カテゴリー: お知らせ Informationブログ Blog

今年もお世話になりました♪ 新年は1月7日から営業再開です!

2014年もいよいよ、おしまいですネー。

振りかえれば、今年は福岡ドームの開幕戦に行く事ができたものの、マリンスタジアムにも一度しか足を運べなかったし、映画も読書もあまり進まなかったな、、、というのは、たぶんレコードを沢山聴いていたせいかな??と、また自分に都合の良いように解釈したりしていますが、一年の終わりということで、2014年に印象に残った映画と本をピックアップしたりしてみました。

 

 

邦題は「やさしい本泥棒」。原作はドイツの小説だそうで、ストーリーがしっかりしていて、どのシーンも美しくて感動です!機会があれば是非。

こちらは少し前に読んだもののですが、『ウルトラセブンが「音楽」を教えてくれた』。ウルトラマン・フリークではなくても、レコードを聴いている方にもとても楽しいお話です。ちょっとスリリングでもあります。

http://www.artespublishing.com/books/903951-65-2.html

映画も読書も皆さんにお勧めできるほど、たくさんの数をこなしているワケではないのですが、年末年始のお休みのお共にいかがでしょう!?ということで。

その年末年始は、以下の通りお休みを頂戴いたします。またご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承の程よろしくお願い致します。

 

   年末年始のお休み: 12月 29日 (月) ~ 1月 6日 (火)

 

この期間中もメールやSNSでのお問い合わせにつきましては、できるだけ対応させて頂きますので、何かございましたらお知らせください。少しお返事にお時間を頂戴するかとも思いますが、その点もご了承ください。

新年は1月7日から営業を再開いたします。新着の更新も1月7日の予定です。宜しくお願い致します。

今年も本当に沢山の方にお世話になり、一年を元気に終了することができ、感謝です!!皆さんありがとうございました!!!いよいよ来た!と言われている「アナログ・ブーム」は本当なのか、不安と期待の2015年も、またステキなレコードに沢山出会えますように!!!

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp
水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※『レコード・マップ2015』、昨日届きました!もう書店にも並んでいるかと思います。「さようなら・・・」のあと、1年お休みしただけの形ですが、一応「リターンズ」だそうです。当店も掲載されておりますので、もしよければ手に取ってみてください。

IMG_1018[1]

カテゴリー: お勧め RecommendsBritish Rock

THE GRAHAM BOND ORGANIZATION – The Sound Of 65

ご存知ブリティッシュ・ロックの重鎮、グラハム・ボンドさんの堂々たる1stアルバムは、メンバーも豪華で質・量共に文句なし、ジャンルや年齢も超えて誰もが楽しめる一枚だと思います。タイトルもズバリ「サウンド・オブ65」。間もなく迎えるのは2015年!50年を経ても未だパワフルに鳴り続けるレコードから、ガッツをもらって新しい年も元気に参りましょう!名盤に負けないカラフルな一年となりますように。ステキな年末年始をお過ごしください♫

GRAHAM BOND ORGANIZATION, THE/The Sound Of 65 (65 UK-COLUMBIA 33SX 1711) 商品詳細→ http://bit.ly/146aMLX

?????????????????

カテゴリー: お勧め RecommendsUK Progressive

PINNACLE – Assasin

70年代アングラ・ハード・ファンにはお馴染みでしょうか。ピナクル74年の唯一のアルバムです。ヘヴィ・プログレに少しメタルも入り、ダーティで邪悪な感じが実にクール。出だしのリフがまぁカッコイイのです!サイバーテロ(?)で上映が中止になった映画はトップの暗殺がテーマと聞き、おぉアサシン!と思っていたら、これってコメディ!?B級?…と完全にイメージを間違えていましたが、ピナクルはマイナーですがB級扱いしないで欲しい一枚です♫

PINNACLE/Assasin (74 UK-STAG HP 12 S) 商品詳細→ http://bit.ly/1zUPuv6

?????????????????

