【今週のお薦め】残暑に聴くベし!?熱い熱いハードロック特集!

愛知県の豊田市美術館で開催中の奈良美智さんの展覧会に行ってきました。作品についはワタクシなどが語るものではないのですが、凄かったのは作家が影響をうけたものとして、展示してあるレコードジャケット!うわぁ~っ!!!と声を出してしまう程のマニアックなコレクションは見ていて本当に楽しかったです。機会があれば皆さんも是非。

そして、その展覧会に行ったのは先週のことでしたが、展覧会に暑くなり、外の暑さでクラクラするくらいの、この夏一番?と思うくらいの暑い日でした。お盆も開けたというのに、ここにきて本気の暑さがきたような…!?

この残暑を乗り越えるには、更に熱めのハードロック!関東地方は荒れ模様のお天気のようでもありますが、8月も終わりとはいえ、まだまだ残暑は続きそうです。熱いハードロックで、気合を入れなおし、残暑もぶっ飛ばして参りましょう!

 

① ALAMO/Same

暴れまくるギター、切れ味鋭いリズムをバックに野性味あふれる男気ヴォーカルが歌い上げる、メロディアスなUSハード隠れた傑作。なんてことのない見逃しがちな普通のジャケに包まれた煌きの一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ghJblO

② ATLANTIDE/Francesco Ti Ricordi

ドイツからリリースされたイタリアン・ヘヴィの唯一の作品。ど迫力のヘヴィ・ロックサウンドは、この残暑にぴったり!汗だく必死の内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLvHGa

③ BLUE CHEER/Vincebus Eruptum

どんな季節に聴いても「サマータイム・ブルース」だけど、やはりこの残暑の時期が一番ぴったりなのでは??聴いているうちに熱中症になった時はA3「ドクター・プリーズ」ですからね?

・商品詳細→ http://bit.ly/2iCdULt

④ CHICKEN SHACK/Imagination Lady

今までのブルース・ロックとは全く異なるハードでヘヴィなサウンドに大変身! トリオ編成、特にリズム隊が強化されメリハリだらけの攻撃的な内容へ??これは熱くなりますわ?

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqLW8S

⑤ FAMILY/Music In A Doll’s House

ロジャー・チャップマンの声は聴いているだけで汗がにじみ出て、もうエアコン無しでは続けて聴くことができない、電気代が高くつくなんぎな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLXSF3

⑥ GRANMAX/Kiss Heaven Goodbye

そろそろ学園祭の練習に熱が入る時期でもありますが、この彼らのジャケットの様な暑過ぎるステージングを学ぶのも、一つの方法かと。メンバー一緒に汗だくで練習しましょう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wCgbfe

⑦ IRON MAIDEN/Same

明らかに70年代とは何かが違うこのヘヴィな音は、新しい時代が来たことを予感させてくれるパイオニア的な1枚!スティーヴ・ハリスの時代の読みはいつも斬新で素晴らしい??

・商品詳細→ http://bit.ly/2xFy9KO

⑧ LED ZEPPELIN/Presence

彼らのアルバムの中でも、とりわけ徹頭徹尾ハードなサウンドでまとめた作品。「アキレス・ラスト・スタンド」の “えっ??まだ続くの”感は、毎回聴いても手に汗握る緊張感があります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqu0ee

⑨ STATUS QUO/Piledriver

本国イギリスでは今でも絶大な人気を持つ彼らの最も脂の乗った時期の1枚。彼らの奏でるブギーの熱さたるや、まだまだ猛暑を感じさせてくれます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLw4k3

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)

広告

【今週のお薦め】春を先取り!?春の気配満載のアルバム♪

春を感じるキーワードは多々ございますが、ワタシの場合は「オープン戦」だったりするわけでして、いい感じじゃないの、我が千葉ロッテ♪ 名古屋に来てから観戦の機会が激減で心もとない限りですが、ワタシも欲しい…開幕戦プレゼント!!、、、と、オープン戦だけでも春気分が盛り上がって参ります!?いつの間にか始まっていたWBCもいいのですが、やっぱり楽しみなのは開幕戦かな。ふふふ。

