5/1~5/5はお休みを頂きます!とHPに新着を追加しました♪

この時期の割には肌寒い日があったりしておりますが、いよいよウキウキのゴールデンウィーク!既に大型連休に突入されていらっしったりするのでしょうか???

当店も勝手ながらお休みを頂戴いたしますので、まずはそちらのご案内です。

【臨時休業】5月4日~5月5日 ※5月1日~3日は定休日

ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程よろしくお願い致します。

この間もメール、SNS等でのお問い合わせには出来るだけ対応させて頂きますので、何かございましたらお気軽にお声かけ下さい。下記SNSで対応させて頂いておりますので、改めましてご案内させて頂きます。どうぞご利用ください。

Facebook → http://bit.ly/24bY1fD
Twitter →   http://bit.ly/1SEnZgU
Line→    http://page.line.me/oxa1666e

月末でしたのでホームページに新着を追加しております。この期間はお出かけの方も多いかと思いますが、その合間にでもお時間あればご一覧下さいませ!

新着一覧→ http://sorc.co.jp/newarrivals.html
在庫リストは→ http://sorc.co.jp/stocklist.html

それでは楽しいGWを!
【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※少し前になりますが、私も行ってまいりました!ボブ・ディラン♪ 名古屋公演でございます。チケット代が高くてひるんでいたのですが、知人に背中を押されまして。いや貫禄で圧巻でした。ゲットしたポスターは知人にプレゼントしてしまいましたので、記念の一枚。
IMG_3303

【今週のお薦め】 イギリス盤で聴く80’s特集!

今度はプリンスの急逝。マドンナ、マイケル・ジャクソンと並ぶこの年代を象徴するアイコンの一つがまた消えたことは、長らくロックを楽しんでいる方には、少なからずショックもあったのではないでしょうか。

そのプリンスが登場したのは80年代。「商業ロック」と揶揄されたことでコアなロック・ファンの評価はすこぶる低いような気がしますが、今週はそんなプリンスの時代の名作をイギリス盤で特集してみました。ブリティッシュ・ロックをイギリス盤のオリジナルで聴く醍醐味もさることながら、アメリカのミュージシャンのレコードであっても、イギリス盤で聴くと音と音、楽器と楽器の分離が繊細でまた違った印象になります。

ゴールデンウィークも目前。やや当店の守備範囲とは違いますが、プリンスへの追悼もこめ、キラキラしていた80年代を名作のイギリス盤で楽しいお休みを♪

① ASIA/Same


エイジアはジャーニーと並んで「産業ロック」と揶揄されたりもしてはいますが、「ヒート・オブ・ザ・モメント」にはイヤでもテンションが上がります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1WnLfVd

 

② BILLY JOEL/52nd Street


洋楽カラオケでもっとも歌われているとも言われている「オネスティ」、そして隠れた(隠れてない??)名曲「マイライフ」収録。ウキウキしちゃいます。

・商品詳細→ http://bit.ly/21eoILe

 

③ DEEP PURPLE/Perfect Strangers

再結成第一弾。黄金期のメンバーでの再結成ということもあり当時はかなり話題になりました。レインボウのようなクラシカルな要素も織り込まれた名盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1T1RsR7

 

④ FLEETWOOD MAC/Mirage


超ミリオンセラー・アルバム「噂」もいいのですが、80年代ファンにはこちらでしょう。キレキレの「ラヴ・イン・ストア」はじめ、名曲のオンパレード。

・商品詳細→ http://bit.ly/1QyqAH5

 

⑤ J GEILS BAND/Freeze Frame


ビデオクリップのはしり、「堕ちた天使」。MTVでよくみました!ピーター・ウルフの畢生の名曲「悲しみのエンジェル」の繊細なタッチをUK盤でぜひ。

・商品詳細→ http://bit.ly/1MVQfyA

 

⑥ MEN AT WORK/Business As Usual

オーストラリアを代表する80年代バンド、の1stアルバム。「ノックは夜中に」、「ダウン・アンダー」収録。究極のサックス・ポップ。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Tux1Q4

 

⑦ QUEEN/The Works

ガガ様の元ネタ「レディオ・ガガ」が収録されているのが、本国イギリスでもミリオン・セラーを記録し、世界でも売れまくったこのアルバム。ヒット曲満載で、ご家族みなさんで楽しんで下さい。

・商品詳細→ http://bit.ly/1y0z1Wc

 

⑧ TOTO/IV

ハード・ロックに「聖なる館」あり、80’sに「聖なる剣」あり!?「ロザーナ」、「アフリカ」、このあたりも、もう35年以上立つんですね。すでにスタンダード?ジャケも内容も最高。UKオリジナル。

・商品詳細→ http://bit.ly/1QyqVJC

 

⑨ VAN HALEN/Diver Down

ヴァン・ヘイレンと言えば「1984」ではなく「炎の導火線」?80年代なら「戒厳令」?「オー・プリティ・ウーマン」収録のこちらもギターフリークには忘れられない一枚。

・商品詳細→ http://bit.ly/1T1SdK6

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】 春風のデュエット特集

この度の震災では、熊本やその周囲で被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。今もまだ余震が続いているそうで、緊張感は続いていますが、これ以上の被害となりませんように、早く普通の生活にもどることができますようにお祈りするばかりです。

音楽を楽しむような雰囲気ではないのかもしれませんが、こいう気分の時に気持ちの励みになるのもまた音楽かと思います。今週は「デュオ」特集!暖かい風も吹いてきました。前を向いて元気に乗り越えていけますように応援の気持ちも込めまして。

① DELANEY & BONNIE/Accept No Substitute: The Original Delaney & Bonnie


アメリカの白人男女デュオといえばこの人達をおいて他にはありません!!
割礼的必携盤です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1ThxiWv

 

② DUANE & GREG ALLMAN/Same


世界的南部男兄弟、デビュー前の録音集。何人たりとも持っておかねばバチが当たります!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1qX3eGf

 

③ GAY & TERRY WOODS/Tender Hooks


良い意味でよりアメリカ色を強めた4作目にして最終作。やはり英国フォーク好きならこのデュオでしょう!

・商品詳細→ http://bit.ly/1SXL1il

 

④ HUMBLEBUMS/Open Up The Door


同レーベルの中では一番メジャー・シーンに近い?ジェリー・ラファティーが在籍のイカしたフォーク・ロック・アルバム。
センスが違いますね。

・商品詳細→ http://bit.ly/1peMbOq

 

⑤ RICHMOND/Frightened

アメリカ憧憬型英国フォークロックの中でもマニア度の高い裏名盤!なマストアイテムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Wd2ecL

 

⑥ RON WOOD AND RONNIE LANE/Mahoney’s Last Stand

二人のロニーによる友情作品。長閑さとロックの内的感情を偲ばせた好アルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SXLh0Y

 

⑦ SHIRLEY AND DOLLY COLLINS/Love, Death & The Lady

これぞ英国の声!コリンズ姉妹名義で残した2作品の中でもこちらは世界遺産的価値のあるアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SXLlO9

 

⑧ SHIRLEY COLLINS & DAVY GRAHAM/Folk Roots, New Routes

シャーリーさん続きで、これもまた英国フォークの歴史的名作ですが、
英国盤よりさらに激レアなフリップバック・カバーのニュージーランド盤です。他に見たことありません!

・商品詳細→ http://bit.ly/1rg9vxj

 

⑨ SIMON & GARFUNKEL/Parsley, Sage, Rosemary and Thyme

デュオといえば、世界一有名なのがこのデュオですが、名作を英国オリジナル盤で聴くのがおつというものです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1eKNnoC

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

(お知らせ)本日4/15は18時閉店とさせて頂きます。と、GWの営業日のご案内。

今日はお知らせをいくつか。

まずは、大変勝手ながら、本日4月15日(金)は18時閉店とさせて頂きます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承の程、どうぞよろしくお願い致します。

またゴールデンウィークの営業日もご案内申し上げます。

4月29日(金・祭日)臨時営業 11:00~19:00
4月30日(土)   通常営業 11:00~19:00
5月 1日(日)~5月 5日(木) 休業

※5月6日(金)以降は通常営業とさせていただきます。よろしくお願い致します。

さて、明日は4月の第三土曜日、『レコード・ストアーズ・デイ』です。メディアでも少し取り上げられるようになってきましたが、ニューヨークのレコード屋さんのツィートから始まり、世界的なイベントになってきていますね。名古屋でもバナナレコードが大々的にセールをするようで、盛り沢山の模様です。

オフィシャルに参加しているわけではないのですが、折角のレコードズトアズデイですから、お店に出向いてみるとなにかいい事あるかもよ!?

また今週は第三週ですので、4月17日(日)も営業いたします。(11時~19時)よろしければご利用ください。

Happy Digging!!

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※久しぶりにホーム、千葉マリンスタジアムに行って来ました!お天気も良く、ビールも美味しく、井口選手のホームランに大興奮♪ 試合も勝ってゴキゲンさんでした。マリーンズの好調同様に私も調子上げて参りたいと思います~!

