【今週のお薦め】残暑に聴くベし!?熱い熱いハードロック特集!

愛知県の豊田市美術館で開催中の奈良美智さんの展覧会に行ってきました。作品についはワタクシなどが語るものではないのですが、凄かったのは作家が影響をうけたものとして、展示してあるレコードジャケット!うわぁ~っ!!!と声を出してしまう程のマニアックなコレクションは見ていて本当に楽しかったです。機会があれば皆さんも是非。

そして、その展覧会に行ったのは先週のことでしたが、展覧会に暑くなり、外の暑さでクラクラするくらいの、この夏一番?と思うくらいの暑い日でした。お盆も開けたというのに、ここにきて本気の暑さがきたような…!?

この残暑を乗り越えるには、更に熱めのハードロック!関東地方は荒れ模様のお天気のようでもありますが、8月も終わりとはいえ、まだまだ残暑は続きそうです。熱いハードロックで、気合を入れなおし、残暑もぶっ飛ばして参りましょう!

 

① ALAMO/Same

暴れまくるギター、切れ味鋭いリズムをバックに野性味あふれる男気ヴォーカルが歌い上げる、メロディアスなUSハード隠れた傑作。なんてことのない見逃しがちな普通のジャケに包まれた煌きの一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ghJblO

② ATLANTIDE/Francesco Ti Ricordi

ドイツからリリースされたイタリアン・ヘヴィの唯一の作品。ど迫力のヘヴィ・ロックサウンドは、この残暑にぴったり!汗だく必死の内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLvHGa

③ BLUE CHEER/Vincebus Eruptum

どんな季節に聴いても「サマータイム・ブルース」だけど、やはりこの残暑の時期が一番ぴったりなのでは??聴いているうちに熱中症になった時はA3「ドクター・プリーズ」ですからね?

・商品詳細→ http://bit.ly/2iCdULt

④ CHICKEN SHACK/Imagination Lady

今までのブルース・ロックとは全く異なるハードでヘヴィなサウンドに大変身! トリオ編成、特にリズム隊が強化されメリハリだらけの攻撃的な内容へ??これは熱くなりますわ?

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqLW8S

⑤ FAMILY/Music In A Doll’s House

ロジャー・チャップマンの声は聴いているだけで汗がにじみ出て、もうエアコン無しでは続けて聴くことができない、電気代が高くつくなんぎな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLXSF3

⑥ GRANMAX/Kiss Heaven Goodbye

そろそろ学園祭の練習に熱が入る時期でもありますが、この彼らのジャケットの様な暑過ぎるステージングを学ぶのも、一つの方法かと。メンバー一緒に汗だくで練習しましょう。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wCgbfe

⑦ IRON MAIDEN/Same

明らかに70年代とは何かが違うこのヘヴィな音は、新しい時代が来たことを予感させてくれるパイオニア的な1枚!スティーヴ・ハリスの時代の読みはいつも斬新で素晴らしい??

・商品詳細→ http://bit.ly/2xFy9KO

⑧ LED ZEPPELIN/Presence

彼らのアルバムの中でも、とりわけ徹頭徹尾ハードなサウンドでまとめた作品。「アキレス・ラスト・スタンド」の “えっ??まだ続くの”感は、毎回聴いても手に汗握る緊張感があります。

・商品詳細→ http://bit.ly/2xqu0ee

⑨ STATUS QUO/Piledriver

本国イギリスでは今でも絶大な人気を持つ彼らの最も脂の乗った時期の1枚。彼らの奏でるブギーの熱さたるや、まだまだ猛暑を感じさせてくれます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2wLw4k3

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)

広告

【今週のお薦め】 あぁ麗しのイタリアン・ロック!!

朝夕が冷え込んできたかな?と思っていたら一気に寒さがやってきた感じですが、先週末の川崎では熱いイベントが開催されていましたねー

数々の往年のイタリアン・プログレの名グループを来日させ、忘れられない名演を生み出した川崎のチッタ。そんなチッタで先週開催されていたのが「ザ・ベスト・オブ・イタリアンロック」!Vol.3との事ですが今回はあのラッテ・エ・ミエーレが来日していたとか。彼らの生演奏が見れる日が来るなんて、70年代~80年代のイタリアン・プログレ・ブームに誰がこんな日を想像したでしょうか。残念ながら日程と距離に阻まれ、私は拝見することができなかったのですが、その腹いせに、否、その記念♪に今週は勝手にイタリアン・プログレ・フェスです

華やかなで美しく怪しく熱い(!?)そんな麗しのイタリアン・プログレ。アートなジャケもイタリアらしく、深まる秋はイタリアで染めてしまいましょう!

 

① ATLANTIDE/Francesco Ti Ricordi

ドイツのみからしかリリースされなかったイタリアン・ヘヴィー・ロックの隠れた名作。ジャケ通りの迫力満点のヘヴィー・ロックはマニア必携の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eNQ2ic
 

② LOCADA DELLE FATE/Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu

ファンタジーなジャケットに、「妖精」というアルバムタイトルそのままの、瑞々しくも儚く、そして哀しく乱れるその躍動を是非。これぞイタリア!です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eH29ya

 

③ PIERROT LUNAIRE/Gudrun

この世のものかか夢うつつかという、妖しく美しい女性ヴォーカルはイタリアの白昼夢?もはやプログレの範疇をも超えた狂気の奥底のにひそむ美の世界へいざなわれましょう♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1d0f8QW

④ PREMIATA FORNERIA MARCONI/Per Un Amico

一体何人をイタリアン・プログレの虜にさせたことでしょうか?バンコの初期とも比肩しうるイタリアンプログレを代表する一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eCpCPT

 

⑤ UNO/Same

いわゆるオザンナ一派から派生した最後の輝きと評されていますが、年代的にもやや近代的なサウンドながらも、イタリアン・プログレの芳香をそこなうことなく密封されています。印象的なジャケも秀逸。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dFpEox

 

⑥ LI TROUBAIRES DE COUMBOSCURO/Lou Pan Crousia

80年代後半に発表された作品ながらも、往年の名作にも比肩する隠れた名作、ジャケットがいささかポップですが女性ヴォーカルの美しさも絶品な室内音楽の最高峰です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dF6XX4

 

⑦ NEW TROLLS/Tempi Dispari

アトミック・システム時代の76年のライヴ。ジャジーかつテクニカルそしてヘヴィーな彼らならではの白熱の名演。かっこいいジャケも忘れられない一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1TYdHdQ

 

⑧ RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO /Per…Un Mondo Di Cristallo

うっかり見逃しがちな平凡なジャケですが、邪悪で劇的なヘヴィー・プログレ・サウンドはマニアにとっては宝物のような一枚。音圧抜群のオリジナルで是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ejOsVN

 

⑨ METAMORFOSI/…E Fu Il Sesto Giorno

熱唱型ヴォーカルが血沸き肉躍るドタバタ破天荒、展開しまくりの、これぞイタリアン・プログレの醍醐味。ジャケの雰囲気も独特でに包まれた幻の一枚、新着です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eFqqFq

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)の