冬眠から目覚める、植物の芽も出てくる…少し暖かくなっただけでウキウキするのは生物的な本能でしょうか!?ウキウキした気持ちを更に盛り上げてくれそうな、春っぽいアルバムで、一足お先に春モードのスイッチ・オンです♫

 

① BLUE CHEER/Outside Inside

春ののどかな風景を彷彿とさせるジャケ。その実、中身はヘヴィーこの上ないサウンドで、まさにアウトサイド・インサイド。ジャケと中身が同じ1stに対して、こちらはジャケ買いでぶっ飛んだ人も多いはず。初期2枚は甲乙つけがたし。レアなUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/22w6hm7

 

② BOTHY BAND/Old Hag You Have Killed Me

アイルランドを代表するトラッドフォークの名グループによる名盤。ジャケの雰囲気も良く軽快なアイリッシュトラッドは気分まで軽快にしてくれて、暖かい春の午後、屋外で聴いてたりしたら、もうこの時間は終わらないでいてほしい!という気分になること間違いなしです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2lvf6kQ

 

③ DOLPHIN/Goodbye

イルカが舞い踊るファンタジックなジャケットからは甘いプログレかはたまたへヴぃ・ロックなんかではあるまいか!?と想像を掻き立てますが、セッションミューjyサンによる都会的な洗練されたAORかブルーアイド・ソウルかというサウンドで耳にの気分にも優しく響きます。春先のお出かけのお供にも!

・商品詳細→ http://bit.ly/2maao8Z

 

④ ETERNIDAD/Apertura

アルゼンチン屈指の名盤。まさに春らしい暖かみの感じるジャケですが、内容はシンフォニックな美しいプログレですが、どこか素朴で明るい感じもあって、欧州のプログレとは一味違うところが魅力です。レアなアルゼンチンオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/1nMVZvL

 

⑤ HAIZEA/Same

バンド名は風という意味だとか。春風のようなやわらかいことサウンドはまさに春の休日の午後にお勧めしたい!そんな春風をバックにアマイア・スピリアの天上の歌声が舞い降りるバスクフォーク屈指の名作。ジャケットも最高です。

商品詳細→ http://bit.ly/1oPEObK

⑥ ROGER BUNN/Piece Of Mind

ピート・ブラウンのバンドに参加していたギタリストによるソロ作。怪しくアングラっぽく、緊張と弛緩のバランスも絶妙。ステキなジャケットアートとともに少し酩酊した春の宵には抜群ではないでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2lREMUF

 

⑦ LIFE/Spring

まさに春っぽさ満点のどかな風景からは想像もつかないような内容の濃いジャーマンロックの傑作です。プログレ、サイケ、ハードロックの要素が混然一体となって迫りくる、そのいきおい一発!が無類のかっこよさにもつながった稀有な一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2mdonfZ

 

⑧ SIMON & GARFUNKEL/The Concert In Central Park

うん?コーナー間違ってない?…いえいえ。S&Gの名作は数多くあれど、50万人が集まったといわれる記念すべきやっぱりこのコンサート!夜風に吹かれてたなびくアコースティックの響きが最高。名曲「4月になれば彼女は」もあり春特集にランクインです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2msh8RP

 

⑨ SAINT JUST/La Casa Del Lago

美しく甘く狂おしい花の匂いすら音から感じることができる、かのアラン・ソレンティの妹ジェーン・ソレンティの妖艶な歌声とプログレッシヴなサウンドは、気分も狂う春の気配満載なんです。イタリアらしい耽美的な美しさにあふれた名作。激レアなイタリアオリジナルです!

・商品詳細→ http://bit.ly/1To2XYk

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】 イギリス盤で聴くUSロック特集 その1!

