ワタシも観てきました!レッキングクルー、そして新着追加のご案内

いつまでも暖かくならないものね、と思っていたらば、ここに来て一気に気温も上がりまして、近所の桜も一斉に咲き始めた感じす。プロ野球の公式戦も始まりましたし、新年度もスタートで、シーズの始まり、マリーンズと一緒にワタシも上手くスタートダッシュ!と参りたいところですが、さて今シーズンはいかに?です。

さて、少し前になるのですが、お客様に『絶対見た方がいい』と薦めて頂いたのはいいのですが、当初名古屋での上映予定がないということで、予定を作って大阪で観て参りました!映画『レッキングクルー』

もうご存知の方も多いかとは思うのですが、クレジットはされないまでも名盤を支えていたいわば『職人』にスポットライトを当てた、という映画です。あのビーチボーイズのペット・サウンドをはじめ、え!これも、これも!?と驚きではあますが、道路や建物、北海道新幹線だって、沢山の名もない人の支えがあってこそ…ですが、レコードもそうなのかな、と単純ですが改めて感動してきた次第です。

地味な生活も文句を言わずに積み上げると何か形になるのかも!?

ワタシ自身の生活はなんら変わりないのですが、明日から4月ということで、また気持ちも新たに、レッキングクルー気取りで(?)参りたいと思います。

その後、名古屋でも5月には上映がある事になったそうです。まだの方は是非!
 

月末でしたのでホームページに新着を追加しておりますので、よろしければご一覧下さい。

新着一覧→ http://sorc.co.jp/newarrivals.html
在庫リストは→ http://sorc.co.jp/stocklist.html

 
さぁ暖かくなってきましたよ!!4月もハリキッテ参りましょう~!!!
 

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※お客様からの差し入れで、こんなカワイイ紅茶を頂きました。当店の近くにございます、インドカレーのえいこく屋さんで販売されていたようですが、春らしくカワイイんです♪ お味も楽しみ!ココ名古屋では、今週末がお花見のピークかな?とは思いますが、まだ桜前線が到達していないエリアのみなさんにちょっと春の雰囲気をお届けです。

IMG_3228

広告

【今週のお薦め】桜の開花を待ち切れず!?フラワージャケ特集!

卒業、送別会、新学期、新年度…。

年に1回のそんな季節がやってきました。卒業式を終えられて新しいステージに向かわれる方はワックワクですか??送別会の毎日で肝臓が大変な大人のみなさまには感慨にふける間もなく、新年度で更にお忙しいのかも!?とはいえ、冬の寒さも戻ってきたりして桜の開花も遅れていて、どうも雰囲気が出ない?

ならば、という事で、お花のジャケットで雰囲気を出して参りましょう!華やかで多彩なアルバムたちで新生活に入る皆さんを応援です!

 

① EMMANUELLE PARRENIN/Maison Rose


フレンチ・フォークの名盤でレア盤としても知られるエマニュエル・ペアールのソロ。優しくドリーミーで美しく。ヴァシュティ・バニヤンにも似た…と例えられますが、もっと華やかな印象もあります。ちょっとレアなオリジナルで入荷♪
・商品詳細→ http://bit.ly/1UQzirA

 

② THE DURUTTI COLUMN/LC


英ポスト・パンクを代表する、ヴィニ・ライリーのユニット81年の2nd。アンビエントでマイルドなのにどこか 攻撃的で、ハマります!『お花ジャケ』ではないけれど、このバンドのアルバムはいずれもカバー・アートが凝っていてがお花のように美しい!
・商品詳細→ http://bit.ly/1q9tOvz

 

③ PETER SARSTEDT/Same

インド出身のピーター・サーステッドのデビュー作。問題はジャケ。これでは、一体どんなアルバムなのかさっぱり!?ドノバンやアル・ スチュワートのような、ちょっぴりサイケなフォーク・ポップで、少し甘めのヴォーカルもかなりいい感じ。ジャケにひるまず、是非ご一聴を。
・商品詳細→ http://bit.ly/1SeRh55

