【今週のお薦め】 B級アメリカンハードの魅力(その2)

ゴールデンウィークもすっかり終わってしまいましがた、充電は十分でしょうか?

いよいよトランプVSヒラリーのようですねー。こうなると地方の小市民であってもアメリカ大統領選挙の行方が更に気になるところですが、気になるアメリカという事で、先日第一回をお送りしましたアメリカン・ハードロック特集の第二弾です!

隠れた、もしくは過小評価されている様相のアルバムを取り上げてみました。「アート」の域に達している英国や欧州に比べると、アメリカン・ロックはやっぱりジャケがすこ~し微妙(!?)でもありますが、ジャケに惑わされずお好みのサウンドを見つけてください。

① FAT/same


別にレスリー・ウェストのようなでかいメンバーがいる訳でもないのに何故かファット!『HARD ROCK ANTHOLOGY』で高評価を得た1st。それぞれのスキルも高く演奏力も抜群です。幻の2ndも在庫アリます。

・商品詳細→ http://bit.ly/1cXjOOm

 

② GRAFFITI/Same


68年当時、既にこの手の音を出していたとは驚きです!プリ・プログレでヘウ゛ィ・サイケで、プログレとヘヴィとどちらのファンからも愛されるであろう満足度も高い一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1TBBugT

 

③ THE HANS STAYMER BAND/Dig A Hole

カナダのスワンパーとして知られていますが、ジャケのソフトな印象を裏切る、かなりヘヴィな内容です。ハード且つサザン・ロックにも通じるサウンドは一聴の価値アリです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1rOCnfL

 

④ IRON BUTTERFLY/In A Gadda Da Vida

2ndアルバムにして最高傑作。60年代を代表するこのアルバムは、後のハード/ヘヴィ系のバンドに多大なる影響を与えたとか!ちょっとレアな英国盤で是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/1s9uOB6

 

⑤ JAMES GANG/Passin’ Thru

ジョー・ウォルッシュ時代もイイのですが、彼の紹介で加入したドメニック・トロイアーノ在籍時もかなりグッド!どうも過小評価の気配ありますが、ドラマチックなサウンドにどっぷりと酔いしれてください。

・商品詳細→ http://bit.ly/21RoBpo

 

⑥ LANDSLIDE/Two Sided Fantasy

アカルマの再発で知った方も多い筈。キャピトルという大手からリリースされていたのにも関わらず、全く話題にもならず紹介も少ないのは心霊写真のようなジャケのせい!?ファズ・ギター炸裂の傑作ハード・ロック。

・商品詳細→ http://bit.ly/1ePIPsa

 

⑦ MAXIMILLIAN/Same

当時もヒーローであったジミ・ヘン要素満載です!特にバンド・オブ・ジプシーズからの影響が大きく、ファンクなヘヴィ・ロックを繰り広げています。花の十字架にメンバーが吊るされていジャケもイカしてます!

・商品詳細→ http://bit.ly/1ZzQaBH

 

⑧ MAYPOLE/Same

これまた時代に埋もれた幻のハード・アルバム。ヘヴィ・サイケな感覚からハード・ロックに移行するその内容は
ちょっと他では聴く事のできない風変わりなサウンドを有しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/24HToH2

 

⑨ NUCLEUS/Same

カナダのトロント出身でヘヴィなアート・ロックです。ちょっとふざけたジャケも楽しく、ヴァニラ・ファッジをよりヘヴィにさせたサウンドで、69年としてはかなり高水準だと思います。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VRpLRY

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】 大統領選挙の年にちなみ、B級アメリカンハードの魅力(その1)

ヨソの国のこととはいえ、「対米従属」な~んて言葉もありまして、メディアも盛んに取り上げているのが、アメリカの大統領選挙ですが、トランプさんという強烈なキャラの方の登場で、極東の一般市民であっても気になるところかな。

そんな大統領選挙の年を記念しまして、新年度の新たなシリーズ!?『B級のアメリカンハード』を特集してみました。ブリティッシュ・ロックは特集も集成もヤマほど出ていますが、アメリカのB級ハード特集ものは、ありそうでなさそうで、そして取上げ始めたらキリがないのもアメリカン・ロックの特徴です。結構ハマると抜け出せない魅力も満載。

ということで、不定期ではありますが、何回かにわけてシリーズとして特集してみたいと思います。

まずはその第一弾・・ということでアルファベットの順に、少しづつピックアップ参りますので、お付き合いの程、よろしくお願い致します。

 

