メルマガ:ロックの王道を行け!第347回 ANDWELLAS DREAM – “Love And Poety”

【メーマガジン ロックの王道を行け!】

第347回 ANDWELLAS DREAM – “Love And Poety”
1969 UK CBS S63673  (Psychedelic Rock)

AndwellasDream_LoveAndPoetryKSL2637

RARE度:★★★★★★★

Member :  David Lewis(g,key,vo), Nigel Smith(b,vo), Gordon Barton(ds)

Side (A)
1. The Days Grew Longer For love
2. Sunday
3. Lost A Number, Found A King
4. Men Without A Name
5. Clockwork Man
6. Cocaine

 

Side (B)
1. Shades Of Grey
2. High On A Mountain
3. Andwella
4. Midday Sun
5. Take My Road
6. Felix
7. Goodbye

 

UKスワンプの中では、もっとも渋いところに位置し、その2nd、ピープルズ・ピープル(People’s People)という名盤の誉れ高い一枚を残していることで有名な、アンドウェラ(ANDWELLA)の前身バンドにあたります。

完成度、洗練度というポイントでは、後期のアンドウェラには一歩も二歩も譲るところですが、当時のバンドにはありがちな、デビューアルバム独特の混沌さや不安定な雰囲気は、何とも言えずソソルものがあり、サイケデリック、ビート、プログレ系のロック・ファンをも唸らせるであろう爆発力が魅力です。

例えば、初めてイタリア料理に挑戦しようと思って、あらゆる所から贅沢な食材を取り寄せて、勢いで作ってみたら、エッジがたっていてもう二度と作れない味ができてしまいました・・、って感じ。翻ってアンドウェラ方は、一回食べたときのインパクトには欠けるが、毎日食べても食べ飽きない練りに練られた作り、そんな感じです。(わかりにくいですか?)

それに何といってもやはり60年代。

確かにリリースは69年ですから70年代に片足をかけているくらいですが、実はこの差が大きく、ペナントレースの1位と2位、ウィンブルドンの優勝と準優勝、はたまた幼稚園の年長さんと年中さん(これ結構違いますよね!)・・・と、それくらいの差があると思います。

よって1年の差ではありますが、これはきっちり60年代の音です。

ガン(GUN)ゴッズ(GODS)のような甘酸っぱくも激しく、その頃聴いていた訳でもないのに何故か素朴な懐かしさ漂い、それでいてスモール・フェイセスフーのような王道的な香りは感じない、この中途半端さ(失礼な!)に加え、決して「古めかしい」サウンドではないのが、稀有の名盤といわれる所以なのかもしれません。

全体的には小曲集なのですが、いろんなものが玉手箱のように詰め込まれていて、本当に楽しい作品です。A-1での静かな冒頭の出だしから一気に昇りつめるところは、すわ鵯越(ひよどりごえ)か!?といった高揚感が半端じゃなく、ここはすべてのロック・ファンがこぶしを振り上げること間違いなしです。

さらに、名盤の証しとしての一端を担っているのがジャケット。

飾るだけで部屋のムードが一転!抜群の雰囲気でインパクトも大きく、こういうジャケに包まれたレコードが新譜として店頭に並んでいた時代を想像するだけでワクワクです。

英国ロックの幻を追い続けて深い森に迷い込んだ人が最終局面で辿り着く一枚とも言われていますが、大袈裟すぎない親しみやすさもこのアルバムの特徴で、カフェやその他ショップ等で流れていたら最新サウンドよりセンスはアップしそうな気もするのですが、如何でしょうか。

レア盤ではありますが、ショップ・オーナーさん達にもご検討頂いて、広く一般の人の耳にもお届けしたい一枚でもあります。

(2013.10.30)

===<PR>===================================================

こちらのレコード在庫にあります!

4300070 NDWELLA’S DREAM/Love And Poetry 108,000円
詳細は→ http://bit.ly/1bBR8o4

=================================================<PR>=====

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご意見・ご感想をお寄せ下さい!(mailto:cwr@sorc.co.jp)
ジャケット写真をこちら↓で掲載中!
関連ホームページ:http://sorc.co.jp/blog.html
また、当メールマガジンの全てのバックナンバーを上記HPでご覧になる
ことが出来ます。(全てジャケット写真付きです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新着を追加しました!と、Dringe Augh (ドゥリンジー・オー)ライブのお知らせ

突然ですが、秋です!
ブリティッシュ・フォークのシーズンです♫
味わい深いフォークを聴く週末はいかがでしょうか?

