【今週のお薦め】 あぁ麗しのイタリアン・ロック!!

朝夕が冷え込んできたかな?と思っていたら一気に寒さがやってきた感じですが、先週末の川崎では熱いイベントが開催されていましたねー

数々の往年のイタリアン・プログレの名グループを来日させ、忘れられない名演を生み出した川崎のチッタ。そんなチッタで先週開催されていたのが「ザ・ベスト・オブ・イタリアンロック」!Vol.3との事ですが今回はあのラッテ・エ・ミエーレが来日していたとか。彼らの生演奏が見れる日が来るなんて、70年代~80年代のイタリアン・プログレ・ブームに誰がこんな日を想像したでしょうか。残念ながら日程と距離に阻まれ、私は拝見することができなかったのですが、その腹いせに、否、その記念♪に今週は勝手にイタリアン・プログレ・フェスです

華やかなで美しく怪しく熱い(!?)そんな麗しのイタリアン・プログレ。アートなジャケもイタリアらしく、深まる秋はイタリアで染めてしまいましょう!

 

① ATLANTIDE/Francesco Ti Ricordi

ドイツのみからしかリリースされなかったイタリアン・ヘヴィー・ロックの隠れた名作。ジャケ通りの迫力満点のヘヴィー・ロックはマニア必携の一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eNQ2ic
 

② LOCADA DELLE FATE/Forse Le Lucciole Non Si Amano Piu

ファンタジーなジャケットに、「妖精」というアルバムタイトルそのままの、瑞々しくも儚く、そして哀しく乱れるその躍動を是非。これぞイタリア!です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eH29ya

 

③ PIERROT LUNAIRE/Gudrun

この世のものかか夢うつつかという、妖しく美しい女性ヴォーカルはイタリアの白昼夢?もはやプログレの範疇をも超えた狂気の奥底のにひそむ美の世界へいざなわれましょう♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1d0f8QW

④ PREMIATA FORNERIA MARCONI/Per Un Amico

一体何人をイタリアン・プログレの虜にさせたことでしょうか?バンコの初期とも比肩しうるイタリアンプログレを代表する一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eCpCPT

 

⑤ UNO/Same

いわゆるオザンナ一派から派生した最後の輝きと評されていますが、年代的にもやや近代的なサウンドながらも、イタリアン・プログレの芳香をそこなうことなく密封されています。印象的なジャケも秀逸。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dFpEox

 

⑥ LI TROUBAIRES DE COUMBOSCURO/Lou Pan Crousia

80年代後半に発表された作品ながらも、往年の名作にも比肩する隠れた名作、ジャケットがいささかポップですが女性ヴォーカルの美しさも絶品な室内音楽の最高峰です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dF6XX4

 

⑦ NEW TROLLS/Tempi Dispari

アトミック・システム時代の76年のライヴ。ジャジーかつテクニカルそしてヘヴィーな彼らならではの白熱の名演。かっこいいジャケも忘れられない一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1TYdHdQ

 

⑧ RACCOMANDATA RICEVUTA RITORNO /Per…Un Mondo Di Cristallo

うっかり見逃しがちな平凡なジャケですが、邪悪で劇的なヘヴィー・プログレ・サウンドはマニアにとっては宝物のような一枚。音圧抜群のオリジナルで是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ejOsVN

 

⑨ METAMORFOSI/…E Fu Il Sesto Giorno

熱唱型ヴォーカルが血沸き肉躍るドタバタ破天荒、展開しまくりの、これぞイタリアン・プログレの醍醐味。ジャケの雰囲気も独特でに包まれた幻の一枚、新着です!

・商品詳細→ http://bit.ly/2eFqqFq

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)の

広告

【今週のお薦め】 秋の夜長にドスワンプ!

