【今週のお薦め】キーフ・ハートリーから学ぶ!?ブリティッシュ・ブルース

ブリック・ヤード・ブルース』。

ご存知ですか?少し前になるのですが「すっごい面白い」とお客様に教えて頂きまして、遅ればせながら私も読みました!ホントに「メッチャ面白い!!」。アート・ウッズ、そしてブルース・ブレイカーズのドラマーと聞けばご存知ですよね。そのキーフ・ハートリーの半生(?)をキーフのファンでもありレコード店の店主でもあるイアン・サウスワースさんが文章にしたものですが、口語の文章もとても楽しく60年代のイギリスの音楽シーンが生き生きと描かれています。

今回はあまりに面白かったこの本に登場するレコードをピックアップしてみました。これらはゴク一部ですので機会があればご一読を。ユーロに残留かどうか揺れる英国ですが、祝!女王陛下も90歳!というわけで(?)今週はイギリス。英国ブルースの世界に浸りましょう!

① KEEF HARTLEY BAND/The Battle Of North West Six


キーフ自身のバンド69年の2nd。ちょっとソフトなヴォーカルが粋!ヒネたイギリスらしい音が満載の名盤です。レコーディング後にバンドはウッドストックに出向くのですが…続きは本編で!US盤もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/24OxBvu

 

② BEATLES/Please Please Me

63年に聞いたポールの鼻歌が今でも耳に残る、というキーフの言葉がポールのソングライティングの凄さを教えてくれます。ゴールド・パーラフォンのモノラル盤は、一度お持ちになれば一生楽しめる事間違いなしの逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1XUIRrC

③ THE GRAHAM BOND ORGANIZATION/The Sound Of 65

黒一色のファッションでキメたディック・ヘクストール・スミスは「ワイルドなサックスソロをかましまくっていた」らしく豪華なメンバーを従えたグレアム・ボンドの斬新なギグは凄かったとか。レコードで追体験と参りましょう!

・商品詳細→ http://bit.ly/252hKfM

④ JOHN MAYALL/Bluesbreakers With Eric Clapton

ブリティッシュ・ブルース初のベスト・セラーでクラプトンの出世作、ジョン・メイヨールには「才能発掘伝説」もついた名盤!ブルース・ブレイカーズの掟「は「遅刻をしない」「シラフでやる」だったとか。

・商品詳細→ http://bit.ly/28BV3kl

⑤ JOHN MAYALL/The Blues Alone

全ての楽器を一人でこなしたという渾身のソロアルバムでもキーフがドラムを担当していました。本書のその辺のくだりもまた面白い!シンプルさ故地味な印象ですがキーフ曰くは「時の試練に耐えた」アルバム。是非ご一聴を。

・商品詳細→ http://bit.ly/237y7oR

 

⑥ GROUNDHOGS/Split

チャンピオン・ジャック・デュプリーのレコーディング秘話も面白い!そこにキーフとともに参加しているのが、名ブルース・マン、トニー・マクフィーのバンド、グランド・ホッグスの4作目、イアン・サウスワースの言葉では「狂気のハード・ロック」!

・商品詳細→ http://bit.ly/260mW3f

 

⑦ FLEETWOOD MAC/Peter Green’s Fleetwood Mac


ブルース・ブレイカーズを卒業したピーター・グリーンもチキンシャック、サヴォイ・ブラウンン、グランド・ホッグス、そしてキーフ・ハートリーバンドと切磋琢磨。ミック・フリートウッドと組んだこれも説明不要の名作。ステレオ盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/1U6Y2r2

 

⑧ FAT MATTRESS/Same

天才ジミ・ヘンドリックスとエクスペリエンスには「どぎもを抜かれた!」と書いていますが、そこではベースを担当していたノエル・レディングが、存分にギターとを発揮しています。キーフと親しくしていたミュージシャンたちが、ちょっと身近に感じたりして。

・商品詳細→ http://bit.ly/1URnMY2

⑨ ALEXIS KORNER/Bootleg Him!

ジョン・メイヨールとともにR&Bの木を作ったと評価も高い2枚組ベスト。ストーンズやザ・フー、クリームらには、新たな果実となって一斉に実り始めていく!とキーフは書いていますね。67年が一つの節目だそうですがさてその先は!?

・商品詳細→ http://bit.ly/21kfLPY

 

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、US盤

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中