カテゴリー: お勧め RecommendsUK Folk/SSW

GEOFF CRIPPS & LOUISA RUGG – Icarus

ギリシャ神話『イカロスの翼』をコンセプトにしたハーモニーも美しい男女のコンテンポラリー・フォーク・デュオ・アルバムは、85年のリリースという事もあってか、明るく軽快さも持ち合わせて聴きやすく、でもクセになるタイプの一枚です。今日はクリスマス・イブ!!溢れんばかりのクリスマスソングには飽き飽きですか??決してはしゃいだりしない大人のイブを計画されているなら、オシャレでムードも盛り上げてくれるこんな一枚をお手元に是非♪

GEOFF CRIPPS & LOUISA RUGG/Icarus (85 UK-STEAM PIE SPR1003) 商品詳細→ http://bit.ly/1AGRecJ

GeoffCrippsLouisaRugg_IcarusO16L040

サンプル音源です。お試しください→ GEOFF CRIPPS & LOUISA RUGG/Icarus A4 Unicorns

カテゴリー: お勧め RecommendsUS Rock

PAUL LEVINSON WITH ED FOX AND PETER ROSENTHAL-Twice Upon A Rhyme

近所の女子高生が雪の上を走る犬を見て「寒くないのかな!?」と心配している光景のがカワイくて、今日はそんな雪ジャケ!近年に発掘されサイケ・ポップの名盤としてコレクターズアイテムとなった、小説家のポール・レヴィンソンさんの唯一の作品。ゆるめのヴォーカルが絶妙で、聴くほどにお気に入りになるタイプのアルバムだと思います。アルバムタイトルも粋ですよね!外は寒くてまだ雪も残っていますが温もりのある一枚で暖まってみませんか?

PAUL LEVINSON WITH ED FOX AND PETER ROSENTHAL/Twice Upon A Rhyme (72 US-HAPPYSAD HS M 3000) 商品詳細→ http://bit.ly/1xxIOop

?????????????????

カテゴリー: お勧め RecommendsUK Progressive

THE NICE – The Thoughts Of Emerlist Davjack

プログレというジャンルも発展途上の67年という混沌期のリリースだけあって徹頭徹尾熱く挑戦的なザ・ナイスの1st。裸の男性がラップにくるまれているジャケは見る方が気恥ずかしい位ですが、まるで選挙ポスターかのような上目づかいにも上昇志向の表れを感じます。大きな選挙の割にはなんだか盛り上がりに欠ける気がしますが、混沌期のミュージックシーンから沢山の名盤が輩出されたように一度グチャグチャになれば何か出てくるかも。選挙後は如何に!?

NICE, THE/The Thoughts Of Emerlist Davjack (67 UK-IMMEDIATE IMSP 016) 商品詳細→ http://bit.ly/1qH6og6

?????????????????

カテゴリー: お勧め RecommendsEURO Progressive

ARCHIMEDES BADKAR – Badrock För Barn I Alla Åldrar

ノーベル平和賞のマララさんの演説は「全ての子供に教育を」ですが、こちらのタイトルを翻訳すると「全ての年齢の子供のバスローブ」…?そのノーベル賞の国スゥエーデンのジャズロックバンド「アルキメデスの浴槽」75年の1st。ジャズをベースにサイケだったりフォーキーだったりしますが、展開もスリリングで緊張感もあり、ジャケ・レーベル・インサートの凝り様も含めかなり楽しい一枚。ノーベル賞のシーズンはノーベル賞の国のロックで♫

ARCHIMEDES BADKAR/Badrock För Barn I Alla Åldrar (75 SWEDEN-MNW MNW 53) 商品詳細→ http://bit.ly/13eYsZk

?????????????????

※サンプル音源もアップしてみました。よろしければお試しください→ Sweet Love(A3)

カテゴリー: お知らせ Informationブログ Blog

ご近所のよしみと、お客様のよしみで、お知らせを二つ

以前住んでいた東京に比べると、名古屋の冬は、やっぱり寒いような気がしてなりません!寒いのが苦手なタイプとしては、これからは辛いシーズンです。熱めのロックでグッと体も温めて参りたいところです。

さて、ご近所にお住いのミュージシャン、金子ユキさんは、ご自身のお店で時々ライブもされているのですが、先週の金曜日にもちょっとお邪魔してきました。インドの太鼓とサックスとバイオリンのユニットはとてもステキで、プログレッシヴ!!こじんまりした少人数のライブですが、身近でこんな演奏を聞けてとてとてもハッピーです。

