【今週のお薦め】祝!SGT50周年!!コンセプト・アルバム特集♪

いよいよリリースになりますね。デラックス・エディション!そうです、BEATLESのSgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Bandのリリース50周年記念だそうで!!このアルバムの製作当時の1967年に、よもや2017年にデラックスになって世に出しなおされる事になるとは、関係者だって誰一人として思っても見なかったことかと思います。

このトータルコンセプトアルバムという世界、プログレの真骨頂でもありますが、60年代のビートやモッズ等でもその世界はすでに確立されています。独特の世界が一枚のアルバムにギュっと詰め込まれた魅惑の世界、どうぞご堪能下さい♪

① BEATLES/Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

/

ここにきて更に再発が話題になる名盤中の名盤。未だに新鮮なサウンドでリリース当時のリスナーの驚きはいかに?70歳だの50周年だのって数字に慣れきってしまいましたが、50年後が2067年だと思うとやっぱりすごいです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2icNj1Q

 

② BEACH BOYS/Pet Sounds

SGTの製作に影響を与えたというのはよく知られているこちらも金字塔的アルバムです。コンセプトかどうかには賛否がありますが、他の作品に比べると地味な印象と全体的に憂いを帯びたトーンはコンセプト!UKモノラル盤はちょっとレアです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qUXhNg

 

③ CHAD & JEREMY/Of Cabbages And Kings

ブリティッシュ・フォークでは珍しいコンセプトアルバム。これまであまり話題にならなかったのが不思議なくらいレベルの高い隠れた名作。シタールの響きや森浴のごとき冷ややかな美しさはかのSUBWAYにも匹敵する雰囲気。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qaYKjz

 

④ FAIRPORT CONVENTION/Babbacombe Lee

フェアポートというと時期によってまったく別のグループのようです。こちらは後期になりますが、冤罪の実話をモチーフにした一大傑作アルバム。この当時にしかないようななんとも言えないジャケも最高。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rzmyxj

 

⑤ JOSE CID/10000 Anos Depois Entre Venus E Marte

もうジャケットを見るだけで絶対これコンセプトアルバムだと思ってしまいますが、はい、その通りです。ポルトガルのプログレ一大コンセプトシンフォニック。この時期にこの国からこんな作品が出ていたとは。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rgvYy1

 

⑥ PRETTY THINGS/S.F.Sorrow

本当はトミーよりこっちが先、というのはだいぶ後になって判明した事実ですが、まあそういうだけあって先駆的です。A面の流れだけでももうたまらないものがありますね。音の質がまったく違うUKオリジナル初回モノラル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rglGOy

 

⑦ ROLLING STONES/Their Satanic Majesties Request

ストーンズだってもちろんやっています!これがストーンズ?SGTよりももっと当時のリスナーを驚かせたのではないでしょうか。今改めて聴いても同じ印象です。3Dジャケはアナログサイズでこそ楽しめるものでもあり、こちらも逸品!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOCzhR

⑧ SMALL FACES/Ogden’s Nut Gone Flake

モッズヒーローとしてエネルギー丸出しのロックグループが一念発起して出した会心作。A面出だしだけでそのただ事では無さに色めきだちます。タバコのブリキ缶をあしらったというのも粋な変形ジャケに包まれた3大ブリティッシュ・コンセプトの一枚。レアなUKオリジナル初回レーベル、モノラル盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qOD0J3

 

⑨ THE WHO/Tommy

英国トータルコンセプトの頂点にたつ作品といえばこれでしょう。作品のコンセプト、オペラ風に流れるストーリー、卓越した音楽性、曲の素晴らしさ、どれをとっても一級品。針を落として1音目で世界が変わる最強作品。UKオリジナルの初回はコーティングです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

広告

【今週のお薦め】初夏に聴きたい名盤特集♪

連休が終わり、クールビズも始まりまして、昨日はいささか肌寒いくらいではありしたが、いよいよ暑くなってくるような予報です!装いも夏向き、初夏の気配です!!さて、こうなりますと聴きたい音楽にも気候変動が起きてくるころではないでしょうか?

