【今週のお薦め】納涼!怖~いジャケット特集 ♪

さてイヨイヨお盆のお休みに突入ということで、夏休みの計画は万全ですか??

夏の風物詩といえば『お化け屋敷』。昨今では恐怖のレベルもかなりのもと聞きますが、納涼度は抜群!?『ホラー映画』も素直に怖がることができたのに、ネットやYouTubeのせいで(?)ガチの怖い写真や映像が観れたりして、オカルト映画はもはやコメディか…と、これはどうかと思う所です。

さて、ガチで怖いといえばやっぱりジャーマンロック!?どうして、こうも怖い雰囲気が出せるのか、そしてこのジャケのセンスたるや!!そのサウンドの暗さ重さに大胆さもジャーマンロックならではのものがございます。

冷え冷えとクールなジャーマンロックで真夏も涼やかに!楽しい夏休みをお過ごしくださいね♪

① ELECTRIC MUD/Same

ジャーマン・プログレの最深部。ジャーマン・ヘヴィーのいいところをすべて凝縮したようなアルバムで、複雑でダークなリズム、恐ろしきオルガン、地を這うようなリフ、暗黒のギター、どれをとっても一級品。激レアです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mKYzp0

 

② EPSILON/Same

ジャケに頼りなさげに映るのは幽霊(?)内容はそんなジャケの頼りなさを吹き飛ばす70sハモンド炸裂の隠れた傑作。ここで聴かれるハモンドオルガンはまるで生き物の如くよく響き、よく泣き、よく歌います。オルガンロックファンには必携の作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2v630iX

 

③ LIED DES TEUFELS/same

そこらの(?)ジャーマン・ハードロック特集には掲載されないこのグループ、おかげで知名度も低いのですが、いやいややられます。卓越した演奏内容とアルバム全体が醸し出す独特の雰囲気。こういうのが眠っているから70年代ロックは侮れません。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eH29ya

 

④ ELOY/Same

ゴミ箱をあしらった変形ジャケの蓋をあけると…そこに恐怖!?キレキレの2nd、3rdもいいですが、粗削り原色塗りたくりのこのデビュー作、超濃厚な味噌をチューブから絞り出すようなオープニングのギターが入る瞬間はどうですか。HRファンであってヨカッタと思える瞬間です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Tc2o5h

 

⑤ OUT OF FOCUS/Same

ジャケ、怖いです。でも内容はジャケ程怖くなく(!?) 崇高でテクニカル。特にベースの響きが非常にアーバンな感じでジャズっぽい大人の味も漂わせています。年とってもターンテーブルに乗る機会の多いアルバム。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4fNzj

 

⑥ RANDY PIE/Same

いわゆるジャーマンヘヴィロックとは一線を画す一言では言い表せないグループ。テクニカルな演奏に若干ファンキー風味が加わり、ドイツのテクニカルを維持したまま肩に力を入れずに聴けるアルバム。ジャケは心霊写真っぽいワケですが…ちっとも怖くない??

・商品詳細→ http://bit.ly/1UdJFW3

 

⑦ SCORPIONS/Lonesome Crow

ご存知マイケル・シェンカー初登場かつ、このバンドに参加した唯一作。このジャケから想像したイントロと若干違うくね、と思ったのもつかの間、あっという間に闇の中に引きずりこまれ、奥へ奥へ進んだ向こうからこの世のものとは思えぬギターが荘厳に奏でる奇跡のような作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/1n79Bgd

⑧ THIRSTY MOON/Same

ジャケは怖いというよりむしろ美しいというか。ジャーマン・ロックながら極端なドイツではなく適度な闇夜感、そしてヴォーカルがめたもメタモルフォルシに似ているせいかイタリアっぽい印象も受けます。恐怖感は少ないものの、闇夜。サックスが入ったり疾走があった。れまでのノーマークが悔やまれます!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2vqbZLe

 

⑨ VINEGAR/Same

ジャーマン・ロックきってのレア盤の一枚。このジャケよく見るとひとりだけ怖い人が…!?まあそんな話はさておき、その辺のB級とは違ってこれは奥が深いです。まるで後期の東尾の投球のようで速球だけでなくてもこんなに三振がとれるんだ、という典型のような作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/1lUdhkK

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】再発ですが何か?…激レア盤の再発特集!(その2)