伊勢志摩サミットも終わり、6月がスタートです。これから日本は本格的な梅雨。ローランギャロスでも珍しく雨による中断が続いているようで、雨でペースを崩しちゃったかの錦織選手の敗退もとても残念でした!コートが雨でウエットになり、どの選手も雨に翻弄されているとか。

そんな、じめじめしたウェットな気候は想像するだけでちょっと気が滅入りますが、ウェットはウェットでも音のウェットは大歓迎!?ということで、ウェットなだけでなく、音や楽器の分離感が格別!というイギリス盤の音がお好きな方も多いようです。そんなイギリス盤でアメリカン・ロックの名盤を聴く!というのも実はなかなかオツかも!

しっとり目の音で、雨のシーズンもゴキゲンに参りましょう!

① ALLMAN BROTHERS BAND/Same

『ハード・ロック』という扱いをするのはどうかと思うのですが、実はかなりヘヴィー。US盤には工場違いが多々ありまして、これを揃えるとなれば大変ですが、イギリス盤はコレ一枚で十分かな。音質も良好でお薦めです。
・商品詳細→ http://bit.ly/1TIhMky

 

② BLUE CHEER/Outside Inside

1stのジャケットのインパクトがあまりに強すぎるので、みんなそっちばっかですが、内容はこの2ndはまったく1stに負けてません。なんともいえないジャケがまた魅力で、その上イギリス盤はコーティングです。
・商品詳細→ http://bit.ly/22w6hm7

 

③ CROSBY STILLS NASH & YOUNG/Deja Vu


コーラス・ハーモニーといいギターサウンドといい、繊細さがウリのレコードはイギリス盤の音も似あうような気がしますが、こちらもその一つ。音の分離感や高音の抜け感が心地よかったりします。テクスチャードのジャケットで雰囲気も抜群。

・商品詳細→ http://bit.ly/1sJaK8r

 

④ THE DOORS/Waiting For The Sun

前2作が輝きすぎるせいか、少し評価が低いのがきになりますが、不朽の名曲”Hello, I Love You”を含むこちらもドアーズの説明不要の名作です。ジャケも最高です。US盤とは違った繊細さ漂うドアーズをUK盤で是非。
・商品詳細→ http://bit.ly/1TIh6vK

 

⑤  IRON BUTTERFLY/Ball

イン・ア・ガダダ・ヴィダばかりが有名ですが、本当のファンはこれでしょうか!?オルガン・ロックの雰囲気を保ちつつチープにならない傑作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/25xLD6J

 

⑥ KANSAS/Same

アメリカン・プログレのパイオニアかつ今も現役、カンサスの記念すべきデビューアルバム。ツイン・ギター、ツイン・ヴォーカルにこのサウンドは、UK盤の出番かも。4作目『Leftoverture』もUK盤で入荷しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Y1gI0w

 

⑦ MOTHERS OF INVENTION/Freak Out!

アメリカのアーサー・ブラウン(逆か!?)フランク・ザッパ先生の金字塔。黙る子も黙るUK盤でこの衝撃の作品をぜひ。コーティングでフリップバックのジャケもソソります!
・商品詳細→ http://bit.ly/1r1c993

⑧ MC5/Back In The USA

デトロイトの英雄、MC5の2ndアルバム。ジャケは一瞬地味ですが、必殺の「おたまじゃくしは蛙の子」フレーズのギターソロ含む本作が英国ハード・ロック・ファンにはいちばんのおすすめ。

・商品詳細→ http://bit.ly/1XcIPLn

 

⑨ MC5/High Time


メンバー不和やドラッグ問題も抱えつつレコーディングでは目が覚めるようなプレイを披露したという伝説の最終作。ジャケは地味目ですが一聴に値する一枚です。UK盤がもっとも入手困難なのもこれ。衝撃のUK赤紫アトランティック盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/1HBKFxf

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、