お任せください(!?)そんな音楽もご用意しておりましす!!ということで、今回は初夏に聴きたいSSW!
爽やかに参りましょう♬

① ALZO/Looking For You

/

春から初夏にかけての朝に聴きたくなる。。そんな代表のようなアルバムではないでしょうか?朝露や、何もないその場の空気すら煌めきに変えるような渋くもフレッシュな作品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qo2TPK

 

② AREA CODE 615/Same

ナッシュビルの凄腕スタジオミュージシャン軍団が残した2枚の作品のうちの1stが本作。一聴、中庸なインスト集に聞こえて聴きこむとどんどん深みに嵌る、、生暖かくも超ク~~ルな名盤!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rnjKQX

 

③ BATDORF & RODNEY/Life Is You

SSW、スワンプというには青臭く、AORというにはちょっと渋いか? そんな立ち位置がとてもデリケートで魅力的な作品で、5月の朝にぴったり合う「渋爽やか」なサウンドです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2rmFfk1

 

④ BRIAN JOSEPH FRIEL/Same

英国人でありながらルーラル&ハートウォームな味わいで、しかしアメリカ人のようには濃くなりすぎず、しかも枯れた味わいはきちんと持っている…といったさじ加減が絶妙なSSWの逸品です。

商品詳細→ http://bit.ly/2qseyvh

 

⑤DAVID ELLIOTT/Same

これも爽やかな朝にぴったりのSSW作品で、ちょっと渋くちょっとオシャレな、英国人らしい少し青臭さの残る歌声も印象的な彼の名作1st。英国盤より音の良い米盤でいかがでしょうか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2rn3W0Q

 

⑥ IT’S A BEAUTIFUL DAY/Same

もうジャケットだけでもこの季節しかないでしょ!という印象ですが、蜃気楼を見るかのようなうつろさを含みながらも骨身はしっかりとしている、他の追従を許さぬサウンドを持った歴史的名作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2rmSfqZ

 

⑦ KINGFISH/Same

Bob Weirがグレートフルデッドの課外授業的に組んだ!?バンドの1stで、デッドよりもリズムがスマートでポップで聴きやすく、爽やかな季節に聴くとしっくりくる作りになっていて、そこが魅力的なのです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pSZ8hP

 

⑧ SEEMON & MARIJKE/Son Of America

ビートルズのアップル・ブティックで知られるThe Foolのメンバー2人による、頭に花が咲そうな!?少しラリったアシッド感が楽しい、かのグラハム・ナッシュによるプロデュースの名盤にして彼らの唯一作。

・商品詳細→ http://bit.ly/1RXLRuU

 

⑨ WEST/Bridges

隠れファンの多いRon Corneliusを擁するソフトロックの逸品。5月~6月の白昼に聞くと、もう何もやりたくなくなること請け合いのポップかつまどろんだサウンドが好きもののハートを鷲掴みです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2qsaQ4A

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】たまにはこうゆうポイントから!母の日特集♪

ゴールデン・ウィークは楽しくお過ごしでしたでしょうか?

今年は割と天気にも恵まれて、1年間でも本当に過ごしやすい気候でお出かけ日和でした。但し!連休明けの一週間フル稼働というのもなかなかペースが戻らず、今日あたりはちょっとツライところでしょうか?

