【今週のお薦め】 祝!入学&入社!少年よロックを聴け!!デビューアルバム特集♪

年度末ですか?お忙しいですか??

そして、4月です! 新年度のスタートです。ピカピカの新入生、新入社員が初々しさが眩しい季節です。ワタシにもあんなカワイイ頃があったのかどうか、今となっては遠い昔ではありますが、ロックミュージシャンとて例外ではありません。どんな大御所でも、デビュー作は初々しくフレッシュなパワーに満ちています。

若く青くてはちきれんばかりおエネルギー満載のロックの名盤デビューアルバムを、人生の新しいスタートを切る新入生諸君にむけてのはなむけに。ベテラン社会人みなさんにはお馴染みすぎるアルバムですが、ぜひ一緒にあの頃の新鮮な気分を思い出し新年度も元気に参りましょう!!

少年よロックを聴け♪ ロックの名盤デビューアルバム特集です。

① AEROSMITH/Same

ドリームオンのラジオ局での放送をきっかけに売れたこのデビュー・アルバム。3rdアルバム発表後にドリームオンがもう一度売れて、このデビュー・アルバムもジャケ違いで再発。その時のジャケの方が有名かもしれませんが、オリジナルは裏ジャケミスクレジットのこちらです。ママキンなんかもう初々しくて青くて最高。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nZ96S8

 

② ATOMIC ROOSTER/Same

クレイジーワールドオブアーサーブラウンに在籍していたヴィンセント・クレインとカールパーマーらによるオルガンハードロックの先駆けといっていいのではないでしょうか。この1stアルバムの湿り気は他に類を見ないもので、雨の夜中に聴くと最高の瞬間を迎えることができます。実はこの1stテイクがふたつあり、初回はギターレス、そして2ndマトリックスからはギター入りです。マトリックスが解明されていない昔は開けてびっくりスナックのおまけ状態でした。絶対に必携の初回ギターレスをぜひ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWw77T

 

③ DEEP PURPLE/Shades Of Deep Purple

この若いリッチーはいつ見ても驚きです。ここからのヒット曲ハッシュばかりが有名ですが、実はビートルズのヘルプの隠れ名カバーが収録されているんです。初回プレスのこのイエローレーベルももはや幻。

・商品詳細→ http://bit.ly/2o87baF

 

④ CREAM/Fresh Cream

必ずしもメンバーにとってはこのバンドが初披露ではありませんが、伝説のトリオのデビュー・アルバムとしてはなんとも安直なタイトル・ナンバーではありませんか?これで内容もやわなら忘却の彼方でしたが、A-1に針を落とした瞬間にすべての人を黙らせる渋さとかっこよさ。若者トリオのデビューとはどうしても思えない驚愕が詰め込まれています。モノラル最高ですが、ステレオもまた違った魅力。

商品詳細→ http://bit.ly/1V3p3Qw

 

⑤ GIFT/Same

よく見るとだまし絵になってるジャケット。ディープ・パープルばりの2ndが人気ですが、年を重ねるとこちらですね。ドイツのぐしゃぐしゃ感の寸前で踏みとどまり、なんとも言えない立体的な暗さが構築されている、大人好みの傑作。激レア独オリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/1oSFNah

 

⑥ ROLLING STONES/Same

キューバで英雄のように迎えられたライヴが記憶に新しいですが、このデビューアルバムはなんともう53年前の作品。初々しい彼らの姿もさることながら、こんな昔のものがなぜここまで音がいいのか、いまだに解明されていない謎のひとつ。A-1のルート66からぶっ飛びのすごさ。UKオリジナルでぜひどうぞ。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWqczL

 

⑦ THE JAM/In The City

ネオ・モッズ。いまやモッズの60年代よりもずっと貴重な時期だったのかも?スタカン時代にファンをがっかりさせるほどのはじけるフレッシュさが時代空気と一緒に瞬間冷凍されたデビュー作は。UKオリジナル、クリームカスタムレーベルの初回一番搾りでぜひ聴いてもらいたいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nmeLRN

 

⑧ JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Are You Experienced

これでデビュー? すでに天才の風格が最初から漂っている、ロックギターアルバムの金字塔。ジャケットだってデビューだなんて誰も思わない。音楽というものは地上にある限り永遠に語り継がれる作品。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2n8QqLt

 

⑨ THE WHO/My Generation

ストーンズの1stと双璧をなす、60年代ブリティッシュ・ロックの金字塔。半世紀以上も前の混乱のロンドンで若者4名がいきおいで作ったほとばしる情熱とあふれんばかりの才能が詰め込まれた奇跡の一枚。すべてのロックミュージックの始祖鳥。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VXqCAD

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】なんでもあり!? ごった煮ジャーマン・ハード特集

ウィークリー特集の第2弾は、ジャーマン・ハードでございます!

