【今週のお薦め】祝!ロックの殿堂入り♪ YES特集!!

『ロックの殿堂入り』アーティストの発表があり、この度、めでたくイエスが選ばれたという事で今回はイエス♪

こうなると、気になるのが授賞式。一体だれが出てくるのか?

現行のイエスの他にアンダーソン・ラビン&ウエィクマンも活動中でファンとしてはいっそ一緒にやって欲しい!?と強く希望!これを機に再結成とならないものかとほのかな期待を抱くのがこの殿堂入りのニュースです。そして、できればクリス・クワイアーさんがご存命の内だったらもっとヨカッタのに…みたいな。

まだまだ訃報も続いており、本当に今年はビック・ネームが次々と連れていかれる一年という印象もありますが、私たちに残された宝物は沢山あります!改めて聴き直す機会でもありますね。レコードがあってヨカッタ♪ 残してくれた音楽を存分に楽しまねばとも思います。

さぁ今年もあとわずか!来る新しい年が明るく楽しい一年になりますように。皆さま本年も一年お付き合い賜りまして大変ありがとうございました。どうぞ楽しい年末年始をお過ごしください!

※お店は30日まで営業新年は1月7日から再開致します。(12月31日~1月6日は休業を頂きます)

① YES/Same

『こわれもの』『危機』よりこちらを先に聴いた!という方の方が少ないと思いますが、伝説のスタートはこちらから。ちゃんと聴いた事がないという方も殿堂入りを機に改めて是非。後の傑作作品に全く引けをとりません。このジャケも独特です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hJWAyZ

 

② YES/The Yes Album

『The Yes Album』とのタイトルも自信の表れか!?既に名作の片鱗をうかがわせていた本3作目。やはり本作から加入のスティーヴ・ハウ先生の影響力は大きな決め手となっていると思います。UKの初回盤で是非!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hpFskA

 

③YES/Fragile

70年代プログレ作品の金字塔!メンバー5人のリーダー曲をそれぞれ収めているもののとっちらかる事も無く、さらに大作3曲も素晴らしいデキ!!ヴィンセント・ギャロ監督、映画『Buffalo 66』でのB⑤の使用法が余りに効果的で印象深いのです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1vXk09o

④YES/Relayer

YESファミリーの中で評判が良くないパトリック・モラーツさんが参加した唯一の作品。しかし彼の存在感を十二分に発揮したほかに類を見ない超攻撃的YESのアルバムに仕上がりました。マト違いもあります!

・商品詳細→ http://bit.ly/2hJR5Am

 

⑤ STRAWBS/From The Witchwood

イエスのキーボーディストである前にブリティッシュ・ロック界のキーボーディストのお一人でもありますね。そのリック・ウェイクマンがイエス加入前に在籍していたのがストロウブスですが、この2ndでも既に彼の演奏力とアイデアが溢れています。同じく1stもあります!

・商品詳細→ http://bit.ly/2i34XZo

⑥ BADGER/White Lady

ジャッキー・ロマックスをメンバーに迎え、ブロデューサーにアラン・トゥーサン、ゲストにジェフ・ベック!初代キーボディストのトニー・ケイがサザンロック・テイストを前面に出し、音楽性の広さ深さを見せつけてくれた自身のバンドの2ndです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1EUkfH0

 

⑦ FLASH/Out Of Our Hands

ピーター・バンクス率いるFLASHの三枚目にしてラスト作。チェスを題材にしたコンセプト作品ですが、そんな難しい事を考えなくとも内容は最高傑作!パンチの効いたサウンドはHR好きにも是非!読み応え十分の豪華パンフレット付いた国内盤!ソロ作はコチラ→ http://bit.ly/2izBJT2

・商品詳細→ http://bit.ly/2imZ0Vh

 

⑧ MAINHORSE/same

パトリック・モラーツがNICEのリズム隊と組んだバンドの唯一のアルバム。モラーツの攻撃的キーボードが炸裂したプログレハードの内容は正にスリリング!ここだけの話、帯・ライナー付きの日本盤はレアなんです!

・商品詳細→ http://bit.ly/2in2GGo

 

⑨ ASIA/Same

スティーヴ・ハウとジェフ・ダウンズも参加の80年代プログレ・スーパーバンドの歴史的1st。ロジャー・デーンのジャケにクリムゾン・ELP・YESが合体!と当時も話題騒然のアルバムは時代ながらのサウンドで、今聴いてもココロ踊る方も多いハズ!UK初回盤で是非。2ndもあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1WnLfVd

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

広告

【今週のお薦め】アナログの魅力再発見!「初めてのロック!」その2

先週に続いてアナログで聴いて頂きたい70年代ロックの第2弾です!

