YARDBIRDS – Live Yardbirds

ASKAさんの逮捕でCDまで回収されるというのはどう考えても過剰反応!これには断固反対ですが、中古屋さん的には、何年か経ったら値段が上がるかも!?とヨコシマな事も考えてしまわなくもなく…。この件とはタイプは異なっていますが、最近来日もされていたジミー・ペイジさんが参加していたこのアルバムもそんな一枚!ツェッペリンのリマスター盤リリースが話題沸騰中ですが、こちらはその幻の回収盤オリジナル盤で新着です♪

YARDBIRDS/Live Yardbirds (71 US-EPIC AL30615) 商品詳細→ http://bit.ly/1lFvByF

 

Yardbirds_LiveYardbirdsSSL3887

店頭はSNS要らず!?

5月もすでに中盤を過ぎまして、アっと気づけば、昨日から交流戦が始まっていて、おぉ!もうそんな時期ですか…です。イマイチ調子の上がらない我がマリーンズも気分を変えて頑張って欲しいところです。

ワタシは『五月病』ってなモノを患うような年齢でもキャラでもありませんが、真夏日あり~の、肌寒い日があり~ので、お疲れの方もいらっしゃるのではないかと思います。ポール・マッカートニーさんも、そんな感じだったのかしらん?

そんな時は、ファイト一発ハード・ロック!でしょうか!?

さて、先日のお休みは、第三日曜日ということもありまして営業日で、お店に知人が遊びに来てくれたこともあり、その繋がりで来て下さったお客様もありまして、とっても楽しい週末になりました。お越しいただいた方には感謝!!です。ありがとうございました。

しかし、『同じ趣味を持つ』というのはかくも狭い世界??と思うことも少なくありません。『アナログ・レコードを聴く』、というこのキーワード一つで、お客様同士はお知り合いでなくても、少しお話をするだけで、濃くも薄くも、遠くも近くも、どこかで何かしら繋がっていらっしゃったりして、点と点が線になっていく、、、と感じる時があるんですね。SNSを使っていなくても、十分つながりができたりして、やっぱりFace To Face!? アナログなつながりを大変楽しいと感じた週末でした。

ま、要するに、普段は至って地味に、大人しくやっているだけに、少しお集まり頂いただけで、なんだか賑々しく楽しかった、というお話です。

通常はとっても静かにやっているお店ですので、どうぞ怖がらずに気楽に遊びにいらしてください。

次回は、月末に新着を少し追加してホームページの更新をする予定です。
またお時間ありましたら、そちらもご覧いただければ幸いです。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

水-金曜日 14:00-19:00
土曜日   11:00-19:00
第三日曜日 11:00-19:00
(日~火+祝祭日休)

※美味しいものはいつも食べ始めてから、写真を撮ればよかった!と思います。食い気が先に立って仕方ない!?お土産にいただいた『関西限定かっぱえびせん・たこ焼き味』。沢山あったのに、コレ一個が残ってました。
RIMG1546

EL&P – Brain Salad Surgery

エイリアンのデザイナーでCDやジャケット・アートも沢山手がけたH.R.ギーガーさんが先週他界されたと、お客様から教えて頂きました。ロックファンにはやはりこのジャケットではないでしょうか。ウィリアム・ブレイクの『エルサレム』を壮大なプログレッシヴに仕上げたアレンジも素晴らしいのですが、この変形ジャケの強烈なインパクトはこの曲を一気にEL&Pだけのものにしてしまったとも思います。一つのジャンルを築いたアーティストを偲び。

EL&P/Brain Salad Surgery (73 US-ATLANTIC SD19124) 商品詳細→ http://bit.ly/SgUHww

ELP_BrainSaladSurgeryOTL718

THE WIND IN THE WILLOWS – Same Title

『アナと雪の女王』、目下大ヒット中だそうで、トレンドに疎い私でも挿入歌は耳したことがあるかな。ディズニー映画は見ませんが、少しファンタジックなジャケットでアルバムタイトルも童話から取っているステキなアルバムは如何でしょう?雪の女王は登場しませんが、ココにはロック界の女王!?私も大好き、いまだ現役のデボラ・ハリーが在籍!!ちょっと牧歌的なヒッピー・フォークは、週末をハッピーにしてくれそうです!楽しい週末を♪

THE WIND IN THE WILLOWS/Same (68 US-CAPITOL SKAO 2956) 商品詳細→ http://bit.ly/Tsuw7a

 

WindInTheWillows_SameKSL2145

 

MOTIONS – Impressions of Wonderful

60年代の中期にサイケ・ポップが花盛りだったのは英国だけではありません♪オランダのヒット・メーカー、モーションズの68年の3rdアルバムです。ジャケットもサイケ感が満載でステキだし、アルバムタイトルも強気です。鳩サブレーが命名権を買ったのに海岸の名前を『変更しない』方針を表明したニュースは粋!まさにこのアルバムタイトル通り、印象もよくて好感度に売上もアップかも。週末はネダービートを聴きながら鎌倉の浜辺で鳩サブレーに決定!?
MOTIONS/Impressions of Wonderful (68 NETHERLAND-HAVOC HALP 21) 商品詳細→ http://bit.ly/1nUQUji

 

Motions_ImpressionsOfWonderfulSRL0113

HETA LINJEN – Feta heta linjens supershow med Kisa, Brass och brudar

Hansson&Karlssonのドラマー、Janne Carlsson さんを中心に結成されたスウェーデンのプログレッシヴ・ジャズ・バンドの1stアルバムです。ジケットがきわどくて、ピックアップするのに躊躇はありますが、時代を全く感じないゴキゲンなホーン・ロック。演説パートは多分皮肉たっぷり?スタジオ録音ながらライブ仕立ての構成も捻くれてて痛快です。集団的自衛権?コンサート・チケットが8万円?う~ん…な気配の時の気晴らしにはピッタリの一枚かも♪
HETA LINJEN/Feta heta linjens supershow med Kisa, Brass och brudar (71 SWEDEN-POLYDOR 2379.029) 商品詳細 → http://bit.ly/1oRfUrz

Hansson & Karlssonも在庫にあります!
HANSSON & KARLSSON/Monument (67 SWEDEN-POLYDOR LPHN 46 260) 商品詳細→ http://bit.ly/1k3AfJG

FetaHetaLinjen_FetaHetaLinjensSupershowSRL0466

 

ROSS – Same Title

バッジーやグリーンスレードのカバーで知られるパトリック・ウッドローフさんの訃報に、彼の強烈なイラストをジャケットに掲げたアラン・ロスさんのバンド『ロス』の1stです。へヴィ過ぎないヴォーカルと凝ったギターワークが程よく絡んだヘヴィ・ファンク的サウンドは実に快適♪カバーアートはアルバムの一部ですが、ジャケを眺めながらレコードを聴く…ダウンロードでは味わえない、贅沢な時間を提供してくれるカバー・デザイナーにも感謝です。

1st、2nd共に在庫にあります!
ROSS/Same (74 UK-RSO 2394-127) 商品詳細→ http://bit.ly/1nH5bTh
ROSS/The Pit And The Pendulum (74 UK-RSO 2394-144) 商品詳細→ http://bit.ly/1jqMTxS

Ross_SameTSL0621