まずは祝!ボブ・ディランさんのノーベル文学賞!!ですねー。賛否は色々ありまして考え方もみなさんそれぞれかと思いますが、連絡が取れないのでノーベル賞事務局はご本人に接触することをあきらめた、というのも非常に興味深いところですよね。一体授賞式には登場するのかどうか!?とても気になるところです。

さて、今回はそんなノーベル賞とは全く関係はないのですが、どんどん日も短くなってきて、秋もイヨイヨ本番!食欲の秋、芸術の秋に続くは、スワンプの秋!です。夏には暑くて暑くてとても聴くことのできない、そんなスワンプ・ロックのド真ん中。ド!スワンプの特集で季節の変わり目を楽しんで参りましょう♫

 

① JACKIE LOMAX/Home Is In My Head

スワンプマニアの間では豪華メンバー参加の次作”Three”ばかり話題に上りますが、スワンピーなバンド・アンサンブルという意味ではこちらの方がまとまりの感じられる好作です。必携!!

・商品詳細→ http://bit.ly/2dZ0T9w

 

② JOE COCKER/I Can Stand A Little Rain

グリースバンドのH.マックロウ他、書き切れないほどゴージャズなメンバーに囲まれて朗々とスワンプする一家に1枚の名作。N.ホプキンスの好サポートも光ります。バラッドも素晴らしい。

・商品詳細→ http://bit.ly/2eiZs98

 

③ FINNIGAN AND WOOD/Crazed Hipsters

かのロジャー・トロイがプロデュースした、M.フィニガンとJ.ウッドのデュオによる唯一作。既に渋々の声を聴かせるフィニガンは充分過ぎるほどスワンピーですが、サイケ時代の残り香がうっすら漂う演奏も絶妙に良いです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dYXLKE

 

④ FUSION/Border Town

ライ・クーダーの延々と続くイントロのスライドがマニアの語り草となっている唯一の作品。ライとともにライジング・サンズに在籍していたゲイリー・マーカーをフィーチャーした荒削りなサイケ・スワンプ・サウンドが魅力の名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ehMTrj

 

⑤GEOFF MULDAUR/Is Having A Wonderful Time

ジャズライクでオールドタイミーな曲メロとスワンプサウンドの融合ががたまらない魅力のジェフの最高傑作。エイモス・ギャレットのたまらないギターもたっぷり聴けます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ehLqkx

 

⑥ GROOTNA/Same

先ずジャケットだけでも持っておかないとならないオーラが発散されてますが、女性ヴォーカルとザラついたバンド・サウンドのコントラストが一番の魅力のスワンプ名盤。アングラと思いきや、ジェファーソンのM.バリンがプロデュースというのも面白いです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2ehZw4I

 

⑦ MICHAEL McGINNIS/Rodeo Gypsies

このアルバムがダメといわれたら、もうスワンプは聴かない方が良い!と言われそうな良い曲尽くしの超スーパーウルトラスワンプど名盤。ジャケットもそんなオーラがプンプン臭います。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dYYDiv

 

⑧ MIKE FINNIGAN/Same

スワンプ・ファンには外すことのできない一枚でしょう!!マッスルショールズ録音で、エイモス・ギャレットやマリア・マルダーらの参加ミュージシャンも一流です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dLXCZf

 

⑨ SPOONER OLDHAM/Pot Luck

Dan Pennのソロ作とこのアルバムは、絶対持っていないとスワンプマニアにあらず!と対で語られる踏み絵的!?アイテム。良いとか悪いとかといった(もちろん良いんですよ!笑)次元を超越した両巨頭の記念碑的作品の片方です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1tn7U3x

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】 開催中のあいちトリエンナーレにちなみ、モダン・アートなジャケ特集♪

食欲の秋、スポーツの秋ですが、秋と言えばやっぱり『芸術の秋』でございます。ここ名古屋でも3回目にあたります芸術イベント『あいちトリエンナーレ』も開催中で、モダン・アートに触れることができるのですが、レコード屋さんだってモダン・アートに触れることができる場所の一つです!?