IMG_3266

【今週のお薦め】 ストーンズやベビー・メタルもいいけどね!ノリノリのライヴ盤特集

最近のホットな話題と言えば、ストーンズがキューバ公演!すごいですね~、本当に。更にベビー・メタルは、ウェンブリーで単独公演!!国内でもエリック・クラプトンに、ボブ・ディランと、大物ミュージシャンの来日も続きますし、更には、夏のロック・フェスにの参加するミュージシャンも続々と発表になっていたりして、こうなると、聴きたくなるのはライブ盤!

ロックフェスを先取りというには早すぎるかな?ですが、株価も為替も不安定だしココは元気に、数多あるライブ盤の中でもノリノリのところで、テンション上げて参りましょう♪

① HUMBLE PIE/Rockin’ The Fillmore


まずはどうですか!このジャケのカッコ良さ!70年代英国ロックのライヴ・アルバムを代表する一枚。重戦車リズムが爆裂前進する中、フィルモア・イーストを揺るがす奇跡のシャウトがこだまする一世一代の名演をお聴きのがしなく!

・商品詳細→ http://bit.ly/1VRsCsv

 

② JIMI HENDRIX EXPERIENCE/Band Of Gypsies


実はこの頃が一番凄い演奏していた!?とも言われています。契約消化のために出されたという話もあり、ジャケにはブライアン・ジョーンズも登場。これが問題で回収されるというハクも付いています。別ジャケのUK盤や仏盤もあります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1S7QKVe

 

③ KINKS/Live At The Kelvin Hall


60年代英国ロックのライヴといえばロンドンのパブやクラブでの小さな所のイメージもありますが、こちらは一味違う感じの会場感。とにかくもう黄色い歓声がスゴイ!この会場に潜り込みたい!?更にこの頃の名曲がズラリと並び、正に後世に残したいそんな一枚。モノラル盤で是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/25XwEV0

 

④ LED ZEPPELIN/The Song Remains The Same


「狂熱のライヴ」という邦題でずいぶん割を食ってしまった感はありますが、ゼップ初の公式ライヴ盤となります。映画で見てから買うと思い入れもヒトシオのアルバムでもありますね。天国への階段のこのソロに何人の若者が卒倒したことでしょうか!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1T1L9js

 

⑤ MAGMA/Live

『プログレ』と聞くと、どうしても暗くて怖いイメージないですか?でもそこはフランス♪実力派ミュージシャンによるパフォーマンスはフュージョン感もあって大人っぽくむしろオシャレ。ユーロ・プログレのライブ盤では屈指の一枚です。オープニングの名曲から怒涛のエンディングまで一気に楽しめる傑作2枚組。

・商品詳細→ http://bit.ly/1oUtxeJ

 

⑥ MC5/Kick Out The Jams

とにかく破壊力抜群。デトロイトの衝撃。ハード・ロック・ファンにとってのキング牧師の演説!?モーター・シティ・ファイヴことMC5伝説のデビュー盤です。漲るパワーが聴衆をグングン引き込んでいくワクワク感もタップリで、聴くほどに、こちらも若返る!?スタミナドリンク的アルバム。ガッツが必要な日のお出かけ前に是非。

・商品詳細→ http://bit.ly/1NmPf18

 

⑦ FREAK OUT/Life

知る人ぞ知るオーストリアのジャズ・ロック・バンドの熱気あふれる一枚。出だしで、お!なかなかやるな、くらいの余裕の気持ちで聴いていたのがいつのまにかめちゃ激しいジャズ・ロックの展開に。サックスが途中からハード・ロックな感じでどんどん引き込まれていきます。 ジャケもオシャレな大人のライブ盤。

・商品詳細→ http://bit.ly/1qNRhmC

 

⑧ ROLLING STONES/Still Life (American Concert 1981)

この時期のストーンズは別物、という扱いもされがちですが、60年代の名曲をこのアレンジで聴かせてくれるところが凄いんです。当時のヒット曲が時代とアレンジを超えて見事に復活。ライヴ・パフォーマンスとしても白眉で、これを一番に持ってくるのは躊躇があってもやはり名作ライヴ。

・商品詳細→ http://bit.ly/1qNPNc1

 

⑨ V.A./Woodstock

先日のストーンズはキューバで50万人を集めそうですが、こちらは40万人を集めたとも言われています。ヒッピーカルチャーのピーク、ロック・フェスティバルの起源、これがなければ我々の人生そのものが変わっていたかもしれないという、ロック・ミュージックの関ヶ原です。解説不要の伝説。必携です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SwPCHS