アナログ、特にオリジナル盤は高い!と思っていらっしゃる方も沢山いらっしゃると思うのですが、今回は手頃に買える、それでいてアナログの良さを十分に楽しめる、そんなラインナップです。アナログのベテランの皆さんには実はコレクションに入っていないのでは?

CDが出たころは、キズがつかない、ノイズがないそして小さいメディアとして画期的でしたが、CDの音に慣れてしまったお耳にアナログの音は取りあえず新鮮でもあり、独特の立体感、奥行き感はアナログならではだと思います。オリジナルでなくても優れた音質の国内盤や再発盤もございます!是非店頭で色々お試しになって、『好みの音』を見つけてみては如何でしょうか?

手軽にデジタルで楽しまれた後、これは!と思うアルバムをレコードはアナログで是非♪
 

① ABBA/Voulez-Vous

アバ、アナログ、20年前には古代の遺産として葬り去られたものが、こんなデジタルの時代に見直されるとは。
タイトル・ナンバーの異常なパンチ力に加え、名曲チキチータの繊細で天空な響きが涙腺を直撃する、滅多に出ないUKオリジナル、初回マトリックス、凄音盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hUxPAA

 

② BECK BOGERT & APPICE/Same

ジェフ・ベック生涯最高のユニットの唯一作。ヴァニラ・ファッジの超人ふたりと組んだドリーム・チームによる超絶な演奏はツェッペリンのプレゼンスにも比肩。驚愕のアンサンブルが臓物を揺るがす、二度と出ない作品。UKオリジナル爆音。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4hE74

 

③ CREAM/Live Cream Volume 2

解散後に発表されたため、割を食っている感がありますが、クリーム史上最高の名演がここに凝縮。クラプトンのギターもさることながら、ジャック・ブルースの凄みを改めて再認識させられる最強の作品。サンシャイン・ラブのベースは鳥肌約束。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hPw0rH

④ FOCUS/Moving Waves

オランダを代表するプログレバンドの最高作。悪魔が憑依したといわれるタイス・バン・リアのヨーロレ・ヴォイスが一生モノの「悪魔の呪文」収録。意外と知られていない音質の良いUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gWzPXs

 

⑤ FREE/Free Live

恐るべし10代。日本ではシブガキ隊(ふるぅ~)、イギリスはフリー。この違いでしょう。腕に自信過剰のメンバーのエゴが火花を散らしてぶつかり合う最後の輝き。UKオリジナル初回のジャケットは変形の封筒型であるだけでなく、なんと切手も貼付!

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4aTm2

 

⑥ MIKE OLDFIELD/Tubular Bells

エクソシストのサントラとして有名な、ひとめ見たら忘れられないジャケに包まれた作品。天才マイク・オールドフィールドが一人で26種類の楽器を操り、多重に多重を重ねた録音による緻密な作品。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4fNzj

 

⑦ QUEEN/A Night At The Opera

天下の名曲「ボヘミアン・ラプソディ)収録。よくこんな作品が出たもんだと改めてビックリ。オペラ座の夜という素敵な邦題も当時ならでは。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hONTEF

 

⑧ PAUL SIMON/There Goes Rhymin’

ポール・サイモンの3作目ソロ。アメリカを代表するスタジオ、マッスル・ショールズで録音されただけあってとてつもない音質で録音されています。名曲コダクロームのイントロのギターの音色だけで思わずおしゃべりをやめてステレオの方を向いてしまう、さすがUKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hONnqh

 

⑨ URIAH HEEP/Look At Yourself

ミラージャケ! これもアナログの大きさならではのもの。「対自核」という普通の変換では絶対に出てこない邦題も二度と忘れられません。とにかく音がいいUK盤で是非。最初のイントロで初回KO。

・商品詳細→ http://bit.ly/2i4gKb4

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】何度聴いても良い物は良い!「初めてのロック!」イギリス編

英国ではアナログの売上がデジタルを上回り、今年のクリスマスプレゼントにもアナログが選ばれているとか!すごい♪

ココ日本でも、アナログ初めてブックシリーズに続く、ステレオサウンドさんの別冊『My Record Style』が発売になりますね。アナログのある暮らしの提案?アナログを聴かれる方が増えているような…。当店も広告を掲載して頂いてた事もございまして、今回はズバリ70年代ロックの定番!!