 

④ GREASE BAND/Same

英国版レッキングクルー?そんな伝説のセッションメンの1st。曲も演奏もとても気持ちよく体に入ってきます。プリティな花柄の壁紙にむさ苦しいメンバーが乗っているだけで、タダモノではない感じを醸し出しているのですが内ジャケも!
・商品詳細→ http://bit.ly/1Tcwzrc

 

⑤ JESSE COLIN YOUNG/Together

ご存じヤングブラッドのジェシ・ヤングの1stソロアルバム。思いっきりリキみがなく、どの曲も味があって、かつリラックス感もあり、ゆらゆらとすごす春の日にはもう欠かせない一枚。ゴールデンウィーク前には手にしたい!?
・商品詳細→ http://bit.ly/1Rmy70F

 

⑥ TAI PHONG/Windows

言わずとしれたフレンチ・プログレバンドの2nd!ジャケのピンクの木は桜かな。桜は儚さの象徴でもありますが、ベトナム出身のカーン・マイの、ちょっと中性的なヴォーカルが他にない不思議な儚さ、とても魅力的です!
・商品詳細→ http://bit.ly/1UvogZn

 

⑦ BONNIE DOBSON/Same

グレイトフル・デッドやジェフ・ベックで有名になった、あの『モーニング・デュー』はこの方のオリジナルです。その名曲も含む、カナダ出身のSSWボニー・ドブソン、70年のアルバムです。ジャケ通り、都会的で華やかで春らしい一枚です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1RmyisY

 

⑧ OVARY LODGE/Same

インプロビゼーションのライブ・レコーディング・アルバムは、針を落とすと、ここは高野山!?!?と思ってしまうような静謐で厳かな空気が一気溢れてきます。驚いたあとは、もう耳を、いや、身体をレコードに任せるだけ。蓮の花に囲まれた気分になれるかも。
・商品詳細→ http://bit.ly/1LRRnTy

 

⑨ TULLY/Same

オーストラリア産サイケ・プログレッシヴ・フォークの名盤です。サイケはダメ、プログレはダメ、フォークはダメとかこのバンドを語るところに、お好みでないワードが含まれている方こそハマるアルバムではないでしょうか?ヘヴィでもあり、ポップでもあり、 そしてトリッピー。クセになります!
・商品詳細→ http://bit.ly/1q9uykc

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】うららかな春には、ちょっと不思議なストレンジフォーク♪

三寒四温ですねー。春分の日もすぎましたが気温の低い日もあり油断はなりません。それでも、桜の開花宣言聴かれ始めると、春うらら♪

そんなうららかな春の陽だまりを更に心地よくさせてくれる音楽をお探しではありませんか?3月は出会いと別れのシーズンでもあり、4月からの新しいスタートを控えている方には少し不安で心細い、そんな時期でもありますね。うららかなお天気に反して、少し心が揺れている…そんな感じを表しているのが、名付けて『ストレンジ・フォーク!』。ユルめのテンポで不思議なリズムがこの時期にピッタリです。是非お試しを♪

 

① BILL NELSON/Northern Dream


BE-BOP DELUXEで名を上げるビル・ネルソンが、英国のかの有名カルトレーベル『ホリーグラウンド」系レーベルからリリースしていたマニア向けアシッドフォークの逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1RuOxQ8

 

② BOOZE HOISTER BAND/Tavern-Tales


激レアの前作から少し改名し、エレクトリックかつしっかりした構成に転換して作成されたセカンド。オランダのフォークを語るときは忘れたくない1枚です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1T3bSy3

 

③ DAVID PARKER/Same

当時の英ポリドールを代表するかのような、得体の知れないSSWアルバム。アンドウェラ絡みと噂されていますが、どのように?というのがいつまでもハッキリしない、ストレンジな1枚でもあります。
・商品詳細→ http://bit.ly/1MvlmeP

