【今週のお薦め】ロックがキラキラしています♬ EL&P特集!

早くも12月に入りました!!ご案内が前後しておりますが、HPには新着も追加しておりますので(コチラ)、またご一覧いただければと思いますが、今回入荷の中でのイチ押しは、EL&Pのソノシートです。イギリスの音楽雑誌NME(ニュー・ミュージカル・エクスプレス)が、Brain Salad Surgeryのリリースを記念して73年11月10日号でグレッグ・レイクを特集、その付録として付属していたのがこちらのソノシート。珍しいのはその本紙の方?という、この本紙とソノシートが揃っています。(オマケンにUS盤のオリジナルもお付けしております!)

奇しくも、今日12月7日は、グレッグ・レイクの命日ですね。早くも一年。追悼やそうゆうのは得意ではありませんが、今回はこの機会にグレッグ・レイクの関連アルバムを集めてみました。もう説明不要の名盤ばかりではございますが、今一度是非。

しかし、このNME、グレッグ・レイクの特集も楽しいのですが、この本紙の記事もまた楽しいのです!!ライブ告知のページなんて本当に豪華絢爛!!改めて73年ってスゴイ!!と思う次第です。

12月になって街のイルミネーションもキラびやか、ロックがキラキラしていた時代の音楽で華やいでまいりましょう!

 

① EMERSON, LAKE & PALMER/‎Brain Salad Surgery

最高の演奏が最高の緊張感とともに真空パックされた驚くべき作品。オルガン・ロックの讃美歌A-1にて幕をあけると後はもう最後まで一気。疲れているときは厳しさすら感じます。迫力のジャケとともに怒涛の一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2kjQ20g

 

② EL&P/Same

オルガン・ロックとして、いやブリティッシュ・プログレとしても名実ともに最高峰に位置する一枚。やっぱり「猪木のスリーパーは凄い!」ということを思い知らされる(!?)凡百のフォロワーが束になっても構わない世界最高のオルガン・ロック。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BGSLVB

 

③ EL&P/Tarkus

謎の怪獣タルカスの冒険を描く一大絵巻。現在ではここまでドラマティックな寓話をモチーフにしてしまうと鼻白んでしまって名前負けしそうですが、70年代という時代性も手伝ってか寓話の神秘性とサウンドの劇的感が異常な立体感を構築。これぞ二度と出ない誰にもまねのできない世界。

・商品詳細→ http://bit.ly/2AJer5Y

 

④ EL&P/Pictures At An Exhibision

展覧会の絵、このイントロを聴いてプログレファンはドラムスのブレイクを想像してしまう!?そんな社会現象を引き起こしました。ジャケットはやや抑えめですが、残されたビデオも秀逸です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2iLD8aT

 

⑤ THE NICE/The Thoughts Of Emerlist Davjack

このナイスこそEL&Pの前身と言えるのでは?ジャケットのかっこよさ、楽曲内容の良さから、ナイスはやはりこの作品が最高か。EL&Pの登場を予見させている感じすらします。

・商品詳細→ http://bit.ly/2BxDUw9

 

⑥ REFUGEE/Same

厳密にいうとEL&Pとはもはや関係がないですが、ナイスの残党が参加しているという事で。ナイス系というよりもパトリックモラッツの劇的性が塊となって圧倒的に迫る名作。ジャケがマイナス?ですがマストアイテムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2nv6EDF

 

⑦ KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

グレッグ・レイクということでこちらも紹介。フィリップ先生であることは間違いないですが、この作品の叙情性とウェット感は、グレッグ・レイクの歌声あってこそでしょう。そんな視点でたまに聴きなおしてみては?

・商品詳細→ http://bit.ly/2hlZYAi

 

⑧ KING CRIMSON/In The Wake Of Poseidon

グレッグ・レイク続きでこの2ndも。メロトロンの洪水の語源となった(!?)とでもいうような、メロトロン患者にとっての宝物でもあります♪ちなみにここではグレッグ・レイクはギター・プレイも披露しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/1J8RZSY

 

⑨ ATOMIC ROOSTER/Same

オルガン・ロックの裏最高峰です。キース・エマーソンとオルガンバトルをやったヴィンセント・クレインの湿り気たっぷりの暗闇のキーボードをカール・パーマーのドラムスがテクニカルに支える、何回聴いても飽きない作品。フルート・ミックスと呼ばれるギターレスバージョンで是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/2nWw77T

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中