最近アナログを聴き始めた方はもとより、CDから久しぶりにアナログに復帰組の方には改めてレコードで聴き直していただきたい、更に身近過ぎて実はお持ちでないという、ベテラン・コレクターの方も多いのがこの辺りかも!?百花繚乱の60年後半から70年代のロックは一度はアナログでお試し頂きたいものばかりでもあります。

アナログを聴かれている方へのクリスマス・プレゼントにするにも絶対外さない逸品ばかりです。ディープなアナログの世界、一緒に堪能いたしましょう!

 

① ELTON JOHN/Same

まごうことなき名曲”Your Song”を収録したエルトンの出世作で、彼の中で何をといわれればコレ。ジャンルや世代をを超えた一家に1枚の名作といえるでしょう。イギリス盤のジャケットの質感も合わせて楽しんでください!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gt0hrn

 

② EL&P/Pictures At An Exhibition

これが本当にライブ録音なのか!!という完璧かつ脂の乗った演奏を聴かせるバンド最高潮の時期の名盤。英国盤の激烈な音で楽しんでいただきたい1枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRNW0Z

 

③ JETHRO TULL/Living In The Past

初心者には渋すぎる? いえいえ、聴けば聴くほど味の出るスルメのようなバンド。そんな彼らの初期を総括する作品がこれ。これをきっかけにどんどん英国の深みにはまっていきましょう!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gRIeMv

④ DAVID BOWIE/Ziggy Stardust

未だに生存説も囁かれておりますが、世代を超えて世界一セクシーな男性ミュージシャンと断言してもいいでしょう!出世作でもあり、『グラムロック』というジャンルの確立の一つにもなった名盤です。UKオリジナルで是非♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2hFqF2u

 

⑤ KING CRIMSON/In The Court Of The Crimson King

これを名作と言わずして何を名作という!?という極めつけの1枚。プロ・アマを問わず、文字通り全てのプレーヤー、リスナーの墓碑銘となる名作中の名作。アナログで聴かずして何とする!!??マト違いの2/33/3、レアなコーディングジャケのドイツ盤もございます♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2hlZYAi

 

⑥ PINK FLOYD/The Wall

プログレ四天王の一角ピンクフロイドも何を最高作とするかは意見の分かれるところですが、リリース時に注目を浴びたといえば、これも頂点の1枚と言えるのではないでしょうか?遅かれ早かれ聴かなければならない名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hm3s8O

 

⑦ PROCOL HARUM/Same

音楽好きならば絶対外せない名曲「青い影」が収録されているデビュー作のアメリカ盤。英国盤には収録されていないので要注意です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1WzaaX2

 

⑧ THE WHO/Tommy

コンセプト・アルバム、はたまたロック・オペラという肩書きがついているので、初めての方は思わず引いてしまうかも知れませんが、難しいことはさておいて「普通のロック」として聴いても「何てカッコいいの!」と思える1枚だと思いますよ!
・商品詳細→ http://bit.ly/2hm2Ux7

 

⑨ YES/Close To The Edge

デビューから作品を重ねるごとにグレートになっていったイエスの頂点が本作。「ロック界究極のバンド・アンサンブル」が楽しめるロック超大作です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2gsRbel

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】アナログの醍醐味!?”ヘヴィ” 特集♪

アナログ・ブームと言われて久しいのですが、ここに来てさらにメディアに取り上げられる事も多く、アナログ・ファンとしては喜ばしい限りです。

店頭でも『最近プレイヤーを買って聴き始めました』という若い方から、『久しぶりにターンテーブルを引っ張りだして聴き直しています!』という復活組の方に女性のお姿もお見かけするようになり、アナログを楽しむお手伝いができればと思っている次第ですが、そんな皆さんに、アナログでこそ楽しい音の一つ、『ヘヴィ』なサウンドを誇る(!?)レコードをピックアップしてみました。ムフフ。

一口に『ヘヴィ』と言ってもその解釈は様々ですが、どなたもがヘヴィと認めるのはこの辺りかな。お値段手ごろな再発盤でも十分楽しいものもございます。レコード棚にあるときっと自慢になる逸品。ヘヴィなアナログの世界にどっぷりと♪

① ARZACHEL/Same

スティーブ・ヒレッジ等が変名を名乗って結成したカンタベリー・シーンの中でも最重量を誇る一枚。ジャケもウルトラQのようで重い重い。今や入手困難な再発。

・商品詳細→ http://bit.ly/27R4lbB

 

② BLACK SABBATH/Master Of Reality

1stが一番ヘヴィだという意見も多いのですが、私にはこのアルバムのA面かな。。地を這うという言葉はこのアルバムのA1のための言葉と言っても過言ではありません。(過言かな?)