『アートなジャケ』という事では数数えきれなくございますが、今回は敢て『モダン・アート』的アルバムに照準を当ててみました。リリースから30年以上を経てもなお最近の『モダン・アート』に引けを取らない魅力があります。ジャケットが美しいレコードに駄盤はございません。やや高額盤になりますが一生モノの価値あるレコードです。LPサイズだからこそ表現できるモダン・アートの世界を芸術の秋に是非♬

 

① AFFINITY/same

これぞジャケットアートの代表格です。キーフのデザインの最高傑作といって良いでしょう。謎めいた美しいジャケットの包まれた唯一無にの傑作。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhxIc

 

② BEGGAR’S OPERA/Act One

運動会にかけるブリティッシュ・ロックはこれを置いて他はないでしょう。ジャケもまさしくそんな雰囲気ですが、A面冒頭に針を落とした瞬間から最後まで一気にいきます。以降のアルバムでは路線が変わるのですが、実は最高作に推す人も多い傑作。

・商品詳細→ http://bit.ly/19zTR6P

 

③ CRESSIDA/Asylum

下手な美術絵画も真っ青なグレートなジャケット・アートに包まれた朝霧の夜明けの鎮魂歌。ヴァーティゴ以外では二度と出せない稀有なサウンドです。死ぬまで聴ける(!?)と言もえる一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dJdOf0

④ DENNIS/Hyperthalamus

ジャーマン・ロックの有名どころのメンバーが多数参加したセッション風のジャズロック名盤。見れば見るほどに深みのあるジャケットアート。聴けば聴くほどにそのサウンドに酔いしれることができます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZhMmz

 

⑤ FAIR WEATHER/Beginning From An End

ネオン・レーベルの1番で、カントリー・ロックにブラスが加わりユニークなサウンドは、聴くほどにハマる?UK盤の美しいジャケも魅力たまらない魅力を称えた一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/2db8pOT

 

⑥ PETE BROWN & PIBLOKTO/Thousand On A Raft

70年のリリースながら見れば見るほど不思議なジャケは、現代をもってしてもまだまだモダン・アートの域にあります。ブルージーでジャッジーで、ブリティッシュ・プログレを代表する一枚です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1n79Bgd

 

⑦ ROCKIN’ HORSE/Yes It Is

馬です、馬!!一度見たら忘れられないジャケも迫力がありますが、YES IT ISというタイトルもシンプルで潔く、ポップでありながら実にパワフルなサウンドも一度聴くと耳にずっしり残って病みつきに。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dZZNcE

 

⑧ TREES/On The Shore

ご存じ、水撒きお嬢さんのこのジャケもモダン・アートギャラリーに展示されても遜色ありませんよね。説明するまでもありませんが、トラッドを大胆にアレンジしたサウンドもジャケの雰囲気にもマッチしています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dUOHVk

 

⑨ WEB/I Spider

今更ご説明申し上げるまでもない、こちらもブリティッシュ・プログレの名盤です。アートワークも素晴らしく、洗練されたサウンドは耳の肥えた大人のファンをも唸らせるアルバムだと思います。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dCqhl3

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

【今週のお薦め】 食欲の秋、美味しいジャケット特集!

今年は台風があったり荒れたお天気の影響で9月の日照時間がとても少なかったそうで、そのせいか、すっかり暑かった夏は遠くへ行ってしまった感じです。油断していると夏日もやって来るので、衣替えには早すぎて、季節は少し後ろずれてて、なかなか『秋本番』とはなりませんが、これから少しの間は、一年で一番過ごしやすい季節となっていく、、、ハズ?

プロ野球のポストシーズンもあって何かと気忙しく(!?)もありますが、いよいよ芸術の秋、レコード(?)の秋、そして『食欲の秋』。ということで今週は美味しいジャケット特集ということで、見た目から食欲の秋を盛り上げて参りましょう♪ 美味しい秋をお過ごしくださいますように。
 

① BLACK CAT BONES/Barbed Wire Sandwich

タイトル通り、というかこの鬼みたいな黒猫?の想定外のヘヴィなジャケットが怖くて夜に聴くのを(見るのを)躊躇していたことも。。。ジャケに負けず劣らずの内容もヘヴィです。

・商品詳細→ http://bit.ly/29X3z4h

 

② CHRIS SPEDDING/The Only Lick I Know

まさに子供の夢!毎日がこんなオヤツ三昧なら嬉しさ100倍!!裏ジャケのクリス・スペディングのキャンディをなめている写真はシュールです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cOYTmf

 

③ CLIVE JOHN/You Always Know Where You Stand With A Buzzard

“お1つ如何?”と和歌山か愛媛かみかん産地のポスターにもってこいのジャケットデザイン。裏ジャケの何とも英国らしいレンガ色の配色がGood!