 

④ FOX/Tails Of Illusion

元 Wooden Horseのスーザン・・というのは今でこそ良く知られた歌姫ヌーシャ・フォックスですが、彼女の七色変幻ヴォイスこそストレンジでバンドカラーをイメージ付けています。
・商品詳細→ http://bit.ly/1UtTiA4

 

⑤ LINDA PERHACS/Parallelograms

常夏のハワイにもこのようなクールなサウンドがあったのか!とマニアの心を震わせたフィメール・アシッド・フォークの名盤。レアオリジナルで!
・商品詳細→ http://bit.ly/1MivxIL

 

⑥ SEEMON & MARIJKE/Son Of America

FOOLのメンバーだった二人のデュオ作。ISB的なよれた雰囲気がマニアの琴線をくすぐるストレンジ・フォークのUS代表。プロデュースはグラハム・ナッシュ!
・商品詳細→ http://bit.ly/1RXLRuU

 

⑦ WELFARE STATE/Welfare State Songs

Comusか本グループか!? インクエディブルズを100倍ストレンジにしたような、今回の特集ではチャンピオンに推薦したい1枚。レア度、ジャケのぶっ飛び度も最高レベルです。
・商品詳細→ http://bit.ly/1uDYHc9

 

⑧ OBELISQUE/How Time Flies

オランダのグループですが、英国でプレスされた激レア・アシッド・フォーク系のアイテムで、ポコラの1001にも掲載されていた逸品です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1UdNtaC

 

⑨ INCREDIBLE STRING BAND/Liquid Acrobat As Regards the Air

ストレンジ・フォークの家元は、今となってはとても聴きやすいです!その中でも特に耳当たり良くロック・ファンも聴ける名盤が本作でしょうか?
・商品詳細→ http://bit.ly/1WAap16

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】開幕間近で「前夜」な60年代ブリティッシュ・ロック特集!

もうすぐいよいよプロ野球も開幕!もう待ち遠しい限りですが、昨日はチケットをお譲り頂きまして、地元ナゴヤドームにドラゴンズ対ファイターズのオープン戦を診て参りました!マリーンズファンのワタクシにとりましてはちょっとした偵察でうす!?うふふ。

とにかく麻薬や賭博や円陣(?)やらと、あまり明るくない話題ばかりでしたが、早く開幕してスポーツの底力で吹き飛ばしてもらいたいところです。 ・・ということで開幕前夜、今回は栄光のブリティッシュ・ロックの前夜、甘酸っぱい60年代英国ロックで「前夜」な気分を楽しめるアイテムをピックアップ!いずれも定番中の定番。一生もののレコードになること間違いなしです。

① MOODY BLUES/The Magnificent Moodies


ムーディー・ブルースといえば「サテンの夜」以降のプログレの方が人気ですが、ブリティッシュ・ビートの我々にはやはりこれ!この甘酸っぱい哀愁としびれるようなタテノリで一気にセピア色です。必殺Go Nowは是非ご唱和を。UKモノラル、オリジナル。(ボックスド・デッカ盤US盤もあります!)

・商品詳細→ http://bit.ly/1RLST6a

 

② ART/Supernatural Fairytales


スプーキー・トゥースの前身。この古めかしくも絶対マネのできない独特の雰囲気はどうですか~。最高のジャケに最高の雰囲気英国オリジナル初回オレンジ・ボールはレアです!
・商品詳細→ http://bit.ly/1FO96Wx

 

③ CRAZY WORLD OF ARTHUR BROWN/Same

これぞ、オルガン・へヴィー・ロックの始祖鳥。ハード・ロックの範疇で語られることも多い作品ですが、とにかく怒涛の勢いで一気にいきます。アトミック・ルースターを超越したオルガンとド迫力ヴォーカルによる歴史的快挙
・商品詳細→ http://bit.ly/1S26xoj

 