寒中お見舞い申し上げます!寒いです!!雪は如何でしょうか?日常生活に影響のない程度にしてもらいたいものですが…。

かのピンクフロイドも昨年から『アナログ復刻プロジェクト』などやっておりますし、2月にはジョージ・ハリスンのLPボックスもリリースだそうですが、再発市場も活発な模様!『初アナログ化』という言葉を初めて聞いたのは去年の夏でしたか。CDのみのリリースのアナログ化が進んでいるそうで、『初CD化』で喜んでいるのも昔話となるのかどうか。

これまでは『CD化がされているか』が一つのチェックポイントでしたが、最近ではレア盤のアナログ再発や発掘盤のアナログリリースも進んでいおりまして、これもまた楽しい限り♪ 私どもの在庫にもそういった『激レア盤』の再発もございます♪  以前にも一度取上げておりますが、お薦めしたいのが沢山ありまして実質は2回目の特集です!(第1回目はコチラ→ http://wp.me/p2OYgh-1k9 )

 

① ART BOYS COLLECTION/Stoned Wall

知る人も知らない、本当に知っている人のみぞ知る、オーストラリアのビート・サイケの傑作。ブリティッシュビートとサイケをも彷彿とさせるなかなかの内容です。歌メロもよくて60年代のスゥインギングな香りもたっぷり。

・商品詳細→ http://bit.ly/1vkLaqJ

 

② DA GAMBA/Feather

69年代アメリカのガレージ・ロック・バンドの唯一作。くすんだ感じがアメリカの当時の映画の殺しの後の砂漠のドライヴのバックでかかっていそうな感じで、雰囲気はもう抜群です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jXgGdq

 

③ DE DE LIND/Io Non So Da Dove Vengo E Non So Dove Mai Andro, Uomo E’ Il Nome Che Mi Han Dato

伊ヘヴィー・プログレのレア・アイテム。売る気があるのか?という長いタイトルですが、フルートやらなんやら必要なものはすべて入っていて、イタリア・ファンは必携です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2jMrBEm

 

④ DELIRIUM/III

イタリアのプログレの中でも最も濃い部分に位置する最もレアな3rd。1stがお好きな方には3枚ともにお薦めです。時期が進むにつれ完成度も上がります。どちらかと言えば地味なジャケですが、お値段は派手!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2kmI45p

(1st) DELIRIUM/Dolce Acqua → http://bit.ly/1omJvPg
(2nd)DELIRIUM/Lo Scemo E Il Villaggio → http://bit.ly/1izOoQt

 
 

⑤ DR.Z/Three Parts To My Soul

レアすぎてかえって有名になってしまったという珍しいケースですが、オリジナルは本当にレアです。内容はというと・・これがみんなが欲しがるだけあるなぁ~という感じなんですよね。メジャー系には絶対に出せないアングラならではの魅力満載。

・商品詳細→ http://bit.ly/2j9akU7

 

⑥ ELLISON/Same

カナディアン・ハードのトップクラスとの評価もあるソリッドなハードロックアルバムです。68年頃から73年までの活動期間中にアルバムは一枚を残しただけですが、このオリジナルがまたレア!ブラック・サバスを彷彿とさせるダークな感じがたまらない魅力です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iZOdnB

 

⑦ THE ELECTRIC TOILET/In The Hands Of Karma

既にハンス・ポコラのRCD1001で登場を果たし、お皿4枚を獲得している、USロックきってのレア盤の一つですね。けだるいヒッピー・ブルース感でハマるといつまでも聴いていたくなる中毒性も!?再発の音質がまた雰囲気を作っています!

・商品詳細→ http://bit.ly/2kmBL1B

 

⑧ ELIAS HULK/Unchained

ヤング・ブラッドレーベルのオリジナルは激レアですが、とにかくジャケが怖いんですよね…。(ご参考までにコチラ)。再発盤はUKロックっぽいシャレたジャケになった再発盤。オリジナルとは曲順違いというのもまた再発の醍醐味です。ダークでヘヴィでUKプログレファンには外せない一枚!

・商品詳細→ http://bit.ly/1mnaw1G

 

⑨ ELOY/Same

ドイツのハードロックの名グループの多くは、せいぜい2枚ほどアルバムを発表して力尽きるというパターンが多いのですが、エロイは息が長かったですね。中でもこの(ちょっと趣味の悪い)変形ジャケの1stは特にレア。内容はお墨付き。再発も変形ジャケでお値段も上昇中です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2js1Bgy

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg