【今週のお薦め】 オセアニアのハード・ロック、プログレ特集!

先日ははるばる横浜スタジアムまで出かけて参りました。そう!我がマリーンズの応援です。梅雨入り発表直後の日でもありまして、結構雨はふるし(相変わらず雨オンナです!)ベイスターズに一体何点取られたかも記憶にないような試合で…!まぁそんな時もあります(トホホ)。

プロ野球の交流戦も3カード目。

『人気のセ、実力のパ』とはいつの時代の言葉だったか、ですが、相変らず扱いはセ・リーグより「下」の扱いになっている感じは否めないわけですが、それはまるでオセアニアのロックのようでもありまして、今回は攻めあがるダウンアンダーのロックを特集してみました!

交流戦と言えば、我がマリーンズの名物、『挑発ポスター』をご存知でしょうか?セ・リーグを思いっきり挑発しています。しかも今年はCGアニメまで作る凝りようで、是非一度ご覧頂きたいのですが、気持ち的には、このポスターと同じくらい攻めの姿勢で、英米ロックを凌駕する(!?)オセアニアのロックにも是非一度注目してみてください♪

① BAND OF LIGHT/Total Union


オーストラリア産ブルース・ハード・バンドの1枚目。ヘウ゛ィなスライドや埃っぽいウ゛ォーカルなど 漢(男)くささ炸裂のサウンドは、UKのジューシー・ルーシーやハスラーなどに匹敵する素晴らしい出来です!

・商品詳細→ http://bit.ly/1PDUfVw

 

② BUFFALO/Dead Forever…

オセアニアのバンドでは1,2を争うヘウ゛ィさがウリですね。しかもグルグル渦巻きVERTIGOからの リリースとなれば、間違いなくハード・ファンをノック・アウト!!おどろおどろしいジャケットも最高です。

・商品詳細→ http://bit.ly/ZrzsuY

 

③ CARSON/Blown

オーストラリア産、6人組ブルース・ロック・バンドの1st。プログレッシヴなジャケとは異なりブルース・ロック、ブギのオンパレードで、ギターは勿論 サックスも暴れ倒しています。テクニックも上々でインストなどかなりハード。2ndもあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1JkdYV4

 

④ CLEVES/Same

オランダのEarth&FireやベルギーのMad Curry、イギリスのAFFINITYらに比肩する、シドニー発のこのバンド唯一の作品。女性ヴォーカルを中心にしたプログレッシヴ。70年代タツノコプロはガッチャマン風(?)ジャケもグッド ♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1UnDI4a

 

⑤ FRATERNITY/Livestock

AC/DCのBon Scottが在籍していたことでも知られてたフラタニティの1stです。AC/DCでは聴かれない情感豊かな歌い方で、プログレ、サイケ、ブルースをも取り込んだ独自のスタイルを披露する1st。聴きどころ満載。2ndもあります!

・商品詳細→ http://bit.ly/1sv8yBD

 

⑥ HEADBAND/A Song For Tooley


アデレード出身のヘッド・バンド唯一のアルバム。ブルース・ロックやプログレの要素を取り込んでポップな曲調に昇華しているところは、イギリスケストレルにも似た味わいがあります。ユニークなジャケもとても印象的。

・商品詳細→ http://bit.ly/1tex4aE

 

⑦ LOBBY LOYDE/Obsecration

オーストラリアの名ギタリストで、プロデューサーとしても名前を残すロビー・ロイドの2ndソロ作。ソウルフルなヴォーカルに、ブリティッシュ・ハードからも大きな影響を受けたと思わるヘヴィなギターがとてもクール!

・商品詳細→ http://bit.ly/1WDeViE

 

⑧  TICKET/Awake

NZ産4人組ハード・ロック・バンドの1st。プログレ、サイケなどの音楽性を取り込んだハード・ロックは、なかなかの出来栄えで、ファンキーな曲調にも好感が持てます。NZ盤と異なり、こちらオーストラリア盤は見開きジャケットなのも魅力です 。

・商品詳細→ http://bit.ly/1k7KsEf

 

⑨ THE UNDERDOGS/Wasting Our Time
NZのブルース・ハード・トリオ68年の1stに続く2作目。 ワウワウ・ギターを活用しジミヘンの影響下、サイケでプログレッシヴなブルース・ロックです。ニュージー・ランドで1970年にこの様なアルバムをリリースしていたことも驚きです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1qC04k1

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中