④ GRAHAM BOND ORGANIZATION/The Sound Of 65

ジョン・ボーナムをして世界最高のバンドと言わしめた国宝級の名盤。裏ジャケは元祖エアプレー!?燃えたぎるジャケに包まれて飽きのこない死ぬまで聴ける名作。再発もあります!
・商品詳細→ http://bit.ly/252hKfM

 

⑤ GUN/same

ガーヴィッツ兄弟(当時はカーティスを名乗る)の進撃はここからはじまった!リフ攻撃の概念をロック界にもたらした古典。前近代的なリズムと雰囲気、そしてジャケも最高です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1RjeGrz

 

⑥ THE HERD/Paradise Lost

レイフ・ギャレットのような甘いマスクの若き日のピーターフランプトンが印象的なジャケですが、内容は一級品のブリティッシュ・ビート。もしかしたらジャケが損をしているのかも。ステレオ盤もあります!
・商品詳細→ http://bit.ly/1eOkk3b

 

⑦ MANFRED MAN/Soul Of Mann

インスト作品ながらも、その雰囲気抜群のオルガンが60年代のにおいを充満させてくれます。聴くほどに湧き上がる高揚感がたまりません。UKオリジナル。モノラル・プレス!
・商品詳細→ http://bit.ly/1WnPjCR

 

⑧ MARMALADE/There’s A Lot Of It About

知る人ぞ知る、ビート・ロックとサイケデリックの吸い込んだ甘酸っぱさ漂う、ソフト・ロックの隠れた傑作。地味なジャケに見過ごしがちですが、見逃せない内容です。ちょっと珍しいイスラエル盤もあります。
・商品詳細→ http://bit.ly/1WnPjCR

 

⑨ RENAISSANCE/Same

アニー・ハスラムのルネッサンスほどの華やかさはないかもしれませんが、郷愁漂うこのなんともいえないムードは第一期ならではのものです。
・商品詳細→ http://bit.ly/1prDoKd

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

【今週のお薦め】知られざるユーロ圏のジャズ・ロック特集!

相変わらず気温差が激しい毎日です!

震災から5年だそうで原発も沖縄も国内の情勢は変わらないよりむしろ経済もそうですし、世界的にも難民とかイスラム国とかね。なんだか不安感は広がっているような、、、、ですが、ヨーロッパではイギリスがEUから離脱するとかしないとか。EUが発足した時って、ヨーロッパってスゴイな!と思ったものですが、音楽に関していえば、もしかしたらEU統合前の方が国による違いは大きかったりするのでしょうか?陸続き故お互いに影響はしあっているんだと思いますが、クロスーオーバー感と申しますかフュージョン感がイイ感じ。ということで、今週はそんなEUのイギリス以外のジャズロックを少しピックアップしてみました!

世界のリーダーさん達にも、こういったクロスオーバー感覚を期待!?

① ZAO/Z=7L

フランスのザオ、天下のヴァーティゴ・レーベルからリリースされたデビュー作。マグマを脱退したメンバーを中心に結成された本アルバムは、ロックの情熱とジャズの高度なテクニックが渾然一体となって、襲い掛かってくる最高作です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1Ys8g8U

 

② SURYA/Same


先述のザオのメンバーが結成したスーリヤ、唯一のアルバム。1曲でボーカルが入る以外は全てインストで、バイオリンをフューチャーしたテクニカルなジャズ・フュージョン・サウンド。メンバーのテクニックも相当なもので聴かず嫌いでは損です!?
・商品詳細→ http://bit.ly/1JFga9o

 

③ WOMEGA/A Quick Step

ベルギーのバンド唯一のアルバム。プログレ好きの方からも気に入ってもらえそうなカンタベリー・テイストたっぷりのジャズ・ロック。セクシーなジャケも最高!しかもブックレット付でマニア心をくすぐります。
・商品詳細→ http://bit.ly/1IEjVuQ

 

