【今週のお薦め】木枯らしに舞うメールシンガー特集♪

先日、ウサクマレコードさんからお誘いを頂きまして、チェコのプログレバンド、ウジュ・ズマイ・ドマ(UZ JSME DOMA)のライブにお邪魔してきました! いわゆる『正統派プログレバンド』!曲も演奏も実にナイスで、プログレ好きのお友達と一緒に行ったのですが、私たち、思わず顔が笑っていました。美味しいものを食べた時って思わず顔が笑っている、っていうご経験もお持ちかと思いますが、あんな感じ♪

スピーカーから思いがけずいい音がしてきたり、好きな音楽がいい音で聴けたときも、思わず顔が笑っていたりするものですが、これが幸せ?ハハ。楽しい経験でした。事前のプロモーション不足だったそうでお客様の出足が悪かったのは残念でした。まだ国内ツアーが続く様ですので、お近くの方は是非♪ 詳細は→ http://www.uzjsmedoma.cz/en/concerts

寒いときはこういったちょっと熱めのプログレもお薦めですが、秋深し…ということで、冬になる前に、秋らしいステキなSSWを集めております。思わず笑顔にしてくれるいい音楽、アナログ、スピーカーでお聴きになるともっと顔が笑うかも!!

深まる秋も笑ってお過ごしくださいませー!

① BUZZ LINHART/Buzz

ブリティッシュ・マニアも唸らせるUS産SSW、何とかのアイズ・オブ・ブルーが大挙バックアップ!寒風吹きすさぶような演奏に乗せてバジーが熱く熱く歌います!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2iUASLc

 

② DOMENIC TROIANO/Dom

孤高のギタリスト、トロイアーノがジェイムズ・ギャング参加直前にリリースした1stソロ作。ギターは勿論、シンガー&ソングライターとして目を見張るような才能が伺えます!

・商品詳細→ http://bit.ly/2zI5PwY

 

③ DONOVAN/What’s Bin Did And What’s Bin Hid

英国が誇る吟遊SSWドノヴァンの処女作。このシンプルなフォークの世界から、ロックの世界にも大きな影響を与えていったところがディランと比較される所以でしょうか!

・商品詳細→ http://bit.ly/2Bi0ngp

 

④ EARL JORDAN/Jordan

誰ぞやこの黒人??と思いきや、かの英国マニア悶絶のGreen Bullfrog, Jodoのヴォーカルだった人ですといえば、思わず乗りださずにはいられないのではないでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/20TfdQ4

⑤ FRANKIE MILLER/Once In A Blue Moon

英国ブルーアイド・ソウル・シンガーの最高峰、F.ミラーのソロ・デビューは愛すべきバンド、ブリンズレー・シュワルツと一緒に作り上げた熱さとゆるさのブレンド加減が堪らない1枚です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1KoGoL2

 
⑥ GARY FARR/Strange Fruit

これほどこの時期にピッタリなアルバムはないのでは?秋から冬へ向かう時期に一押ししたいシンガーの名作。R.トンプソンとマイティ・ベイビーの名演が追い打ちをかけます!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2ztCOkj

 

⑦ THE HANS STAYMER BAND/Dig A Hole

外は寒いが火傷しそうなほど熱いシンガーがカナダにもいます。こんな凄い本家より濃いザ・バンドのカバーは聴いたことがない!と唸ってしまいます。真冬の薪ストーブ的名盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/1rOCnfL

 

⑧ HENRY McCULLOUGH/Mind Your Own Business

Grease Bnad~Spooky Tooth, Wingsなどを渡り歩いた英国スワンプの代表的ギタリストのデビュー・ソロ名作。こういうのを聴いて身体の芯から温まりましょ~!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hXtD4F

 

⑨ JOHN JONES/Collage

プログレ・バンドJonesy出身ながら、秋枯れの英国SSW然とした風合いを醸す埋もれた名作。ヘロンやコリン・ヘアなどが好きな人にオススメできる1枚です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2k6BAZC

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

【今週のお薦め】 秋を先取り!? SSW特集 Part 1

大暴れの台風10号でしたが、みなさんのエリアではいかがでしたか?大きな影響がなかったことをお祈りするばかりです。

名古屋では台風一過で昨日は透き通る青空に爽やかな風も吹き、このまま秋になるのか、いやなってほしい…という気持ちと裏腹に天気予報ではまたフツウに暑くなるらしく、、、。とはいえ今日で8月も終わりです。早く涼しくなってほしいという願いも込めて、今回は一歩秋を先取りして気分だけでも晩夏、初秋ということで秋にピッタリSSW特集、しかもなななんとその第1弾です~♫ (はたして第2弾はあるのか!?)

① AL JONES/Alun Ashworth Jones

透き通った涼しげな調べとともに、うっすらとたちこめるアシッド風味が絶妙な味わいを醸し出す英国フォークSSWの至宝。UKパーロフォン・オリジナル盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bcqFJI

 

② ANDY ROBERTS/Home Grown

Liverpool SceneからPlainsongなどを渡り歩いた英SSWアンディ・ロバーツの諸作の中でも一番レアなRCAからの1stソロ。歌だけでなくギターさばきも味わい深いです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bLh1JF

 

③ BARBARA KEITH/Same

近づく秋の足音を感じながらB-1を聴く、これで至福のひとときを過ごしていただきたい、米女性SSRの5指に入れたい名盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bcu4In

 

④ BILL HUGHES/Dream Master

AORかと軽く見られがちなアルバムですが、秋の夜長にもじっくりと楽しむことができる味わい深く上品なSSWの逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bBsVan

 

⑤ CHRISTOPHER KEARNEY/Same

秋の涼しい風を感じながら聴くA-1”Country Lady”は格別な味わいでしょう。カナディアンSSWの筆頭作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2berlsc

 

⑥ CHUCK AND MARY PERRIN/Album

気だるさと透明感とが絶妙で初秋の涼しい風を感じさせてくれる男女フォークの名作でポコラさんの本でも5ポイント獲得のレア盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2bzDazh

 

⑦ GERAINT JARMAN/Gobaith Mawr Y Ganrif

ウェールズのSSWで、Meic Stevensらと組んだBara Menynの元メンバーで、歌姫ヒーザー・ジョーンズの父君でもあったジェライントのレアな1stアルバム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2berQT7

 

⑧ HENRY McCULLOUGH/Hell Of A Record

元グリース・バンドのリーダーで、惜しくも先日亡くなってしまった英国スワンプSSW界の牽引者でもあった彼のドイツからのみのリリースのセカンド・アルバム。この軽さがまた渋い。。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bLhQlT

 

⑨ JEFFREY COMANOR/Same

B−2や4、5の穏やかさ、しっとり感は何となくセンチメンタルな秋にピッタリ。アーヴィング・エイゾフがイーグルスをつれて来た次作よりもこっちの方が秋向けです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2bj0OvI

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)