① ALAMO/same


アラモ砦でいいのでしょうか!?メンフィス出身のこのバンド唯一のアルバムは豪快!という言葉がピッタリ。ヘヴィでサイケでブルージーなアシッド・ロックです。ギターもオルガンもそして図太いボーカルも決してメジャーには引けを取らぬ内容はハード好きには堪りません!
・商品詳細→ http://bit.ly/1RWrYY9

 

② AMBOY DUKES/Journey To The Center Of The Mind


テッド・ニュージェント率いるアンボイ・デュークスの2枚目で初期の傑作。ハード、サイケ、どちらのファンからも指示されること間違いなし。特にA面の充実たるや!意外とこの辺りを聴いていない方もいるのでは?UK盤もあります♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1W9Qicb

 

③ BANCHEE/Same

A面は如何にもアメリカン・ロック的なサウンドを繰り広げますが、どんどんハードになり、B面は更にヘヴィに。これぞハード!的曲と、静かな曲でもお構いなしで叩きまくる凄いドラムにも大満足です!完成度はは2枚目に譲るとして、粗削りな未完の魅力溢れた69年の1st。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SydaML

 

④ BANCHEE/Thinkin’

正に正統派ハード・ロックへとの道を進んで1stから3年後にリリースされた2ndアルバム。メンバーの影響か、アメリカンというよりヨーロッパの雰囲気漂う曲展開でB級を超越し、もはやA級に近い一枚です。ジャケのデザインはプリンプリン物語!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1Rvd9wh

 

⑤ BLACKSTONE/same

疾走感溢れるA1でとりあず全てのハード・ファンを魅了してしうでしょう!そこからはハードに、ファンキーに、プログレッシヴにと、よく練られた曲が満載。ボーカルがハイ・トーン系で、この辺りがアメリカンだなーと妙に納得させられたり。

・商品詳細→ http://bit.ly/1PRTjGj

 

⑥ CHIRCO/Visitation

人生についてのコンセプト・アルバム…ですが、純粋に音だけで楽しめます!ハード・プログレ的な曲調で、勿論ファズ・ギターが暴れるヘヴィなサウンドも織り込まれています。後のSTXYなどを彷彿させる曲もあり、時代を先取りしていた感じとも言えます。

・商品詳細→ http://bit.ly/1RWtycv

 

⑦ DETROIT/same

ポコラさんの本(4001)で星2個を頂戴している、ミシガン出身のHRバンド、唯一のアルバム。自主制作盤!時代が時代だけに、N.Yパンクや初期ヘヴィ・メタルの影響も受けながらも、70年代のサウンドを有しています。正にB級の中の王道?をいく、愛すべきアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1q3HlEy

 

⑧ DRYEWATER/Southpaw

プレス数はたった500枚!とも言われています。ポコラさんの本でも(3001)星3つを獲得。如何にも自主制作モノらしい「?」なジャケットですが、メロディアスな曲調でガッツあるツイン・ギターやブルージー且つハイ・トーンなボーカルは既にメジャー級です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VtVo24

 

⑨ EMERALD CITY/Waiting For The Dawn

こちらはカナダ産HRバンド唯一のアルバムです。トリオ編成でジミ・ヘン・フリーク?的な意識もビンビン。ただ単なるコピーではないのは、ボーカルの声質によるものが大きいのかも。愛らしいカバのデザインのレーベルも魅力的!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1RZLYfr

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

BANCHEE – Thinkin’

霧深いお城から出てきたと思わる白馬の騎士のジャケも美しく印象的ですが、こういうスタイルで戦ってたのはいつの頃か…。イギリスが空爆に参加でドイツも支援って、極東の一般人には難しすぎるの中東問題も考えないとイケないよね、という事で『Thinkin’』。USハードロック・バンド、バンチーの2ndです。1stのサイケ色が後退し力強いヴォーカル・ハーモニーとカラフルなギター・ワークで実にパンチのの効いたHRはファン必携!1stもあります♪

BANCHEE/Thinkin’ (72 US-POLYDOR 24-4066) 商品詳細→ http://bit.ly/1Rvd9wh

BANCHEE – Same Title

一見しましたらブリティッシュフォーク?と思ってしまうのですが、北米のサイケ・プログレッシヴ・ロックグループ、バンシーの69年のアルバムです。サウンドも全体的には重いのに、適度ファンキーでもありフォーキーでもあり独特の雰囲気を持った一枚です。一旦真夏日を記録したので、『暑くなるゾ!』とかなり気構えていたのに、雨のせいもあってか、過ごしやすい日が戻ってきて少し油断している気持ちになんとなくマッチしていいる気も致しまして!?今の時期にお薦めです。(新着から)

BANCHEE/Same (69 CANADA-ATLANTIC SD8240) 商品詳細→ http://bit.ly/14fVoYi