【今週のお薦め】冬の夜に沁みる、英国ブルージー・ロック特集

ウィークリー特集の第4弾! 冬の夜に沁みる、英国ブルージー・ロック特集です!

暖冬だと油断をしていたら、来ましたねー。寒波。沖縄でも雪だそうで、名古屋でも気温の低い日が続いておりまして、ほんっとにに寒い!こうなると、折角の冬の「夜長」でもありますし、早めにオウチに帰って、シブシブの音楽で楽しむに限ります。マントルピースとブランデーでなくても、こたつとミカンでも十分楽しめるブルースブルース・ロックで如何でしょう!?と、いうわけで早速いってみましょう!

① ANIMALS/Same

渋々です! 若くて熱いブリティッシュ・ブルースの魂がここに。一曲目からシンプルにカッチョいいです。 UK盤とは合わせ鏡になったジャケもオシャレな仏盤です。UK盤もあります♪
・商品詳細→ http://bit.ly/1SJ73di

 

② CHICKEN SHACK/Unlucky Boy

初期のアルバムもいいのですが、スタン・ウェッブはココでもやってくれます。ギターがとてつもなくかっこいい、英国臭ほとばしる渋さ抜群の一枚。
・商品詳細→ http://bit.ly/1RKZCSL

③ CHRIS FARLOWE & THE THUNDERBIRDS/Same

若き日の彼の卓越したヴォーカルが闇夜にこだまするデビュー作。生涯忘れえぬ名曲、Stormy Monday Blues 収録!
・商品詳細→ http://bit.ly/1CZVaZn

④ GOLIATH/Same

あまり評価されてこなかったのが、不思議な位の隠れた名盤代表。ジャジーな演奏にリンダ・ロズウェルのいぶし銀女性ヴォーカルが徹頭徹尾冴えわたる傑作です。
・商品詳細→ http://bit.ly/1MyMn4l

⑤ JOHN MAYALL/Plays John Mayall Live At Klooks Kleek

ほとばしるハープ、渋いギター…、デビュー・アルバムにして、彼のキャリアの中で最も熱気あふれるライヴと言えるのではないでしょうか?
・商品詳細→ http://bit.ly/1nMZUft

⑥ MARTHA VELEZ/Fiends and Angels

クラプトン、ポール・コゾフ、ジャック・ブルース、ブライアン・オーガー…本当ですか、そのメンバー!?豪華バック陣にも負けないヴォーカルが魅力。のヘヴィー・ブルース!
・商品詳細→ http://bit.ly/1nw17rL

⑦ RUMPLESTILTSKIN/Same

「ランプルスティルトスキン」…バンド名が長いのが難点ですが、それ以外は全てプラス!?抜群のヘヴィー・ブルース・ロック、隠れた傑作です。UK盤は珍しいかも!?
・商品詳細→ http://bit.ly/1JBxyP7

⑧ FLEETWOOD MAC/Peter Green’s Fleetwood Mac

お馴染み!英国3大ブリティッシュ・ブルース・バンド、デビュー作。くすんだ紫煙とヘヴィ・リカーが似合いそうです♪モノラル盤で是非。
・商品詳細→ http://bit.ly/1IE0yFk

⑨ BLACK CAT BONES/Barbed Wire Sandwich

轟音、骨太、怒涛。英国ヘヴィー・ブルース・ロックのもはや『至宝』!? UKモノラル・オリジナルです!
・商品詳細→ http://bit.ly/1S8J0Vn

 

 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中