さて、次なるイベントは『母の日』!ココはちょっと母の日にちなんだレコードを聴いてみるのもいいんじゃないかということで、母を歌っているレコードをピックアップしてみました。大物ミュージシャンも母を歌っているものです!皆さんはどこまでご存知でしょうか?母の曲で楽しい母の日を♪

① ANIMALS/The House Of The Rising Sun / Talkin’ ‘Bout You
/

アニマルズ渾身の一曲。もともとは1937年の米国民謡ですが、アニマルズによって世界中に知られた曲。これだけの迫力で歌い上げたのは64年当時かなりの衝撃だったでしょう。”Oh Mother tell you children”っていうくだりがかっこよすぎて好きです。ド迫力のUKオリジナルシングルでどうですか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2qTjQSZ

 

② BEATLES/Let It Be

今更ながらですが、ビートルズでのマザーソングといえばこれ(?)でしょう。悩んでいたときにマザーメリーがやってきてくれて、という歌詞。歌詞以上に曲の持っている雰囲気が母に包まれるようで、このあたりの郷愁感は天上ですね。

・商品詳細→ http://bit.ly/2q5SupX

 

③ LED ZEPPELIN/Led Zeppelin II

レッド・ツェッペリンのママといえばこれでしょう!? そうBlack Dog。Hey Hey Mama,で始まるロックファンなら誰でも知っている不思議曲。こんなリズム、こんなブレイクはこの時代でしか絶対作れない衝撃の1曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrowzK

 

④ LED ZEPPELIN/Physical Graffiti

ツェッペリンのママソング、おっともう1曲忘れてました。実は彼らの曲には意外とママソング多いのですが、このアルバムに収録のBlack Country Woman。ハードな指向を求めていた若い頃とちがってこんな曲にしびれてしまうのはやはりオッサンということでしょうか。よくこんな曲作ったよな~、こんな作品作成中に。

商品詳細→ http://bit.ly/2r09xZE

 

⑤ MOTHERS OF INVENTION/Absolutely Free

いくらマザーズとはいえ、母の日特集でザッパかよ~と全然場違いな感じですが、ここは一発気分を変えて、このかっこいいジャケと唯一無二な作品にしびれてみるてはどうでしょう!?

・商品詳細→ http://bit.ly/2qroZ4X

 

⑥ PINK FLOYD/The Wall

ATOM HEART MOTHERだと思ったでしょう!? このアルバムでここに到達するまでに寝てしまうという声もありますが、個人的にはとてつもなく好きです。途中キーが高くなるあたりとか、カラオケで歌ってみたい!?!?そしてリフレインと風が通りすぎるような転調、最後にWYWHばりのギターソロ。もう絶品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm3s8O

 

⑦ QUEEN/A Night At The Opera

ママァ、ウウぅ~といえばこれは外せません。ご存知、Bohemian Rhapsody。一般の人でもこれを知らない人は少ないのでは?まあ永遠の名曲でしょう。私の友人でこれを途中の難解なコーラス含めカラオケで完唱できる日本人がいます、はい。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrm1gO

 

⑧ ROLLING STONES/Aftermath

Mother’s Little Helperです。母の日というよりも実はこの曲ドラッグソングで当時は物議をかもしたようですが、2002年の企画で100グレイトドラッグソングスにも選ばれました。確かにそれ系のにおいが充満していますが、アフターマスの素晴らしい雰囲気の冒頭を飾るにぴったりの曲。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qrpMmu

 

⑨ SMALL FACES/From The Beginning

スモールフェイセズの全盛期のエナジーを真空パックした一枚。そして彼ら最高のヒットとなったAll or Nothingも収録。スティーヴ・マリオットはやたらと歌の後半等のアドリブリフレインで何かと絶唱する癖があるのですが、この曲でも後半マママを連発(My My Myではないかとの声もありますが)宝物のようなレコードです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Ar52XW

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg

【今週のお薦め】こちらも現役♪ジェスロ・タル特集!

ゴールデン・ウィークも真っ最中ですが、如何お過ごしでしょうか?

ポール・マッカートニーさんの来日はワイドショーなんかでもピックアップされたりと、ビッグネーム振りたるやすごい!!でも先日のYESをはじめ、まだまだ現役のミュージシャンもいらっしゃいますね。この方もしかり!なんと3月に新作をリリースし、ワールドツアーも精力的にこなしているジェスロ・タル!!アート・ロックの草分けで、どちらかといえばお耳の肥えた玄人さん好み!?ではございますが、日本でも、もっともっと沢山の方にも聴いていただきたいグループでもあります。

衝撃のデビューアルバムから80年代、90年代もアルバムをリリースし続けている大御所故、さてどの時代から聴くべきか…。折角のゴールデンウィークですから、この際まとめて一気に聴くいいチャンスではないでしょうか???