④VILDKAKTUS/Tidsmaskinen

スウェーデンからはこちらヴィルドカクタスの1stアルバムです。北欧にはよくある、歌心溢れたジャズ・ロック作で次が読めない不思議な曲構成と卓越したメロディセンスとジャッジーな展開が妙に嵌ります。

・商品詳細→ http://bit.ly/1zkJkkU

 

⑤ POP WORKSHOP/Vol.1

スウェーデンからもう一つ紹介。優れたテクニックを持ったメンバーで構成されたこのアルバムは、バンド名とは裏腹に、インスト中心の本格的なジャズ・ロックを展開。グルーヴ感満載の内容です。

・商品詳細→ http://bit.ly/1MfZ0PJ

 

⑥ NEW TROLLS/Tempi Dispari

イタリアン・ロックでは有名なバンド。70年代の名作揃いで影が薄い本アルバムですが、どっこい、ジャス・ロックの観点からみると天下一品の内容!曲名がその拍子を表す通り変拍子主体の曲調ながら、従来のドラマティックな展開も含んでの傑作アルバム。
・商品詳細→ http://bit.ly/1TYdHdQ

 

⑦FLAMENGO/Kure V Hodinkach

東欧の旧チェコ・スロバキアのジャズ・ロックバンド。ワイルドなサックスをフューチャーし時にハードなサウンドも織り交ぜながら畳み掛ける展開は、手に汗握る迫力ある内容に。唯一の作品です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1p5hBqQ

 

⑧ PASSPORT/Doldinger Jubilee Concert

名前だけは聞いた事あるけど実際にその音に触れたことがある方は少ないのでは!?ドイツではメジャーな存在で、特にこのライヴ盤は強烈な内容です!参加メンバーをみてもツワモノぞろいで、ド迫力な演奏に度肝を抜かれます。続く75年のライヴ盤も必聴です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1QEoJoE

 

⑨ MAQUINA!/En Directo

スペインからはこのバンドを。彼らの2作目にして2枚組の力作!ライヴ音源をメインに、ブラス隊の暴れっぷりとブルージーな曲調が混沌としイギリスのIFやWEBを髣髴させてくれる、ジャズ・ロックを繰り広げています。
・商品詳細→ http://bit.ly/1TpRF6f

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、

メールマガジン『ロックの王道を行け!』:第369回 ZELJKO BEBEK – “…Skoro Da Smo Isti”

【メーマガジン ロックの王道を行け!】

ZELJKO BEBEK – “…Skoro Da Smo Isti”
1978 YUGOSLAVIA JUGOTON LSY-68047
(Heavy Progressive Rock)

RARE度:★★★★

Member :
Zeljko Bebek(b,vo), Neven Pocmic(key),
Dragon Didti Jankelic(ds), Eduard Mihael Bogelic(g)

Side (A)
1. Skoro Da Smo Isti
2. I Tako To Ostaje
3. Podijum

Side (B)
1. Srušeni Zidovi
2. Upitaj Sebe
3. U Tišini
a. Reminiscencija
b. Epilog

ユーゴスラヴィアを代表するロック・グループ、BIJELO DUGME、ご存じですか?

ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のグループで、1974年にデビュー、数々の名作ロック・アルバムを発表しています。 ジャケがちょいエッチ(既に死語か)でドキドキ(これもか)なのが多く、その手のファン(?)にも有名かもしれませんが、まあそれはさておき、内容はどれもすごいものがあります。

このアルバムは、そのBIJELO DUGMEのヴォーカリストが1978年に発表したソロ・アルバムです。

ふつう名ロック・グループのソロ・アルバムというのは、名選手が名監督にならない長嶋茂雄のようなもので、在籍グループを超える作品にはならないのが世の常ですが、この作品は良い意味で期待を裏切ってくれます。BIJELO DUGMEのよりももっとプログレッシヴで叙情的な部分も多く、オトナ(カタカナ・・)はこっちかもです。

西側以外の国の70年代ロックって、単調な8ビートを連発しすぎなものが多く、調子に乗って食べ過ぎてもう二度と食えないインスタント食品のような側面もありますが(ちなみに私はボ〇カレーはもう無理です。)これは違います。