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】 大統領選挙の年にちなみ、B級アメリカンハードの魅力(その1)

ヨソの国のこととはいえ、「対米従属」な~んて言葉もありまして、メディアも盛んに取り上げているのが、アメリカの大統領選挙ですが、トランプさんという強烈なキャラの方の登場で、極東の一般市民であっても気になるところかな。

そんな大統領選挙の年を記念しまして、新年度の新たなシリーズ!?『B級のアメリカンハード』を特集してみました。ブリティッシュ・ロックは特集も集成もヤマほど出ていますが、アメリカのB級ハード特集ものは、ありそうでなさそうで、そして取上げ始めたらキリがないのもアメリカン・ロックの特徴です。結構ハマると抜け出せない魅力も満載。

ということで、不定期ではありますが、何回かにわけてシリーズとして特集してみたいと思います。

まずはその第一弾・・ということでアルファベットの順に、少しづつピックアップ参りますので、お付き合いの程、よろしくお願い致します。

 

① ALAMO/same


アラモ砦でいいのでしょうか!?メンフィス出身のこのバンド唯一のアルバムは豪快!という言葉がピッタリ。ヘヴィでサイケでブルージーなアシッド・ロックです。ギターもオルガンもそして図太いボーカルも決してメジャーには引けを取らぬ内容はハード好きには堪りません!
・商品詳細→ http://bit.ly/1RWrYY9

 

② AMBOY DUKES/Journey To The Center Of The Mind


テッド・ニュージェント率いるアンボイ・デュークスの2枚目で初期の傑作。ハード、サイケ、どちらのファンからも指示されること間違いなし。特にA面の充実たるや!意外とこの辺りを聴いていない方もいるのでは?UK盤もあります♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1W9Qicb

 

③ BANCHEE/Same

A面は如何にもアメリカン・ロック的なサウンドを繰り広げますが、どんどんハードになり、B面は更にヘヴィに。これぞハード!的曲と、静かな曲でもお構いなしで叩きまくる凄いドラムにも大満足です!完成度はは2枚目に譲るとして、粗削りな未完の魅力溢れた69年の1st。

・商品詳細→ http://bit.ly/1SydaML

 

④ BANCHEE/Thinkin’

正に正統派ハード・ロックへとの道を進んで1stから3年後にリリースされた2ndアルバム。メンバーの影響か、アメリカンというよりヨーロッパの雰囲気漂う曲展開でB級を超越し、もはやA級に近い一枚です。ジャケのデザインはプリンプリン物語!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1Rvd9wh

 

⑤ BLACKSTONE/same

疾走感溢れるA1でとりあず全てのハード・ファンを魅了してしうでしょう!そこからはハードに、ファンキーに、プログレッシヴにと、よく練られた曲が満載。ボーカルがハイ・トーン系で、この辺りがアメリカンだなーと妙に納得させられたり。

・商品詳細→ http://bit.ly/1PRTjGj

 

⑥ CHIRCO/Visitation

人生についてのコンセプト・アルバム…ですが、純粋に音だけで楽しめます!ハード・プログレ的な曲調で、勿論ファズ・ギターが暴れるヘヴィなサウンドも織り込まれています。後のSTXYなどを彷彿させる曲もあり、時代を先取りしていた感じとも言えます。

・商品詳細→ http://bit.ly/1RWtycv

 

⑦ DETROIT/same

ポコラさんの本(4001)で星2個を頂戴している、ミシガン出身のHRバンド、唯一のアルバム。自主制作盤!時代が時代だけに、N.Yパンクや初期ヘヴィ・メタルの影響も受けながらも、70年代のサウンドを有しています。正にB級の中の王道?をいく、愛すべきアルバムです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1q3HlEy

 

⑧ DRYEWATER/Southpaw

プレス数はたった500枚!とも言われています。ポコラさんの本でも(3001)星3つを獲得。如何にも自主制作モノらしい「?」なジャケットですが、メロディアスな曲調でガッツあるツイン・ギターやブルージー且つハイ・トーンなボーカルは既にメジャー級です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1VtVo24

 

⑨ EMERALD CITY/Waiting For The Dawn

こちらはカナダ産HRバンド唯一のアルバムです。トリオ編成でジミ・ヘン・フリーク?的な意識もビンビン。ただ単なるコピーではないのは、ボーカルの声質によるものが大きいのかも。愛らしいカバのデザインのレーベルも魅力的!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1RZLYfr

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、