ということで、今日は知人のご紹介で、ライブを一つ。韓国のSSW、ドゥリンジ・オーさんが来日します。この方のサウンドは目をつぶって聴くと、まさにブリティッシュ・フォーク!流れるようなギターと、優しいヴォーカルがなんとも耳に心地よく、ジョン・レンバーンやバート・ヤンシュを思い出します。

時期的にもピッタリ!ご近所の方、またちょうどこの日は名古屋にいる!という方も是非足を運んでみてください。おすすめです。タイバンはカタリカタリの河合慎五さんです。

Dringe Augh (ドリンジ・オー)
日時: 11月10日(日) 18:00オープン、19:00スタート
場所: 今池「アラタルト」 http://www.geocities.jp/sinaonao/
料金: (予約) 1,500円 (当日)2,000円 +1オーダー

ご予約・お問い合わせは event.frc@gmail.com  まで

YouTubeを検索すると、たくさん出てきますが、こんな感じです。

 
 
詳細はこちらからもどうぞ。

CCF20131030_00000

この後、11月16日には同じ「あらたると」で友人の『仮想のタケオ』さんが『表現太郎』さんと共に登場します!こちらも大いに盛り上がりそうですのでご期待ください♪ (ワタシも行きます!)

そして、お話が前後しておりますが、新着を追加しました!よろしければご一覧ください。

http://sorc.co.jp/newarrivals.html
http://sorc.co.jp/stocklist_na.html

また通販リストNO.43も間もなく発行の予定です。紙媒体でのリストですが、今回は少し模様替えをして発行致します!ご希望の方は郵送いたしますので、どうぞ遠慮なくお申し付けください。

さぁ、今年もあと2か月です!またキバッテ参りたいと思います♪

 
 

【お問い合わせ、在庫確認、リストご請求は…】
株式会社ソーク
名古屋市千種区覚王山通9-19
覚王山 プラザ2階〒464-0841
(TEL 052-757-3551, FAX 052-757-3552)
cwr@sorc.co.jp
http://sorc.co.jp

*11:00-19:00 (日~火+祝祭日休)

 

 

 

J.B.BANFI – Galaxy My Dear

かのイタリアのレア盤、ビリエット・ペル・インフェルノのメンバーでキーボードやモーグをかき鳴らしていた、バッフォ・バンフィが、かのクラウス・シュルツの影響下でリリースしたというソロ作で、イタリア人アーティストとしては珍しくその流れを汲んだスペーシーなインストです。ハロウィーンにちなんでNASAが公開した『死にゆく惑星』の画像は美しく神秘的で、このサウンドがすご~くマッチします。一度お試しを♪(新着)

J.B.BANFI/Galaxy My Dear (78 ITALY-RED RECORD VPA123) 商品詳細→ http://bit.ly/1dQsBR5

J.B.Banfi_GalaxyMyDearSSL3334

AARDVARK – Same Title

ブリティッシュ・オルガン・ロックの古典、『アードバーグ』70年の名盤です。アードバーグの意味は『ツチブタ』。『ブタ』と言えば日本では『金運』の縁起物でもあり、史上最高益!と息巻いている金融・証券業界に縁が無いモノとしては、こちらの『ツチブタ』ちゃんに『金運上昇』を期待!?ただ辞書には『ハード・ワーク』の俗語という記載もあり、ならば、今日も元気なロックでハードワーク!そして金運上昇を狙います!(新着)

AARDVARK/Same (70 UK-DERAM SDN 17) 商品詳細→  http://bit.ly/1dL7n7d

Aardvark_SameSSL3854

LOU REED – Live In Italy

84年にイタリアはヴェローナでレコーディングされた2枚組のライブ・アルバムです。オープンエアーな空気と遺跡に囲まれているロマンティックさもあるのか、リラックスしたとてもいい雰囲気のでライブです。また一人、私たちのロック・スターが逝ってしまい、悲しい気持ちで一杯です。世界中を駆け巡った訃報にルー・リードさんの功績と社会に与えた影響をを改めて思い知るところです。遅ればせながら、ご冥福をお祈りして。

LOU REED/Live In Italy (84 GER-RCA PL89156(2)) 商品詳細→ http://bit.ly/Zzw8co

LouReed_LiveInItalyORL134

TRAINER – Same Title

早くも10月も最終の週末!11月が見えてくると年賀状におせち料理にと、少し慌ただしい気分が始まるのですが、その前に少しゆったり目のフォーク・ロックで過ごしましょう♪ニューヨーク出身のマルチ・タレント、フィル・トレイナーが自身の名前を冠してリリースした唯一のアルバム。ギターチューンが美しく、ジム・モリソンに捧げたという少し切ないナンバーにはキュン♪です。秋らしいジャケットと共にステキな秋の週末を!

TRAINER/Same (72 GER-BASF BAG 22-291073) 商品詳細→ http://bit.ly/Hl0Cf0

Trainer_SameTSL0499

RARE BIRD – Somebody’s Watching

オレゴン州ではグーグルアースで大麻栽培を発見されて栽培者が逮捕!とか、盗聴がフツーの事のように扱われ、常に『誰かが見ている…』!?そんなタイトルのアルバムは、オルガン主体のプログレバンドからメンバーの交代を経てリリースされたレア・バードの4作目です。プログレッシヴでありながらも、ファンキーなリズムとコーラスラインが気持ち良くて心地よく、このアルバムなら聴いているシーンの盗聴・盗撮も歓迎!?

RARE BIRD/Somebody’s Watching (73 US-POLYDOR PD 6502) 商品詳細→ http://bit.ly/1duFe4h

RareBird_SomebodysWatchingKSL2469