ハードロックと言っても全体的にミドルテンポでめちゃめちゃ激しい訳でもないのですが、曲やアルバム構成もがどれもよく練られていてます。オルガンも気持ちよく、ギターもエレキあり、アコースティックあり、時にはストリングスまでも導入。ドラムスも適度に湿り気のある柔らかさで、聴き疲れしません。まさしくアナログの味でもあります。

そしてなんといってもそのど真ん中を突き抜けるヴォーカルが、何よりもかっこいいです!

78年にして、楽器はどれも古めかしい音。もしかしたら最近の大学の軽音(これも死語か)の連中の方がよっぽどいい楽器で演奏しているかもしれません。でもこういう古い楽器の音ってなんとも言えない魅力があっていいですよね~。バニラ・ファッジが好きってあの感じ。70年代ロックが好きな人には棚収納&ヘヴィー・ローテ必至の一枚です。

ところでみなさんは英語以外のロックってどうですか?

その昔、初めてイタリア語でロックを聴いた時には、きしめんのようなスパゲティ(フェットチーネです・・)を初めて食べたときのような、頭蓋骨をハンマーで殴られたかのごとき(死にますね)新鮮な衝撃を覚えたもんです。

このアルバムも同様に、英語じゃないので、もうグループ名からして読めないのですが、そんな不思議な語感で歌い上げる感じが違和感サイコー! 最近はレコードをそのタイトルやアーチスト名を正確に発音できないこういうアイテムでも購入できるので良い時代になりました。昔私は店頭で「フォーミュラースリー」やったことあります。(・・といいながら、今回のこの人の名前、私はいまだに読めないですが。)

さて内容ですが、曲はどれも凝っています。A面もゆるやかに重くならず軽すぎず、かといってオトナ過ぎずに流れていき、捨て曲なし。 そしてB面になるとさらにだんだんよくなっていく感じで、B-2なんかは非常に摩訶不思議な展開。 鳴門海峡の渦にバッジー(BUDGIE)が吸い込まれていくようなめくるめくサビ、この感じがたまりません。 長年ロック聴いてきた人も思わず箸を落としてしまうような展開ではないでしょうか?

のっけからのタテのりのピアノで迫る、このアルバムのラストを飾るB面のラスト(あたりまえか)も圧巻です。大海原の波に揺られているような、大きく叙情的なリフに導かれ、せつせつと歌い上げてくれます。ストリングスの巻きつきも抜群ですね。突然のリズム・チェンジも最高です。

そして再びアルバムの出だしの効果音、街の喧騒に戻ってきてドラマは幕を閉じるのです。

ジャケットもシンプルながらも印象的でユニークでイカしています。裏ジャケの真ん中に映っている方が、不祥事を起こしたて記者会見するときの企業トップが放心状態になっているかのような、うつろな表情をしているのが気になるところで、他のメンバーはそれなりなのに、原稿の段階ではチェックしなかったんでしょうかね?

そんなことはさておき、こういう埋もれた逸品を楽しめる喜びを糧に、年度末にいざ!

(2016.03.02)

こちらのレコード在庫にあります!

5002577 ZELJKO BEBEK/…Skoro Da Smo Isti 14,280円(税別)

詳細は→ http://bit.ly/1oY4mc5

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※「ロックの王道を行け!」は、まぐまぐを通じて配信しているメールマガジンです。バックナンバーも公開しています。
詳細はこちらからどうぞ→ http://www.mag2.com/m/0000024748.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※バックナンバーはHPでも掲載しています。
http://sorc.co.jp/mag/backno.html

