【今週のお薦め】目の愛護デー?メガネジャケのレコードで世界をよく見よう!特集♪

遅めの、また少々長めの夏休みを頂戴しておりまして、皆様にはいろいろとご迷惑をおかけしました。充電もバッチリですので、またエンジンを入れなおして、ハリキッテ参りたいと思います。

さて10月に入りまして、10月1日のメガネの日、続く10月10日は目の愛護デーということで、今回はメガネジェケを集めてみました。今回の解散には、ちょっと国民を馬鹿にしていない?っていう気もありまして、政治家先生方が、ふがいなく見えて仕方ないのですが、そんな中での選挙でもあります。しっかり目を大きく見開いて、ちゃんとした方を選んでいきたいものですが…。

遅くなりましたが、月替わりという事でホームページに新着も追加しておりますので、よろしければご一覧ください。

引き続きお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いいたします。

① ATLEE YEAGER/Plant Me Now And Dig Me Later a-112

カーボーイハット+ひげ面+グラサン(死語!?)。裏ジャケもナルシスト全開で、特徴あるクールなヴォーカルと疾走感あふれるHRチューンとのギャップがまた最高です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2xxxw9A

 

② BLODWYN PIG/Ahead Rings Out b-128

ヘッドフォンにくわえタバコそして鼻ピアスにまたまたグラサン!しかも豚ちゃん♪強烈なインパクトのジャケですが、サウンドは時代を象徴した実にクールなブラス・ロックです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xwqwdl

 

③ ELTON JOHN/Honky Chateau e-54

通算5枚目のソロ作で、いよいよ全盛期を迎えますが、誰が現在のエルトンを想像出来たでしょうか!?メガネはデビュー時よりかけ続けてこのスクエアのがお気に入りかな。

・商品詳細→ http://bit.ly/2fR6znm

 

④ ELVIS COSTELLO/My Aim Is True e-58

今や伝説のデビュー・アルバム。この方も殆どメガネをかけているようですが、作品を重ねるごとに高級に!?この時期はバディ・ホリーを意識していたのでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2fRW5E4

⑤ HENRY LOWTHER BAND/Child Song h-34

イアン・ペイスも同じ様なメガネをしていましたが、この時代のトレンドだったのか。フュージョンではない、こちらもクールなジャズ・ロック作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hzoS0o

 

⑥ JON LORD/Windows j-133

この方もサングラスのイメージが強いのですが、パープル時代のアルバムを遡っても80年代の再結成時からか。ソロ作も進取の気性に満ちています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wk1QAI

 

⑦ MICHAEL CHAPMAN/Pleasures Of The Street m-101

メガネ率の高さで言えばこの方も。初のライブ作でデビューから万遍なく選曲された内容です。ドイツのみのリリースというのが勿体無い!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2xFuXS6

⑧ RUSS BALLARD/Same r-149

アージェント時代からサングラスを着用していますね。他アーティストによるカバー曲も多い、稀代のメロディーメーカー。管楽器以外は本人が全て演奏している意欲作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2yHrDEN

 

⑨ SAVOY BROWN/Getting To The Point s-23

中古レコード店の店員か!?というこのジャケも強烈ですが、余程の黒人ブルース好きなのか、内容もそれを踏襲した本格的ブルース・ロック作。名作です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2yGqhtH

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

広告

【今週のお薦め】寒い時期だからこそ!クールなブリティッシュ・ジャズ・ロック特集!

新年快楽!

2月8日は旧暦のお正月ということで、皆さま改めまして、あけましておめでとうございます♪ 新年の滑り出しが順調でなくても、もう一回スタートを切り直せる感じもあって、この時期もまた少しウキウキしてしまいます!中華圏を中心に華やかなイベントも一杯で熱気もたっぷり!?

というわけで(?)、立春を過ぎてもまだまだ寒い時期ではありますが、あえて、ここはクールダウン!冷え冷えとした感触が魅力の英国ジャズロックをピックアップしてみました。内容はかなり熱めではございますが、近づいてまいりましたバレンタイン・デーのちょっと行き過ぎた熱気は、ヴァレンタイン組曲で冷ましてあげては如何でしょ!?

 

① ATLANTIC BRIDGE/Se

ビートルズのカバーはこういうアレンジもあるのかと納得させられる内容。ジャケットも秀逸のドーン・レーベルからの唯一のアルバム。唸る橋のジャケットもまた秀逸。国内盤もあります!
・商品詳細→ http://bit.ly/1rNQVHn

 

② LONDON JAZZ FOUR/An Elizabethan Song Book

アトランティック・ブリッジの前身バンドにあたる彼らの2枚目にしてラスト作。昨今、クラブ・シーンではマストアイテムだとか!?ジャケットに写る凛々しい女性は、なんとあのノーマ・ウィンストンさんです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1PdBzbJ

 

③ COLOSSEUM/Valentyne Suite

記念すべきヴァーティゴ・レーベルの1枚目。リーダーのジョン・ハイズマンをはじめ全メンバーがテクニック抜群で、兎に角、聴き手を熱くさせてくれる曲が満載。正に寒い時期にピッタリの内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1STmPky

 

④ HENRY LOWTHER BAND/Child Song

彼の唯一のリーダー作。これぞクール!って言葉が似合う、UKジャズ・ロックの真骨頂。ジャケのローサーさんの黄色い靴下もクールです!!

・商品詳細→ http://bit.ly/1BcNu5X

 

⑤ KEITH TIPPETT/Blueprint

ひんやり冷たさが漂って寒さが倍増の本作。聴いていると確実に部屋の温度が2度は下がります。ロバート・フィリップがプロデュースした内容は、インプロヴィゼーションにかける各メンバーの信念に脱帽します。
・商品詳細→ http://bit.ly/1mk1N1L

 

⑥ HENRY COW/Leg End

この時期、ジャケットにある厚手の靴下を履いたら気持ちイイ~そしてこのカンタベリー・サウンドを聴いたら更に気持ちイイ~モワーっとした音が夢見心地にさせてくれてイイ気分♪
・商品詳細→ http://bit.ly/20NJgu8

 

⑦ HUGH HOPPER/1984

ヴァン・ヘイレンより俺の方が先だ!と言いたげなタイトルですが、しかしその内容は、ミニマル・ミュージックを意識させてくれるフリーキーなジャズ・スタイル。ヴァン・ヘイレンも好きですが、こちらのほうがちょっとより高尚!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1SA6yTv

 

⑧ MIKE WESTBROOKS/Metropolis

彼の、そしてUKジャズ・ロックの金字塔的アルバム。ビック・バンドでの編成にロック的要素を織り込み、それでいてフリーキーな展開もあり且つ、ノーマ・ウインストンのスキャットを取り入れる。文句なし!

・商品詳細→ http://bit.ly/JdaqI8

 

⑨ TONY OXLEY/Ichnos

ジャケのこのドラム・セットは一体どうやって演奏するのか?そんなことを考えながらこのアルバムを聴いても、どう叩いてどう合わせたらあのような曲になるのか、更にナゾが増すばかり。そうしてフリー・インプロヴィゼーションの波に身も心もゆだねてみたい!
・商品詳細→ http://bit.ly/1PZEaTN

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、