・商品詳細→ http://bit.ly/1WiI5Et

 

④ ENGLAND/Garden Shed

プログレファンならずとも英国ロックファンならお馴染みのジャケットは、部屋に飾っても抜群の存在感。このジャムをイギリスで発見した時はホント感動しました。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cZELvT

 

⑤ JEFF BECK/Beck Ola

マグリットがデザインした巨大青いりんごをジャケットにしたこのアルバム。彼のアルバムはどれも名作揃いですが、これも60年代末の作品とは思えない素晴らしいクオリティです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cP0fx8

 

⑥ MARMALADE/There’s A Lot Of It About

バンド名・ジャケット共に、そのままやないか!と突っ込みを入れたくなる作品。休日の朝ごはん時、パンとマーマレードでのんびりと聴いてみたいアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/2cOZZON

 

⑦ NUCLEUS/Same

イギリスのジャズ・ロックバンドではなくカナダ出身の彼ら、割れた卵から出た液体にずっこける姿(足を滑らしている)がエエ味だしてます。中身もエエ感じのサイケ・プログレです!

・商品詳細→ http://bit.ly/1VRpLRY

 

⑧ SWEET LIGHTNIN’/Same

サンキスト・オレンジ!って思いっきり叫びたくなる豪快でアメリカーンなジャケットですが、中身もジャケと同じくらい豪快なサザン・ロックを繰り広げています。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dpdTFx

 

⑨ YES/Tormato

まんまトマトなんですが、これまたヒプノシスがデザインしたジャケットとなると見方も変わってきます。
この頃をスルーしている方も多いのでは!?聴いてみると評価も変わってきます。

・商品詳細→ http://bit.ly/2dsXbEt

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)ステレオ盤

10月は南へ北へ…!?でHPに新着を追加しています!

ファイターズがよもやの逆転優勝!ファンの方にはおめでとうございます!

ソフトバンクとデッドヒートの様相でしたが、おそらくは我がマリーンズの後半の負けが込んだことも影響しているかとは思うのですが…。さて、その我が千葉ロッテマリーンズも前半の貯金のおかげでクライマックスシリーズ進出の運びとなりまして、今年はこの時期にまでプロ野球が楽しめて、ちょっと嬉しいです。

できれば応援にも駆け付けたいところでもあるのですが、何しろ福岡と札幌!さらに希望を言えば広島まで行けると!!と妄想は膨らみますが、いずれも美味しいものと魅惑のレコード・ショップもある街でもあり、ここはマリーンズに勝ち進んで頂いて、私もツアーと参りたいところです。

さて、早いもので今日から10月。プロ野球もいいのですが芸術の秋、レコードを聴くシーズンの到来ですネ♪

スピーカーの前にゆっくり座って、音楽にじっくり耳を傾ける時間を持つことは携帯音源では味わえない贅沢な時間かな。そしてさらに音楽と芳醇な音質の良さに浸る…、もうまさに大人の時間!皆さんもお忙し毎日をお過ごしかと思いますが、そんなお時間を少しでも沢山お持ちいただくことができますように♪

で、聴くもののご用意は如何でしょうか??新着もご用意しております。よろしければご一覧下さい。

新着一覧→ http://sorc.co.jp/newarrivals.html
在庫リストは→ http://sorc.co.jp/stocklist.html

さぁCS!『下剋上』という言葉もありますがどうなりますでしょうか!?

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※先日、歯医者さんに行ったらすんごい飾りつけにビックリで、ネイリストさんには、こうゆうカワイイのも頂いちゃって、オトナのワタシも嬉しかったりして。ハロウィンってすっかり国民的行事に定着しちゃいましたが、既に忘年会やクリスマスの準備も始まっているそうで今年も終わり!?そう思うと急に焦ってきたりして!!

img_4515