・商品詳細→ http://bit.ly/2gNkw7c

 

③ HIGH TIDE/Same

世界最重量の1stに続く2nd。ジャケはサイケですが、内容はヘヴィ。しかも歌メロ抜群。1stほどのヘヴィさはないものの、重く暗くさらに美しい!パワフルさと美意識を秘めた傑作です。再発盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gZ8k0S

 

④ JOHN MAYALL/Bluesbreakers With Eric Clapton

ビーノ・アルバムとも呼ばれていますが、ブラインド・フェイスのA-4といいこの作品といい、この人が当時はここまで太い音を出していたことに改めて脱帽。ロック・ファンには必携。クリームも夜逃げする(!?)一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gh7m1l

 

⑤ LORD SUTCH AND HEAVY FRIENDS/Same

ツェッペリンをプラント以外のヴォーカルで演ったらどんな音になるのか、その解答がここにあります。ジャケにクレジットされたメンバー名に目を疑いますが、A1、A2だけでも既に即死のグレートな一枚。ユニオン・ジャックをあしらったロールス・ロイスのジャケがこれまた最高。

・商品詳細→ http://bit.ly/2hcNni3

⑥ METALLICA/ … And Justice For All (Metallipromo)

ヘヴィにも色々ございますが、お待たせしました!?『ヘヴィ・メタル」代表です。この方達からクラッシック・ロックに遡っていらした方も多いのでは?こちらはレアなプロモ、しかも魅惑のローナンバーの50番です。デビュー作Kill ‘em AllもUK盤でご用意しております♪

・商品詳細→ http://bit.ly/2gZa9Le

⑦ PATTO/Hold Your Fire

ユニークな変形ジャケットというだけで気分をソソリますが、これ一枚さえあればあとは何もいらない!と知人も称した一枚。ユルいのにヘヴィ、濃密でかっこいい、聴くほどに新たな魅力を発見できるオリー・ハルソール渾身の傑作
・商品詳細→ http://bit.ly/2gzp1zf

⑧ SAVOY BROWN BLUES BAND/Shake Down

サヴォイ・ブラウンと言えば、サングラスのあのジャケの作品が有名ですが、素手でガチンコ勝負する(?)ならこちらでしょう。ブルースってこんなに濃くて重いんだと再認識できる二度と出ない傑作。ぜひぜひモノラルで。

・商品詳細→ http://bit.ly/2he5Lvb

⑨ T.2./It’ll All Work Out In Boomland

重いのにやわらか。激しいのに疲れない。ヘヴィーなのにメタリックに流れず。穢れなきブラジリアン柔術のような孤高の純正ブリティッシュ・ハードの逸品。UKオリジナルよりもレアなUSプロモ盤。奇跡のシールドです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2gZ6LQh

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)デビュー作Kill ‘em AllもUK盤

LINEショップ開設しました!そして新着追加しましたー!!

迷った末に、結局見てきました。ローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画『The Rolling Stones Olé Olé Olé!: A Trip Across Latin America』の劇場上映会!!

前回の『ハバナ・ムーン』がヨカッタだけに、いい印象を大事にしたいな、という思いもあったので迷っていたのですが、行ってヨカッタぁ~♪でした。どこがどうのという細かい話はともかく、こんなにも沢山の人をハッピーにしてくれる音楽って、ホントにすごいなぁと思った次第です。

さて、私どもからのお知らせです。

この度、LINEショップなるものを開設してみました。ちょっと困っているのは、『カテゴリー』ってところに上手く合うものがなく、取りあえず『おもちゃ・ホビー』に入れてみたのですが、なんだか違うような…。また何かお気づきの点やアドバイスなどございましたらお知らせください。

ラインショップはこちらから→ https://mall.line.me/sb/sorc

アカウントをお持ちでしたら、お友達登録もお願い致します。友だち追加

月も改まりまして、ホームページには新着を追加しております。
お時間ございましたらご一覧の程よろしくお願い致します。

新着一覧→ http://sorc.co.jp/newarrivals.html
在庫リストは→ http://sorc.co.jp/stocklist.html

ヘロンのライブにYESもありましたし、そしてこの映画もあって充実の11月だったわけですが、12月も楽しい出会いがありますように!まうは京都のアシッド(?)フォーキー、表現太郎さんの名古屋ライブが12月4日にありますので、まずはこちらから!

12月も元気に参りましょう♪

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※ジャズ喫茶をやりたい!というジャズコレクターのお客様が、実店舗に先立って『仮想ジャズ喫茶』なるものをオープンされています。毎回一枚ジャズのレコードをYouTubeで聴かせて下さるという趣向ですが、これが結構楽しいのでご案内させていただきます。よければチャンネル登録も是非♪ 決め台詞は『ジャズはいいよ~』!流行るかしらん?