IMG_0945[1]

 
金子ユキさんのサイト→ http://yukiviolin.jugem.jp/
お店(アルファビル)は→ http://www.alphaville.asia/

小さなライブ、大きなライブと沢山こなされているようです。12月も一つご紹介いただきましたので、ご案内させて頂きますネ。

【ご近所のよしみで・・・】

① インド古典&舞踏オールナイトフェス
日時: 12月13日15時~12月14日9時
場所: 慈雲山曼荼羅寺観音院(池袋)
チケット:6,900円
http://bit.ly/1yzRvK3

CCF20141210_00000

② STARTING POINT
日時: 12月23日(火・祝) 18:00 open 19:00 start
場所: 名古屋 得三
チケット:前売り2,000円、当日2,500円
http://www.tokuzo.com/

CCF20141210_00002

CCF20141210_00003

お時間ありましたら是非!!

 

そして、こちらは、お客様にご紹介いただいた神戸のイベントです。とりあえずフライヤーのデザインのインパクト!!面白そうです。関西エリアの方はお時間ありましたら是非お運びください。
 
【お客様のよしみで・・・】
EXPLO’14 KOBE
場所:神戸 Helluva Lounge
・12月20日(土)前夜祭 open 18:30 start 19:00
チケット:1,800円
・12月21日(日) open 12:00 start 13:00
チケット:2,000円
http://acidmothers.com/explo14-kobe.html

CCF20141210_00004

CCF20141210_00005

こちらもめちゃくちゃ面白そうです!ただ、この週末の12月21日(土)と22日(日)は営業いたしますので、神戸までたどり着けない場合は名古屋のレコード屋さんで、まったり過ごす休日もよろしいのではないかと思います。うふふ…。

来週のウィークデー、12月17日(水)~19日(金)は大変勝手ながらお休みを頂戴いたします。お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますがご了承の程、どうぞ宜しくお願い致します。12月の営業日につきましては、ホームページでもご案内しておりますので、よろしければご参照ください。

http://sorc.co.jp/latestinfo.html

寒い日が続きそうです。どうぞお体ご自愛くださいますように!

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp

http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※公私ともに、「クリスマスだから」、かそいったイベント事には全く縁がないのですが、お店は少し雰囲気を出して、恒例のトナカイちゃんたちに登場してもらいました。毎度のことながら、トボケた表情には和みます~♪

Exif_JPEG_PICTURE

カテゴリー: Uncategorized

CHRIS SMITHER – I’m A Stranger Too!

先日の流行語大賞は、まるで見たことも聞いた事もなかったし、昨日発表のYouTube年間再生数のランキングを見ても「ん?」という私は、Am I a strange?ちょっとクリス・スミザーさんの1stの気分です!?ご存知US SSWの名盤の一つで曲もよく少し無骨な印象のあるヴォーカルが優しい曲を大らかに歌ってくれるとグッとこない訳がなく、色々あるけど『ま、いっか!』という気分になります♫アナログでお聴きになることもお薦めしたい一枚です。

CHRIS SMITHER/I’m A Stranger Too! (71 S-POPPY PYS 40013) 商品詳細→ http://bit.ly/12wIiJI

ChrisSmither_IMAStrangerTooKSL2676

カテゴリー: お勧め RecommendsBritish Rock

AYNSLEY DUNBAR RETALIATION – Remains To Be Heard

今日から特定秘密保護法が施行で、政府の秘密を漏らしても知ろうとしてもイケないとか。聴いたららお耳を切り取られるかも?…と、そんなイマジネーションも喚起するヒプノシスさんのジャケがとっても印象的な、ご存知アインズレー・ダンバーさん70年の4作目。変わらずシブシブのブルース・ロックにB面では女性ヴォーカルも入ってマイルドになり、前3作とは違った楽しみ方ができます。ジャケ・サウンド共にこの自由な空気感も時代ならではだと思います。

AYNSLEY DUNBAR RETALIATION/Remains To Be Heard (70 UK-LIBERTY LBS83316) 商品詳細→ http://bit.ly/1sbm64e

?????????????????