【今週のお薦め】春よ来い♪桃の節句記念!各国のお雛様たち…女性ヴォーカル特集♪

暖かい日があったかと思えば、急に気温がグググと下がったりと油断できない日が続いておりますが、日差しだけは少し春らしくなってきたような気がします。月も替わって3月!そして今週はひな祭りウィークという事もありまして、女性ヴォーカルをフィーチャーしたアルバムを集めてみました。特に春らしく華やかなもの…というポイントで選んでみましたが如何でしょうか?今の時期に似合うサウンドが見つかるといいのですが。

月も替わりいよいよ3月!!また気分も新たにフレッシュに参りましょう♪

① ANN MORTIFEE/Baptism

カナダのSSWのアン・モーティフィーのセカンドです。ハリのあるハイトーンが特徴で、とても透明感があって清々しく、メントール剤のようなアルバムです。荒んだ心を、キレイに洗いたい時(?)にお薦めです。

・商品詳細→ http://bit.ly/1OMdXHt

 

② CARITA HOLMSTROM/We Are What We Do

カリタ・ホルムストレムはフィンランドのSSW。かなりジャッジーな演奏をバックにどちらかといえばポップで、さりげなくとても親しみやすいシンギングで、不思議と気分もリラックス♪こころがユルみます!

・商品詳細→ http://bit.ly/1TOUsVp

 

③ EARTH & FIRE/Atlantis

ネペンザからリリースされている1stアルバムのUK盤はレア盤の一級品!そのオランダのプログレバンドの2ndアルバムです。ロック色の強かった1stに比べるとややポップで甘い曲もあり、春先のムードです。ジャケはひな祭りよりお花まつりかな?

・商品詳細→ http://bit.ly/1VOPxmv

 

④KSENIJA ERKER/Same

女優としての実績もあり、70年代からシャンソン歌手としてアルバムをリリースしていたクロアチアの実力派シンガー、クセニジャ・アーカーが85年にリリースしていたポップチューンのアルバムです。j時代ならではの明るく伸びやかな曲と演奏に単純に楽しい気分になります!

・商品詳細→ http://bit.ly/24z5Rh9

 

⑤ MANDY MORTON AND SPRIGUNS/Magic Lady

イギリスの代表を選ぶのはかなり難しいのですが、今回は新着から、こちら、マンディ・モートン&スプルリガンス!!に美しいヴォーカルと優しいメロディは、お雛祭りに相応しい一枚でしょう。しかもレア中のレア、ブルーワックスで入荷しています。

・商品詳細→ http://bit.ly/1T6hrwd

 

⑥PIERROT LUNAIRE/Gudrun

イタリアからは、プログレユニット、ピエロ・リュネールが女性ヴォーカル、ジャクリーン・ダービーを大々的にフィーチャーした2ndアルバム、グルドン!春爛漫、春の狂気といった華やかで繊細で、アバンギャルドな世界が最高です。少し先、桜の狂い咲く時期方がにあうかも。

・商品詳細→ http://bit.ly/1d0f8QW

 

⑦ TINA RAINFORD/Silver Angel

アメリカにはステキな女性ヴォーカリストは沢山いるのですがここはあえてこのアルバムで。春先らしい陽気なポップ・アルバムで、ビジュアルもカワイイし、このジャケを眺めながら聴いているだけで心もウキウキして来ます!

・商品詳細→ http://bit.ly/1XYcbtM

 

⑧ VERONIQUE CHALOT/Jay Vu Le Loup

フランスにも『森の妖精』がいます。フレンチ・フォーク屈指の一枚と言われているヴェロニーク・シャーロットの2ndアルバム。静謐で上品で美しく、まさに、お雛さま!お内裏様でなくても骨抜きになっちゃうかも!?

・商品詳細→ http://bit.ly/1Qkuo1O

 

⑨Yael Levy/Same

イスラエルのSSW、ヤエル・レヴィのデビューアルバムです。A1の「ピクチャー」はアーミー・ラジオのオープニングでも知られているとか。ジャケは地味ですが、ターンテーブルに乗せるや否や美しく可憐な音楽が放たれ気分も華ぐ一枚♪

・商品詳細→ http://bit.ly/1pmKOhy

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)、