタバタと過ぎてしまいまして、早くも11月が始まってしまいました。

今年は本当にアッと言う間に冬が来た感じで、秋はどこへ行った!?の気配ですが、ハロウィンも終わったら次のイベントはクリスマス?と、11月ともなると年賀状なんかもスタートですし、年末が見えてきて、また少し気忙しい感じですが、更に元気に参りましょう!!

月替わりということで、新着も少し追加しております。その新着から今回は所謂『レア盤』をトップページに集めてみました。ベテランコレクターの方にはお馴染み過ぎるものばかりではございますが、久し振りに、定番のレア盤もターンテーブルに乗せてみては如何?

音楽の秋のスタートでもあります。秋の夜長はステキなレコードと共に♪

① BEN/Same

コレクターズレーベルの中でも、レア盤で知られるヴァーティゴレーベルですが、その中でも更にレアな一枚です。ジャケは若干微妙ですが一度見たら忘れられないインパクト。内容はとてもクールなジャズロック。レア度も合せて大人のアナタにピッタリです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2h1Uobc

 

② BLACK SABBATH/Master Of Reality

昨今のイメージからキワモノ扱いされているブラックサバスも、ヴァーティゴレーベルの所属だったという事を鑑みればその音楽性や立ち位置も想像できますね。サウンドも暗くて重くて実にクール!変形ジャケでポスターも付いた完品です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2znNYuj

 

③ COMUS/First Utterance

独特の間合いと浮遊感で見事にひとつの世界を作りあげました。一聴しただけで耳にまとわりつくこのメロディはもうクセというより病みつきに。不思議なジャケもこの音楽を聴くとアリ!と納得。レアなインサート付。

・商品詳細→ http://bit.ly/2z2p6VZ

 

④ HORSE/Same 

昔からハードロックの古典として語り継がれてきた名盤。冒頭からの馬の嘶きとその疾走感に圧倒されますが、 情熱的で熱い演奏なのに、やけに冷ややかに感じるこのヴォーカルが、またカッチョイイんです!メタル要素も秘めた一枚。ロックファンなら必携です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2zaPQFQ

⑤ KILLING FLOOR/Out Of Uranus

見開きのスペースを目一杯に使ったジャケが時代をそのまま捉えてているようでもあり、まず心を捕まえらますが、アングラ感とサイケ感とプログレ感も孕んだ不思議なサウンドがもう最高です!後世に残すべき一つの芸術作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2z26U1l

 

⑥ LED ZEPPELIN/Four Symbols

このレコードからこの世界に入った人も多いことでしょう。よもやこの年になっても聴き続けているとは思いませんでしたが、イギリス盤オリジナルの音質には改めて衝撃。未だに中古レコードの売上チャートに入っている恐るべきアルバム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ykoZbd

 

⑦ PINK FLOYD/Dark Side Of The Moon

こちらも売れに売れたアルバム故『レア盤』とは申しませんが、この初回の水色のレーベルはコレクター心をどれだけくすぐり続けている事か!!ポスターにポストカードとオマケがまた魅惑。完品でお手元に是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/2lzpMzf

⑧ VELVET UNDERGROUND & NICO/Same

あまりに有名なジャケで、みなさんご存じの通り音楽だけでなくカルチャーとして世界に影響を与えた一枚ですね。はがせるバナナジャケのプレスの中でもいろんなバージョンがありますが、レアなUSステレオ盤のオリジナル、西海岸プレスです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ijBZTL

 

⑨ WENDY & BONNIE/Genesis

なんて素敵なジャケットでしょう。UKフォークにはない甘酸っぱさと青さが爽やかに軽やかに奏でられていく一陣の風に、聴けばいつもフレッシュな気分になります。USサイケフォークの名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2A6CzfF

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg