COSMIC EYE – Dream Sequence

いわゆるラーガ・ロックのユニット72年の唯一のアルバムです。緊張感とのあるジャジーな演奏にシタールとタブラが絡んでサイケでユニーク。演奏がしっかりしているので長尺感もありません。ジャケも面白く、言論の自由を弾圧するような発言がありましたが、我々市民にはこういう目つきが必要かもよ!?インド・ジャズ特有の力強いくてしなやかなサウンドがとても魅力的。緊張と弛緩と…ライフスタイルにも取り込んでみたいものですが果たして…!?

COSMIC EYE/Dream Sequence (72 UK-REGAL ZONOPHONE SLRZ 1030) 商品詳細→ http://bit.ly/1QVbf9V

SIMON & GARFUNKEL – Parsley, Sage, Rosemary and Thyme

ご存知のサイモンとガーファンクル、66年のアルバムです。今日は朝から久しぶりに梅雨らしい雨で、雨の日はフォーク!ということで王道です。UK盤には”Homeward Bound”が収録されていないのですが、澄んだギターの音色に、全体的にどの曲にもUK盤のサウンドがよく似合っているようで、一曲少なくても損をした気分にはなりません!?リリースから間もなく50年ですが7 O’Clock Newsなんて曲もありますが、少しは世界は進んだのかな?とかもね。

SIMON & GARFUNKEL/Parsley, Sage, Rosemary and Thyme (66 UK-CBS SBPG62860) 商品詳細→ http://bit.ly/1eKNnoC

DAVID CHALMERS – Looking For Water

南極で80万年以上前の氷柱を掘削する計画を発表!というニュースで思い出したのが、このジャケットですが、ちょっと違ったか…。そのジャケ印象的なのはデヴィッド・チャルマーズさん77年の2ndです。アップ・テンポのステキなギターサウンドに乗る、耳触りのいい少し低めのヴォーカルが心地よく、どの曲もゴキゲンに楽しめます。氷柱には昔の「大気」が詰まっているそうですが、録音当時の雰囲気もたっぷり詰まったオリジナルLPで是非♪

DAVID CHALMERS/Looking For Water (77 US-RIVER RECORDS SRR 1001) 商品詳細→ http://bit.ly/1Keq43g

MUSICA ORBIS – To The Listeners

6月24日って「うたの日」、「歌に感謝する」そんな日なんですって!BEGINの提案で始まったそうですがコレは粋♪USロックバンド77年の唯一のアルバムにも、そんな歌える喜びや音楽対する愛情が溢れています。ヘヴィではないのですが曲もプログレからジャズ、ややポップなチューンもあってとてもカラフル。アルバム・タイトルもいいですね。自主制作に近いリリースのようですが音質もよくそこにも製作に関わった人の愛情があるのかも!?お薦めです♪

MUSICA ORBIS/To The Listeners (77 US-LONGDIVITY LD 1) 商品詳細→ http://bit.ly/1Hd8dJD

DECEMBER’S CHILDREN – Same Title

パワフルな女性ヴォーカルが特徴のUSガレージ・サイケの名盤にあげられる一枚です。テキサス臭も感じるサウンドは、垢抜けてはいないのですが構成も曲もヴァリエーションがあって切れ味もよくパンチ力も抜群。今日は赤いものを身に着けて国会を取り囲む『女の平和6.20国会ヒューマンチェーン』なるイベントがあるとか。メディアの扱いも少なく、地方では熱気も伝わりにくいのですが、マイナーでも熱い赤色ジャケのアルバムでちょっと参加気分です♪

DECEMBER’S CHILDREN/Same (70 US-MAINSTREAM S 6128) 商品詳細→ http://bit.ly/1NcegNx

DONOVAN – HMS Donovan

パトリック画伯のジャケと付属のポスターがとてもステキなドノバン先生71年の作品です。フォーク・ロック、サンシャイン・ポップ路線を逸脱したこの挑戦的な2枚組は最高作との評価も受けながら一聴の限りではやっぱ「ん?」な印象かな。うっとりするギターの音色と少しスピリチュアルな世界に身を委ねるのがよろしいかと。従来の方針に限界を感じたら、政治家先生も転換した方がいいかもよ。6月19日のロマンスの日によせてロマンティックな一枚♪

DONOVAN/HMS Donovan (71 UK-DAWN DNLD 4001) 商品詳細→http://bit.ly/1I0oH6G

NATIONAL HEALTH – Of Queues And Cures

MERSですか…。緊急事態にはなっていないようですが、気になる、お隣の韓国で蔓延中のウイルス。そうなると国民健康!?ナショナル・ヘルスの出番です♪カンタベリー・シーンを代表するジャズ・ロック・バンドの2nd。少しフュージョンライクで緊張感のある演奏ですが、弛緩の塩梅が絶妙で心地よく、ヴォリュームを上げて楽しんで頂きたい一枚です。 音楽でウイルスの退治はできないですけど、気が滅入るときには、元気なサウンドで景気づけです!

NATIONAL HEALTH/Of Queues And Cures (78 UK-CHARLY CRL 5010) 商品詳細→ http://bit.ly/1H0CAmo