来日の予定はまだ見えておりませんが、ベテラン・ミュージシャンのさらなる活躍を期待致しましょう♪

① JETHRO TULL/This Was
/

目立ちすぎが仇となり仇となり(?)この後にクビ、もとい脱退となるミック・エイブラハムのギターが聴けることで貴重ともいえるタル永遠の名作1st。怒涛のリズムが奇跡のように畳みかけてくる60年代後半パワー大爆発のB-1のすさまじさは、ぜひ英国モノラル盤で。最もブルース・ロック色に接近した作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2m8zG9J

 

② JETHRO TULL/Stand Up

飛び出すジャケットで有名なセカンドアルバム。タルマニアの間ではB面3曲目が、あのイーグルスの「ホテルカルフォルニア」の元ネタであると、まことしやかに言われています。曲というよりも、ギターのメロディーラインが確かにうむむ・・ですね。ギターソロは相当ヤバいです 笑 さあみなさんはどう思いますか?

・商品詳細→ http://bit.ly/2pHPMJa

 

③ JETHRO TULL/Benefit

2枚目と4枚目の名作の陰に隠れがちのアルバムですが、一聴したら単純なようで非常に複雑で深いタル・サウンドの本領発揮してきた佳曲揃いの中身の濃い素晴らしい作品です。このドイツ盤は見開きジャケット!でしかも大型ポスター付き!のコレクターズアイテム。

・商品詳細→ http://bit.ly/1xvS8U6

 

④ JETHRO TULL/Aqualung

最高傑作といっていいでしょう。初のコンセプトアルバムは全てにおいて捨て曲なし!ヘヴィさとトラッド・フォークそしてクラシックの要素をこれ程までに上手く融合させ作り上げたアルバムもそうないのではないでしょうか。ロックファン必携の名作!

商品詳細→ http://bit.ly/2qyCKvx

 

⑤ JETHRO TULL/A Passion Play

内容が難解さを増し、賛否両論を生んだ作品。そのくせセールス的には成功し、アメリカのビルボードでNo.1を獲得。それってすごい時代ですね、やっぱり。A面B面で完全にトータルで1曲の内容となっておりGWにじっくり聴くには最適な作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pFjdJX

 

⑥ JETHRO TULL/Living In The Past

初期の未発表曲や未発表ライブなどを2枚組に詰め込んだ2枚組、綴込みブックレット付の当時の編集盤。タルの素晴らしさがまとめられており、入門編としても最適な一枚。ダーマフォーワンのライヴは秒殺級です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRIeMv

 

⑦ JETHRO TULL/The Broadword And The Beast

初めて外部からプロデューサーを迎えた作品。その担い手は元ヤードバーズのポール・サムウェルスミス!80年代初期という事もあり、時代なりのポップなムードが従来のトラッド風味と見事に調和しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2oXvdJL

 

⑧ JETHRO TULL/Under Wraps

リリース当時、さすがのタルファンからもそっぽを向かれた作品であったが、今改めて聴いてみると不思議とまったく悪くない。ロックのスピリッツもまったく失われておらず、タル流シンセミュージックとでも云える意欲作。

・商品詳細→ http://bit.ly/2qshASv

 

⑨ JETHRO TULL/Crest Of A Knave

誰もがMETALLICAの受賞だと思われていたグラミー賞の第1回ベストハードロック/ヘヴィメタル部門でまさかの本作が受賞となった曰く付きの作品。ただ内容は中期の音楽性に回帰した好作品!タル後期の屈指の名曲ブダベスト収録。

・商品詳細→ http://bit.ly/2pwWEbX

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

木・金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~水+祝祭日休)http://bit.ly/1omJvPg