豆乳とかトマトとか、カレーなんていうのもありますが、煮込まれた具材たちが、どうだ!とばかりいい仕事をしているのが『鍋料理』!!年末年始も暖かくて、全然お正月っぽい雰囲気ではありませんでしたが、これから少し寒くなるような予報もあり、ようやく登板機会が増えてきそうですが、今週フィーチャーしたいのは『ちゃんこ鍋』?いいえいえ、所謂『ごった煮アルバム』と呼ばれているアルバムです。要するになんでもアリの、美味しところをギュギュっと詰め込んで味わいも満点♪ 身体もあったまる(!?)ジャーマン・ハード。鍋料理と一緒に、如何でしょう??

① ABACUS / Everything You Need

ファーストばかりが注目されていますが、この3枚目もハードありプログレありそしてスワンプありのなんでも来い!的なバラエティに富んだ内容です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1PZjoIM

② CRAVINKEL / Same

ハードな曲とフォークタッチの曲が交互に登場する彼らの1枚目はイギリスに憧れてのサウンドを出しているつもりでも、結局のところ煮え切らない如何にもジャーマン・ロックの音に。好きもんにはたまりません!
・商品詳細→ http://bit.ly/1Odoizb

③ CREATIVE ROCK / Gorilla

男くさいヴォーカルにブラス・セクションが加わって、暑苦しくも賑やかなハード・ロックを展開。聴き終わった感触は、天下一品のこってり出汁を飲み干した気分!?
・商品詳細→ http://bit.ly/1GSqZzI

④ EPITAPH / Same

A1のハードな音で胸熱く、A2を聴いてこのバンド名の例の曲を思い出し、A3のジャッジーな展開に心躍らせれ、B1のフォーク・ロック的サウンドに癒されてラストB2のプログレ・ハードなサウンドでノックアウト!ホントなんでもありです。
・商品詳細→ http://bit.ly/1RweHrp

⑤ FRAME / Frame Of Mind

ハモンド・オルガンの音がアルバム全体に流れ、非常に心地よい気分にしてくれるが、プログレありハードありの、どっちつかずの中途半端さがジャーマンらしさを物語っている。勿論、褒め言葉!
・商品詳細→ http://bit.ly/1P2bE3l

⑥ FRUMPY / 2

なんと言ってもインガ・ランフさんのパワフルでハスキーなヴォーカルにイチコロ!そこにクラシカルなオルガン、ヘヴィで攻撃的なギター、骨太なリズム隊が組み込まれ、文句なしの傑作アルバム!!
・商品詳細→ http://bit.ly/1kZDQft

⑦ GIFT / Blue Apple

とてもドイツのバンドとは思えないくらい、メジャーなサウンドを繰り広げているこのセカンド・アルバム。曲も演奏も文句の付けどころがないほど素晴らしい内容。ハード・ロック・ファンならずとも、このアルバムは聴いてもらいたい。
・商品詳細→ http://bit.ly/1mPMNta

⑧ JERONIMO / Same

彼らの2枚目にして最高傑作!ブルース・ロックを昇華してのハードなサウンドはまさにリーフ・ハウンド級。オリジナルが激レアになってしまったが、この限定再発盤も今ではレア!
・商品詳細→ http://bit.ly/1OlZ2EU

⑨ KRAVETZ / Same

FRUMPYの鍵盤奏者のソロ・アルバム。そのFRUMPYのヴォーカリスト:インガ・ランフさんが参加したA1が秀逸!彼女の存在はホント計り知れません。その他もプログレッシヴなオルガン・ハードを満喫できます。
・商品詳細→ http://bit.ly/1OWRw9g

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

GIFT – Same Title

永遠の愛を願って恋人が南京錠を掛ける、そんなスポットの一つ、セーヌ川に掛かる橋が鍵の重みで壊れたとか。重くていいのはヘヴィ・ロックだけ!!ということで、そこに鍵を掛けてきた事で気に病んでしまいそうな恋人たちにもヘヴィめなドイツのロックで元気になって頂きましょう♪ブ厚いギターと重めのヴォーカルが特徴で、手を変え品を変えてカッチョよく展開します。南京錠が似合うのは甘いスポットよりハードロック!?ウフ。再発もあります。

GIFT/Same (72 GER-TELEFUNKEN SLE14 680-P) 商品詳細→ http://bit.ly/1oSFNah

(再発)
GIFT/Same (72 GER-SECOND BATTLE SB 011) 商品詳細→ http://bit.ly/SxlWmc

 

Gift_SameSSL3593

GIFT – Blue Apple

アップルが中国に謝罪したというニュースで双方の思惑も色々囁かれていて面白いのですが、こちらは「ブルー・アップル」です!これもちょっと『なんでやねん』と思わなくもないジャケですが、随分気温も上がってきて、気持ちのお天気なので爽快なロックを♪ ドイツのグループなのですが、あまりヘヴィー過ぎない感じが今の時期に似合いそうな一枚。おすすめです!

GIFT/Blue Apple (74 GER-NOVA SDL8002) 商品詳細→ http://bit.ly/14PnZpK