【今週のお薦め】こちらも現役♪ジェスロ・タル特集!

ゴールデン・ウィークも真っ最中ですが、如何お過ごしでしょうか?

ポール・マッカートニーさんの来日はワイドショーなんかでもピックアップされたりと、ビッグネーム振りたるやすごい!!でも先日のYESをはじめ、まだまだ現役のミュージシャンもいらっしゃいますね。この方もしかり!なんと3月に新作をリリースし、ワールドツアーも精力的にこなしているジェスロ・タル!!アート・ロックの草分けで、どちらかといえばお耳の肥えた玄人さん好み!?ではございますが、日本でも、もっともっと沢山の方にも聴いていただきたいグループでもあります。

衝撃のデビューアルバムから80年代、90年代もアルバムをリリースし続けている大御所故、さてどの時代から聴くべきか…。折角のゴールデンウィークですから、この際まとめて一気に聴くいいチャンスではないでしょうか???

来日の予定はまだ見えておりませんが、ベテラン・ミュージシャンのさらなる活躍を期待致しましょう♪

① JETHRO TULL/This Was
/

目立ちすぎが仇となり仇となり(?)この後にクビ、もとい脱退となるミック・エイブラハムのギターが聴けることで貴重ともいえるタル永遠の名作1st。怒涛のリズムが奇跡のように畳みかけてくる60年代後半パワー大爆発のB-1のすさまじさは、ぜひ英国モノラル盤で。最もブルース・ロック色に接近した作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2m8zG9J

 

② JETHRO TULL/Stand Up

飛び出すジャケットで有名なセカンドアルバム。タルマニアの間ではB面3曲目が、あのイーグルスの「ホテルカルフォルニア」の元ネタであると、まことしやかに言われています。曲というよりも、ギターのメロディーラインが確かにうむむ・・ですね。ギターソロは相当ヤバいです 笑 さあみなさんはどう思いますか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2pHPMJa

 

③ JETHRO TULL/Benefit

2枚目と4枚目の名作の陰に隠れがちのアルバムですが、一聴したら単純なようで非常に複雑で深いタル・サウンドの本領発揮してきた佳曲揃いの中身の濃い素晴らしい作品です。このドイツ盤は見開きジャケット!でしかも大型ポスター付き!のコレクターズアイテム。

・商品詳細→ http://bit.ly/1xvS8U6

 

④ JETHRO TULL/Aqualung

最高傑作といっていいでしょう。初のコンセプトアルバムは全てにおいて捨て曲なし!ヘヴィさとトラッド・フォークそしてクラシックの要素をこれ程までに上手く融合させ作り上げたアルバムもそうないのではないでしょうか。ロックファン必携の名作!

商品詳細→ http://bit.ly/2qyCKvx

 

⑤ JETHRO TULL/A Passion Play

内容が難解さを増し、賛否両論を生んだ作品。そのくせセールス的には成功し、アメリカのビルボードでNo.1を獲得。それってすごい時代ですね、やっぱり。A面B面で完全にトータルで1曲の内容となっておりGWにじっくり聴くには最適な作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pFjdJX

 

⑥ JETHRO TULL/Living In The Past

初期の未発表曲や未発表ライブなどを2枚組に詰め込んだ2枚組、綴込みブックレット付の当時の編集盤。タルの素晴らしさがまとめられており、入門編としても最適な一枚。ダーマフォーワンのライヴは秒殺級です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRIeMv

 

⑦ JETHRO TULL/The Broadword And The Beast

初めて外部からプロデューサーを迎えた作品。その担い手は元ヤードバーズのポール・サムウェルスミス!80年代初期という事もあり、時代なりのポップなムードが従来のトラッド風味と見事に調和しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oXvdJL

 

⑧ JETHRO TULL/Under Wraps

リリース当時、さすがのタルファンからもそっぽを向かれた作品であったが、今改めて聴いてみると不思議とまったく悪くない。ロックのスピリッツもまったく失われておらず、タル流シンセミュージックとでも云える意欲作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qshASv

 

⑨ JETHRO TULL/Crest Of A Knave

誰もがMETALLICAの受賞だと思われていたグラミー賞の第1回ベストハードロック/ヘヴィメタル部門でまさかの本作が受賞となった曰く付きの作品。ただ内容は中期の音楽性に回帰した好作品!タル後期の屈指の名曲ブダベスト収録。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pwWEbX

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中